魔女の釜、あるいは猟兵への招待状(作者 橄欖石
10


#ダークセイヴァー  #プレイング受付中  #途中参加歓迎 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#ダークセイヴァー
#プレイング受付中
#途中参加歓迎


0



● 猟兵へ捧ぐ狼煙
 そこに在ったのは、この世に存在するありとあらゆる阿鼻叫喚を詰め込んだような、魔女の釜。
 火の粉が、世界を血で染め上げて、悲鳴と、怒号と、恐怖と、絶望が綯い交ぜに蠢く坩堝。
 燃えているのは瓦礫と、人であった死体が含む油分だろうか。
 悪魔の拍手如く焔がぱちぱちと音を鳴らすも、生の息吹が、此処には微塵も存在しない。

「――”視て”いるのだろう、”聞いて”いるのだろう、”識った”のだろう?」
 ばらばらと、降り注ぐのは死体の雨を浴びたオブリビオンがあなたに言う。
「さぁ、この哀れな生贄を助けるべく。私の元にやってくるといい。我が愛すべき強者たち」
 鮮血の骸騎士の瞳が爛々と赫き、愛おしそうにその未来へと想いを馳せる。
「私の心臓を貫いてみよ! 強者よ!」
 哀れな生贄の血と内臓と肉片の混合物を撒き散らし、悠々とそれを浴びながら猟兵たちへと音韻に熱を込めて告げるのだった。

● グリモアベース
「オブリビオンに襲われた村を助けるっていう依頼なんだけど……」
 グリモア猟兵のリュート・アドラー(f26123)は予知の内容をあなたへと伝えていく。
「今回のオブリビオンは明らかに猟兵を執拗に狙っているの、だから間違いなく勝つ為の準備をしているはず」
 端的に言えば、猟兵を圧倒出来る程の悍ましい、オブリビオンたちの物量がそこにはあるのだろう。
 さらには短時間での連戦が予想され、受けた傷を回復する時間もほとんどないはずだ。

「だけど、猟兵が行かないと予知の通りに村は焼かれて誰一人としてたすからないの、だから……」
 どうか、危険な依頼になってしまうがあなたの力を借りさせて欲しいとリュートは頭を下げる。
「どうか無理だけはしないで欲しいの、無事に帰ってきてね」
 オブリビオンたちとの戦いへと、綿雲の魔法陣で転移していくあなたへとリュートは言うのだった。


橄欖石
 こんにちは。今回は強者との戦いを求めるオブリビオンを倒すシナリオです。
 一夜の連戦を乗り越えて、どうかオブリビオンを打ち倒して下さい。

 以下、補足です。

● 各章の構成
 第1章:『吸血姫エレーネ』
 第2章:『アルカードの猟犬たち』
 第3章:『鮮血の骸騎士アインソード』

● 注意点
 難易度は普段と変わりませんが、連戦で参加して下さった場合には疲労を重ねた状態での描写が予想されます。
 オブリビオンは猟兵を執拗に狙うため、領民たちの避難などは必要ありません。戦闘にのみ集中していただければ大丈夫です。
 勿論、領民を気にかけるプレイングがマイナスになることはありませんのでご安心下さい。
74




第1章 ボス戦 『吸血姫エレーネ』

POW ●夜天の鬼
【その身に備わった圧倒的な怪力】による超高速かつ大威力の一撃を放つ。ただし、自身から30cm以内の対象にしか使えない。
SPD ●紅血の姫
自身の【白肌を飾る血紋】が輝く間、【優雅に舞い切り裂く四肢と翼】の攻撃回数が9倍になる。ただし、味方を1回も攻撃しないと寿命が減る。
WIZ ●不死の王
自身の【内に溜め込んだ血と命か、下僕達のそれ】を代償に、【蝙蝠や魔犬等の眷属の群】を戦わせる。それは代償に比例した戦闘力を持ち、【不浄の力を纏った爪や牙】で戦う。
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔴🔴🔴🔴🔴🔴

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は💠ハイドランジア・ムーンライズです。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


● 吸血姫エレーネ

 突如として辺境の村へと突如として現れて、遥か遠方へと届かせる狼煙の如く煌々と炎を散らし阿鼻叫喚に染めあげる。
「―――キャハッ! 早く来ないと個々の人達が死んじゃうわよ!」
 領民は震える身体を抱きしめて、怯える魂を振り絞って逃げ惑うばかり。今でこそ、オブリビオンの猛威は彼らへと向けられていないが、それもまた時間の問題だ。少しでも吸血鬼の気が変われば、即座にあたり一面へ屍骸の臭気が充満していくに違いない。

「ギリギリの到着ね。もうちょっと遅かったらあの子たち死んでたわ?よ」
 あどけない笑みと共に殺意の奔流が乱気流のように解放された。常人なら、この場にいるだけで精神に異常をきたしかねない悪意の嵐。
「でもいいわ、来てくれたらそれで。キャハハ、闘争を楽しみましょう!」
 少女のような吸血鬼のオブリビオンから邪悪な意思が濁流のように猟兵へ向かって溢れ出した。
満月・双葉(サポート)
ダメージは【激痛耐性】を用いて無視
連携が必要であれば行う
仕事を完遂するためなら手段は選ばず、何らかの犠牲を払う事もする

【爆撃】の魔術が専門で格闘技に爆撃を混ぜて威力をあげるなど戦術に織り交ぜる
アイテム【虹瞳】は義眼として左目に収まり、裸眼として晒せば視界に収める対象に対して【生命力吸収攻撃】を行う。仕様の際に眼鏡(魔眼殺し)を外す必要がある
大根には爆発の【属性攻撃】が付随し【爆撃】で広範囲の攻撃を行う
敵の攻撃は【野生の勘】で交わすことが可能
武器桜姫は【捕食】による【生命力吸収攻撃】がある

請け負った仕事は完遂させるが、『自分は滅ぼされるべき悪』という思考回路から破滅的な行動をとることが多い


「そんなに痛い目が見たいのなら、僕が相手をしてあげるよ」
「キャハッ! 退屈なんかさせないでよね、弱い猟兵ならこのまま捻り殺してあげるわ」
 満月・双葉(時に紡がれた忌むべき人喰星・f01681)は吸血姫エレーネへと片腕をかざし、得意とする爆撃の魔術を解き放つ。それは轟音と共に空を焦がす爆炎の薔薇。当たれば火達磨を通り越し、骨肉を炭化させる威力を持つ、それは呆れることに連射可能という魔術の技量だった。
「――自分の逸楽のために他人に迷惑をかけるお前みたいなやつは許せないんだよ」
 ぶっきらぼうに嚇怒を散らしながら、ユーベルコード『命採』によってオブリビオンへと視線を向け、敵手の生命から綻びを見つけ出す。闇を引き裂くように、生命力を削ぎ落とす矢は虚空を焼いて奔った。有無を言わせず放たれたそれは、まるで稲妻を思わせる超高密度の魔術の礫。火花を散らしながら高速で迫り来る魔力の矢を、吸血姫エレーネは横っ飛びに紙一重でなんとか探す。
「ふふん。そんなのじゃ効かないわよ、きゃあっ!?」
「悪いがその命、とっくに見えているんだよ」
 瞬間、轟く爆発音。吹き荒れる衝撃が表面をくまなく焦がし、ひりつく熱波が肺を焼く。そう――予め、ユーベルコードの生命力を削ぎ落とす矢へと満月は爆撃の魔術をエンチャントしていたのだ。当たれば更なる追撃を、避けるのならば意識外からの範囲攻撃でオブリビオンの知覚を掻い潜り、致命の一撃を叩きこむという二段構えだったのだ。
成功 🔵🔵🔴

バルタン・ノーヴェ(サポート)
「ご安心くだサーイ! ワタシが来マシタ!」
ご用命あらば即参上! アドリブ連携歓迎デース!

普段の口調:片言口調(ワタシor我輩、アナタ&~殿、デス、マス、デショーカ? デース!)
得意な技能:【一斉発射・焼却・武器受け・残像・カウンター・受け流し】

各種武装の中から敵に有効なものを選択して用いてくだサーイ!
刀も銃器も、内蔵兵器や換装式ウェポンも、何でもOKデス!

アタック重視でもディフェンス重視でも対応可能デース!
斬り込み、爆撃、弾幕を張ったり、パリィ盾したり、臨機応変に立ち回りマース!

どのユーベルコードを使用しても問題はありマセーン!
オブリビオンを倒して、ミッションクリアのために力をお貸ししマース!


