3
極地より『哀』を込めて(作者 逢坂灰斗
2


●極寒の極地より
「春先も近いのに済まないが……南極に行ってきて貰えないだろうか」
 霧島・カイト(氷獄喪心の凍護機人・f14899)のその言葉は、
 集まった猟兵達に対しては、ただの無茶振りにも聞こえた。
「……例によってUDC組織からの依頼でな。研究者の護衛が欲しいのだと言うことだ」

 『たいやき』は事の重さを無視して『流氷カレー』を食べているが、
 そんな和やかな光景を尻目にカイトは説明を始める。

「今回護衛して貰いたいのは、『敷島・塔夜』という男だ。
 ……なんだか既視感がある気がするが、気の所為だということにしておこう」
 カイトが提示した写真に映っているのは、どこかで見たような白髪赤目の青年。
「彼を護りながら、南極遺跡を調査、そして情報を『持ち帰って』来て欲しい」

 続けて、彼は探索の流れを提示してゆく。
 南極遺跡はおいそれと侵入できないように、巧妙に入り口が隠匿されているらしく。
 研究者を連れ添いながら、過酷な環境の中で入り口を探して欲しいのだ、という。

「彼は耐冷耐狂装甲服「ヒートアーマー」を装備しているから、
 戦闘は出来ずとも、多少酷い目にあっても平気……な、筈なんだが。
 それでもうっかり発狂したり死んでしまったりするだろう。
 情報を入手出来るまではそんな『うっかり』は可能な限り避けてくれ」
 無事に遺跡の内部に潜入できたのならば、邪神の端末が数多顕現するだろう。
 可能な限り多くの情報を持ち帰って『帰還』して欲しい、とカイトは告げた。

 カイトがグリモアの転送準備を始めながらも、長く息を吐き出す。
 そして最後に告げたのは『念押し』に近い言葉だった。
「当然ながら、こんな情報の宝庫を狙うのは『組織』だけではない。
 最優先は人命ではなく――情報を『持ち帰る』事だ、忘れるなよ」





第3章 ボス戦 『冬寂の魔弾『ジャックポット』』

POW ●凍えて眠れ、僕の魔弾で
【霊視による絶対のステルス看破能力を増強、】【未来予知レベルの超精密射撃と、魔法による】【威力強化、弾丸複製、高速機動を開放する事】で自身を強化する。攻撃力、防御力、状態異常力のどれを重視するか選べる。
SPD ●後に残るは、静寂のみ
【霊視による絶対のステルス看破と未来予知】により、レベルの二乗mまでの視認している対象を、【透明化の魔法が施された、操作可能の銃弾】で攻撃する。
WIZ ●冬は止め処なく
自身が装備する【銃で放つ弾丸をレベル×9個複製、更にそれ】をレベル×1個複製し、念力で全てばらばらに操作する。
👑11

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主はヴィクティム・ウィンターミュートです。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。