4
月が綺麗ですね、と君は(作者 長井休
3


●噂
「ねえ、この前新しく出来たMRシアター知ってる?」
「知ってる知ってる!明美が行ったってこの前話してた!」
「マジ?どうだったって?」
「もうめーっちゃ良かったって言ってたよ!風流で良かったって!」
「そうなんだー!私もめっちゃ気になってたんだよねー」
「デートで行ったらしいんだけど、本当綺麗でめっちゃ泣いたってさ」
「デートで泣いちゃう程なの?つか、そういうタイプだっけ?」
「なんかこー…心に訴えかける?みたいな?」
「宗教かよ!あー、でも一回行ってみたいなーVR体験」
「凄いよね、もう曇り空でもこれからはお月見出来ちゃうんだよ」
「未来やばいわー、私も彼連れて行ってこようかなー」
「うわデート宣言うざ、リア充爆発しろ」
「はいはい。でもさー、明美最近変じゃね?」
「あー、なんとなく分かる。めっちゃ食うしめっちゃうるさいよね」
「今まで猫被ってたのかなーとか思っちゃうようなね」
「あれじゃない?お月見で彼氏とラブラブで、テンション上がってる的な」
「うわー、だとしたら嫌いだなー」
「でもでも、そんななるくらいなら一回行ってみようよ」
「いや、私は彼氏と行くから」
「リア充爆発しろ」

●人の月みて、兎が跳ねる
「お月様はね、とっても不思議な力を持っているのよ」
 パナシェ・エルレンタリードは、猟兵を呼び集めると語りだす。
 UDCアースで起きている怪事件。
 曰く、人を阿呆にする事件。
「『MRお月見祭り』というイベントが、邪神復活の生贄の箱みたいなの」
 MR、複合現実と呼ばれるそのシステムは仮想世界を現実世界へ映し出す。
 科学の力の生んだ魔法の顕現と言っても過言はない。
 仮想の名月の夜を常に投影し、時を選ばずお月見が出来るのだという。
 今、UDCアースでは口コミも伴いブームの火が付き始めている。
 しかしそれらは全て、オブリビオンの罠。
 月本来の神秘性を利用し、人の心の理性の箍を緩やかに外していく。
 人は本能のままに生きれば、社会が成り立たない。
 その時に生まれる混沌を望み、人々を陥れんと暗躍をしている輩がいるらしい。
「思ったこと、好きなことをやることは、良いことよ」
 でもね、とパナシェは声を静める。
「欲張りさんは、コツンと痛い目に遭ってしまうのよ」
 コツン、と小さな拳で己の頭を打つ。

「オブリビオンはこのMRシアターの建物自体に巣食っているわ」
 トン、とグリモアを遊ばせると映し出されるのは小さなビル。
 そこで行われている理性崩壊の儀式、『MRお月見祭り』を止める事が今回の使命。
 感動という感情を引き金に崩壊する理性など、あってはならない。
 一般客として入り込み、秘密裏にMRの設備を破壊して欲しいとパナシェは語る。
「そうすれば、怒った兎さん達がピョンピョンと出てきてくれるのよ」
 ピョンピョンと、両手を頭にやり耳のように動かしてみせる。
 にこりと微笑むと手を下ろし、猟兵達へ拳を突き出す。
「猟兵、パナシェの今回のお願いは三つよ」
 一つは、MR設備の完全破壊。
 一つは、それらを仕組んだオブリビオンの討伐。
 二本の指を立て、パナシェは一拍おいてもう一度、微笑む。
「折角の機会ですもの。戦うばかりじゃ、あまりに寂しいわ」
 再び微笑を浮かべ、三本めの指を立てる。
 最後の一つは、仮想とはいえお月見を楽しんでくること。
「大切な人と、友達と、あるいは貴方の心の貴方自身と、見に行ってみて」
 きっと楽しい思い出になるはずよ、と。
 翼の少女は笑顔のままで、猟兵達をUDCアースへと送るのであった。





第3章 集団戦 『欲望教のポジティブ・バニーガール』

POW ●さぁ、楽しんだ人が勝ちです! どんな事でもね!
【無責任でポジティブな言葉】を聞いて共感した対象全ての戦闘力を増強する。
SPD ●皆で一緒にやりましょう! 何も怖くないですから!
【理解不能なポジティブ思考の寸劇】を給仕している間、戦場にいる理解不能なポジティブ思考の寸劇を楽しんでいない対象全ての行動速度を5分の1にする。
WIZ ●前だけ向きましょう! 後の事は誰も知らないから!
【後先を考えないポジティブな言葉】を聞いて共感した対象全てを治療する。
👑11

種別『集団戦』のルール
 記載された敵が「沢山」出現します(厳密に何体いるかは、書く場合も書かない場合もあります)。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。