「領民の皆サン、ご安心くだサーイ! ワタシが来マシタ!」
「あ、ああ……助けてくださるのですか……」
 困っている人が居るのならば即参上、バルタン・ノーヴェ(雇われバトルサイボーグメイド・f30809)は逃げ惑う領民の前へと護るように割って入り、ファルシオン風サムライソードの切っ先を吸血姫エレーネの眼前に突きつける。
「ふぅーーん、お姉さんが次は遊んでくれるの? いいわ、楽しませて頂戴な」
「ええ、お任せくだサーイ、退屈ナンテさせまセンヨ!」
 吸血姫エレーネはその身に備わった圧倒的な膂力による超高速かつ大威力の一撃を繰り出す、弱者が強者に土を付ける展開は常に稀少。現実ではまず起こらないから誰もが夢見憧れて、そして当然、十中八九かなわない。自然界において小は小。弱者は餌。逆転などは起こらない。優れた者が順当に勝つことこそが基本であると、そう言わんばかりに生まれ持った圧倒的なスペックを武器にバルタンに理不尽とも言える暴力を吸血姫エレーネは叩きつけていく。
「一刀両断であります!」
 刹那、対するバルタンは攻撃、回避、防御に反撃、あらゆるに場面において技量が生かされていない箇所など見当たらない。余すことなく、すべてが絶技。それが結果として、あらゆる不条理をねじ伏せる。一眼、一足、一考、一刀に至るまで、悉くに意味があり、無駄な行動が微塵もない、異能の域にまで達した戦闘技術はユーベルコード『剣刃一閃』となって、オブリビオンとの彼我の差を覆して確かな負傷を刻み込んでいく。
成功 🔵🔵🔴

ローズ・ベルシュタイン(サポート)
『さぁ、楽しませて下さいますわよね。』
 人間のマジックナイト×電脳魔術士、女の子です。
 普段の口調は「高飛車なお嬢様(私、呼び捨て、ですわ、ますの、ですわね、ですの?)」、宿敵には「薔薇の棘(私、あなた、呼び捨て、ですわ、ますの、ですわね、ですの?)」です。

 ユーベルコードは指定した物をどれでも使用し、
多少の怪我は厭わず積極的に行動します。
他の猟兵に迷惑をかける行為はしません。
また、例え依頼の成功のためでも、
公序良俗に反する行動はしません。

性格は高飛車なお嬢様風の偉そうな感じです
花が好きで、特に薔薇が大好き
武器は、主にルーンソードや精霊銃で戦う。
 あとはおまかせ。よろしくおねがいします!


「駄目駄目、そんな攻撃じゃあ、傷1つ残らないわよっ!」
「なっ――、これが吸血鬼、ですか」
 最大速度で展開された斬撃の領域は確かに吸血姫エレーネの皮膚を切り裂き、肉をそぎ落として骨すらも侵しきった。だが、直後にローズ・ベルシュタイン(夕焼けの薔薇騎士・f04715)が戦慄したのは――その負傷した部分が一瞬にして盛り上がり、蠢きながら無傷の状態へ回復するということだ。骨も、肉も、皮膚も臓腑もまるで人体の創造過程を見るかのように内側からものの数秒で治っていく、やはり恐るべき自己再生能力。
「やはり手を打っていて正解でしたわ、薔薇の抱擁……差し上げますっ!」
 次瞬――『薔薇の刻印(ソーンバインド)』、そのユーベルコードによって法則が定められたその負傷は吸血鬼という怪物であったとしても、その生命力で容易く消し去ることをできない癒えない傷と裁定される。当然、ローズの猛攻はこれで止まらない。先ほどよりも一層夕焼け色の刀身のロングソードを深く煌かせ、吸血姫エレーネの肉体に深い裂傷を刻み込んだ。無辜の領民を猟兵を呼び込むためだけの生贄としたオブリビオンへと怒りに燃える眼光が、撒き散らされた血と肉片を反射する。
「キャハ! そうよ、そうこなくっちゃ! 弱い猟兵なんてお呼びじゃないもの」
 にこやかに吐血しながら、予定通りに吸血姫エレーネはローズの猛威を甘受していく。その様子にオブリビオンの脅威を猟兵は再確認し、敵手をこの手で討ち取るのだと、強く強く心の炎を燃やすたびに総身へ果てなき力が漲っていく。とりわけ領民の嘆きはローズの怒りとなって、凄まじい燃料と化して前へ、前へと突き動かしていく。
成功 🔵🔵🔴

魔女・ウィッチ(サポート)
【おまかせプレイング】
「ほう…良いじゃろう。この偉大なる魔女である我が相手になって…話を聞きなさいよ!」

 西洋妖怪ウィッチの魔女×レトロウィザードよ。
「この偉大なる魔女の使い魔にしてやるわ。光栄に思いなさい!」
「おばあちゃんが言っていたわ!◯◯だって!」

 普段着の魔女装束を着て、魔女箒に乗って空中浮遊しながら使い魔の黒猫をウィッチタクトへ変化させたら準備はバッチリね!
『にゃー♪』

 UC「アルカナ・ブラスター」
 魔力溜め全力魔法を使用し、相手を使い魔にするのを目標に行動ね。ドジを踏んで意図せず他の猟兵に迷惑をかける事も有るかもしれないけど、わざとじゃないのよ!?
 あとは任せるわ!


「ふふん! 恐れ慄きなさい、私こそが偉大なる魔女、ウィッチなのよ!」
「キャハッ、随分と典型的な魔女の姿をした猟兵がいたものね」
 吸血姫エレーネは魔女装束を身に纏い、魔女の箒に使い魔をタクトにした絵物語で語られるような魔女そのものの風貌をしている、魔女・ウィッチ(偉大なる魔女のサーガ・f33446)へと興味深そうに音を奏でるように、指先を躍らせて冷笑を浮かべる。
「なっ! ば、馬鹿にしたわね、後悔させてあげるんだから」
 ウィッチが怒涛の魔力弾による猛然たる弾丸の驟雨で吸血姫エレーネを攻め立てる。しかし、その増強された反射神経、圧倒的な臂力を前に魔力の流星雨など通じはしない。単純な強さという王道を武器に、あらゆる苦難を真っ向から切り伏せ、捻じ伏せ、叩き落とす。更に駄目押し――まだ足らないと、唸る追撃の鮮血で象った槍撃がウィッチの眼前に迫る。
「かかったわね! ここでなら外さないわ――アルカナ・ブラスターッ!」
 刹那、解き放たれたユーベルコード『アルカナ・ブラスター』が炸裂する。詠唱を重ねれば、それに呼応してユーベルコードが波濤となって流れ込む。細胞の一つ一つに渡るまで活力が満ち溢れ、より強く覚醒し、それが圧倒的な白炎属性の破壊光線という結果に帰路する。雄々しく、熱く、どこまでも烈しく光る白熱の波濤。敵味方を問わず見るものすべてを魅了する光輝を目の当たりにし、吸血姫エレーネは鮮血の槍を弾かれ、ユーベルコードを直撃したことにより初めて戦慄を顕わにした。
成功 🔵🔵🔴

ティー・セツナ(サポート)
 「あ˝あ˝?悪ぃな、ちょっと…暴れさせてくれよ」

凶悪な顔の新米執事
顔と口調の割には戦いは好きではない
好きではないが、得意ではある
何より執事の仕事を全うするためにも、定期的に戦ってスッキリする必要がある

そのため戦いの場では率先して前に出る
誰かを庇っているとなおさら戦いやすい気がする

どちらにせよ、ただひたすら殴り、暴れるのみ

一通り暴れたら、無表情で感謝を
「すっきりいたしました、ありがとう御座います」

戦い以外の依頼では、執事として皆のサポートを。
色々な人に仕えるのも、よい経験になると手は抜かない。でも顔はチンピラ。


「お嬢様から頼まれましたから、この村から怪物を追い出せと」
 ティー・セツナ(オウガブラッドの闇執事・f36272)は吸血姫エレーネへと啖呵を切った直後、際限なく高まる圧力。具現化された闇が出現すると同時に、天上知らずに纏う覇気を強め始めた。まるで大爆発を引き起こす寸前の光景は言わずもがな、より熾烈な戦闘の幕開けを意味しており、それに相応しい激闘が花を咲かせるのだった。
「というわけだ、悪ぃな――覚悟してくれや」
 これは魔法の洋灯と斯く語らん。正体はユーベルコード『バトラーズ・ブラック』、ティーがオブリビオンにより弄ばれた無辜の領民から受け取った命令を承諾したことによって、それを完遂すべく全ての技能が異能と呼べる域にまで向上しているのだ。結果、コンディションは常に最高潮。どれほど力を振るい続けても使った端から溢れ出て、決して尽きることが無い。ティーは今、まるで無限の泉から水を汲み取り続けるような高揚感に満たされていた。攻撃、回避、防御——あらゆる能力値が臨界を突破し、なお昇り続ける感覚に酩酊することもなく堅実に猛威を振るう。
「知っているか、執事はどんなに大変でも頼まれたら叶えるもんなんだよッ!」
 告げながら淡々と胴体へ、腕へ、脚へ肉体を爆破しながら、満遍なく撃ち込まれていく剛拳乱舞。苛烈でありながら精緻を極める連撃が、怒涛の勢いで開帳された。敏捷な拳の連打に間隙は微塵もなく、挙動の繋ぎも完璧だった。吸血姫エレーネの反撃はユーベルコードの能力向上により残らず見切られ、回避動作と追撃を一度に行い鞭のごとく振るった脚はオブリビオンの体力を削っていく。
成功 🔵🔵🔴

陰日向・千明(サポート)
「このあと用事があるんで、さっさと地獄へ堕ちるッス」
◆口調
・一人称は「うち」、二人称は「あんた」、くだけた敬語をつかう
◆性質・特技
・マイペースで合理主義
・雨女
◆行動傾向
・特権階級者の車に轢かれ事故すら揉み消された女子高生の悪霊
・地元を鎮守する竜神の力を借りて受肉を果たした
・利己主義で秩序や慣習にこだわりはなく、勝つためなら手段を選ばないしたたかさを備えているが、なんだかんだで面倒見はよい
・神器化したスマホで霊界通信サービス「天孫(あまそん)」に武器を注文して戦う
・一度死んだ経験から死に対する恐怖心がなく、戦闘をゲームのようにとらえている。敵にも当然慈悲はない


