4
アポカリプス・ランページ⑪〜Appeal(作者 タテガミ
14


#アポカリプスヘル  #アポカリプス・ランページ  #フィールド・オブ・ナイン  #デミウルゴス  #アポカリプス・ランページ⑪  #(執筆期間中) 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#アポカリプスヘル
🔒
#アポカリプス・ランページ
🔒
#フィールド・オブ・ナイン
🔒
#デミウルゴス
🔒
#アポカリプス・ランページ⑪
#(執筆期間中)


0



●ストームがいつか壊した誰かの――
「……煩い…………煩い……煩……い……!」
 誰も居ない場所で、頭を振るう男は、頭を抱える。
 声がする――願う声が。
 声がする――裁きが下るを懇願する声が。
 声がする――赦しを願う幾人もの重なる声が。
 反芻するように。返答を求めるように。
 願い請い、そして責める。答えよ、されば願い続けよう。
「……俺はァ、造られた偽物の神だ。何故願う俺にどうしろと言うんだ」
 狂った教団の、研究成果。その結晶。
 "最強のストームブレイド"を創る研究はこうして大地に立つ男が発生している時点で、叶っている。
 "無敵の偽神"の称号を男は獲得し、実質神に近い存在感を有した。

 しかし――男の問いかけに囁く声は応じない。
 男に負荷を掛けるように、繰り返し願い、咽び泣いて、泣きつく声を頭に直接刻む。
「……黙れ…………黙れ……黙……れ……!」
 鳴り響く雑音に、偽物の神は、響き渡らせる声を持たない。
 偽物である以上力を持つ人間であるだけの男だ。
 縋る願いが、届き続けるとは一体だれの電波(こころ)だ。
 祈りの声が聞こえなくなるまで、戦い続けるしかない。
 斬撃音、破壊音、絶命する絶叫。
 別の音だけを耳に届かせて、相殺を試みよう。
 聞こえ続けるなら、オブリビオン・ストームのように蹂躙しよう。
「殺し尽くすを念頭に置くが、あるいは……俺を殺してくれ」
 いつまでも響く音が、途絶えるように。
 抱える意味を持たない罪悪感から、――救われるように。

●偽神はやがて偽らざる神へ
「狂ッた教団に造られた男の、悲劇の話をしよう」
 フィッダ・ヨクセム(停ノ幼獣・f18408)は軽く目を伏せる。
「アメリカ西部、高原地域の経済的中心地。通称ソルトレーク。……そこでは秘密裏に"デミウルゴス式偽神細胞"を培養し、増殖させる研究が行われていた」
 研究を重ねて創り上げられたオリジナルが、アイオワ州デモインに現れた。
 寄りにもよって――オブリビオン・ストームを引き連れて。
「なんでも最強のストームブレイド、なんだと。アンタ、"偽神細胞"を知ッてる?偶に猟兵の中にも持ッてる奴がいるな。あれの超高密度集合体最高傑作、とか思ッて貰えたらいいよ」
 人間に移植された偽神の力。過去に潰えた、純粋種。
 ソルトレークでの研究は、デミウルゴス信仰強き研究者たちが第二の存在を仕立て上げようとしたものだ。
 失われたのなら、次世代を創り出そう理論。
 破壊しつくされたアポカリプスヘルで、起こり得そうな狂った行動。
 信仰はときに、行き過ぎた現物を創り出そうとして悲劇を生む。

 ストームブレイドはオブリビオン・ストームを喰らい操る能力を得た者。
「しかしな、男はフィールド・オブ・ナイン第8席『デミウルゴス』。そう単純に偽神として創り出されなかッた……喰らい繰る力を呼び起こした側の男だぞ」
 デミウルゴスはうつろわざるもの。不変だ。変わらない。
 信仰により蘇った神々一員に名を連ねた男だ。
 偽神といえど、神と同じ席を共にする。
「男の思惑は……どうにも読めない。でも分かることは一つ在るぜ?」
 男の顔に、妙にチラつく苦悶の表情。
「デミウルゴスには絶えず何かが聞こえていて、振り払おうとして暴れているように見えるな。隙自体は存在しそうだ」
 黒い嵐を引き連れて、世界を切り裂き、破壊して。
 オブリビオンへと次々に変貌させる。
 野放しにしていては、オブリビオン化は流行病のようにあっという間に広がるだろう。
「……男は無敵。ああ、文字通りの無敵だ。"偽神細胞"を持たない者の攻撃が通らない」
 ストームブレイドしか、喰らい付けない相手……ということはない。
「俺様の手元に、試験管が幾つかある。これは偽神細胞液……まあ、奴らの研究施設が崩壊したんで、少し拝借してきたもんだがこれを服用して、"偽神化"するなら話は別だ」
 一時的に偽神化した場合、ストームブレイドに近い存在へと迫るため傷を与えることが出来るだろう。
「液体嫌だのヒトは液を閉じ込めた飴でもやろう。自身ではなく、武器でいいなら……」
 ……"一時的偽神化を齎す試験管"を、どうしようがお前たちの自由だ。
「ただし、使う場合偽神細胞の接種は激しい拒絶反応があッて、絶命の危機があるんだ」
 短期集中決戦を目指せ。きっと其処に、勝機と終焉が混在するから。


