6
飛空挺デュエル!?(作者 ヘルエルス
5


#ブルーアルカディア  #デュエリストブレイド 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#ブルーアルカディア
#デュエリストブレイド


0



●さすが新し親分
 ことの始まりは少し前に遡る。
 リサが、デュエリストブレイドのデッキを持って、ブルーアルカディアに遊びに行った時のこと。
「ゲージ3を払い、【深き闇 クダ】を召喚。ターン終了」

 いつのまにか、ブルーアルカディアにもデュエリストブレイドが普及していたという。
 当然リサのせいではない。

●どうしてこうなる?
 そっとリサは予知を始めた。

 見えたのは、あれ?カードの束。束。束。あれ?

「なんか変な状態になってますよこれ…。」

 リサの説明によれば、まさかの飛空艇を襲うオブリビオンはいるものの、一部がデュエリストブレイドで戦うという非常事態が発生していた。

「こんなブルーアルカディア絶対おかしいでしょ。」

 さらに予知を続けると、デュエルに負けた人が何故か落とされているという姿が確認できた。

「悪魔のデュエル…。親分が見たら絶対許されないやつじゃねえか。」

 このこともあり、なぜかリサは、グリモアベースではなく、バズリトレンディ御殿へ向かった。理由はもちろん、大量のスタートデッキである。

●避けるか、戦うか
 数分後リサは猟兵たちにこう告げた。
「デュエリストブレイドの普及率がブルーアルカディアでおかしなことになってるみたいで…。それに沿うように、オブリビオンの狂気的な行動が著しい程に目立つようになりました。」

 なんであのブルーアルカディアの人々があんなにルールの複雑なカードゲームにハマったかはさておき、リサの説明は続く。
 「攻撃してくるオブリビオンのパターンは2つです。ルールがわからず、カードを投げつける派閥これはカクリヨの戦争でも見ましたよね。後もう一つは、ルールがわかっているため律儀にカードゲームで勝負を挑んでくる派閥。ただし、これが同じ集団に混合いるってことになっています…。」
 幸いなことに指揮者は、カードゲームを挑んでくるため、問題ないのだとか…。か?

「敵はイカサマ大好きな可能性があるのが厄介です。ってことでそれを対策するのなら、こちらもイカサマするか、それを悟ってユベコを打ち込めばいいはずです。」

 リサはその敵の行動パターンについては。
 初陣では、デュエル中に毒を使うというデュエリストとしてあるまじき行為をしてくるという。またカードを投下させるため、見えなくされて大混乱させる。迷惑の限度を大幅に超えている集団がいるー弾幕で攻撃する方も毒を使うから注意しなければならないという。

「こいつ以外はほぼほぼ気にならないと思うけど。煽ってくる変な集団もいるからね。まあ、みんなで頑張ってこの事件を解決しに行きましょう!」


ヘルエルス
 はじめまして、ヘルエルスです。皆さんはカードゲーム好きですか?僕はめっちゃ好きです。今回は空中でデュエルを行ってもらいますが。デッキが思い浮かばなくても。集団の中には何故か、カード弾幕で攻撃してくる個体もいるので、お気になさらず。
 さて、皆さんがどのようなデッキで戦うかが楽しみです。
0




第1章 集団戦 『クラウドジェリー』

POW ●無痛麻痺毒
【麻痺毒】を籠めた【触手】による一撃で、肉体を傷つけずに対象の【運動中枢】のみを攻撃する。
SPD ●毒触手
海の生物「【クラゲ】」が持つ【刺胞毒】の能力を、戦闘用に強化して使用する。
WIZ ●透き通る体
自身と自身の装備、【触手で締め上げた】対象1体が透明になる。ただし解除するまで毎秒疲労する。物音や体温は消せない。
👑11 🔵🔵🔴

種別『集団戦』のルール
 記載された敵が「沢山」出現します(厳密に何体いるかは、書く場合も書かない場合もあります)。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


●猟兵のスマホに渡されたメモ1
 敵のデッキタイプは、コントロール。パターンは、防御を固めることにより、切り札を用意するまでのターンを稼いでくるため注意するように。属性は光と闇です。

 要注意カード(切り札)
 【無限の猛毒 クイーンオブジェリー】
 かなり重いが、一度盤面に出ると、闇ユニットを出すたびに、相手のユニットのパワーを少し下げる。また、光ユニットを出すたびに低コストスペルを1枚ただで詠唱する。ただしこのスペックにしては重すぎる。

 以上
天城・千歳(サポート)
本体で行動出来る場所なら本体で、本体の入れない場所の場合は戦闘用リモート義体で行動し本体は義体からの情報を元に【情報収取】【戦闘知識】【世界知識】【瞬間思考力】を使い状況分析及び支援行動を行う。
戦闘状態になったら【誘導弾】の【一斉発射】による【範囲攻撃】で【先制攻撃】を行い、その後は【スナイパー】【砲撃】【レーザー射撃】で攻撃する。
敵の攻撃は状況に応じて【盾受け】で防御するか【見切り】【ダッシュ】【推力移動】を使った回避で対応。
味方とのコミュニケーションはリモート義体が【コミュ力】【礼儀作法】場合により【言いくるめ】を使って対応する。
協力体制を構築した味方に対しては、通信による情報支援を行う。


●弾幕vs弾幕
 「カードゲームがオブリビオンの悪事に使われるとは、奇妙です。」
 天城・千歳は、カード弾幕で攻撃してくる個体と戦うことにした。

 千歳は冷静に、そして無言を貫き。自身の持てる武装全てを構え、先制攻撃として、それを一斉に発射した。
 先制攻撃に怯まず、千歳が対面するクラウドジェリーの集団は、
「デッキ!」「ブースト!」「ライブラリアウト!」「マッドネス!」
 カードゲーム用語を叫び、こちらに毒のついたカード弾幕を投げてくる。
 そして触手までもこちらを狙っているという状態であった。

 千歳は、触手や、カード弾幕を見切りで躱していく。弾幕や触手は、命中した砲撃により、相殺されてゆく。クラウドジェリーの触手は抵抗する力を失っていき、投げられる弾幕も弾切れを起こそうとしていた。

 しかし、千歳にはまだリソースは残っている。スナイパーやとレーザーで、撃ち抜き、薙ぎ払い、クラウドジェリーを一網打尽にした。
成功 🔵🔵🔴