4
深海に…導かれたら…(作者 旅野文師
2


「いろいろあったけど、みんなのお陰でグリードオーシャンに到達できたよ♪」
 泉・火華流(人間のガジェッティア・f11305)はグリモアベースにて集まった猟兵達に労い…と、その後の報告をしていた。
「『しゃいにんぐ◎こんどる』はここまでの道のりと…これからの冒険の為にメンテと改修が行われているわ」
 グリードオーシャンでは海は異常な海流や気象で常に荒れ狂っている為、現状の装備では海を乗り越えていくのは不可能…と、判断しての事だった。
「…で、みんなに一つお願いがあるの…」
 火華流は恭しく目前にいる猟兵達へと言った。

「これから転送する島の程近い海域の底に『深海島』…というより、大きな鉄の船だから『深海船』かな?、そこにおつかいに行ってもらいたいの…」
 大きな鉄の船…おそらくはSSWの宇宙船であろう。
 火華流の話によると、『船の聖域』と呼ばれていて、『害悪を弾く羅針盤型のメガリス』の守護により守られている…傍らで、船旅に必要な道具を製造している鍛冶師や職人が多く住んでいるという。
「特にここで製造されている羅針盤はメガリスの魔力を帯びた鉱石で作る事で、メガリス本体には及ばないけど同様の効果をもっているみたいで、船乗り達には重宝しているらしいから、それを手に入れて欲しいんだけど…」
 いったん火華流はここで言葉を区切ると…、

「ここ最近、巨大蟹の群れが『船の聖域』の近くに住み着いたらしいの…」
 その為、船への出入りが不可能になっているとの事らしい。
「…で、私達ならどうにか出来るんじゃないか?…という事で羅針盤の話と一緒に相談を持ち掛けられたのよね…」
 船乗りに重宝されている…というだけあって、船の製造や改修などに携わる船大工にも影響が出ているらしい。
「ちなみに蟹の身は美味で味噌もたっぷりらしいから、うまく倒して美味しく頂いてもいいと思うよ」
 そう言って火華流は笑みを浮かべるのだった。





第3章 ボス戦 『『絶海の導』ブルーワンダー』

POW ●救いを消し去る大海
【羅針盤から吹き出す光の雨】を降らせる事で、戦場全体が【落雷、暴風、大津波、荒れる海流の死の海】と同じ環境に変化する。[落雷、暴風、大津波、荒れる海流の死の海]に適応した者の行動成功率が上昇する。
SPD ●救いを齎す大盾
自身からレベルm半径内の無機物を【レベル個の絶対防御の神の盾『アイギス』】に変換し、操作する。解除すると無機物は元に戻る。
WIZ ●救いを告げる大舟
非戦闘行為に没頭している間、自身の【羅針盤】が【救いの船『ノアの箱舟』を創り出し】、外部からの攻撃を遮断し、生命維持も不要になる。
👑11 🔵🔵🔵

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は💠アイン・セラフィナイトです。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


 それから夜が明けた翌日の出来事だった。
「大変だーー!!!!」
 『船の聖域』に響き渡る大声に現地の住人…そして猟兵達も何事かと駆け付けた。
 話を聞けば『羅針盤型のメガリス』が盗み出され…盗んだ人物はメガリスの力によってコンキスタドール化してしまったとの事
 幸いにして盗んだ人物はまだ『船の聖域』の外までは逃げてはいない、猟兵達はすぐさま動き出し、『船の聖域』に包囲網をはってコンキスタドールと化した盗人を探すのだった。
深島・鮫士
・メガリスに選ばれなかった者はコンキスタドール……オブリビオン化する世界、か。ここもここで立身出世にはハイリスクな世界だな。かわいそうだが、斬るしかねぇ、か。

・絶対防御の盾を操る…ってことは、操作者本人のキャパを超えた動きはできねぇってことでもある。こういう時は手数で押して突破口を開くに限るな。シャークショットで範囲攻撃&制圧射撃。それを盾や敵本人の「体勢を崩す」タイミングや角度で撃ち込んでいく。隙を見せれば「早業」の肉薄で斬り捨てる、ガチザメで食いちぎる動きを「見せて」揺さぶり、判断を誤らせる。

・「その時」のタイミングは野生の勘で見極め、【ガチザメ】で一気に食いつき、そして斬り捨ててやるぜ。


「見つけたぜ…」
 真っ先に見つけたのが深島・鮫士(深鮫流活殺刀拳術創始者(自称)・f24778)だった。
『メガリスに選ばれなかった者はコンキスタドール……オブリビオン化する世界、か。ここもここで立身出世にはハイリスクな世界だな。かわいそうだが、斬るしかねぇ、か…』
 そう鮫士は思いつつ、コンキスタドールを追いながらシャークショットを構えて撃つ…が…
『キンキィンッ!!!!』
 その射線上に盾が現れてシャークショットの弾を防ぐのだった。

「絶対防御の盾というやつか…」
 メガリスの盗難事件が起きてしばらく、グリモア猟兵からコンキスタドールの情報が伝えられ…その能力の一つと知って…
「絶対防御の盾を操る…ってことは、操作者本人のキャパを超えた動きはできねぇってことでもある。こういう時は手数で押して突破口を開くに限るな」
 鮫士は素早くシャークショットで範囲攻撃&制圧射撃…コンキスタドールも絶対防御の盾を作り出して防御する…が、逃げながら後方を確認しながら防御…という状況についに体勢を崩して転倒した。

 その隙を逃さずに鮫士は一気に距離をつめつつユーベルコード『ガチザメ』を発動、片手をサメの頭部に変化させ…コンキスタドールの足に噛みついた。
「逃がさん…このまま喰いちぎってやる」
 このまま鮫士のいう通りコンキスタドールは足を喰いちぎられるか…と思ったところへ鮫士の頭上に絶対防御の盾が出現して…
『ゴチーーーーンッ!!!!!!!!』
 鮫士の頭頂部に激突した。
「うぐうっ!!!!」
 コンキスタドールの思わぬ反撃にコンキスタドールの足に食らいついた鮫の頭を外してしまい…気が付けばコンキスタドールはどこかへと立去っていたのだった。
大成功 🔵🔵🔵