タテガミ
 こんにちは、タテガミです。
 これは戦争依頼に属する【一章で完結する】依頼となります。

 プレイングボーナス……「偽神化」し、デミウルゴスを攻撃する。

 タテガミのシナリオ上では、『試験管』か『飴(味は想像にお任せ)』を使う系、飲む食べるなどの行為がプレイングで描かれていた場合、偽神化が成される判定とします。
 体内に入れることが、重要です。
 ……身体に怖いものを入れるのが怖い人向けに、グリモア猟兵がOP中になにかいっていたと思いますが『その方法』であッても、可能と予め申しておきます。
 ただ使用箇所のみ有効です。何か超科学反応が起こって形状が『一時的にドラゴン要素を獲得する』かもしれませんが、ご了承の程を。

 デミウルゴスのPOWは、小さな細胞竜が一体発生する感じで想像いただければ。身体から離れた"同一細胞(分離した分身体)"が獲得した力は、デミウルゴス本人にも反映されます。実質小規模、オブリビオンストーム、のような竜のイメージ。
 彼が細胞を使うようなユーベルコードはこのシナリオでは龍属性を得ます。不思議。

 猟兵たちは彼にであったところからシナリオが始まりますので断章は特にありません。猟兵のことは、計画を阻むもの、という認識がありますので真っ先に壊すべきものとして、周囲を破壊しながら攻撃対象として歓迎するでしょう。
 雑音をかき消したいから戦います。

 なるべく頂いたプレイングは採用できればと思いますが、全採用を行えない場合もあるので、ご注意ください。プレイングに問題が無くても採用を行えない場合が存在します。公序良俗に反し過ぎる行動も場合により採用できないことがあります。
 ご留意いただけますと、幸いです。
133




第1章 ボス戦 『デミウルゴス』

POW ●デミウルゴス・セル
自身の【偽神細胞でできた、変化する肉体】が捕食した対象のユーベルコードをコピーし、レベル秒後まで、[偽神細胞でできた、変化する肉体]から何度でも発動できる。
SPD ●偽神断罪剣
装備中のアイテム「【偽神断罪剣(偽神細胞製の大剣)】」の効果・威力・射程を3倍に増幅する。
WIZ ●デミウルゴス・ヴァイオレーション
自身が装備する【偽神断罪剣(偽神細胞製の大剣)】から【強毒化した偽神細胞】を放ち、レベルm半径内の敵全員にダメージと【死に至る拒絶反応】の状態異常を与える。
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は💠山田・二十五郎です。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


イージー・ブロークンハート
わははすげえひでえ顔!辛い顔だ苦しい顔だ泣きたい顔だな〜〜。いろんなのが聴こえてわんわん煩いんだろ〜〜!!
……しんどいよな、わかるよ。オレも予知の時いつもしんどいもん。
つーわけで、いーよ、付き合ってやるよ。
偽神細胞とやらを摂取しちゃおう――試験管の中身をさらっと平らげる。代償は、ほら、意地は砕けずで相殺、肩代わりだ。……うわ超しんどいマジ死にそう。あんた良くこれここまで頑張れたな!?

激痛態勢と覚悟で堪えて、捨て身の一撃と残像で素早くケリつけてやりたいな。
音なんか、聞こえなくなるようにさ。
(アドリブ・協力その他歓迎です!)


