6
クレイジーラビット【Lazy Rabbit】(作者 阿離磨
7


#アリスラビリンス 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#アリスラビリンス


0



 私が主役のティーパーティー!!//『私はいつでも脇役だもの』
 酸いも甘いも知らないわ!//『でも何も考えなくていいの』
 だって私は白兎!!//『だって私は力がない』
 チクタク時計も忘れちゃえ!!//『時間に追われることもない』
 時間を忘れてクレイジーパラダイス?//『だからここが楽園なの』
 ノンノン!!時間も守って!!//『いいえいいえ、時間は不要』
 そうよ私達がクレイジーラビット!!//『そうね私達は狂った双子』

「グリモア猟兵チャンネル!!略してグリチャン、はじまりますですよぅ!」
 虹と金の羽をパタパタと動かしながら、レイシィ・ローレル(アンティークディストーション・f10423)は猟兵達に声をかけるように飛び回る。
「グリチャン、覚えやすくてレイは大好きですよぅ。それはそれとして、ですよ。お仕事さんのお話をしますですよぅ!!」
 レイシィは手に持った時計をぶんぶんと振り回しながら、説明を始める。
「場所はアリスラビリンスですよぅ。藁の森の中にある、木の柵で守られた、立派なレンガで作られたお屋敷の中で、記憶喪失のアリスさんがオウガと一緒に御茶会をしていますですよぅ」
 猟兵達はその言葉に違和感を覚える。アリスとはオウガを恐れるものであり、逃げるものという認識であるからだ。
「どうやら御茶会をしているオウガはすぐにアリスを如何こうしようとしているわけではないようで、アリスさんも言葉巧みに誘われたのか、そんな状況に……」
 でも、とレイシィは言葉を続ける。
「どうであっても、オウガがアリスさんを食べようとするのは分かっているですよぅ!!ですので、皆さんには、アリスさんの救出と、記憶を取り戻すお仕事を頼みたいですよう!!」
 アリスはオウガと御茶会に勤しんでいる。そこに猟兵が飛び込めば戦闘は避けられないだろう。アリスは記憶喪失のためか、危機感を感じている様子はないらしく、アリスを放って戦闘を開始すれば大変なことになるだろう。
「アリスさんの『自分の扉』はそのお屋敷の中にあるようですが、探すにはオウガ達がお邪魔虫です。アリスさんの為にも、オウガを倒して、記憶を取り戻してあげてくださいですよ」
 アリスは黒檀の様な長い黒髪に、ルビーの様な赤い瞳、首に黄色いリボンを巻いていて、真白いワンピースを纏った姿をしているという。オウガの中でその姿ならば、見間違うことはない。
「このアリスさんは、どうやら食べることが大好きなようです。ほかにも、与えられるものは受け入れるような……ちょっと変わった感じがします」
 小さなフェアリーはその不思議な感覚を口にするがすぐにパッと笑顔になる。
「今回はちょぉっとおかしな感じがするですが、皆さんならだいじょうぶですよね。それでは、よろしくお願いしますですよ」
 レイシィは笑うと、頭をぺこりと下げた。





第3章 冒険 『オウガのコレクションルーム』

POW部屋に潜む罠や敵を真っ向から迎撃しつつ進む
SPD部屋に潜む罠や敵を華麗に回避しつつ進む
WIZ部屋に潜む罠や敵を見つけ出し対処しつつ進む
👑11 🔵🔵🔴

種別『冒険』のルール
「POW・SPD・WIZ」の能力値別に書かれた「この章でできる行動の例」を参考にしつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


 
 その先は綺麗なキッチンのようだった。
たくさんの棚と、たくさんの冷蔵庫。
そしてふわりとただようたくさんの食べ物。

しかし、時折何かが囁くような物音か声か。
耳をくすぐるように聞こえてくる。
ナキメは宙を漂う食べ物を見てキラキラと手を伸ばそうとする。

キッチンの様相をした迷路、といったところだろうか。

『アリス、アリス、こっちだよ』
『こっちのたべものがおいしいよ』

いたるところからアリスを、ナキメを誘惑するような声がする。

ナキメはそんな声が聞こえているのかいないのか、ぴょんぴょんと
漂う食べ物へとジャンプして捕えようとする。
なにかを食べることに、ずいぶんと熱心なようだ。

猟兵はそんなナキメを見ながら、迷路へと足を一歩踏み入れた。
シエナ・リーレイ
■アドリブ絡み可
何処に隠れているの?とシエナは困惑します。

ナキメと共に出口を探しキッチンに足を踏み入れたシエナ
出口は勿論の事、部屋中に満ち溢れているのに『お友達』候補が全く見つからない状況に困惑し動物達の力を借りますが動物達も次々と姿を消してゆきシエナを混乱させます

それが欲しいの?とシエナはナキメに確認します。

混乱するシエナは一先ず落ち着く為に動物達に宙に浮く食べ物を捕まえて貰うとナキメと共に食べ始めます

あれ?とシエナは違和感を感じます。

この時、シエナが食べ物の正体に気が付ければ動物達と共に部屋の仕掛けを探し出し壊し始めますが、気が付けなければシエナも動物達同様に罠の餌食となるでしょう


●これはいったい何かしら?

足を踏み入れたナキメを追いかけるように
シエナ・リーレイ(取り扱い注意の年代物呪殺人形・f04107)は迷宮に歩を進める。
ふわりと漂う食べ物たちを赤い瞳でキョロリと見つめ首をかしげる。

「どこに隠れているの?と、シエナは困惑します」

状況を確認するべく、ユーベルコードで動物たちの力を借りようとするが
呼び出した動物たちはふらりふわりと迷宮へと消えて戻ってくる様子がない。

頬に手を当てて小首をかしげたシエナに、ナキメが声をかける。

「ねぇ!一緒に食べましょう!」
「…それが欲しいの?」

ナキメがぴょんぴょんと手を伸ばす先にあるのは
白い生クリームとフルーツが乗ったホールケーキ。
シエナが動物たちにそれを捕まえてもらい、ナキメの前に差し出すと
ナキメはキラキラと目を輝かせる。

いつの間にか手にはおあつらえ向きのフォークが握られており
ナキメは当たり前のようにケーキを食べ始めた。
シエナはじっとケーキを見てから、一口分フォークで切り取り、口に含む。

――あれ?

シエナは違和感を覚える。
ケーキを食べたときに、脳裏をよぎる影と情景がある。

もう一口、と少しずつ食べれば
その頭に浮かびだしたのは、ナキメよく似た、しかし雰囲気の全く違う
ひとりの少女の姿だった。

シエナはナキメに視線を向けるが、ナキメは美味しい美味しい!と
ケーキを食べ進めるだけだ。

(これはいったい……とシエナは考えます)

罠というには随分とおかしなものだ。
周囲に気を巡らせるが、トラップのようなものが発動する気配は
今のところないようだ。

ふたりでケーキを食べ終えると、まだ足りないのか、ナキメは宙を漂う
食べ物を見て、またふらふらと迷宮を進みだすのだった。
成功 🔵🔵🔴