「配送は当日即時と決まってまして」
 陰日向・千明(きさらぎ市の悪霊・f35116)はユーベルコード『天孫購臨「通販で取り寄せた両手剣」(アマソン・コーリン・ツーハンドソード)』によって、発注した神剣を吸血姫エレーネが生みだした夥しい数の蝙蝠たちの眷属の群れへと奔らせる。全身に戦慄が走り、反射的に眷属たちは回避行動を試みるが……既に遅い。プレミアム会員の特典の封印を解除を伴って振るわれる光輝の刃。横合いから襲い掛かる斬撃と波動が、吸血鬼姫の眷属たちを瞬く間に蹂躙した。舞い散る血飛沫。寸断される肉片。オブリビオンの眷属たちは自爆で一矢報いる暇もないまま斬滅され、戦列はいとも容易く瞬時に半壊状態へと陥っていく。その剣技は紛れもなく超一流の剣士そのもので、眷属たちの反撃を赦さない。
「オブリビオンへの敗走は許されないっす」
 言いながら、神剣を構えたその瞬間――光剣の群れが矢衾を成し、オブリビオンの主従の頭上へと殺到した。その疾風怒濤を苦も無く切り断つ無双の神剣、斬撃は依然鋭く、そしてすかさず振るわれる二の太刀。確実に首を飛ばさんと目指し、斬撃は封印の解除を伴い今も尚、最高速を更新していく。結果、周囲一帯へと広がる疾風、横一文字の首切り神剣。それは戦場を上下に二分し、無慈悲な殺戮兵器と化してオブリビオンの主従たちを蹂躙した。僅かでも反応が遅れた者は例外なく、頭部を胴から切り離されて血の噴水へと変わり果てた。
成功 🔵🔵🔴

星川・杏梨(サポート)
『この剣に、私の誓いを込めて』
 人間のスーパーヒーロー×剣豪、女の子です。
 普段の口調は「聖なる剣士(私、~さん、なの、よ、なのね、なのよね?)」
 時々「落ち着いた感じ(私、~さん、ね、わ、~よ、~の?)」です。

 ユーベルコードは指定した物をどれでも使用し、
多少の怪我は厭わず積極的に行動します。
他の猟兵に迷惑をかける行為はしません。
また、例え依頼の成功のためでも、
公序良俗に反する行動はしません。

性格はクールで凛とした雰囲気です。
常に冷静さを念頭に置く様に努めており、
取り乱さない様に気を付けています。
戦闘は、剣・銃・魔法と一通りこなせます。
 あとはおまかせ。よろしくおねがいします!


 星川・杏梨(聖炎の剣士・f17737)のオブリビオンの膂力さえ利用した刃は魔法のように間隙を縫い、吸血姫エレーネの術理を封殺していく。瞬時に踏み込みを強め、神速の縮地で距離を詰める星川。姿が霞んだと思った直後、懐に潜りこんだ零距離から縦横の斬撃が放たれる。オブリビオンは間一髪で防ぐが、あまりに一撃が重い。
「星々の加護よ、私に力を与えなさい」
 次瞬、弾かれた様に煌めく星々による聖なる魔力によってさらに上昇する駆動率。剣速を限界にまで高めながら、もはや防御は不要と一気呵成の攻撃でオブリビオンと対峙する。吸血姫エレーネの変幻自在の反撃はしかし、狙いが人体である以上パターンは限られている。さらには星川の移動速度も反応速度も、今この瞬間にも上昇し続けているために狙いを定めさせない。その様はまるで既に完成された刀が焼き融かされ、より強固に鍛え上げられているかのようだった。
「キャハッ! 凄いわね、こっちの狙いが分かるの?」
「――そして全てを断ち切る力を分け与えよ!」
 思考を割いたことにより生じた逡巡を、星川が当然見抜けぬはずも無し。失策を吸血姫エレーネが気づいた時にはもう遅い。ユーベルコード『コメット・ブレイド』を最大に展開した、流星の聖剣の尖端がオブリビオの反撃の隙を縫い、有無を言わさず腹部を貫いて血の雨を祝杯の潤滑油が如く浴びていく。更なる戦果を渇望するように、星が流れるかの様な意匠が凝らされた、邪悪なるものを浄化する力を持つ剣は止まらないのだった。
成功 🔵🔵🔴

エダ・サルファー(サポート)
アックス&ウィザーズ出身の聖職者で冒険者です。
義侠心が強く直情的な傾向があります。
一方で、冒険者としての経験から割り切るのも切り替えるのも早いです。
自分の思想や信条、信仰を押し付けることはしません。
他人のそれも基本的に否定はしません。
聖職者っぽいことはたまにします。
難しいことを考えるのが苦手で、大抵のことは力と祈りで解決できると言って憚りません。
とはいえ、必要とあらば多少は頭を使う努力をします。
戦闘スタイルは格闘で、ユーベルコードは状況とノリで指定のものをどれでも使います。
ただ、ここぞでは必殺聖拳突きを使うことが多いです。

以上を基本の傾向として、状況に応じて適当に動かしていただければ幸いです。


 圧倒的な出力を孕んだ一撃が衝突し合い、空気を震撼させる。衝撃の余波だけで、大気の壁さえ粉々に千切れながら消し飛んだ。エダ・サルファー(格闘聖職者・f05398)の小柄な矮駆から生み出されたとは思えないほどに苛烈な鉄拳の雨が吸血姫エレーネへと奔る。エダの格闘術の鍛錬を積み、技術と感覚も研ぎ澄ましたその技巧が吸血姫エレーネへの確かな猛威となって、この戦場の趨勢を猟兵たちの側へと大きく傾けていく。
「よし、頑張っちゃうよ。そんなに戦いが欲しいなら好きなだけ味わうといいさ」
 エダの拳が祈りによって輝くと、周囲のことごとくを一切残らず粉砕した。どんな勘をしているのか。格闘聖職者たる猟兵は当たるはずの直撃を覆し、魔法のように道理を穿って無茶と不条理を実現させる。その結果――吸血姫エレーネがエダの繰り出す必殺の反撃から逃れるためには、眷属の蝙蝠たちの全力援護が不可欠なほどの圧力だった。おかげでどうしても完全な回避には至らない。反面、エダの反撃の精度は着実に上がり、交差する度に吸血姫エレーネの身体を掠めていく。より深く、より的確に、恐るべき速度と巧みさで。
「そこだ――くらえ必殺! 聖拳突きぃっ!」
 刹那、解き放たれた一撃は単純で重い祈りを込めた拳。ただそれだけで異能の頂であるユーベルコードへと至った『必殺聖拳突き』によって衝撃で、眷属たちごとオブリビオンの身体は一気に吹き飛び、村路に軒を連ねる建造物へと流星めいた軌道を描いて激突した。
成功 🔵🔵🔴

アトシュ・スカーレット(サポート)
性格
悪ガキから少し成長したが、やっぱり戦うのは好き
大人になろうと背伸びしてる途中
目の前で助けられる人がいるなら積極的に救おうとする
口調は「〜だな。」など男性的
最近の悩みは性別を間違えられることと年相応に見えないこと
最悪【幻想憑依・無想式】を使って誤魔化す

戦闘
【呪詛(腐敗)】を何かしらの形で使用する。昔機械相手にやって痛い目を見たのでその場合は使わない
前衛も後衛もやれる万能型だが、前衛の方が好き
複数の武器を同時に操ることも可能
高速戦闘も力任せの戦闘も状況に応じて使い分ける
(装備していれば)キャバリアにも対応可

非戦闘
聞き耳などを駆使した情報収集を中心とする
化術で動物に化けて偵察することも


 吸血姫エレーネの前進に更に猟兵も踏み込みを合わせ、より懐深くへ斬撃を放つ。しかし――それも、弾かれた。弾かれた。刃と鉄爪が寒気を呼ぶ激突音を鳴らす。衝撃で流れた体勢を狙ったフェイント、逆側からのオブリビオの魔爪が襲う。横殴りの重い一撃を、充分に予測した位置に猟兵は刃を置いて受け止めた。
「キャハッ! つまんなーい、あっけないのね」
 はずだった――襲う衝撃、猟兵の全身が軋む。肋骨にヒビが入った激痛によって鈍った体躯をオブリビオの爪が真っ二つに切り裂いた。
「悪いけど、その絶望を塗り替える!」
 ――が、それはアトシュ・スカーレット(境界の旅人・f00811)がユーベルコード『希望への軌跡(シュトラーサ・ホッフヌング)』によって垣間見た、ほんわずか先の未来。双眸が青みがかった銀色へと変貌させ、展開された未来視の魔術は全く別の未来を紡ぎ出した。その通り。前へ、前へとアトシュの追撃は止まらない。唸り来る死爪の軌道を読んで探せるのは、冷静な予測と視認が出来ているから。オブリビオンの剛力に打ち負けないだけの一撃を放てるのは、怖れず前に踏み込めているから。防御も回避も、すべては生存ではなく前進と攻撃のために。思考は絶望を打ち克って冴え渡り、肉体は精密機械よりも正確無比に駆動していた。アトシュは今、アトシュ自身を掌握しながら動かしている。運命にも恐怖にも、アトシュは決して動かされてはいない。自己の全霊に決断を下し、力を駆使してひたすら前にだけ進み――絶望を塗り替えて、太刀を打ち直した魔剣『Tyrfing』をもって、オブリビオンへと真紅の花を散華させた。
成功 🔵🔵🔴

バジル・サラザール(サポート)
『毒を盛って毒で制す、なんてね』
『大丈夫!?』
『あまり無理はしないでね』

年齢 32歳 女 7月25日生まれ
外見 167.6cm 青い瞳 緑髪 普通の肌
特徴 手足が長い 長髪 面倒見がいい 爬虫類が好き 胸が小さい
口調 女性的 私、相手の名前+ちゃん、ね、よ、なの、かしら?