●それは普遍的普通の敵との出会い方

 男は苦痛の表情を浮かべていた、と思う。
 ずるずると、足を引きずるように歩き、疲れ切ったような様子が目立った。
 当然、それはオレの客観的な感想で。
 もしかしたら異なるのかも知れない。
 壊す事で安らぎを得る怖いタイプのオブリビオンかも……。
 男が手を動かす度に、操作に応じる黒い竜巻が全てを薙いで壊していく。
 彼こそは、フィールド・オブ・ナインが一体"デミウルゴス"。街だろうが人だろうが瓦礫だろうが何もかも終焉と定めた現時点から過去に捨てていく。
「わははすげぇひでえ顔!」
 鏡見たこと在る?そんな軽めの口調で突然出くわした友人に声を掛けるように。
 酒場の店主に声で掛けるようにイージー・ブロークンハート(硝子剣士・f24563)は手を軽くあげて男の視線を奪った。
「辛い顔だ、苦しい顔だ、泣きたい顔だな~~」
 うんうん分かるよオレも、そういうのばかりだからね。数日起きに膝から崩れてしまうよ。不思議なことに、そんな出来事に出会いガチなんだ。
『……雑音が増えたか。俺に話しかけるな』
 苛つくような顔をして。
 次には大きな龍の爪のような剣の柄を握りだす始末。
 喧嘩っ早いな。この人~!?
「あ、もしかして色んな音(声)がたくさん聞こえてる系?耳が良いんだ、へえソイツは大変そうだなあ」
 声を掛けた一つでそんなに苛つかないで、落ち着きなよ。
 廃墟気味のこの環境で、余裕を持って話しかけてる一般人感凄いオレみたいなのに逢える可能性低いよ~?
「いろんなのが聴こえてわんわん煩いんだろ~~!!」
『……煩い』
「つい大声になったけどさ、……しいんどいよな、わかるよ」
 気さくに話していたイージーの突然のトーンダウン。
 デミウルゴスもこれには、何事かと眼を見張る。この間に壊そう、終わらせようとしないのは耳障りな音と主張も内容も異なったからだろう。
 久々に聞いた、――願いでも赦しでもない、"何気ない会話"。
「オレもさあ予知の時いつもしんどいもん。これでもばりばりしちゃってる側なの」
 つーわけで、いーよ。大暴れに付き合うよ。
「付き合ってやるよ、その終わりの道行きを」
『……俺を壊すという話か?止めておけ、お前の刃は届かない』
「ご心配無用!用意は十分しているよ」
 はい、取り出したるは何の変哲もない試験管!ぐいっと摂取しちゃおうね!
 男気、こういう時が一番大事。オレの中でも当然、解ってる。
 さらっと平らげて、じわじわと偽神細胞が暴れだす気配がする。
 代償を求めて暴れだそうとする、――のを、意地は挫けず(イッツ・ノット・イージー)で肩代わりさせる。
 偽神化はするが、一時的な龍化は起こらない……代わりに、びりびりとする感覚は棘でも服用した気分。
「……うわ超しんどいマジ今すぐ死にそう。あんた良くこれここまで頑張れたな!?」
『……』
 呑み込んだ液体が、偽神化を起こす薬の一種だと理解したのか、男はすぐに偽神断罪剣を構えて、イージーへと切り込む。
 素早く硝子剣を抜き、応戦の構えを取るが、強度の違いで亀裂を与えられて、剣から破片が散らばる。
「でも少しの時間なら、なんとか……ほんとしんどいけどずっとこの痛みを?」
『……痛みも、声も、音も、耳鳴りも』
「うわー、誰か愚痴る相手でも造りなよ!」
 がきぃんと激しい音。
 目の前に現れた偽神のさらなる偽物を、壊し終わらせようと振るわれる剣は重力を得たように重かった。
 デミウルゴスの表情もコイツでは駄目だなんて、諦めたような目で。
『創る……?』
「この世界色んな技術で色々生み出してるんだよ知らないのか~~?」
 戦車からバギーから、壊しまくって通り過ぎていく風のようなお前には、馴染みはないか。
 フラスコチャイルドたちひとりでも、傍にいたら違っただろうに。
「もっと広い世界を眺め回れって。今日いちばんの開運スポットだから!」
 雑誌で得た知識を口にしたところで、デミウルゴスは止まらない。
 捨て身の一撃で、かきんと合わさった瞬間、急激に身を屈めて――自慢の元気で男が終わりへ至る為の切欠(片道切符)を腹へと刻む。
 ――素早くケリ、つけてやりたいな。
 ――音なんか、聞こえなくなるように、さ。
大成功 🔵🔵🔵

