7thKING WAR㉒〜一体見かければ…(作者 萩野 千鳥
1


#デビルキングワールド  #7thKING_WAR  #東のラスボス『スーパーカオスドラゴン』 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#デビルキングワールド
🔒
#7thKING_WAR
🔒
#東のラスボス『スーパーカオスドラゴン』


0



「皆さん、爆発オチは好きですか?」
 良い笑顔で猟兵たちにそう言ったのは、ヒース・アーベル(胡散臭い掃除屋・f35538)だった。いや、予知と関係ないのでは……? なんなんだ、爆発オチってなんなんだ……ヒースの発言に猟兵たちは困惑する。
「おや、そんな困った顔しないでください。これでも真面目な話なんですよ。
 デビルキングワールドで、絶賛KINGの座を巡って戦っているスーパーカオスドラゴン。彼を失脚させるために戦ってきて欲しいのです。彼は混沌魔法『カオスヘッダー』で、周りにある物質から次々と『新たなスーパーカオスドラゴン』を生み出しています。ネズミ算式にどんどん増えます。そのうち、一体見かければ百体いる……みたいな感じになるかもしれません。そうなる前に皆さんで倒してください」
 まぁ、似たような依頼も聞くし、倒すことに関しては問題ない。だが、最初の方で言っていた爆発オチと、一体何が関係しているのか。全く見当がつかない。そもそも、そんな増殖するスーパーカオスドラゴンを、一体残らず倒すのは難しい。ヒースに苦言を呈する。
「問題はありませんし、爆発オチは関係大ありです。というのも、複製される全てのスーパーカオスドラゴンは完全同一の存在です。つまり、一体倒すと、もれなく全員爆発します。便利ですねー」
 ははは、と笑うヒース。流石、デビルキングワールド……と頭を抱える猟兵たちもちらほらいるようだが、ヒースは全く気にも留めずにグリモアを召喚した。
「ま、たまには派手な終わりも良いじゃないですか。彼、爆発しても死なないみたいですし。遠慮なくやっちゃってきてください」
 ヒースはひらひらと手を振りながら転送魔術を展開すると、猟兵たちをスーパーカオスドラゴンのいる場所へと転送した。


萩野 千鳥
 はじめまして、こんにちは、こんばんは。萩野千鳥です。
 早速ですが簡単に説明致します。

『第一章:ボス戦』
 東のラスボス『スーパーカオスドラゴン』禍との戦闘です。一体だけでも倒せばオッケーです。ただし、気づいたときには増えています。

『プレイングボーナスについて』
「無限に増殖し続けるスーパーカオスドラゴンの群れと戦い、どれか1体を倒す。」です。

『他』
 アドリブ、共闘不可の場合は、その旨をお伝えください。(例:ア×、共×、等)
 こちらは戦争シナリオです。できるだけスピード完結を目指しているので、プレイング〆切は早めです。必要であれば、サポートも多めに採用します。

 どうぞ最後まで、よろしくお願い致します!
17




第1章 ボス戦 『東のラスボス『スーパーカオスドラゴン』禍』

POW ●ハイパーカオスチャージ
【カオスで予測不能な軌道を描く】突進によって与えたダメージに応じ、対象を後退させる。【他のスーパーカオスドラゴン】の協力があれば威力が倍増する。
SPD ●アンリミテッドカオスファング
【三つの頭の牙による連続噛みつき】を発動する。超高速連続攻撃が可能だが、回避されても中止できない。
WIZ ●マッドカオスフレイム
自身が【混沌魔法「カオスヘッダー」を発動して】いる間、レベルm半径内の対象全てに【属性を変え続ける混沌の炎】によるダメージか【肉体を癒やす混沌物質】による治癒を与え続ける。
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は💠山田・二十五郎です。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


ベルベナ・ラウンドディー
また会いましたね、もう何度目でしたか
噛まれたり炎を浴びせられたりタックル喰らったり散々でしたが…
お陰でいいもの見せられます


ユーベルコード使用


混沌物質を武器に纏い、交戦開始
その混沌魔法、体で覚えましたよ!


【功夫・ぶん回し・串刺し】…円運動と直線運動の2点を切り替える槍の武術で臨みます
敵コードの炎は刃の上を滑らせるように【受け流し】を行い
あわよくば【魔力溜め・エネルギー充填】と、その力をリサイクルします
…ま、同じ混沌魔法なら貴方に及びません
肉体崩壊以上に貴方の混沌物質の回復速度が上回るでしょう
だが私のは少し違い、【精神攻撃】が決め手でね
動きを止めて【ブレス攻撃・衝撃波】の同時攻撃を以て仕留めます