下半身が蛇とのキマイラな闇医者×UDCエージェント
いわゆるラミア
バジリスク型UDCを宿しているらしい
表の顔は薬剤師、本人曰く薬剤師が本業
その割には大抵変な薬を作っている
毒の扱いに長け、毒を扱う戦闘を得意とする
医術の心得で簡単な治療も可能
マッドサイエンティストだが、怪我した人をほおっておけない一面も

アドリブ、連携歓迎


「薬も過ぎれば毒となる。吸血鬼にはどんな薬が効くのかしらね」
「キャハッ! 知らないわ、生まれてこの方。そんな人間が頼るようなものに縋ったことがないもの」
「といっても、元々毒だけど、たっぷりと味わいなさい」
 バジル・サラザール(猛毒系女史・f01544)は夥しい数の魔法の槍を吸血姫エレーネへと奔らせる。オブリビオンは槍衾の如き魔力の槍を十字に重ねる鋭爪の軌跡で弾く。が、ユーベルコード『ポイズン・スピア』によって生み出された魔法の槍は僅かに、吸血姫エレーネがはためかせた天鵞絨のドレスの下の肉を裂いた。その僅かな裂傷、そこから内へと激痛の猛毒が浸透してくる。ただ掠めただけの残滓であるのに、それは消えない。猛毒は死なず、吸血姫エレーネの体内で泡のように弾け細胞の一つ一つを破壊していた。
「がぁ、ギッアアアアアァァァ!」
「どうやら、この毒に耐性はなかったようだね。一安心だよ」
 まるで全ての敵を滅ぼすまで、猛毒は不滅だと言うように。明らかにただの毒ではない。この不滅の猛毒はそれ自体が生き続け、バジルから離れても敵の体内で不滅の行軍を継続するのだ。いわば異能の猛毒。この死の輝きを前に、全ての命はその生存を許されない。ほんの少量ですらこの威力。文字通りの必殺そのもの。直撃を喰らえばその時点で終わり、受け止めることも危険だと、吸血姫エレーネは先の一閃に伴う衝撃波を体感して判った。もしも受けた鋭爪が破壊されたなら、待っているのは恐ろしい猛毒による激痛死に違いなかった。
成功 🔵🔵🔴

大豪傑・麗刃(サポート)
一人称は『わたし』『麗ちゃん』

基本右サムライブレイド左フライングシャドウの二刀流+随行大剣
スーパー変態人2時右サムライブレイド+フライングシャドウ、左バスタードソード+ヒーローソードの四刀流
伝説のスーパー変態人時キャバリアソード
真・ガチ剣士モード時妖刀
なんらかの理由で上記を装備していない場合は適当に

で真っ向から行くだけなのだ。

ユーベルコードはお任せだが決まらなければ

ネタ可なら
ネタキャラとしての矜持>鬼殺し>変態的衝動>正々堂々真っ向勝負>爆発オチ>誰にでも苦手なものはある>わたしのネタを聞け>燃える男

ネタ不可なら
スーパー変態人2>伝説のスーパー変態人>真・ガチ剣士モード>達人の智慧>剣刃一閃


「麗ちゃんが来た! はーはっはっはっ!」
 猟兵が戦場に舞い降りる、同時に大地を切り裂き輝く剣閃。まるで狙っていたかのような瀬戸際で、大豪傑・麗刃(24歳児・f01156)が物見台の頂に参上した。刹那に煌めき、夜陰を裂くように裂帛の気合いと共にオブリビオンの前に立ち塞がる、そのはずだった――。
「キャハッ! 隙だらけよ、おっかし!」
 まるで絵物語の超人のように物見台から飛翔し、助けを求める人々にとっては福音を告げるはずだった大豪傑へと、吸血姫エレーネは容赦なく真紅の魔力によって生み出された礫で打ち落とす。それはもう欠片の容赦もないほどに、生命を焼き焦がす猛威の礫を一心に受け隕石の如く大豪傑が落下した。
「――きみたちには人としての心がないのかね!」
「うっそ……どうして、無傷なの!?」
 ウケ狙いとお笑いの精神の為に敢えて不利な行動を取った、大豪傑はユーベルコード『変態的衝動によって、著しく向上した身体能力。それをもってオブリビオンの颶風の如き猛威を無傷でやり過ごした。これほどまでに身体能力が向上したのであれば、相手がオブリビオンだとしても関係ない。振るえばそれだけで破壊をもたらす暴威の塊——猟兵としてはこの上なく理想的と言える姿だった。よって、この通り。
「遅いのだ、見えるのだ、逃がさないのだ」
 吸血姫エレーネが陽動を仕掛け、隙を作っての反撃も超速の反応だけで防がれる。予備動作から攻撃の軌跡を予測し、的確な防御の体勢を取っても、圧倒的な臂力だけで崩される。ならばと武器そのものを弾いても、圧倒的な身体能力だけで吸血姫エレーネを追い詰めていく。
成功 🔵🔵🔴

鳴上・冬季
「一方的な虐殺がお望みなら、一方的に鏖殺されることもまた、覚悟のうえなのでしょう?」
嗤う

「異界の正道を違えた者どもに、かける慈悲の持ち合わせなどありません。さあ、最期の悪夢を楽しみなさい…紡げ、蜃夢!」
戦場を仙界に交換
自分は風火輪
黄巾力士は飛来椅で縦横無尽に飛び回る

「鏖殺せよ、黄巾力士!」
黄巾力士には金磚で鎧無視・無差別攻撃させ敵を蹂躙
自分は雷公鞭振り回し戦場中に雷撃

「不浄だろうが数が多かろうが、この戦場ではただの塵芥。主ともども、骸の海に還るがいい」
嗤う

「わざわざ私達を呼び出さねば、こんな末路を迎える必要もなかったでしょうに。愚かな領主らしく、惨めに泣き叫んで逝きなさい」
敵に雷公鞭振るい嗤う


「一方的な虐殺がお望みなら、一方的に鏖殺されることもまた、覚悟のうえなのでしょう?」
「キャハッ! それがアナタに出来るかしら、精々やってみればいいじゃない」
 鳴上・冬季(野狐上がりの妖仙・f32734)は吸血姫エレーネがどれ程の覚悟をもって、猟兵を呼び出してこのような光景を作り出したのか、水面に石を投げて広がる波紋を観察するように冷笑と共にオブリビオンの様子を伺う。
「異界の正道を違えた者どもに、かける慈悲の持ち合わせなどありません」
「弱者を強者が蹂躙する、これ以上に正しい王道がなんてないじゃない」
 要は吸血姫エレーネにとっては強いから自分は上等で、強いから選ばれし存在というわけだ。強いから、強いから、強いから……つまるところ、暴力に寄り掛かって自己を構成しているわけだ。力を頼りに見せつけている、それはとても当たり前の方程式。が、猫を捕食する鼠じゃないから狂ってないから怖くないと、鳴上は高らかに嗤う。

「さあ、最期の悪夢を楽しみなさい……オブリビオンへ紡げ、蜃夢!」
 ならばそのような世界を塗り替えれば良いと、ユーベルコード『宝貝・蜃夢(パオペエ・シンム)』によって、吸血姫エレーネが猛威を振るう闘争という極限状態でも聖典として機能するをその方程式は塗り替えていく。戦場内を蜃が見せる夢の中の封神武侠へと世界に変貌させると、違反者たるオブリビオンの行動成功率が低下する。もはや戦力の均衡は完膚無きまでに崩れていた。黄巾力士の繰り出す猛威はオブリビオンの域に達し、逆に法理を簒奪された吸血姫エレーネ一介のオブリビオン並みにまで出力を低下させている。訪れる結果はまさしく自明。力で勝る者が、劣る者を蹂躙するという当たり前の光景が展開されるのみ。
「――鏖殺せよ、黄巾力士!」
 地を這う愚物という揶揄に腹を立て自作した戦闘用宝貝を両足首に嵌めて、鳴上は上空へと飛び立ち、その間にも大きくその性能を引き下げれらたオブリビオンの鋭爪とソニックウェーブで無差別に広範囲を攻撃する黄巾力士用自作宝貝が奏でる剣戟の響きは、ぶつかり合うごとに激しさを増す。破壊力が競合するかのように、疾さもまた一合ごとに加速を重ね打ち合う間隔を狭めていく。とうに秒を裂き、瞬を刻み、刹那の域の応酬へと。残響はもはや十重二十重に折り重なり、人間の可聴域には単一としてしか届かない。いっそ塗り替えらえた法理の中、鈍重な矮躯で黄巾力士に対応しきる吸血姫エレーネを感嘆すべきか。

「不浄だろうが数が多かろうが、この戦場ではただの塵芥。主ともども、骸の海に還るがいい」
 黄巾力士とオブリビオンの力関係が拮抗しているのならば、完全な優位として鳴上がそのまま仙界へと君臨する。鳴上が解き放った雷撃によって、身が引き裂け裏返るような激痛と悪寒が、細胞レベルで吸血姫エレーネを苛む。猟兵へと禁断の呪歌を奏でた報いが、オブリビオンの血肉を蹂躙してゆく。
「わざわざ私達を呼び出さねば、こんな末路を迎える必要もなかったでしょうに」
「キャハハ! ああ、想像以上よ。猟兵、ああ――楽しかった」
 次瞬、鋼鉄製の多節鞭が叩き込まれる。小柄な身体が内部から脆い黒炭へ変貌し、硝子のように蝕まれていく。しかし満ちるのは、痛みと苦しみさえも上回るほどの至上の歓喜。すべての因果と宿業を、納得しながら甘受してオブリビオンは消え去った。
「最後まで不愉快なオブリビオンでしたね、愚かな領主らしく、惨めに泣き叫んで逝けばよかったものを」
 勝手に迷惑を撒き散らして満足そうに消えていくオブリビオンへは不満が残るものの、気持ちを刹那に切り替えて猟兵は次なる脅威へと立ち向かう準備をするのだった。
大成功 🔵🔵🔵