ルドラ・ヴォルテクス
⚫︎アドリブ連携OKです

昏い魂の慟哭だ、どこまで昏い風が哭いている。
その嘆きも哀しみも、全て断ち切る。

【祓う光、アストラ】
限界突破、アストラ最大解放!
アストラの解放で、討滅の意思をオーラとして纏い、攻防一体の形態へと移行する。

チャンドラーエクリプス、弩弓形態、アストラの発射口とシールドとして正面に展開、断罪剣を迎え撃ち、必殺の一閃で終わりにしよう。
断罪剣の威力を上回るには、更なる意思の力を、リミッターを解放、勝利への覚悟と闘争心、救済の祈り……全てを力に変え、デミウルゴス、おまえが求める救いと静寂を、おまえの魂に届けてみせる!


シズホ・トヒソズマ
アドリブ連携歓迎

例え被害者といえど世界を滅ぼした一人なら貴方は加害者
お望み通りに、殺してあげましょう

私は着用者を持たない流しのヒーローマスク
事前にストームキャラバンを訪ねて気の合うストームブレイドの方と交渉
世界の脅威を必ず減らすという約束で着用契約をし戦場へ
これで私は肉体には偽神細胞を持つ状態
攻撃は通る筈

UC発動
サージャバウォックの力を使用
斬竜剣ヴォーパルソードを実体化し装備
此れで斬り結びます

敵が射程等を3倍化したらこちらもヴォーパルソードを巨大化
更にイズンを◆操縦しヴォーパルソードに斬竜剣の名からの斬竜◆呪詛を付与し竜属性への攻撃力を強化
偽神細胞製の剣を切り裂き本体にもそのまま突き刺します


●進め穿て壊せ凌駕しろ

「昏い魂の慟哭だ、どこまで昏い風が哭いている」
 これは決して幻聴ではない。
 嵐を連れて歩く男が、胸を張らないのは苦悶の旋律がずっとずっとが叫ぶから。
 歩き壊し行動を続ける必要など、等にないというのに――。嘆くはルドラ・ヴォルテクス(終末を破壊する剣“嵐闘雷武“・f25181)。
 彼こそは、オブリビオンストームを見定め滅するもの。
 禍嵐を作り出した側の、創られし男デミウルゴス。破壊者を見つけ、ルドラが判別したのは――約束されし終わりへの奉仕。
「その嘆きも哀しみも、全て断ち切ろう」
『……お前から、聞こえないが。それ以上近づくな、喧しい言葉がもっと、もっと聞こえてきそうだ』
 ルドラがフラスコチャイルドのストームブレイドだと瞬き一つで見て取って。
 デミウルゴスは進路妨害の、掃除へと攻撃姿勢を移していく。
 使い続ける"命"の重さ、ルドラが背負う宿命。
 その果ては、頭に鳴り響く声に恐らく重なるものだから。

「……おやおやぁ~ルドラさんじゃなければいいですか?」
 明るい口調で、暗い雰囲気の戦場に割り込むシズホ・トヒソズマ(因果応報マスクドM・f04564)。
 じゃあ私とか最適ですね、と自己アピールも欠かさない。
「例え被害者といえど、世界を滅ぼした一人なら貴方は既に加害者です」
 反論の余地、無いですよね!
 それから風のうわさ、独り言――聞こえてましたよ。
「お望み通りに、殺してあげましょう」
 猟兵という風が、黒い嵐を吹き払うんですよ。
「ああ、失礼しました。私とは何ぞ、そんな顔ですねいいですよ答えましょう」
 まくしたてる言葉の数々に、デミウルゴスから嫌な顔をされ始めたがシズホはお構いなし。
「私は着用者を持たない流しのヒーローマスク……ふっふっふ」
 当然、この体は偽神細胞を持たない人物の可能性があります。
 いいえ、でも違います。
「ですが"この人"は現地民のストームブレイド、ですから」
 擬似的な偽神化など起こさなくても、ストームキャラバンで約束を取り付けて、此処に来ましたから。
 ――必ず、世界の脅威を減らすと。
 ヒーローマスク故の着用契約を、行った上で此処へ来たシズホ。
「これは、人を救うヒーローの役目というものです!」
『俺は悪……お前たちが正義。いや、そんなものは』
 どうでもいい。
 デミウルゴスは偽神断罪剣を抜く。
 活性化させた剣がみちみちと音を立ててざわめく――まるで竜のうろこでも逆撫でたように。
 急激な威圧感が上昇していく。
 黙れ、黙れ。いいから、黙れ。
 男の考えを反映するように、ばちりばちりと、龍が放つようなオーラを自身と剣に纏う。

