0
つるふさ海賊団の妙な法則(作者 ヨーシャ
2


●とある海賊団のとある法則
 ここはグリードオーシャンにある琴凜島。この島を拠点とする海賊団の歴代団長はものの見事にはげ頭の者とふさふさ頭の者が毎回交代するという妙な法則で知られている。現団長の星凜は見事なふさふさ頭で、その前の麗忍はつるつる頭であった。

「なんということだ。この俺が外尾流気にあっさりやられちまうとはな。それにゲオルギオスなんて気取った名乗りにしちゃっていろいろむかつくんで粛正したいんだが?」
 団長の星凜が鎖に繋がれたまま負け惜しみを吐いている。それを見ていた他の海賊たちも口々に答える。
「同志星凜、おっしゃるとおりであります……」
 それに軽々しく答える星凜。
「俺が奴の野望を見抜いてりゃ、あんな奴粛正できたんだが……」
 そんな彼らにこそ、粛正の時が迫ろうとしていた。海賊団を乗っ取った外尾流気ことゲオルギオスは星凜たちが閉じ込められている牢屋の前で野望を語るのだった。
「ふさふさの時代は終わった。つるつるの俺なら、この海賊団をまとめられる……これからはこのゲオルギオスがこの海賊団を率いて光り輝く世界にするのだ! さあ、頭を残して髪を残さないか髪を残して頭を残さないか早く選ぶのだ!」
 外には、ただ鐘の音が鳴り響いていた。

●グリモアベースにて
「光天の下、天は聖人を生じ、世の為に則を作す……まったく、この文字を使っただけで処刑される世界は恐いですね」
 サムライエンパイアに伝わる古典のような本を読みながら、マリア・テミルカーノヴァ(電子の海を彷徨う光・f00043)は状況の説明を始める。
「今夜未明にかけて、海賊団の団長、星凜さんはビームライフルのメガリスを武器とした海賊たちに処刑されてしまいます。みなさんにはそれを妨害してほしいのです」
 このビームライフルを持つ海賊は弾切れすることなく攻撃してくるだろう。これを倒すと海賊団を乗っ取った首魁、ゲオルギオスとの戦いになる。ゲオルギオスは猟兵たちの髪を狙ってくるだろう。
「で、海賊団を無事救えたらこの島のビーチで泳ぐことが許されるそうです。それを楽しみにがんばりましょう」
 さあ、猟兵たちは海賊たちを救えるのだろうか。





第2章 ボス戦 『『禿海賊団』禿船長のゲオルギオス』

POW ●サウザンド・スキンヘッドフリート
【鋏とバリカン】で武装した【禿海賊(毛を持つ対象に対する戦闘力UP)】の幽霊をレベル✕5体乗せた【高速幽霊船をレベル×1000隻】を召喚する。
SPD ●超変則型バーバーシザーズ
装備中のアイテム「【対象の毛に合わせて最適な形状になる鋏】」の効果・威力・射程を3倍に増幅する。
WIZ ●無限脱毛鋏
【禿力(はげりょく)】を籠めた【射程距離という概念を一切無視する鋏】による一撃で、肉体を傷つけずに対象の【毛根】のみを攻撃する。
👑11

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主はアララギ・イチイです。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


 この地下シェルターが見つかった以上、このままでは命が危ないと星凜ら海賊団は地下室からの脱出を図るのだった。
 だが、地下室の入口にはひときわ光り輝く者が立っていたのだ。そう、彼こそが反逆者ゲオルギオスなのだ。
「さあ、みんなひとつの毛根も残らず脱毛してやるか……時代は『つる』の天下になるのだ!」
 海賊団の中には「つる」、つまり毛根の危ない者もいないわけではないが、この言葉を聞いた瞬間、星凜らは戦慄したのだった。なぜなら、その手には海賊の正統性の証であるメガリス「鎌と槌」が握られていたからだ。このままでは我々自体が反逆者として粛正されてしまうと思った星凜は、これこそが最期の時とばかり覚悟を決めるのだった。
 猟兵たちは、この海賊団の崩壊を止めることができるのだろうか。