第2章 集団戦 『アルカードの猟犬たち』

POW ●レグルスインパクト
単純で重い【渾身の力を込めた大剣】の一撃を叩きつける。直撃地点の周辺地形は破壊される。
SPD ●コープジェミニ
【二人がかりで息のあった連撃】で攻撃する。また、攻撃が命中した敵の【癖と取り得る回避行動】を覚え、同じ敵に攻撃する際の命中力と威力を増強する。
WIZ ●ジフプロキオン
【純真無垢な子供のような表情で油断させる】事で【対象の油断を誘い、暗殺執行モード】に変身し、スピードと反応速度が爆発的に増大する。ただし、解除するまで毎秒寿命を削る。
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔴🔴🔴🔴🔴🔴

種別『集団戦』のルール
 記載された敵が「沢山」出現します(厳密に何体いるかは、書く場合も書かない場合もあります)。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


● アルカードの猟犬たち

 吸血姫エレーネたちを打倒した猟兵たちであったが、まだまだ戦場には狂おしいばかりの情緒の氾濫が渦巻いている。広がる景観は、狂気の画家が筆を揮ったかの如く、夥しい数の増援のオブリビオンたちが姿を現した。

 猟兵たちを取り囲んだオブリビオンたちはそれぞれが強い個性をもった容姿をしており、子供な見かけを利用したり、大柄な体躯での力任せの一撃、息を合わせたコンビネーション抜群な攻撃などで攻め立ててくる。共通して言えることは、様々な暗殺を得意とするという事くらいだろうか。
 ――気を緩めれば死角から煌いた狂刃が、その体躯を切り裂き鮮血が靄を舞い、月下に吹き上がり、煙る雨となりて降り頻ることだろう。
メイリン・コスモロード(サポート)
『一緒に頑張りましょうね。』
人間の竜騎士×黒騎士の女の子です。
普段の口調は「丁寧(私、あなた、~さん、です、ます、でしょう、ですか?)」、時々「対人恐怖症(ワタシ、アナタ、デス、マス、デショウ、デスカ?)」です。

 ユーベルコードは指定した物をどれでも使用し、
多少の怪我は厭わず積極的に行動します。
他の猟兵に迷惑をかける行為はしません。
また、例え依頼の成功のためでも、
公序良俗に反する行動はしません。
人と話すのに慣れていなくて
「えっと……」とか「あの……」とか多様します。
戦闘ではドラゴンランスを使う事が多い。

その他、キャラの台詞はアドリブ等も歓迎です。
あとはおまかせ。よろしくおねがいします!


「私の中に眠る竜の力よ、槍に宿りて敵を貫きなさい!」
 刹那、メイリン・コスモロード(飛竜の鉾・f13235)のドラゴンランスによる、天を貫く如き竜の咆哮。ユーベルコード『飛竜の聖槍(ヒリュウノセイソウ)』の解放が射線上にある一切を閃光の彼方に消し飛ばす。竜のオーラを纏った聖なる力を持つ槍の猛威は如何なる御業によるものか、あらゆる常識を踏破した劇的な進化を遂げていた。
「ここですっ――!
 ユーベルコードだけでなくドラゴンランスに装着する事で、ドラゴンの威嚇の様な強力なエネルギーを得るエンジンによる杭打ち機じみた零距離射撃の必殺に加え、外見に違わない大火力砲としての能も宿したのだろう。圧倒的な殲滅力の長距離射撃は、戦場の影からメイリンたち猟兵の隙を窺う、暗殺者如きに抵抗できるものではなかった。
「――何の罪のない人達を巻き込んで、自分の楽しみのために苦しめるオブリビオンを赦せません」
 ドラゴンランスから放たれた幾条にも枝分かれした絶滅の大豪雨はその上、誘導性さえ備えているのか。驚異的な物量と破壊力を両立させた結果、僅か数秒で射線上に存在するオブリビオンは一掃された。だがそれでも、依然として殲滅は止まらない。水面に生じた波紋のように光の属性を宿し闇の力をかき消すが如く襲い掛かる波濤。一種のホーミングミサイルめいて自在な軌道を描き、標的に着弾すれば爆発し、メイリンはアルカードの猟犬たちを見る間に殲滅していくのだった。
成功 🔵🔵🔴

納花・ピンチン(サポート)
ブギーモンスターの勇者×殺人鬼
布を被ってから7年が経ちましたわ
普段はお嬢様口調で、時々関西弁がちょこっと
……って、勉強中なんですわ!

あくまでお仕置きをしに来ているから
あまり殺伐とした戦い方はしませんわ
武器も直前で刃を返して叩いたり
その光景はギャグになることが多いですわ

商人街出身、お話しや交渉なんかも好きです
小さなスイーツや飴ちゃんを渡して一緒に食べると
色々話してくれるんですわ

ユーベルコードは指定した物をどれでも使用し
多少の怪我は厭わず積極的に行動します
他の猟兵に迷惑をかける行為はしません
また例え依頼の成功の為でも
公序良俗に反する行動はしません

あとはおまかせ
ほないっちょ、よろしくおねがいします


 猟兵の隙を狙うアルカードの猟犬たちは、闇に紛れて渾身の力を込めた巨大な大剣によって地面へ巨大な蜘蛛の巣状の線を刻んだ。気配を消しあっさり接近した巨体のオブリビオンが、瞠目する相手を楽しそうに睨するはずだったが――。
「なにごとも、ほどほどが肝心ですわ」
 納花・ピンチン(ブギーモンスターの勇者・f31878)は縫い付けるように容赦ない追撃の踵が入る前にその場から飛び去って、彼我の間合いを再び取り直し勇者の剣を煌めかせ不敵な笑みを浮かべる。ずるり、という聞こえないはずの異音が響いた直後、アルカードの猟犬の肉体は真っ赤な花と爆散した。破裂した血袋に加工して、文字通り100kg超の細切れ肉に調理される。更に駄目押しまだ足らないと、唸る追撃の兜割り。
「あんたらはちぃっとやり過ぎたんやなって、お仕置きさせて貰いますわ!」
 ユーベルコード『ブレイブソード』によって強化された斬撃はオブリビオンを容易く打ち倒し、次の獲物へと弾丸の如く駆ける。刻まれる。刻まれる。刻まれる。刻まれる――それもしっかり狙いを定めながら。圧倒的という言葉さえ陳腐だというように、超高速で繰り出される怒涛の斬撃。切っ先が消えた途端、肉が離れて血が飛び散る。アルカードの猟犬たちは防ぐことさえ敵わない。最大級の警戒を持っていたにも関わらず、抜刀の瞬間さえ目で捉えることができなかった。気づいた時には貫かれてるなんて、もはや冗談にもなりやしない。ゆえに退避し――否、それさえ何の効果もなくオブリビオンは順当に対処されていくのだった。
成功 🔵🔵🔴

チェリオ・ヴィルキッド(サポート)
『チェリオにお任せください!』
『真っ正面からどーんと立ち会います!』
『皆さん、頑張りましょう!』

蒼白狐火の桜精
魔王志望なデビキン地方領主
召喚士系ドラゴンナイト

口調は(私、あなた、~さん、です、ます、でしょう、ですか?)
驚いたり油断すると敬語が抜けちゃいます

戦闘時は身の丈よりデカいドラゴン・ランスで頑健な前衛として、ドラゴンに騎乗して勇ましく戦います

UCはどれでも使用し、多少の怪我は厭わず積極的に行動します
他の猟兵さんに迷惑をかける行為はしません
依頼成功のためでも、公序良俗に反する行動はしません
領民の皆さんに恥ずかしい真似は見せられませんからね!

他、不明点はお任せです
宜しくお願いします!


「――さあ、行きますよ!」
 チェリオ・ヴィルキッド(桜花爛漫・f36842)はユーベルコード『龍騎士出陣(ドラゴンライド)』を解き放つ。次瞬、3メートルほどの巨大な相棒ドラゴンが現れると即座に騎乗し、竜騎士の槍を構えてアルカードの猟犬たちへと向かい立つ。
「闇に紛れるのなら、闇ごと焼き尽くすまで、です!」
 次瞬、流星群が発動した。戦場を遍く覆い尽くす竜騎士の槍から放たれた光の豪雨が雪崩のように戦場へと降り注ぐ。闇奥から殺到した無数の煌めきが、闇に紛れたアルカードの猟犬たちの一帯すべてを蹂躙する。それは一条一条が敵手を殲滅する閃光の槍であり、展開するオブリビオンを問答無用で、串刺しの屍に変える圧倒的な猛威に他ならない。定めた射撃ではなく、範囲全域に対する飽和殲滅を目的とした爆撃だ。ゆえにそれは、有象無象の区別なく戦場そのものを覆い尽くす。
「逃げ場を失くして姿を現しましたか、でしたら――後は正面突破です!」
 他の猟兵にも持ち得ないほどの機知と連携でチェリオと相棒のドラゴンは見事に発揮していた。オブリビオンを射程で優越するチェリオが竜騎士の槍による面掃射や精密狙撃の使い分けで局面を切り開きつつ、オブリビオンにも匹敵する一発を持つ巨大な相棒ドラゴンの攻撃を切り札として要所で投下。いわば柔と剛の二段構えによる堅実な戦い振りを見せていた。頑健な前衛として、その名に相応しい武勇をかざしてオブリビオンを打ち倒す。
成功 🔵🔵🔴