「話は終わったか、ならば此処からはじめて、この場にて終えよう――祓う光、アストラ」
 ルドラの解き放たれし力(アストラ)。
 自身の生命を脅かすものだと知りつつ、しかし加減無く限界まで引き出す輝き。
 常に全力で行動し、終焉させる男の取れる討伐を絶対とする意志。
 全てをオーラとして身に纏って、昏いオーラを纏った男とは正反対に白色の輝きが、ルドラを包んだ。
 チャンドラー・エクリプスを手に、その形状は変わっていく。
 偽神兵器は、剣の形から穿ち終わらせる弩弓形態へ。
 アストラの発射口とシールドとして正面に展開。
 ――必殺の一撃を、込めよう。
 ――闘争心、救済の祈り、全てを一つに束ねて力に変えよう。
『力は充填式か。いや、ならばその弾丸が込められる前に壊せばいい……それだけだ』
 剣を振り上げて、勢いよく振り下ろす――がいん、と叩かれた弩弓はやや押されたが壊れるほどではない。
『壊れろ……壊れろ、壊れろ!』
「そんなに壊れそうにないものを、頑張って壊そうとしなくても!さあ此方をどうぞ」
 ご照覧あれ、私シズホの幻影装身(アームドオブリビオン・ミラージュ)。からくり人形をくい、と手繰り寄せて、内側から幻影武装を出現させる。
「人形が吸いし過去の影、我が身に宿りし力となりて、応報を持って因果を制さん!」
 現れたイメージは猟書家サー・ジャバウォック。
 片翼の翼、尾の男だ。
 シズホは斬竜剣ヴォーパルソードを実体化させて握り、構える。
 射程は既に三倍になっている。振り抜かれるだけで、デミウルゴスの剣が届いてしまう。
『過去が過去を食いつぶす。それもまた妨害ならば壊しつくそう、……嵐が通り抜けたように、呆気なく』
 足に力を込めて、デミウルゴスは勢いよく偽神断罪剣を振り抜く。
 偽神など、同じ場所に何体も必要ない。
『龍のオーラを剣の纏ったこの圧力で、体表から崩壊を促そう』
「そこ、まさか波導を使うんです!?……なぁんて、影の力を宿しただけじゃ無いですよ、私」
 宿した力、ユーベルコードを掠めて使う。
 少量だけの再現度だが、猟書家の力を流用するにはこれが精一杯。
 青白き斬竜剣ヴォーパル・ソードを巨大化し、波導を纏って打ち込まんとする刃にオリジナルの要素を組み込む。
 曰く、呪毒生成吸収装填人形『イズン』。
 多様な毒を発生させる『イズン』を使って剣の名称でもある"斬竜"要素を呪詛として爆発させる。
「この剣は、今に限り龍を滅する剣です!力を使う限り貴方はあなた龍属性!」
 呪詛属性を獲得した巨大剣ヴォーパルソードの間合いと、そちらの剣はほぼ同等!
「優位に立った属性が勝ちます!」
 ――偽神細胞製の剣も、"龍属性"……さあ、軋ませて膝を折るのです!
 刺突するように、穿てば、細胞製の剣は脆く崩れる。
 穿った部位を起点に崩れ、デミウルゴスは驚きの表情を隠せない。
 細菌に腐敗侵食されたように呆気なく崩れていくが――剣は即時再生する能力はない。細胞は、細胞なのだ。再構成でき、作り出せる武器――それをシズホは切り捨てて、偽神化した身体をぶん殴るように斬りつけて。
 破壊の嵐が降り注いだデミウルゴスは後ろへ後退を余儀なくされる。
 オブリビオンストームを手招いても、シズホへ差し向けるには間に合わない!スピーディに穿つベストタイミングが生まれた。
 ――ここだ!
 リミッターを更に解除し、力を引き出し込める事をルドラは決意する。
 痛みが胸を叩くが、それどこれころではない。刻一刻と破壊していく使い手を、足止め程度で終えてはならないと叫ぶのだ――身体が。
「デミウルゴス、おまえが求める救いと静寂を、おまえの魂に届けてみせる!」
 声を聞きつけたシズホが飛び退く。目の前に広がる勝利の約束された栄光の道(ストレイト・ロード)は開かれた!
 極光が如き輝きが、一点突破にて放たれる。
 エネルギーはまるで強大な白色のドラゴンのような形をとって、デミウルゴスを食らうように触れた瞬間爆発した。
 竜が踊る、竜が食らう、竜が叫ぶ。
 常人を寄せ付けない、竜殺しの竜(りょうへい)と、哀しみの竜(でみうるごす)。荒ぶる空気は、激しさを増していく――。
大成功 🔵🔵🔵🔵🔵🔵

