3
悪い子は、連れて行っちゃうよ?(作者 ヨグ
6


#ダークセイヴァー  #地底都市  #第五の貴族 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#ダークセイヴァー
🔒
#地底都市
🔒
#第五の貴族


0



 ダークセイヴァーに数多あるといわれる地下空間。
 その一つに、小さな屋敷があった。
「早くこっちに!」
 バタンと閉じられる屋敷の扉。
 中に滑り込んだ2人の女性は荒い息をついていた。
「はぁ、はぁ……なんなの、あいつら。」
「知らないよ……だって、悲鳴が聞こえたと思ったら居たんだもん。」
 扉の外で出会ったのは、オラトリオを捕らえた妖獣たちだった。
 気が付けば地下へと迷い込み、必死で逃げこんだのがこの屋敷で、
「あはは……。」
「ひっ!?」
 今度は、屋敷の中から子供の笑い声が聞こえてきた。
「こ、今度は何!?」
「あはは……みーつけた。」
 笑いながら近づいてくる女の子……その無垢な笑いに、女性たちは嫌な予感を覚える。
「君たち、何でここに来ちゃったのかな?」
「な、何でって……きゃっ!?」
「何して……ひっ!?」
 歩いて近づいてくる女の子から少しずつ離れようとするが、1人が足元の何かにつまずいてしまう。
 片割れがつまずいた物に目を向ければ……それは人の頭蓋骨で、
「それ……まさか……。」
「あーあ、見ちゃったんだ。」
 つまずいた女性の顔を覗く、女の子の口元が吊り上がる……張り付いたような笑みの形に。
「じゃあ……悪い子は、食べちゃおうね?」
 開いた赤い口の中で、青い蜘蛛を模した肉芽が輝きを放っていた。

「あ、あの、お疲れ様、です。
 早速、なんですけど、また……第五の貴族が見つかり、ました。」
 グリモアベースに集まった猟兵たちを前にして、話し始めた影山。
 その白い手の上でグリモアが光を放つと、壁に映るのは小さな屋敷と……開けた周りを囲む、妖獣の群れ。
「今度のは、この屋敷にいます。
 まず……何とかして、この屋敷に入ってください。
 この、外にいる妖獣たちは、番犬の紋章を植え付けられて強化されてるし……見えてるだけじゃなくて、もっと土の中から出てくるんです。
 全部倒そうって考えないで、道を作って入っちゃった方がいい、です。
 それで……、」
 場面が切り替わると、見えるのは暗い屋敷の中の映像。
 そこにいるのは、一人で笑う少女の姿。
「あれは、『人喰らいのボギー』って言われる……あの、悪い事をすると、人喰らいのボギーに連れていかれるっていう……子供に言い聞かせるときに話すお話の、元になったモノ、です。
 口の中に、青い蜘蛛の紋章を持ってて……それを潰さないと、多分、勝てないです。
 話しかけたり、笑わせたりして……口を開かせて、潰してください。
 よろしく、お願いします。」
 頭を下げた影山がゲートを開くと、屋敷が遠くに見える。
 妖獣たちが間にいるのを見ながら、影山は思い出したように言葉を続けた。
「えっとですね……前に私が案内した、第五の貴族は……倒したと思ったら、中から別の吸血鬼が出て、きました。
 多分、なんですが……ボギーを倒した後に、もう一匹出てくるかも、しれません。
 私の予知だと、その正体は解らないです……が、皆さんなら勝てるって、信じてます。
 よろしくお願い、します。」





第2章 ボス戦 『人喰らいのボギー』

POW ●いただきます
自身の【外見の擬態】を代償に、【流動的に形を変化させる本体】を戦わせる。それは代償に比例した戦闘力を持ち、【鎌あるいは牙のように鋭利になった身体】で戦う。
SPD ●おいかけっこしましょ
自身が【嗜虐心】を感じると、レベル×1体の【増幅した自身の神格の一部】が召喚される。増幅した自身の神格の一部は嗜虐心を与えた対象を追跡し、攻撃する。
WIZ ●わるいこだれだ
【対象に興味を持つ】事で【対象そっくり】に変身し、スピードと反応速度が爆発的に増大する。ただし、解除するまで毎秒寿命を削る。
👑11 🔵🔵🔵