吉柳・祥華(サポート)
『妾の存在意義とは何ぞや?何ゆえに此処に在るのかぇ?』

旧き時代に祀られていた龍の化身で在ったが
護るべき国と民は既に無いのに何故…自身が現世の『神』として顕現したのかを思案と模索する戦巫女

物腰は柔らかく絶えず微笑を湛える優美な女性であるが
過去の出来事から人(他人)に対しては意外に辛辣…
優美に微笑を浮かべるが実は目が笑っていない

ユーベルは指定した物をどれでも使用
その辺はMSの采配に任せます(意外な使い方とか参考になるから)

基本、他の猟兵に迷惑をかける行為はしないが
必要なら悪乗りはする流れ(他の猟兵と同意と言う設定で)
まぁ…流石に依頼の成功の為と言えど公序良俗に反する行動はNG

連携アドリブ等はお任せ


「汝、地獄の門の一角にして煉獄の炎を纏い大地を砕く魔獣の如く――」
 吉柳・祥華(吉祥龍彩華・f17147)が宣するはユーベルコード『閻羅王召喚(ェグ・ゾゥダス)』。淡々と、朗々と、紡がれていく詠唱。呼応して輝き始めユーベルコードの燐光が朱霞露焔を淡く包み異能の力を確かなものへとしていく。
「その傲慢さ故に深淵の牢獄に封じられし荒ぶる神よ真名を持って封印を解かん」
 刹那、地獄において亡者の審判を行う神様の一柱が紅蓮の炎を纏い大地をも砕くとも言われる、鬼神の名を冠した霊符から戦場へと召喚。すぐさまその猛威は形と成って、颶風の出力が戦場へと吹き荒れる。戦場を脾睨しながら閻羅王の状態を見極め、適切な手を打つそれは棋士か軍師のやり方だ。神として顕現した吉柳にとってみれば、戦場を俯瞰することなど余りに容易なことだった。その結果、閻羅王自体の性能もさることながら、吉柳の操作技術が脅威度を何倍にも高めていた。終焉の炎と破壊の鼓動で敏捷に波状攻撃を仕掛けながら、一度として相互の行動を妨げ合うことはない。
「今回は大人しく従って貰う、なぁに退屈はさせぬように暴れさせてやる」
 閻羅王の猛威は傲慢な外見に似合わず、その動きはまるで完成された舞踏であるかと錯覚するほどだ。オブリビオンの動きとは精度が桁違いで、それを引き出しているのが吉柳の手腕なのだろう。優れた眷属を用いることで、操り手の技量が十全に発揮されている。閻羅王を縦横に駆使し、居並ぶオブリビオンを焦し殺し、砕き殺していく。
成功 🔵🔵🔴

七星・天華(サポート)
 羅刹のガンナーで元気娘。
 仲良しな人には優しく楽しく。

『一般人に過度な期待はしないでよね。』
自分は才能など無い平凡な存在だと思っているが実は天才。
二丁拳銃「白雷」と「黒雷」をメインにナイフ系も扱える。
二丁拳銃を使った近接戦闘もできる。
遠近両方の距離でも戦闘を成立させる。
装備の影響で帯電しているが自由自在に扱える。
世界を放浪して手に入れたアイテムで出来る事の幅が広い。
少々過酷程度の環境は即座に対応適応するサバイバル能力。
左肩に生まれつき痕がある。
美人な元気娘だが暗殺もするデンジャラスな一面も。
家族のみんなが好きだが特に姉が大好きで姉の一番のファン。
自分にもファンが居るとは微塵にも思っていない。


「そっちが闇に紛れるのなら、こっちにも考えがあるよ」
 七星・天華(自覚無き天才・f36513)は自らとサバイバルナイフを負のオーラで纏うことで、アルカードの猟犬たちからの視聴嗅覚での感知を不可能とさせる。ユーベルコード『暗転』により、狩る側と狩られる側の趨勢はは容易く入れ替わる、オブリビオンに訪れるのは防戦一方。おまけに戦場は閉鎖空間。地の利は、逃げる者よりも追う者に対して加護をもたらす。一撃必殺の機を窺う者と、対して当たり前に強い者。どちらの方が正面から突っ込んで追う側に成るかと言えば、もはや論ずるまでもないだろう。
「思ったよりも我慢が苦手みたいだね」
 敵の意識を徹底して読み、その裏にある隙を衝く。または隙が無くとも、手管を尽くして無理矢理にでも発生させる。暗殺や不意討ち向きに特化した、それが七星のユーベルコード『暗転』である。痺れを切らして現れたオブリビオンへと飛び込み――死を呼ぶ狂爪に頭から突っ込んで、そして深く斬り裂いた。オブリビオンの知覚は負のオーラで突破、攻撃直後にアルカードの猟犬の躯体が硬直する。刃越しの手応えは十二分。紙一重まで引きつけ放った要撃は、リスクに見合った戦果を残していた。オブリビオンの前進に更にこちらも踏み込みを合わせ、より懐深くへ斬撃を放つ。
「さようなら……」
 衝撃で流れた体勢を狙ったフェイント、逆側からの要撃がアルカードの猟犬を捕らえる。逆手に握った刃を捻じり、梃子の原理で押さえ込む形でそのまま一気に切り裂いた。
成功 🔵🔵🔴

城田・紗希(サポート)
基本的には考えるより行動するタイプ。
でもウィザードミサイルや斬撃の軌跡ぐらいは考える。…脳筋じゃナイデスヨ?
暗器は隠しすぎたので、UC発動時にどこから何が出てくるか、術者も把握していない。

戦闘は確実性やオーバーキルより迎撃数を優先するので、全力魔法と範囲攻撃で少し広めに撃ってから時間差で仕留める。
もしくは単体攻撃にカウンターや鎧破壊攻撃を乗せつつ、連続して使って、一撃必殺を繰り返す。
「ここから先は行かせないよ、キリッ」
…ところで、なんでオブリビオン居るの?(前後の説明忘れた)

……防御?なんかこう、勘で!(第六感)
耐性……は、なんか色々!(覚えてない)


「さて、この武器が見えますか?」
 空間を裂き飛び展開する、城田・紗希(人間の探索者・f01927)の肉眼で捕捉できぬほど極細の鋼糸。ユーベルコード『不可視の攻撃(ミヅライコウゲキ)』により展開されたそれは、闇夜においては不可視の罠と化し、避けそこねたオブリビオンが相次ぎ絡まり引き裂かれる。鮮血の散華は連鎖的に敵陣を巻き込み広がっていく。絹のように闇を流れる流麗な金属糸が、迫るアルカードの猟犬たちを捕縛してそのまま自由を絡め取った。
「武器はまだあるんだよ」
 隠し持った本命の暗器が絡め取ったオブリビオンへと奔って責め立てる。おそるべくはやはり展開された攻防のすべてが、完全に城田の掌握下に置かれるということだ。ユーベルコード『不可視の攻撃』の武装は暗器であり、通常その存在さえ知覚できない。相手は何をされたかも理解できないまま、圧倒的な方程式に反撃さえできず完封されてしまう。
「そろそろ狩らせてもらいましょう」
 単純にして凶悪無比な能力だ。最初に攻防を演じた時点から脱出不可能なまま、問答無用で嬲り殺されていただろう。さらには併せ持った王道のサムライブレイドがオブリビオンを襲う。それら一手一手が、感知困難な暗器の付与という要素を帯びることでどれも単体では終わらなくなる。つまり、そこから派生する幾通りもの攻防を想定する必要が出てきてしまう。従って、闘いはより戦略面を重視した色合いを帯びていき、そこでは当然、第六感に誰より長けた先読みの城田が圧倒的に優位を誇ることになる。これはもう戦闘というより詰将棋の領域だ。重要なのは思考速度と判断力。オブリビオンたちは凄まじいスピードで、さらには確実に追い込まれていく。
成功 🔵🔵🔴

コノカ・ハギリガワ(サポート)
『やるわ。私に任せなさい!』
 サイボーグの鎧装騎兵×戦巫女、18歳の女です。
 普段の口調は「女性的(私、あなた、~さん、なの、よ、なのね、なのよね?)」
出身世界:スペースシップワールド

性格:勇敢
戦場では積極的に前線に切り込み、敵の注意や攻撃を引き受けます

・戦闘
勇翠の薙刀を主に使って戦います
また、エメラルドアームから発生させた障壁で仲間を庇います

 ユーベルコードは指定した物をどれでも使用し、多少の怪我は厭わず積極的に行動します。他の猟兵に迷惑をかける行為はしません。また、例え依頼の成功のためでも、公序良俗に反する行動はしません。
 あとはおまかせ。よろしくおねがいします!