「また会いましたね、もう何度目でしたか」
「あ~、そうだったか? そんなことより、もっとカオスにしてやるゼぇ~!」
 ベルベナ・ラウンドディー(berbenah·∂・f07708)は、嫌となるほど見てきたスーパーカオスドラゴンの前に立つ。当の本人は記憶が曖昧だったが、些細なことは気にしないのか分裂をし始めた。
「オラオラオラ~!」
「忘れているようで残念です。噛まれたり炎を浴びせられたりタックル喰らったり散々でしたが……お陰でいいもの見せられます」
 ベルベナは『∂∂∂(デルズ)』に混沌物質を纏わせ、構えた。その混沌物質は、スーパーカオスドラゴンが使う混沌魔法と性質が似ているようだ。それを感じ取った彼は「オイオイ……」と苦笑いした。
「感謝します。散々殴り合ってるうちに体で覚えました」
 ベルベナは増え続けるスーパーカオスドラゴンの内の一体に目をつけ、∂∂∂で串刺しにしようと一気に距離を詰める。だが、KINGの候補になるだけの実力はある。スーパーカオスドラゴンはその攻撃を見切ると、混沌魔法『カオスヘッダー』を発動した。それと同時に、三つ首から炎を吹く。しかし、ベルベナは∂∂∂の刃の上に炎を滑らせるように受け流すと、その力をそのままエネルギーとして混沌物質の充填した。力を更に増した∂∂∂の刃で、スーパーカオスドラゴンの一体を斬る。すると、斬りつけた場所から肉体の崩壊が始まった。
「ゲヒャ~ッヒャッヒャッヒャッ! そんなんじゃ、オレサマには効かないゼぇ!」
 斬られた体は、他のスーパーカオスドラゴンが吐く炎によって治っていく。だが、ベルベナはそれを見越した上で、再び斬りつけていく。崩壊する肉体よりも早く、傷は治っていく。
「効かねぇ効かねぇ効かね、ェ?」
「そうでしょうとも。同じ混沌魔法なら貴方に及びません。肉体崩壊以上に、貴方の混沌物質の回復速度が上回るでしょう」
 ベルベナは動きを止め、ブレス攻撃と衝撃波による攻撃を同時にスーパーカオスドラゴンに向けて放った。
「ア、アアアアアア!!」
「……私のは貴方のとは少し違って、精神攻撃が決め手でね」
 ベルベナの攻撃を受け、精神が崩れていくスーパーカオスドラゴンはそのまま他の個体に紛れて、叫びながら逃げ去って行った。
大成功 🔵🔵🔵

栗花落・澪
爆発は芸術だー?
増えるボスとは戦った事あるしね
一体倒せばいいなら優しい方でしょう

自身に【激痛耐性】を乗せた【オーラ防御】を纏い
翼の【空中戦】で少しでも回避行動を取りやすいようにしておき
【指定UC】発動

ひとまずUC対策に★マイクを使って即座に「わぁーーーっ!!」と叫び
自分の代わりに具現化した文字に噛み付かせる事で回避

※ここから先全部言葉にする事で文字として量産し、必要数だけ盾にしていく
一度でも回避すれば中止出来ないんだもんね
つまりその間は隙だらけって事だ
僕のこのコードは喋れば喋るほど文字が増える
つまりは物量技
意味はお分かり?

はい、どーん!

残った文字全てを一体にまとめてロケットの如くぶつけます


 大量に分裂していくスーパーカオスドラゴン。増える彼らを眺めながら、「爆発は芸術だー?」と首を傾げる栗花落・澪(泡沫の花・f03165)。例のグリモア猟兵の話だと、この内の一体を倒せば全員爆発するらしい。
「増えるボスとは戦った事あるしね。一体倒せばいいなら優しい方でしょう」
 うんうん、と一人頷くと、早速激痛に耐えうる程のオーラ防御を展開し、すぐに敵の攻撃から逃げられるように自身の翼を広げた。空中に飛ぶ澪。そんな澪に、増え続けるスーパーカオスドラゴンの視線が集中する。一部のスーパーカオスドラゴンは、澪を攻撃しようと三つ首を伸ばす。
「教えてあげる。世界に溢れる鮮やかな音!」
 澪は攻撃される前に、天使の翼が装飾された拡声マイク『Angelus amet』を使って「わぁーーーっ!!」と叫んだ。その声は文字として具現化された状態でスーパーカオスドラゴンの元へと飛んでいく。澪に噛み付こうと首をのばしていたスーパーカオスドラゴンは、その具現化した文字に噛み付いてしまう。他のスーパーカオスドラゴンも澪に噛み付こうとするが、それらは澪の具現化していく言葉によって阻まれる。
「と、止められネぇ……!」
「それは残念だね。ボクも噛み付かれたくないから、沢山喋らせてもらうね」
「う、うおオオオオ!」
 一度失敗したとしても、勢いで放たれる超高速な連続攻撃は自身でも止められない。澪は当たりそうな攻撃は文字で防ぎつつ、様々な文字を具現化し続ける。スーパーカオスドラゴンが攻撃を中止できないその内に、澪は余った文字を全て集めると、一体だけに的を絞る。
「はい、どーん!」
 澪はそれらをロケットのようなスピードで、スーパーカオスドラゴンの頭上から纏めてぶつけた。それを喰らったスーパーカオスドラゴンはぐらり、と身体をよろめかせると、後方にいたスーパーカオスドラゴンがそれを助けるかのようにどこかへと運んでいく。
「ま、待ってー!」
 澪はそう叫ぶと、その個体を追いかけていった。
大成功 🔵🔵🔵

アルテミシア・アガメムノン
スーパーカオスドラゴンさんは流石ですわねえ……
無限増殖からの一斉爆発オチ。
思いついても実行、それも己の身でなんて戦慄を覚えますわ!

