Signal Line///999

◆UDC-146:『ジャガーノート』

ジャガーノート・ジャック  2019年4月30日
レポート更新月日:2019年3月■■日


オブジェクトクラス:"K" -最大級-


 UDC-146の出現規則は現時点では不明となっています。
 グリモア猟兵によるUDC-146が発端となる事件の予知が発生し次第、速やかな対象UDCの撃破及び可能な限りの被害者の救助が求められます。
 撃破が完了次第、被害の発生した地区に記憶処置を施し、被害状況に応じた適切なカバーストーリーの流布を実行して下さい。

 UDC-146はゲームハード・ソフト・もしくはゲーム筐体等、任意のコンピュータゲームの形を取り一般社会に溶け込み潜伏するUDCオブジェクトです。
 UDC-146が出没するまでの過程は現時点では特定できておらず、情報の収集が求められています。

 UDC-146内には小型肉食獣を模した電子生命体が存在します。これはランダムな要因で活性化、被害者に寄生し、被害者のコントロール権を奪おうとします。
 コントロール権を奪取中の姿は被害者の頭部に獣じみたフルフェイスヘルメットが取り付いた状態となり、バイザーに"Now Loading..."と表示されている姿となります。またその姿の被害者の左胸にはハート型のデバイスが癒着結合し取り付けられています(UDC-146α)。
 UDC-146αの状態は寄生が完全完了しておらず、頭部フルフェイスの破壊、もしくはハート型デバイスの破壊により対象UDCの撃破、被害者の救助が見込めます。破壊を試みる際、UDC-146αは抵抗を試みます。細心の注意を払い撃破、被害者の救助を実行して下さい。

 寄生が完了すると被害者は洗脳された状態と化し、姿は白い戦闘スーツを纏い白のフルフェイスメットに"Juggernaut"と綴られた形状と化します。この時点でUDC化は完了、人外の存在と化し被害者の救助は不可能な状態と化します(UDC-146β)。この個体は"ジャガーノート"シリーズの基本モデルとしての側面を持つ模様です。
 UDC-146βは寄生対象となった被害者の思考ルーチンをベースにしつつ、人類に対して極めて敵対的な態度を取ります。肉体もUDC化の完了とともに変異し、電子情報を主とした肉体構成となる事が確認されています。これは"バーチャルキャラクター"と呼ばれる電子生命体と極めて似た肉体構成となっていますが、双方にどのような関連性があるかは不明です。
 UDC-146βは猟兵を視認し次第攻撃を開始し撃破を目論む他、窮地に陥ると戦線からの離脱を試みます。猟兵及び組織職員各位は投入できる限りの戦力を以って、対象UDCを逃す事なく撃破して下さい。

 UDC-146βは時間経過と戦闘経験を重ねると"レベル"が上がり、見た目の劇的変化と共に戦闘力が大幅に上昇します。UDC-146βは変化前の状態を"レベル1"、変化後の状態を"レベル2"と定義している模様です。
 "レベル2"以上になった個体は個体識別名を名乗ります。これらは通例で"ジャガーノート・***(任意の名称)"と名乗ります。
 また、UDC-146βのレベルアップ時の形状は寄生先となった被害者の特徴・嗜好・感情・心理状況に誘発され、それらを反映した姿を取る事が確認されています。例として、報復精神や殺傷願望、暴力衝動等の攻撃本能が強く刺激された場合、それに応じ攻撃性・殺傷性の高い形状となります。これとは逆に英雄願望や自己犠牲心などに強く刺激され、特撮ヒーローの様な姿になった個体も確認されています。
 "レベル1"と"レベル2"の個体における戦闘能力差は最小で二倍~最大で十数倍と推察されます。またレベルが上昇する毎、二次関数的にUDC-146の戦闘能力も上昇すると推察されています。現時点で"レベル3"以上に該当すると思しき個体は確認されていません。加えて、本UDCオブジェクトのレベル限界も未知数となっています。

 仮に本UDCのレベル上限が"10"を超える場合、また該当する個体が発生した場合はオブリビオン・フォーミュラ級のUDCが誕生し、世界終焉級の被害が発生することが懸念されます。討伐・破壊可能な当UDCオブジェクトについては、投入できる限りの総力を尽くし殲滅して下さい。

 例外的に、UDC-146には友好個体が存在します(UDC-146γ)(※補遺1)。組織に対して協力的かつ優れた戦闘力を持ち、UDC-146に関する知識も有しています。特に組織及び人類に敵対的な行動を取らない限り、組織もUDC-146γに各種支援・協力をする事が推奨されています。
 また、UDC-146γの取扱に関しては専任のエージェント1名が割り当てられ、行動を常に共にする事となっています。

 以下のUDC-146γに関する記述はセキュリティクリアランス:3以上、又は特例的に認可の降りた対象者にのみ開示されます。
 閲覧する場合はセキュリティ認証を実行して下さい。
 許可のない対象による閲覧は警告なしの記憶処置、又は終了処置が実行されます。

  ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

認証キー:[https://tw6.jp/club/thread?thread_id=15958 ]

  ▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

 報告は以上です。





――――――
※補遺1:
該当個体は『ジャガーノート・ジャック』のコードネームで猟兵として登録され、組織の戦闘員として活動しています。




0