「さぁ――すぐに終わらせてあげるわよ」
 コノカ・ハギリガワ(勇を示す翠・f06389)は自身の機械化された部分をユーベルコード『翠機兵覚醒(メタリックフルパワー)』により、一時的に増強し全ての能力を著しい高みへと引き上げる。そして生まれる猛威はやはり速く、そして的確。勇翠の薙刀の威力と精度が素で規格外だった。直後、抜き放たれるは神域の斬撃。距離という概念さえ斬り抜きながら、超疾の翠色のフォースの刃がアルカードの猟犬を断つ。奔る斬閃に応じ、桜のように散華する血の花弁。続けて二閃、重ねて三閃、怯んだオブリビオンへ更に四閃。体勢を崩したアルカードの猟犬、無謬の解体が降り注ぐ。乱れ舞う血風の中、音の壁ごと斬り刻みながらコノカは言葉を紡ぐ。
「悪いけど、その厄介の連携は発揮させないでこのまま押し切らせてもらうわ」
 逸らず惑わず、迅速に。剣士の見本じみた流麗さで挟み撃ちの連撃は、当然のようにオブリビオンを切り裂いていく。返す刀の当然のような追撃、知覚速度を振り切る刃突が閃光のようにアルカードの猟犬の肩の肉を剃り貫いた。疾風怒濤、降りしきる五月雨の如き刃に削られるがまま。オブリビオンは当然のように圧されるがまま。一方的にただ損傷を刻まれていくアルカードの猟犬たちは、コノカの言葉通り高めあうことが微塵も出来ず翻弄されるだけだった。集団としての利点を完全に封殺されてしまい、一足す一で二にしかならない総合戦力、それを悔しく感じながらもオブリビオンは虚しく命を散らし続ける。
成功 🔵🔵🔴

四王天・焔(サポート)
『こんにちは、焔だよー。』
 妖狐の人形遣い×ガジェッティアの女の子です。
 普段の口調は「無邪気(自分の名前、~さん、だね、だよ、だよね、なのかな? )」、家族には「甘えん坊(自分の名前、相手の名前+ちゃん、だね、だよ、だよね、なのかな? )」です。

 ユーベルコードは指定した物をどれでも使用し、
多少の怪我は厭わず積極的に行動します。
他の猟兵に迷惑をかける行為はしません。
また、例え依頼の成功のためでも、
公序良俗に反する行動はしません。

無邪気で感情の起伏が激しい性格の少女、
武器はからくり人形とドラゴンランスを主に使います。
植物、特に花が好きです。
 あとはおまかせ。よろしくおねがいします!


「符より出でて、妖の薔薇を咲かせろ――!」
 刹那、四王天・焔(妖の薔薇・f04438)の周囲に幾何学模様を描き複雑に茨の蔦が飛翔する。茨が不規則に躍り、空中に亀裂のような模様を描く。それは闇夜に紛れるアルカードの猟犬たちに絡みつくと、血を啜り紫の薔薇を咲かせる。アルカードの猟犬たちの獣めいた敏捷さは鈍りを見せ、関節部をギチギチと鳴らしながらその場へと釘付けにされている。そう、強襲が彼らの強みだと言うのなら動けなくさせればいいだけのこと。であれば自分の独壇場だと、四王天はユーベルコード『妖符"紫薔薇の庭園"(イノセントプリズン)』を今こそ唸れと輝照させた。
「これが焔の、妖符"紫薔薇の庭園"だよ!」
 どんな難敵であろうとも、この紫薔薇の庭園を受けて身動きできるはずがない。己の妖符に絶対の自信を抱きながら四王天は異能を行使する。逃げ場無し、抗拒不可能——ここはもはや四王天の庭だった。戦場という閉鎖空間は視界三百六十度どころか、文字通り全域が猟兵の統べる射程内だ。紫薔薇の庭園から逃れられる者は一人もいない。
「次は紫煌剣の出番だね、逃がさないんだから」
 体躯から鮮血の華を咲かせ動きを鈍化させたオブリビオンたちの間を、相対的に加速したかのような鍔部分に薔薇の装飾が浮かび上がる、紫色のフォースセイバーが閃き駆ける。据え物斬りにアルカードの猟犬を排除しながら、四王天は更なる敵影を求めて戦場を奔った。
成功 🔵🔵🔴

ルイズ・ペレンナ(サポート)
『お代は結構ですわよ。けれど懐には注意なさいませね?』
ブラックタールのシーフ × スターライダー
特徴 金目の物が好き 錠前マニア グルメ 快楽主義者 実は恋をしていた
口調 貴婦人(わたくし、あなた、~さん、ですわ、ますの、ですわね、ですの?)
敵には 高慢(わたくし、あなた、呼び捨て、ですわ、ますの、ですわね、ですの?)

・金目の物をお宝と認識し獲得するのが行動理念
 直接の機会でなくても獲得出来るかも知れないと思えば動きます

・愛情や人助けのような金銭にならない価値は興味ないですが
 それを大事にする人を貶めもしません。趣味の相違

・利害が一致すれば他人との共闘やサポートはむしろ積極的です


「盗みの極意は目に留まらぬほど速やかに」
 宣した言の葉を引き金に幕開ける死闘——夜空を引き裂く猟兵の『Les Dents du tigre』。アルカードの猟犬たちとの彼我の狭間を縫いながら、ルイズ・ペレンナ(怪盗淑女・f06141)は死を孕む颶風と化す。オブリビオンの強襲を躱して終わり、などでもない。相変わらずの闇夜から猟兵を狙う敵手に一瞬たりとも立ち止まることは許されなかった。絶え間ない致死が降り注ぐ災厄の戦場では、停止こそ即ち死を意味するのだから。どこまでも速く、早く――判断の遅れは敗北に直結するから、どんな奇襲にも怯まない。ルイズは移動すべき道を計算し続け、駆け続ける。
「そして気付かれぬほどに密やかに」
 そしてついに彼我の境を埋めきったルイズは、アルカードの猟犬へと装飾を排した形状に身体を変形させる。流体の体躯という特性を余すことなく駆使するこで緩急を巧みに使い、速度ではなく意識の隙間にねじ込むことで命中精度を引き上げ、ユーベルコード『怪盗淑女の早業(ブラックシーブズ・ギャンビット)』という名の異能の頂に至った一撃がアルカードの猟犬たちへと奔る。
「――盗賊の技とブラックタールの腕の組合せは如何かしら?」
 ルイズの後の先を取る敏捷性が強化された魔法の短剣によって襲い掛かる斬撃が、アルカードの猟犬を瞬く間に蹂躙した。舞い散る血飛沫。寸断される肉片。歴戦の猟犬たちは自爆で一矢報いる暇もないまま斬滅され、戦列はいとも容易く瞬時にルイズによって半壊状態へと陥っていく。
成功 🔵🔵🔴

鳴上・冬季
「死角…死角ですか。それでは私の死角までやって来てもらいましょうか」
嗤う

「蹂躙せよ、真・黄巾力士」
黄巾力士を最大の634mまで巨大化させ、全ての敵を踏み潰すよう命じる
自分は風火輪で黄巾力士の頭部近い高度から戦場を俯瞰

「黄巾力士はオーラ防御はしても回避はしません。どうぞ何度でも逃げ回りながら斬りかかるとよろしい。貴方達程度の刃など、通させはしませんが」
嗤いながら竜脈使い黄巾力士を強化
黄巾力士の継戦能力を高める

「地を這う貴方達がここまで登って来られたら、私が直々にお相手してあげましょう。その前に飽きて、私が手出ししてしまうかもしれませんが」
嗤う

「時間切れです…骸の海へ帰りなさい」
雷公鞭振り回し雷撃


「死角……死角ですか。ふふ、それでは私の死角までやって来てもらいましょうか」
 鳴上・冬季(野狐上がりの妖仙・f32734)は闇の仲から猟兵の意識の隙間を狙い、的確に死角から攻撃を繰り出そうとするアルカードの猟犬たちへと嗤笑を浮かべる。
「蹂躙せよ、真・黄巾力士」
 その刹那、ユーベルコード『真・黄巾力士(シン・コウキンリキシ)』によって戦場は闇ではない、突如として現れた巨大な影によって包まれた。それは鳴上の宝具・黄巾力士が著しく巨大化した姿だった。まるで月にすら届くかに思えるほどに巨大な体躯となった宝具の頭部へと同じくして自らが製作した宝貝・風火輪を脚に嵌めて、鳴上はオブリビオンたちがどの様に対処をするのか、その遥か高みで戦場を俯瞰しはじめる。

「黄巾力士はオーラ防御はしても回避はしません」
 しかし、当然のように猟兵の操る竜脈によって強化された巨大化した宝具・黄巾力士の繰り出す一挙手一投足、あらとあらゆるその規模は隕石にも等しく、発生を確認して避けられるようなものではない。文字通りに巨人の一撃で、身の程知らずのオブリビオンに下される鉄槌に等しい。
「どうぞ何度でも逃げ回りながら斬りかかるとよろしい。貴方達程度の刃など、通させはしませんが」
 巨人の手に握り潰されたオブリビオンは容易く軋みを上げ、次から次へと圧壊していく。関節は逆に捻じ曲がり、バキバキと嫌な音を立てながら身体の至る箇所が落ち窪んでいく。巨大な体躯のオブリビオンにしても例外はない。本来その体躯の大きさとしては最上位であるはずのアルカードの猟犬も赤子のように捻り上げられ、形を保てず無惨に砕け散っていく。

「地を這う貴方達がここまで登って来られたら、私が直々にお相手してあげましょう」
 ユーベルコードゆえに可能となった、宝具・黄巾力士の圧倒的な圧力は、さながら巨大なプレス機の中にいるかの如くアルカードの猟犬を圧潰していく。ひしゃげ、砕け、原型を失った肉塊に成り果て絶命は止まらない。
「その前に飽きて、私が手出しをしてしまうかもしれませんが」
 骨が砕け、内臓が潰れようとも構わず、オブリビオンは歯を食い縛った。凄惨な押し花になりながら、魂を代償にした距離稼ぎを厭わない。多少”個”が減ろうとも最終的に群としての勝利をあげればいいのだ、ユーベルコードによって使役する武装が強化されているのならば、本体を倒す事は可能であると数多の同胞を犠牲に、猟兵との彼我の境を埋めていくも――。


「時間切れです……骸の海へ帰りなさい」
 そんな青写真は鳴上の雷公鞭によって焼き払われた。術者だから間合いを詰めれば勝てる? 本体の方が弱いはずだ? そんな甘い願望は猟兵には通用しない、その程度の些事はとっくの昔に対処済みである。結果――蝋の翼で太陽に挑んだ蛮勇の如く、地面へと突き落とされたアルカードの猟犬。その衝撃で破裂した心臓と共に、真紅の花が絶命の証と散華した。
大成功 🔵🔵🔵

尖晶・十紀(サポート)
音楽と甘いものをこよなく愛する無口な少女

発火性の触れたものを呪う特性を持つ特殊な血を自在に操る

怪力を活かしたグラップルが主な戦闘スタイル
連携相手がいる場合は盾役に回ることが多め

ユーベルコードは指定した物をどれでも使用し、多少の怪我は厭わず積極的に行動します。他の猟兵に迷惑をかける行為はしません。また、例え依頼の成功のためでも、公序良俗に反する行動はしません。
あとはおまかせ。よろしくおねがいします!


