0
あーしらの国なんか、キケンなんだけどぉ?(作者 龍真 神
11


#デビルキングワールド  #セクシー可  #ネタ可  #プレイング受付中 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#デビルキングワールド
#セクシー可
#ネタ可
#プレイング受付中


0



●JKの国へ凸って、ぴちぴちになの!

「JK……女子高生悪魔ノ国、良サソウ、美味シイ、ソウ……」
新たな国が出来た事を知った悪魔は、支配しきった小国を後にして目の当たりにした。
制服に身を包んだ様々なJK達がカラフルな家を建て、映えそうなお店や装飾で遠くからでも分かる位に派手である。
「上質そうな肉だ……張りも良く、美味しそうな……国だぁ」
布の間から見える大きな口を吊り上げ、不気味に笑った。

●グリモアベース
「なんとまぁ、奇妙な……皆、集まってくれてありがとうね。デビルキングワールドにて、女子高生悪魔の国が襲われる予知をしたよ」
クレヴィス・ムーンブラスト(不老の呪いを受けし永遠の乙女・f20897)は少し面倒そうに言った。
「悪魔の軍勢が襲ってくる前に、女子高生悪魔たちを説得して共に国を守って欲しいワケよ」
指先で球体のサファイアをもてあそびながらクレヴィスが説明する。
「方法は2つ、いかに悪かを見せるか、力の差を見せ付けるかのどちらか、ね。戦闘の途中で悪の評価を落としてしまえば……悪魔の方に簡単に寝返ってしまうから注意よ」
クレヴィスがため息を吐きながら、デビルキングワールドで襲われる女子高生悪魔の国を映し出した。「奴らは丈夫な悪魔、多少の暴力では倒れぬし、魅了や洗脳を施しても簡単に落ちないと思え。君たちに幸運を、いや……君たちの悪魔的な報告を楽しく待っているよ。では、善良なる悪魔の世界へ!」





第2章 集団戦 『ブギーブッチャー』

POW ●美味しそうだね、少し分けてよ!
【肉切り包丁】が命中した対象を切断する。
SPD ●クレイジーブッチャー
【知恵の布(謎の皮革)】を脱ぎ、【屠殺鬼】に変身する。武器「【巨大化した肉切り包丁】」と戦闘力増加を得るが、解除するまで毎秒理性を喪失する。
WIZ ●屍食会
【美味しい謎の肉と元気が出る赤い液体】を給仕している間、戦場にいる美味しい謎の肉と元気が出る赤い液体を楽しんでいない対象全ての行動速度を5分の1にする。
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵

種別『集団戦』のルール
 記載された敵が「沢山」出現します(厳密に何体いるかは、書く場合も書かない場合もあります)。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


●進軍

 鉄が錆びたニオイに似た乾いた血の香りが段々と濃くなってきた。
「……オ、オォ……新鮮ナ……肉ゥ」
 視線を上げた先にはブギーブッチャーの軍勢、猟兵がいくら強いといえどあの軍勢を倒すには体力が足りない。
「へぇ、あーしらの国を取るなんて大きい事マジ無理でしょ。JKしか勝たん!」
 猟兵ではない存在を戦わせるには不安がある猟兵を尻目に、ボコボコにされた女子高校生悪魔たちは立ち上がってミミックを手にすると駆け出した。
「本当に悪魔は頑丈なのですね」
 リジュームは溶かされた部位を修復しながら一瞥した。
「(寝返られぬ様に力を見せつけてあげましょう)」
 背中に装着しているブースターでリジュームは宙へと舞い上がる。
「はははは! 悪のカリスマを持つ我に任せたまえ!」
 と、先程まで悪い事をしていたハズの未有が立ち上がると、乱れた衣服を正しながら声を上げた。
「さぁ、ちゃんと仕事はしてくれよな?」
「女子高生でも悪魔だからあーしら無敵だし!」
 ひりょの言葉に女子高生悪魔たちは、ニッと笑みを浮かべながら駆け出す。

 彼女たちと共に、彼女たちが作った国を……

 守れ――
津上・未有
セクシー・ネタ・アドリブ可
1章の影響で未有の下着は溶かされたままです(スカートで隠していますが…)
基本不殺です

うう、お尻舐められたりとえらいめにあったが、なんとか女子高生たちを味方につけられてよかった…
我の【悪のカリスマ】は本物だったということだな!…そういうことにしておこう…

さて、敵は…ひぃ!?なんだあいつ!キモいしでっかい包丁持ってるし!超怖い!
気が合いそうな奴なら我の軍勢にスカウトしようと思ったが…我とは感性が全く合わなそうだからボコボコにさせてもらうぞ!
来い、我が【魔王の軍勢】よ!奴らを蹂躙するのだ!我は距離をとって【闇に紛れる】!後ろから指示は出すからなー!
我らの力を見せてやろう!


●切り刻め!