ジャスパー・ドゥルジー
拒絶反応って痛ェかなァ
わくわくするよなァ

【ゲヘナの紅】の炎が全身を包む
偽神化した今の俺ならそれこそ地獄の炎みてえに燃え滾らせられるかもな
――アハ、やべえ、ちょー痛え
最ッ高に昂っちまいそうだ

大剣を掻い潜り、懐に忍び込んで炎の徒手空拳をお見舞い
心臓がずくずく痛ェわ身体はアホみたいに軽いわ楽しくて仕方ねえ
【激痛耐性】で身体の動きに支障は一切ない
思わず高笑いなんかしたら煩いってガチギレされっかな?

俺の身体は半分以上宿したオウガのモン
今更別の因子が入ったところで死んでなんかやんねーよ
まあそれもあと数年ってトコらしーけど

どっかの死にたがりさんが寿命でもくれねえモンかねえ


●生きてる味

 ――なあ?拒絶反応って痛ェかなァ?
 聞いただけでゾクゾクした。体験できるって?マジ?
 痛みを愛し痛みを欲するジャスパー・ドゥルジー("D"RIVE・f20695)にとって、興味は付きない。
 ワクワクが全身を撫でるよう。
 だから、試験管の中身を飲み下すのだって、怖いとは思わなかった。
 どんな痛みが内側で暴れるのかと、そればかりが気持ちを逸らせる。
「わくわくするよなァ、悪魔でも偽神化すりャあ偽魔王ってか?」
 軽口を叩いて。デミウルゴスの反応を期待したが、無言。
 激しい爆風、爆炎に呑まれた後、所々に大きいな負傷を抱えて尚、偽神の細胞が覆い尽くして傷を塞ぐ。
 塞がれた箇所は竜のような鎧を持った。柔くは、見えない。
 トゲトゲしい、竜そのものにいつか至る様相が垣間見えるのだ。
 偽神細胞製の剣を、手に力を集約することで作り出している間に――ジャスパーは、ゲヘナの紅で全身を炎が包んだ。
「なんだ、話しシようぜ?あんたも、あんたもあんたも、全部燃やし尽くシてやるから」
 殺して欲しいんだろ?じゃあ動くなよ、武器の準備をするなよ。
 ――抵抗して痛みを受けいれたいってんなら、止められねェが。
 普段と違い、ゲヘナの炎の超高温は、龍の因子となって暴れて爆ぜる。
 意図せぬ炎の奔流となって、地獄のような熱さをごう、と滾らせた。
 ――アハ、やっべぇ……。
 オウガブラッドとして、扱う炎でもあるはずなのに。
 小さな獣が内側に群がるような、拒絶できない痛みが、始終暴れて回る。体の中だ、飲んだ偽神細胞液のせいだ。答えがわかる故に、ゾクゾクする感覚はピークだ。
 ――ちょー痛ぇ。
 はっ、マジ、最ッ高に高ぶッちまうわ!
 ちろりと覗かせた舌で唇を舐める。
『痛みに耐えて、苦しそうだ。今、楽にしよう』
 偽神化したジャスパーにデミウルゴスは今しがた新しく創り上げた偽神細胞製の大剣から、龍のオーラを爆発的に発生させた。
『首か?背中か?胴体か、聴くだけ無駄だが何処が辛い』
 頭に鳴り響く音よりも、壊す対象の悲鳴のほうが男は気になった。
 どうせ壊すのだ、目の前のそうオルゴール(ジャスパー)は殺せれば、音を止める。
 ではどこだと、問おう。このオルゴールは、壊せば止まる。聴くだけならば、手間にはならない。
『答えないならば、勝手にしろ』
 ずるずると、強毒要素を全面に出した偽神細胞を剣を纏わせて、時に水のように飛ばしてジャスパーの襲撃を開始。
「どこ、どこか……ハハハ、ぜ・ん・ぶ❤」
 びしゃ、びしゃと至るところに張り付いて、溶かす音を耳に聞きながらジャスパーはのらりくらりと掻い潜り、男の間合いの内側へ。
 炎の徒手空拳で、狙う場所は一点。入ってるかなどお構いなしに叩くは左胸。
 ずばああ、と炎が勢いよく焼いた音と叩く音が重なった。ぐらりとバランスを、崩しかけたデミウルゴスだが、細胞が焦げた煙をあげている。
「でも一番はやッぱ、そこ(心臓)。ぐずぐず痛いェわ身体はアホみたいに軽いわ楽しくて仕方がねェ」
 激痛耐性をかなり半端なく身につけるジャスパーにすら、突き抜ける痛み。
 では普段から偽神細胞の痛みと共存するものや、コイツは――考えるだけでニヤりと笑いたくなった。
 ニヤリと上がった口角、あ、ヤベ止めらんねェ。
「ハハハ!マジ、やべえわ!ハハ、アハハハハ!!」
『耳に響く……煩い、黙れ。壊れて消えろ』
 思わず高笑いがでてしまったが、素晴らしい反応速度でのガチギレが返ってきた。
 攻撃速度より、反応が早かった気もする。
 ――身体の痛みより、頭の痛みの方が上?へーーーーえ……。
 デミウルゴスは一撃でも大きな被害をださんと攻撃をやめてなどいない。
 だが、ジャスパーにあしらわれ、気がつくと懐を、何度目かの掌底が叩く。
「俺の身体は半分以上宿したオウガのモン。今更別の因子が多少入ったところで死んでなんかやんねーよ」
 男の胸をゲヘナの紅を宿した手叩く度、痛みを緩和する力を掠め取っている気はする。叩いた分、怒りが上昇しているのもわかる。だから、量は比較して増えている"みえない"なにか。
 ――まあそれもあと数年ってトコらしーけど。
「どっかの死にたがりさんが寿命でもくれねえモンかねえ」
 掠め取った生命力分、手に感触が残っている気がして――吸い込むようにして。
 ジャスパーは悦んで男が"くれたモン"を――呑み込んだ。
大成功 🔵🔵🔵