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は💠シャルロット・クリスティアです。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


「あはは……今日は、いっぱいだね。」
 暗い屋敷の闇の中、現れたのは子供だった。
 どこにでもいそうな、金髪の少女。
「ねぇ、みんな……。」
 歩くたびに、足元のモノがカタリと鳴る。
 それは白い、人の残骸。
「おいかけっこ、しましょ?」
 言葉を放つごとに、口の中に青い蜘蛛の紋章が覗く。
 ……あれを、潰さなければ。
水鏡・怜悧
詠唱:改変、省略可
人格:アノン
おいかけっこ?逃げるつもりはねェし、追うのも面倒だしなァ……ンなことより殺し合おうぜ
UDCを纏って獣人のような姿になる。両手は氷属性、両足は風属性。風を纏って高速移動し接近戦を仕掛けるぜ
進路上の神格は噛みついて喰う。追ってくる奴は無視。噛みつかれたら激痛耐性で耐える。
「喰いてェってなら口開けろ。とっておきを喰わせてやるぜ」
右腕を口ン中にねじ込んで紋章を掴んだら凍らせてやる。喰い千切られたら液体金属のUDCで口ン中をズタボロにするぜ
喰われるばっかじゃ面白くねェ、肩か腕の一部でも喰い千切ってやる
腕はロキじゃねェと治せねェから、とりあえずUDCで止血しつつ手を象っておく


「おいかけっこだァ? オレは逃げるつもりはねェし、追うのも面倒だしなァ……。」
 バリバリと髪を掻きながら呟く、水鏡の両手両足に黒いUDCがするすると纏わりついていく。
 獣人のような姿に変わる様を、ボギーはただニコニコと見つめていた。
「ンなことより殺し合おうぜ?」
「……あはは。そっちのほうが、すきなんだ?」
 嗤うボギーの足元で、影が起き上がる。
 不定形のそれは、刃のような触腕を振り上げながら水鏡へと迫ってきた。
「じゃあ、あそぼう?」
「あァ、殺ってやるよォ!」
 駆け出した水鏡の足は風を纏い、一気に距離を詰めていく。
 途中に襲い掛かる触腕を冷気を纏う手であっさりと掴み上げ、握ったそばから凍り付く触腕を喰らっていた。
「へぇ……それをたべるのは、はじめてみた。」
 霊気で出来た触腕は、あっさりと溶けて水鏡の胃へと消えていく。
「味は悪くねェが……食いでがねェな。」
 目線を上げれば、左右から振り下ろされる触腕……それが床を叩きつけた時には、水鏡はボギーの目の前にいた。
「喰いてェってなら口開けろ。とっておきを喰わせてやるぜ?」
「あぐ!?」
 ボギーの口を左手でこじ開け、右腕をつっこむ。
 光を放つ青い蜘蛛の紋章を掴み取り、一気に凍結させていた。
「ぐ、ううううう!?」
 尋常じゃない力で閉じたボギーの歯に、水鏡の右手が噛み千切られていた。
「く、痛って……やりやがったなてめェ!」
「ぅううぇぇ……。」
 口の中でさらに暴れる、水鏡の手を構成していたUDC……それを涙目になりながら吐き出そうとする少女の姿に、水鏡の口に唾が溜まる。
「よく見りゃァ……うまそうだな、お前。」
 ガジリ……肩に齧りつき、そのまま引き千切る。
「かはっ……けほっ、けほ。」
「ん……なんだてめェ、お前も肉じゃねェのかよ。」
「ふ、ふふふ……。」
「うおっと!」
 すぐ後ろまで迫っていた触腕の攻撃を跳び退って避けた水鏡の前で、ボギーは笑っていた。
 食い千切られた肩もすぐに元に戻り、
「おいしかった?」
「……まずかねェけどよ。」
 即席で右手をUDCに模らせた水鏡に問いかける顔は、最初と変わらぬ嗤いを浮かべていた。
大成功 🔵🔵🔵