4
7thKING WAR⑫~鎧は子守唄の証(作者 唐傘
3


#デビルキングワールド  #7thKING_WAR  #プレイング受付中  #ゆっくり執筆 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#デビルキングワールド
🔒
#7thKING_WAR
#プレイング受付中
#ゆっくり執筆


0



●幽霊に挑む勇者
 多くの悪魔が、「謎の子守唄が聞こえる」と怖気づいていたが。あるいは、その恐怖心は本能として正解だったのかも知れない。
「わかりました、侵入者を迎撃します。」
 自分でない意志が、鎧を着込むのを認識しつつ。遠のく意識で、臆病者ではなくそちらが正しい行動だと、後悔する――。


「えっと……子守唄が聞こえる屋敷、っていうのがデビキンワールドで増えつつあるんだよね。」
 ちょっと攻略をしてきてもらえない? と、説明をそこそこに転送ゲートを開こうとするポンコツ占い師。

「子守唄が聞こえる屋敷、が増えてる……のは知ってる人が多いとは思うけど。その子守唄自体が、『召喚魔王の下へと誘う』呪詛というか呪文というか、らしいんだよね。」
 多くの悪魔は、怖がって屋敷に近づかないんだけど。と付け足すヤドリガミ。
「ただ、勇者――無謀な悪魔が何人か、正体を突き止めようと探索して、手下になっちゃったんだよね……。」
 とはいえ、まだその屋敷に留まっているので、挑んだ勇者を倒せば二度と屋敷に挑まないだろう。
 ……別の悪魔が別の屋敷に挑む対処は、別途必要だろうが、そちらも戦争が終われば――7thデビルキングが決まれば、解決するだろう。
「だから悪魔を――挑んだ勇者を開放して欲しいんだけど、屋敷に入ると子守唄が聞こえるんだよね。」
 そして子守唄に屈せれば、挑んだ悪魔の二の舞い――つまり、召喚魔王の配下へと成り下がる。
「だから、戦闘とは別に、子守唄に抗う方法がいるんだよね……具体的に何をどうすればいいかは、検討つかないけど。」
 挑んで配下になった猛者に、少なからず耳栓をした悪魔も居たらしい――あるいは、耳栓が安物で子守唄が聞こえていた可能性もあるが、耳栓の性能を聞き出すためには洗脳を解除する必要があるわけで――要するに、どのような対処がダメだったかは、有効な対処をしていないと聞き出せない。
「あと、洗脳されている悪魔だけど……洗脳はほぼ、鎧で維持されている状態なんだよね。」
 本来は堕天使や悪魔が、一時的に鎧の悪魔になっているらしい。――戦闘においては、元の種族は影響しないだろうが。

「ちょっと洗脳されないように気をつける必要があるけど……洗脳された悪魔の取り戻し、よろしくお願いするね?」
 片手を拝むように出しつつ、転送ゲートを展開する――。


唐傘
 はじめての方ははじめまして、唐傘です。
 戦争シナリオ、子守唄(召喚魔王の配下への洗脳)なシナリオです。

 幽霊屋敷に挑んだ猛者は人数不明(というかプレイングで変動する)ですが、共通して『子守唄への対処が不十分だった』状態です。
 なので子守唄の対処をした上で、洗脳された悪魔たちと戦う必要があります。
(召喚魔王の下へと誘う「子守唄」に耐える事がプレイングボーナスとなっています)
26




第1章 集団戦 『鎧の悪魔』

POW ●アーマーフォース
【鎧を着た者】が自身の元へ多く集まるほど、自身と[鎧を着た者]の能力が強化される。さらに意思を統一するほど強化。
SPD ●アーマーエンハンス
対象の【鎧】に【追加装甲】を生やし、戦闘能力を増加する。また、効果発動中は対象の[鎧]を自在に操作できる。
WIZ ●アーマーラビリンス
戦場全体に、【鋼の鎧】で出来た迷路を作り出す。迷路はかなりの硬度を持ち、出口はひとつしかない。
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵

種別『集団戦』のルール
 記載された敵が「沢山」出現します(厳密に何体いるかは、書く場合も書かない場合もあります)。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


栗花落・澪
一応僕も耳栓はしておきつつ
追加で【高速詠唱】で風魔法を編み込んだ【オーラ防御】を身に纏う
自分の周りに風が流れているだけでも音って聞こえにくくなるものだから
ジェットコースターに乗ってる時に隣で喋られてもなに?ってなるのと同じ事
ダメ押しに僕自身も【歌唱】しかき消す
あとは【呪詛耐性】でなんとか

直接攻撃は回避できるよう翼での【空中戦】
屋敷内で取れる可能な範囲で一定距離を保ち
こちらも歌唱に【誘惑、催眠術】を乗せてみる
原因が子守歌なら一応耳に届きはしている筈だから
中和させることでせめて一瞬でも惑わせられれば

その隙に【指定UC】
【破魔】の光で呪詛を祓い洗脳を【浄化】したい
光なら鎧の隙間にも入り込めるから


「一応、僕も耳栓はしておいて……念のため、風魔法を編み込んだオーラ防御も纏えば、大丈夫かな? ジェットコースターの隣で喋ってる言葉が聞き取りにくい感じで。」
 念入りに、多重の防御を構える栗花落・澪(f03165)――いや、この場合は過剰すぎて問題になることはまず無いだろう。
「……一応、歌唱で相殺できないかな。」
 ダメ押しに、打ち消すための歌を載せて、破られても呪詛耐性で耐える準備もして。……問題があるとすれば、他人に対策を教えようとしても、どれが有効打でどれが無意味だったか、不明瞭な点だけだろうか。

「……早速来たね、敵さん。……それともこれは、勇者だった犠牲者って呼ぶべきなのかな?」
 栗花落の歌に寄せられたか、あるいは子守唄が効かないので実力行使に出たか。鎧の悪魔の姿を認めると同時に、翼を広げて三次元的な移動をして、相手が鎧に生やした追加装甲から逃げつつ。
 歌を自衛の為から、催眠術で隙を作り、自分に誘惑するものに切り替えて。
「全ての者に光あれ――」
 一瞬生まれた隙を狙い、ユーベルコードで浄化する。

「あれ……ここは?」
 洗脳もしくは乗っ取りが解除されたらしく、鎧のままながらも周囲を見回す悪魔たち。
 栗花落が事情を大まかに――ほぼ身振り手振りだが説明し、悪魔たちはそれぞれの帰路につく。
 ――残り何人が屋敷にとどまっているかは不明だが、少なくとも彼の活躍で何人かはもとに戻った事は確かだ。
大成功 🔵🔵🔵

木常野・都月
呪詛呪文の子守唄か。
チィ、ちょっと相談。
月の精霊様は、月の光の幻覚や狂気、浄化とかを扱うだろう?
歌から出てくる呪詛をチィの力で浄化って出来ないか?
それか、俺に月の浄化のオーラ防御をかけて中和とか。

……まあとりあえずやってみよう。
ダメなら呪詛耐性で我慢するか。
洗脳されたら、チィの…月の精霊様の属性攻撃で、俺をガツンと浄化していいから。

野生の勘、第六勘で、上手く立ち回りつつ、敵の情報収集しよう。
風の精霊様にもお願いして、敵に付いて貰って、この後の攻撃を誘導して欲しいな。

鎧って……普通鉄だよな?
それなら雷や電気が効くはずだ。
UC精霊疾走で鎧の人達に体当たりだ。
雷の精霊様、範囲攻撃でお願いします!