樹神・桜雪
【WIZ】※絡みとアドリブはご自由に。

事前に偽神細胞液は一気に飲んでおく。
副作用が怖いから速攻しなくちゃ。純粋に力比べといこうか。強そうでわくわくしてきちゃ…つつかないでよ。
…文句と説教なら後で沢山聞くから、安全なとこにいてね。相棒。

さて、どこまで行けるか分からないけれどUCで予め刀は召喚しておく。接近するまでは距離をおきながらUCで攻撃を。近付いて来たらそれに凪ぎ払いやカウンターを織り混ぜて真っ向勝負。
相手のUCが来るならリミットも近いのだし捨て身で攻撃だよ。

…すっごく痛い。お兄さん、ずっとこんな痛みを味わっていたんだね。人形でもこれは、きっついや…。
ちゃんと終わらせよう。痛いのは辛いもの。


●自由の翼をあげよう

 標的から少しだけ離れた場所での会話。
 びり、びり、となにか、内側で暴れる気配。
 呑み込んだのだから、内側の何処と特定するのは難しい。
 ただ、全身が針で突き刺されるような痛み。
 これなら、相棒たちにつつく攻撃の的(まと)になったりする日常は可愛いものとさえ思う樹神・桜雪(己を探すモノ・f01328)。攻撃を立てる"偽神化"という状態になる為とはいえ、――これはなんて無茶な作戦だろう。
「いてっ」
 とす。相棒のシマエナガの、先制攻撃。
「副作用が激しく出る前に、速攻して戻るよ。ボクだって、痛いのは、ほら、……ね?」
 つつつつん。鳴きもせずに突いてくる相棒。
「つつかないでよ、既に文句と説教をたくさん言いたいんだって、わかるよわかる」
 でも待っててよ。だってほら、強い人と純粋な力比べだよ?
 偽りの神化した力を受けた一時的パワーアップ状態のボクが、どこまで追い込めるかとか興味がさあ。
 とすとすとすとすとす。過激さは、増す。
「相棒?」
「……じゅり?」
「大丈夫だから。ちゃんとたくさん、きくから。今は安全な所で羽を休めてて?」
 すぐに戻るから。
「――じゅりりりり(またきみはそういうことをいうんだから……)」
 飛んでいったシマエナガを見送って、視線を下ろせば黒い嵐のような男と目があった。此処まで何人の猟兵と打ち合ったのだろう。
 焦げ目や、怪我したような跡が目立つ。
 ほんとうに、猟兵が行ったものか?疑う怪我も幾つか見受けられた。
 ――自分で腕を千切ったような、……そんなワケないよね。
 死にたいけど死にたい死にたがりなんて、そんな顔には見えないよ。
 遠くからでもよく聞こえる声が、桜雪を認識したようで、語りかけてくる。
『鳥の声……今、この辺りに鳥が居ただろう』
「それが?」
 あちらが猟兵だと認識して壊しに来るなら、良いとも応じよう。
 返答は短いわりに、桜雪の判断はほぼ即決。
 ――すぐ戻ると約束したのだし、さっさと実行!
