90/48

木常野・都月(妖狐の精霊術士・f21384)


『狐の…木常野都月です。』

自分が妖狐と知らず、気がついたら森の中で狐として生きていた。 とある年老いた男性に助けられ、そこで自分が妖狐と知る。その後数日、その老人との生活を経て、猟兵となった(老人は既に老衰で死亡)。 人としての活動が不慣れ。とある任務がきっかけで、狐の本能と妖狐の自分との狭間で自分の在り方を模索するようになる。 任務で出会った精霊の子「チィ」に懐かれ、最近は一緒に居る事が多い。 (読み:きつねの・つづき)

妖狐の精霊術士 × シーフ
年齢 20歳 (8月13日生まれ)
外見 171.5cm 黒い瞳 黒髪 普通の肌 
特徴 中性的な顔 マイペース 森が好き 過去の記憶が無い 実は温泉好き 
口調 男性的(俺、呼び捨て、だ、だな、だろう、なのか?)
先輩の前では 丁寧(俺、~さん、です、ます、でしょう、ですか?)
旅団
第六猟兵リクルート部隊 / 
Knights of Rabbit
→もっと詳しく
フレンド アイテム
12
ユーベルコード シナリオ イラスト

木常野・都月さんへのフレンドの種類を選択してください。