「呪詛呪文の子守唄か……。……チィ、ちょっと相談。」
 建物に入る前に、相棒――チィを呼び出す木常野・都月(f21384)。
「月の精霊様は、月の光で幻影の他にも浄化とか扱うだろう? 敵からの呪詛を、浄化ってできないか?」
 どうだろう、と言いたげな相棒の子狐――いや、月の精霊。
「……まぁとりあえずやってみよう。一応、月の浄化のオーラ防御をかけておいてくれ。」
 わかった、と言いたげな相棒を乗せて、建物に入る木常野。
「……ダメなら、呪詛体制で我慢すればいいか。」
 どこまで通用するかは、不明だが……全くの無策よりは大丈夫だろう。

「……こっち、かな?」
 歌に抗いつつ、散策する木常野――呪詛の歌が相殺されているのか、あるいはオーラ防御で防げているのか。答えはわからないが、とりあえず頭上に乗せたチィが頑張っている感じはする。
 その頑張りを感じつつ、勘で――あるいは床のすり減り具合のような細かな差異を感じて。鎧の悪魔が集まっているであろう場所を探す。

 どのぐらい探索をした頃か。前から鎧の悪魔が行進してくる――。
「鎧って……普通は鉄だよな? 雷の精霊様、俺と一緒に駆けて下さい!!」
 巨大な黒狐の姿になり、精霊を纏って。鎧の悪魔に向かって突進する――が、鎧の悪魔も人数を増やし、元から同じ目的のために行動しているためか抗っている。
「雷の精霊様、範囲攻撃も追加でお願いします!!」
 精霊に協力を願い、鎧の悪魔をまとめて押し出す木常野。
 まとめて屋敷の外に追い出し――あるいは木常野ごと屋敷から飛び出し。鎧に込められていた呪詛が無力化されたために勇者たちは洗脳が解除されたが。木常野も勇者も、屋敷を離れても少しの間、聞こえないはずの歌が聞こえたという……。
大成功 🔵🔵🔵

マロン・ビネガー
◎アドリブ、連携歓迎

子守唄に引き寄せられたって事は、気付かない内に疲れていたのかもね
それでも挑むのが勇者なのかな

◆行動
【WIZ】
[子守唄への対処法]
事前に耳栓を借りておく+探索時には
技能[狂気耐性]と[呪詛耐性]等で軽減を図る

鎧製の迷路、実は壁や置物に擬態して何人か紛れてたりして?
怪しいから迷路攻略の基本に忠実に、壁に手を付けてゆっくり歩くよ
曲がり角は特に慎重に周囲を確認

鎧の悪魔が襲って来たら「咄嗟の一撃]や[見切り]で受けるか回避を

技の届く間合いまで引き付けてからUC【聖なる道標】を使用
[浄化]も上乗せして鎧に囚われた勇者の解放を狙う

危険な時は退却するのも立派な勇気だよ
早く屋敷から脱出しよう


「子守唄に引き寄せられたって事は、気付かないうちに疲れていたのかもね……。それでも挑むのが勇者なのかな?」
 挑んだ勇者について考える、マロン・ビネガー(f37213)。しかし、その答えは誰も知らないだろう――あるいは、子守唄を仕込んだらしい召喚魔王なら分かるかもしれないが、答えてはくれないだろう。
 ともあれ、そのまま入ってはマロンも洗脳されてしまうので、耳栓をして狂気耐性と呪詛耐性で凌ぐ――あるいはしのげても、耳栓に効果がない可能性もあるが、その切り分けはできないだろう。

 そして屋敷に入ってすぐ、マロンに鎧の悪魔が退治する……が、その数は多く、そしてそれぞれが鎧を召喚していく――。
「鎧の迷路……もはや、どれが本物でどれが空っぽか、わかんないね。でもね……君の心に灯をともすよ。」
 ユーベルコードで浄化属性の青白く光る龍燈を放ち、片っ端から鎧を浄化していく。
 迷宮はかなりの強度を持つはずだが、構成要素は破壊ではなく浄化で外れていくため――迷路として機能せず、無作為に並ぶだけの鎧になってしまう。
「危険な時は退却するのも立派な勇気だよ、早く屋敷から脱出しよう。」
 鎧の悪魔の全員ではないが、少なからず救出できた悪魔たちに退出を呼びかける。
 少なくともマロンは洗脳されていないようなので、道案内はできるだろう。
大成功 🔵🔵🔵