 ――じゃないとお説教時間が延長されちゃう。
 ぶわああ、と桜雪の周りに霊力を帯びた桜硝子の太刀が浮遊させて、あと数歩でも来るなら穿つと先制して威嚇する。こちらも表情は乏しい方だ、これくらいのほうがいっそ、反応がわかりやすいだろう。
 ――来なくても返答次第で、全方集中砲火だけど。
『祈り、赦し。それとは違うただの雑音――それを連れてきた猟兵。お前は、真っ先に壊すべき』
「……えっ、理不尽じゃない?」
『傍に置いている鳥なら、お前を潰すだけで飛び立つだろう』

 じゅりぃ?と首をかしげるシマエナガが空に見えるよう――。
 ――相棒、そういうとこだよ!

 デミウルゴスは桜雪の臨戦態勢に即座に順応して、強毒オーラを乗せた大剣をぶぉんと振るって地面を叩いた。
 ごごごご、と五条に伸びる衝撃は、強毒オーラを受け継いたさながら偽神竜の爪。
 当たれば毒の餌食、あまり当たるのは得策には思えず――レベル×10本の桜花雪月(オウカセツゲツ)を足場代わりに、剣の機動を飛び跳ねて躱す。
 足場がないなら作ればいい。単純なことだ。
 桜雪はミレナリィドールなのだ、幾分かは標準的体格とは不釣り合いにもともと身体は軽い場合もある。
 そうでなくとも偽神化の影響らしいものか、普段より身体は軽く感じた。
 横に逃げるよりも、跳んで躱した方が速いと思うほどに。
 相手が激しく動くなら、激しく動いて、幾何学模様を描き複雑飛翔するUCの攻撃も、風に煽られた桜吹雪のように機動が読み切れまい。
「その武器相手に、真っ向から打ち合う気はないよ」
 ずだだだだ。偽神断罪剣に一気に奇襲を掛けて、デミウルゴスの意識を一点に集中させて。
『煩い、鳥のように喚くな』
「ひどい。ボクはボクだよ」
 喋りたくなったら喋るし。それだけ。
 レベル分残りの手が空いた太刀を、手の合図で背中側に殺到させる。
「これは、魔を絶つ刃だ。死にたいらしいね、その因果ばっさりやっちゃう?」
『――!?』
 まるで鳥の翼があるような形――『V』の字に斬りつけて、捨て身のアタックは刻んでやった――満足感。
 滴る流血で、赤い翼を得たように暫くは見えるだろう。

 対等に張り合える力、偽神化は凄いな、と思いつつ。
 桜雪は自分の息が乱れているのに気がついた。
 ――あー、やっぱり……すっごい痛い。全身が、すごく。
「お兄さん、ずっとこんな痛みを味わっていたんだね。人形でもこれは、きっついや……」
 ばたりと倒れ込んでしまいたいけれど、ちゃんと撤退してから。
 そこまでは、なんとか足を奮い立たせていよう。
 ――この人はちゃんと終わらせてあげるべき人だね……。
 ――痛いのは辛いもの。
 痛み続けるなんて、耐えられないよ。耐えられて――無いんでしょ?
大成功 🔵🔵🔵