4
完全なる邪神を討伐せよ!(作者 傭兵
4


「初めましてだ、諸君!我が名はゴット・ミラクルだ!儀式魔術【Q】の力で新たな余地が見えるようになり、UDCアースの世界で完全復活している邪神を発見した!」

 大きな声で堂々と発言をするゴット・ミラクルは、猟兵達に見えるようにサイコロやパソコンでダイス判定用の画面開いた状態で置いたりする。

「私が見つけた邪神は、今見てもらっているサイコロやパソコンなどで行われるダイス判定できるのが鍵である」

 ゴット・ミラクルは説明をしながら、資料を猟兵達に配りながら、更なる説明を開始する。

「今回の邪神は、今までとは違うレベルの敵だ!甘い考えで挑めば痛い目にあうだろう!しかーし!我々にはその邪神の形態や危険性のレベルを予知で知る事が出来る!予知の情報を元に戦えば我々の勝利は間違いないだろう!諸君!よく聞くんだ!まず最初の第一形態は、黒い何かの存在が、普通の邪神が無数に分裂した状態で襲って来る!しかも、今まで相手にした邪神レベルの強さでだ!次に第二形態は、黒い何かの存在が合体していき、都市伝説の姦姦蛇螺になって襲って来る。だが、第一形態の黒い何かの存在を多く倒せば弱体化するために、普通の邪神より強い存在と考えてもらっていい。問題は第三形態だ!諸君らに見せたサイコロなどのダイス判定と聞いて分かると思うが、ダイス神の女神を倒せば勝利だが。ダイス神の邪神は必ず誰よりも素早くユーベルコードを使用してくる!諸君らは、第三形態のダイス神の女神を相手する時は必ず先制攻撃の対策をして挑むようにしてくれ!」

 ゴット・ミラクルは大声で息を切らさずに発言して、説明を終えると猟兵達に向かって。

「UDCアースの世界で、大いなる戦いが始まる前に倒して、我々が有利に戦えるようにしようではないか!諸君らの武運を祈っている、頑張ってきてくれ」

 そう言い終えると転送準備を始めるのであった。





第3章 ボス戦 『ダイス神の女神』

POW ●ダイス神の女神はルールに従うように言っている
【ダイス判定】が命中した対象にルールを宣告し、破ったらダメージを与える。簡単に守れるルールほど威力が高い。
SPD ●ダイス神のイタズラ
【ダイス判定】により、レベルの二乗mまでの視認している対象を、【悪いダイス判定】で攻撃する。
WIZ ●ダイス神のダイス判定が荒ぶっておられる
「属性」と「自然現象」を合成した現象を発動する。氷の津波、炎の竜巻など。制御が難しく暴走しやすい。
👑11 🔵🔵🔴

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は💠純・ハイトです。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


 猟兵達が、『都市伝説』姦姦蛇螺から距離を取って警戒していると、『都市伝説』姦姦蛇螺の全身が波打つように動き始めて、何かが脱皮するように現れる。
 現れたのは、ダイス神の女神であり、大量のダイス判定で使う道具を素早く出して、不機嫌そうに猟兵達を睨みつけるのであった。

※注意
 オープニングやマスターコメントで書いた通り、第三形態のダイス神の女神は必ず先制攻撃を仕掛けてきますので、対策を考えて戦ってください。
佐藤・和鏡子
敵の先制攻撃には何が来るか分からないため、救急箱をシールド状に変形させて防ぐなどして、即戦闘不能にならないようにします。
こちらの攻撃ですが、目には目を歯には歯を。サイコロにはサイコロを。
というわけで、こちらもガジェットショータイムで作った巨大サイコロで攻撃します。
出た目によって爆発したり毒ガスや火を噴くなど、何が来るかは誰にも(和鏡子自身にも)分からない豪華仕様。
『このサイコロで勝負です』


 ダイス神の女神は佐藤・和鏡子を見ると同時に、サイコロを投げてダイス判定を行い、ダイス判定結果が出た瞬間、悪いダイス判定の効果なのかサイコロが爆発しながら佐藤・和鏡子に襲い掛かる。
 佐藤・和鏡子はサイコロが投げられる前に、救急箱を自身が守れるぐらいのシールド状に変形させて、ダイス神の女神の攻撃の爆発を受け流す。

「次は私の番です」

 佐藤・和鏡子はそう言うと同時に、ユーベルコードのガジェットショータイムを発動させる。
 ガジェットショータイムで召喚されたガジェットは、巨大サイコロであり、使い方が分かれば強いのだろう。
 ダイス神の女神は、巨大サイコロを見た瞬間、ぶつぶつと独り言を言い始めるが、何を言っているか聞こえない。
 しかし、佐藤・和鏡子は関係ないと、巨大サイコロを持ちあげて。

「このサイコロで勝負です」

 と言葉を言い終えると同時に、巨大サイコロを投げる。
 投げられた巨大サイコロは、ドスンドスンと大きな音を出しながら転がり、巨大サイコロの結果が出た。
 結果は1の目で、何も起きないと誰もが思った瞬間、周りの空間が揺れるように見えながら、巨大サイコロが輝きだして、大爆発を引き起こす。
 大爆発は、連鎖するようにダイス神の女神に向かって大爆発していく。
 ダイス神の女神は回避行動を行うが、大爆発は追撃するように追いかけて命中して、ダイス神の女神が吹っ飛ぶ。
 佐藤・和鏡子は、大爆発した地点から少し離れていたため、巻き込まれず、ダイス神の女神は大爆発の中心地に近いために、ダメージを与えた痕跡が少し見えるぐらいのダメージを受けていた。
 ダイス神の女神は、不機嫌でありながら、大量のサイコロを持って、次の攻撃ができる状態であった。
成功 🔵🔵🔴