「(うう、お尻舐められたりとえらいめにあったが、なんとか女子高生たちを味方につけられてよかった……)」
 胸を撫で下ろしながら津上・未有(自称真の魔王・f10638)は、女子高生悪魔たちと共に軍勢の前に出る。
「さて、敵は……ひぃ!? なんだあいつ! キモいしでっかい包丁持ってるし! 超怖い!」
 悪のカリスマを発しながら“ブギーブッチャー”を目の当たりにした未有が悲鳴に似た叫び声を上げると、ブンッと鼻先に何かが掠めたかと思うと服の一部が切り裂かれた。
「気が合いそうな奴なら我の軍勢にスカウトしようと思ったが……我とは感性が全く合わなそうだからボコボコにさせてもらうぞ!」
 ギリ、下着が無い部分は隠れているが羞恥と怒りに震えながら未有は、ブギーブッチャーを睨みながら人差し指で差しながら叫ぶ。
「来い、我が【魔王の軍勢】よ! 奴らを蹂躙するのだ!」
 黒いオーラを纏った可愛らしい悪魔が召喚されると、未有は言葉にせずに指示を出す。
「やーん、未有たんやるぅ~♪ご褒美あげちゃう~」
 ぎゅっ、と未有の後ろから女子高校生悪魔が抱き着くと、頭ではなく裂かれた服の間へ手を滑りこませてきた。
「ひうっ!?」
 同時にべちゃっ、と股間に違和感を感じるより先に、何故かスカートを捲られて女子高校生悪魔たちは注目を浴びせる様に声を上げた。
「ほーら、美味しそうな子っすよ~」
「きゃぁぁぁ!! まて、我はっ!」
 彼女たちの口を塞ごうと手を伸ばすが、ミミックの舌が当たってビクッと体が跳ねて未有は涙目になりつつ両手で自身の口を塞いだ。
 ブギーブッチャー視線から見れば、未有のパンツがあるであろう部分はミミックの舌でガードされている。
「……グフッ、肉ゥ!!」
 血交じりの涎をまき散らしながらブギーブッチャー達が突っ込んで来た、が――
 未有が召喚した可愛い悪魔たちが影から飛び出し、手にしている小さなスピアで筋肉質な体を突く。
「我らの力を見せてやろう! って、いつまで触っているんだぁぁぁ!!」
 次々と倒れていくブギーブッチャーを見て意気揚々と声を上げる未有だが、女子高校生悪魔のイタズラする手は止まらない。
「え~あーしら、ちゃんと働いているから~その礼ってヤツてコトでーいいかえればー未有たんの魅力ってヤツ?」
「そ、そうか!! 悪のカリスマが魅力な我だから……ひゃっ!!」
 女子高校生悪魔の言葉に惑わされながら未有は、与えられる刺激に耐えながら“悪のカリスマ”を崩さぬ様に振る舞う。

 これも、我の作戦だ!!

 でも、好い……悪魔の行為は溺れ、そう、だ――
大成功 🔵🔵🔵

鳳凰院・ひりょ
アドリブ・連携歓迎
POW

ヒヤヒヤものだったけど、なんとか女子高生達を味方に引き入れる事が出来たか
…とはいえ、引き入れた方法が方法だからなぁ…(汗
女の子に罵声を浴びせられる事に慣れて新たな世界の扉を開いてしまわないように気を付けないとな…うん

さて、戦闘に関しては持っている獲物なんか見てもこいつは接近戦特化の相手のようだな
同行している女子高生達は敵に近付けさせない方が良さそうだ
相手の肉切り包丁での攻撃を【リミッター解除】した動きで【見切り】回避、カウンターで退魔刀の灰燼一閃

敵を無事に叩き伏せたら最後にこの事件の黒幕に対して一言もの申してやろう
敵が持っていた赤い液体で壁に殴り書き
「次はお前だ」


●聖者からの

「(なんとか女子高生達を味方に引き入れる事が出来たか……とはいえ、引き入れた方法が方法だからなぁ……)」
 冷や汗が掌を濡らし、嘆息しつつ鳳凰院・ひりょ(天然系精霊術使いの腹ぺこ聖者・f27864)は、ブギーブッチャーの軍勢を見据えた。
 ただ、“国を守れ”というシンプルな依頼ではあったものの、猟兵が頑張って全てを相手に出来ない程の数だという事実を受け止める。
「(それに……)」
 女子高校生悪魔たちを一瞥すると、この軍勢を動かしている主であろうオブビリオンに惹かれて寝返った彼女たちからも挟み撃ちされては、頑丈な悪魔たちを相手にしつつ逃げるなんて――
 最悪の事態を想像したひりょは、震える腕を掴んで抑え付けた。
「(さて、あの悪魔は手にしている包丁以外の武装は見えないという事は――接近戦特化の相手のようだな)」
 腰に携えている“退魔刀『迅雷』”の柄を握り、ひりょは眼前に迫りくるブギーブッチャーの群れを静かに見つめる。
「……肉、肉ゥ!! 新鮮ナ、肉ゥ!!」
 ただ生きており、尚且つ若い悪魔や人は全て同じ“新鮮な肉”という判別しか出来ないブギーブッチャー。
「いくら頑丈でも、あまり過信し過ぎないでね!」
 ひりょに同行している女子高校生悪魔たちへ下がるように指示をだし、振り上げられた鉈にしか見えない大きな肉切り包丁の軌道を見切って回避する。
 巨体、力はあれど速さは鈍い――そう感じたひりょは、退魔刀『迅雷』が心地の良い鍔鳴りを響かせながら抜刀する。
「全力全開! 一撃必殺っ、喰らえっ!」
 ひりょが一歩前へ進み、刀身に宿った破魔の力が穢れた身を横一閃で斬る。
 ヒュッ、と白刃が煌めき、刀身に付着した血を払う。
 血だけあらず、肉片や臓物が入っているバケツを拾い、ひりょはブギーブッチャーの布を容赦なくはぎ取って太い棒の先に丸めたのを付けた。
 臭い、ただの血の生臭さなら耐えられるが、腐敗しつつある肉などの固形物がただよう腐敗臭に顔をしかめながら壁に文字を書く。
 『次はお前だ』、と。
 新たに作られる国々を支配して回り、この軍勢を動かく程の力を持つ悪魔――オブリビオンに対する予告だ。
「首を洗って待っているんだね」
 聞こえないと分かっていてもひりょは、軍勢の先に居るまだ見ぬ首謀へ向かって呟いた。

 聖者としてではなく、ただ一人の猟兵として――
大成功 🔵🔵🔵