敵SPDUCは途中で止まれない連続攻撃。ならば始まりを回避すべきでしょう。発動を見極めて回避です。(瞬間思考力×見切り)

その上で無限増殖していくスーパーカオスドラゴン全体に『黄金の暴嵐』を発動。
戦場全体を神雷と滅嵐を吹き荒れさせて彼等を一時的に行動不能に。
その隙を見逃さずに『クロノスの大鎌』を振るって首チョンパです!

魔界を代表する連鎖大爆発ですわね。壮観ですわ!


バルタン・ノーヴェ
POW アドリブ連携歓迎

HAHAHA、大好きデース!
内蔵式グレネードランチャーを担いで参りマース!
エクスプロージョン!

ヴァリアブル・ウェポン、起動!
まずは他のスーパーカオスドラゴン殿が邪魔しないよう攻撃回数増加=装弾速度を向上させたグレネードランチャーで爆撃デース!
狙い定める必要は無し。あくまで狙いは……突進してくるスーパーカオスドラゴン殿のみ!
予測不能な軌道でも、爆撃の中突っ込んでくることは……あるかもしれないので警戒はしつつ、爆撃を縫って来ることを想定して内蔵式火炎放射器をセットアップ!
衝突の直前に攻撃力重視のカウンターファイアー!

交錯後は爆発に巻き込まれないよう、急いで離脱しマース!


「スーパーカオスドラゴンさんは流石ですわねえ……無限増殖からの一斉爆発オチ。思いついても実行、それも己の身でなんて戦慄を覚えますわ!」
「HAHAHA、良いじゃないデスカー! 大好きデース! エクスプロージョン!」
 アルテミシア・アガメムノン(黄金の女帝・f31382)とバルタン・ノーヴェ(雇われバトルサイボーグメイド・f30809)は、増殖しまくったスーパーカオスドラゴンを楽しげに眺めていた。これが全て爆発したら一体どんな光景になるのだろうか……二人とも派手な演出は嫌いではなかった。
「ヴァリアブル・ウェポン、起動!」
 早速バルタンは、自身に内蔵された内蔵式グレネードランチャーを担ぐと、とりあえず彼らを排除するために爆撃を開始した。狙いは特に定めていないその爆撃に、一部のスーパーカオスドラゴンは右往左往する。しかし、一体のスーパーカオスドラゴンだけは違った。その個体はバルタンとアルテミシアの元へと予測不能な軌道を描きながら突進してくる。その突進攻撃に気づいた別のスーパーカオスドラゴンは、彼に協力しようとわざと似たような軌道を描きながらカモフラージュしようとしてくる。
「妨害のつもりかしら。なら、わたくしも妨害の妨害を致しますわ」
 アルテミシアは手のひらを差し出すように向けると、黄金の神雷が轟き、滅びの暴風が吹き荒れ始めた。その神雷と暴風は、協力しようとするスーパーカオスドラゴンの足を止める。だが、一体だけは違った。未だ二人に向かって駆ける彼を、バルタンは内蔵式火炎放射器をセットアップし衝突の直前に思い切りトリガーを引く。
「カウンターファイアー!」
「オオオオ!!」
 火炎に焼かれながらも、まだ諦めの悪いスーパーカオスドラゴンは、アルテミシアの方を向くと首を伸ばし噛み付こうとする。だが、アルテミシアはその瞬間見極め、躱す。だが、火炎に焼かれている彼は躱されていることに気づかず、空を噛み続ける。その隙を見逃さず、アルテミシアは持っていた『クロノスの大鎌』を振り下ろし、三つ首を一つ残らず狩った。
「――――!」
 悲鳴すら上がらずに、その場に倒れ伏すスーパーカオスドラゴン。二人はすぐにその場から離れると、それから数秒後に倒れたスーパーカオスドラゴンの身体が発光し爆発した。その数秒後、連鎖するように次々に爆発していくスーパーカオスドラゴンたち。
「魔界を代表する連鎖大爆発ですわね。壮観ですわ!」
 アルテミスをはじめ、猟兵たちはその爆発をある者は楽しげに、ある者は爽快感と共に、ある者はストレスを発散させながら各々眺めていた。
大成功 🔵🔵🔵🔵🔵🔵

最終結果:成功

完成日2022年05月16日
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