「隠れていても……そのまま……」
 尖晶・十紀(クリムゾン・ファイアリービート・f24470)は強く握ることで針が展開する機構を持つ『独鈷杵型採血具:赫炉』を柄に巨大な剣を生みだし、闇夜に紛れて猟兵を狙うアルカードの猟犬たちへと無言の内に放たれたのは稲妻の如き縮地と貫突。驚嘆するオブリビオンの肩を瞬矢のように捻り、穿ち、生きた毬へと変えながら壁際まで吹き飛ばす。直撃すれば骨肉を断ち切り、腕を根こそぎもぎ取るだけの暴力はまさに悪魔的という他なかった。放たれる直前、なりふり構わず後方に跳躍していなければ、即座にアルカードの猟犬の左半身に文字通り螺旋状の大穴がぽっかり空けられていたことだろう。
「叩き……潰すっ!」
 解き放たれたユーベルコード『紅刃:天羽々斬(ブラッドブレイド・アメノハバキリ)』の刃は神速流麗、容赦なし。絶叫するオブリビオンの本能を容易く凌駕して、試し切りの丸太と同じく敵手をその単純に重い大剣の一撃が横一文字の輪切りにしていく。噴出する血飛沫をその恐るべき鮮やかさを証明している。単純な速度や背力を兼ね備えつつも、そこにある測れない技の冴えこそ、まるでユーベルコードか超能力だ。見ているはずが相手の姿を見失いかけるほどの気迫を生み出す大剣を前にオブリビオンは全身が総毛立つのを止められない。凝縮される殺気の渦。空気が固形化したかのように、おぞましい静謐が大気と呼吸を凍て付かせオブリビオンを殲滅していく。
成功 🔵🔵🔴

伊藤・毅(サポート)
『エネミータリホー、ドラゴン01、エンゲージ』
 普段の口調は「真面目(自分、~さん、です、ます、でしょう、ですか?)」、戦闘中は「無口(自分、呼び捨て、言い捨て)」です。

 ユーベルコードは指定した物をどれでも使用し、基本的に生身では戦闘を行いません。
空中戦をメインに戦い、航空爆撃や戦術偵察で地上の味方を助けます
依頼の達成を最優先とし、戦闘機パイロットとしての行動規範を根底に行動します
そのほか、キャラクターを壊しすぎない範囲でお願いします


「エネミータリホー、ドラゴン01、エンゲージ」
 伊藤・毅(Nemo・f06702)の搭乗したSTOVL能力を持つ、普及型ステルス戦闘爆撃機『JSFライトニング』がダークセイヴァーにある辺境の村の上空を旋回する。複合センサーシステムにて闇夜に隠れるオブリビオンたちの姿を視認すれば、即座に『交戦開始(エネミーエンゲイジ)』。いくら姿を隠す事が出来るというアルカードの猟犬たちの異能だったとしても痕跡を全て消すというのはあまりに難しく、同時に近代兵器にとってはそれは余りに致命的だった。
「レーダーコンタクト、マスターアーム点火」
 ユーベルコードを解き放った猟兵はJSFに搭載されている兵装、対空対機動兵器用のアクティブレーダー誘導方式の中~長距離ミサイル『レーダーホーミングミサイル』をオブリビオンたちへと一挙に奔らせる。それは特に命中率を重視したもので、領民たちが消して爆風に巻き込まれぬように細心の注意を払って打ち出される。それらは的確にアルカードの猟犬たちの四肢、胴、喉、顎、眼窩を穿ち、吹きすさぶ黒血の瀑布は、濁った雨だれを奏でるのみとなり周囲に静寂をもたらす。次瞬、次の標的を補足した複合センサーシステムが即座にアルカードの猟犬をロックオンし、残った敵手を打ち倒して行くのだった。相手が悪かったという言葉は、こういう時に使うのだろう。あまりに伊藤とオブリビオンの相性生んだ結果は圧倒的なものだった。
成功 🔵🔵🔴

アトシュ・スカーレット(サポート)
性格
悪ガキから少し成長したが、やっぱり戦うのは好き
大人になろうと背伸びしてる途中
目の前で助けられる人がいるなら積極的に救おうとする
口調は「〜だな。」など男性的
最近の悩みは性別を間違えられることと年相応に見えないこと
最悪【幻想憑依・無想式】を使って誤魔化す

戦闘
【呪詛(腐敗)】を何かしらの形で使用する。昔機械相手にやって痛い目を見たのでその場合は使わない
前衛も後衛もやれる万能型だが、前衛の方が好き
複数の武器を同時に操ることも可能
高速戦闘も力任せの戦闘も状況に応じて使い分ける
(装備していれば)キャバリアにも対応可

非戦闘
聞き耳などを駆使した情報収集を中心とする
化術で動物に化けて偵察することも


「逃げ場がなくなったから顔を出して来たか? 玉砕覚悟かもしれないが、それは悪手だぜ」
 アトシュ・スカーレット(境界の旅人・f00811)とオブリビオンの技量の差が、鍛錬の差が、執念の差が絶対的な溝となって迫り来る。一手受ければ数十にも派生する斬撃の舞、それはさながら盤面のない陣取りに等しかった。無限に枝分かれしていく行動選択を見切るなど正道を歩まぬオブリビオンには不可能であり、同じ土俵に立ってしまえばそもそも敵う道理が無かった。翻弄されるアルカードの猟犬たちの五体へ更なる鋼が縦横無尽に襲い掛かった。腕を断つ袈裟切りの直後、跳ね上がる切っ先は眉間への突きかと思えば手首の撫で切りへと変わる。直角に、鋭角に、弧を描いて円と成す刃の軌跡は風より速く、燕のように軽やかにオブリビオンを責め立てる。
「天翔る雷よ、この身を喰らいて全てを引き裂け!」
 刹那、ユーベルコードの発現と共に霞の如く喪失する気配。『加速術・雷光式(クロックアップ・トネール)』を前に束の間、そう、ほんのコンマ数秒だけ意識に空白が生じてしまい――次瞬。
「がハ、ッ!?」
 全身に雷の魔力を纏う事で爆発的なスピードでの戦闘状態に変身し、反応速度が爆発的に増大させた————流れるような刺突と追の斬閃が、いとも容易くアルカードの猟犬たちの胸部を斬り裂いた。紛れもない死の残光でありながら、こんなにも美しいのはどうしてだろう。ともすれば見惚れてしまいそうになる輝きを視界に焼き付け、身を裂かれた瀬戸際でオブリビオンはアトシュの絶技をその双眸に焼き付けた。
成功 🔵🔵🔴

シェーラ・ミレディ(サポート)
※OK:シリアス
※NG:エロ、ネタ、コメディ、心情系
※傭兵的なスポット参戦

称号通り、僕の身体を維持するための金儲けと、弱者をいたぶる醜い行いが許せぬ義侠心が行動指針だ。
美しいものは愛でるべきだが、恋愛には結びつかないなぁ。
性格ブスは醜い。見るに堪えん。

複数の精霊銃をジャグリングのように駆使する、彩色銃技という技(UC)を使って、敵を殲滅しようか。
敵からの攻撃は基本的に回避する。が、護衛対象がいるならかばうのも検討しよう。
……嗚呼、僕を傷付けたなら、代償は高くつくぞ!


「どうやらお前たちが最後のようだな、僕に探させたんだ。精々退屈させないでくれよ」
 シェーラ・ミレディ(金と正義と・f00296)はオブリビオンを一蹴したと油断した猟兵に強襲を仕掛けようと目ざとく生き残り潜伏していたアルカードの猟犬たちを見つけ出すと精霊銃を突きつける。
「余すことなく、漏らすことなく──」
 ユーベルコードの詠唱と共に弾け飛ぶ極彩色の波濤——躊躇なく敢行しオブリビオンとその空間ごと吹き飛ばした。そして解き放たれた『彩色銃技・法界悋気(アトラクティブガンアーツ・ユニバース)』が更にとその隙逃さず、一気呵成と逆る氷撃の弾雨。絶対零度の颶風と化した攻撃が空間に大輪の氷華を次々生み出し、アルカードの猟犬たちを包み込む。攻めは続く、こんなものでは終わらない。呼応するユーベルコードが更なる怒涛で飲み干さんと混じりあい、氷の花弁へ干渉した。
「――万象一切を掌中に」
 次瞬、絶対零度の結晶華へ爆発的な水流が波濤と化して押し寄せた。技や手数を重視するような魔術だが、しかしシェーラのユーベルコードとしての出力で放たれたそれはまさしく凶悪な絶殺技だ。養分を与えられ悪夢のように増殖する凍結の樹氷は、地震の如く鳴動しながら劇的にアルカードの猟犬たちの崩壊速度を加速させる。
「これで終わりだ、オブリビオン。その散り際の美しさだけは悪くない」
 絶対零度の凍結を身に受けて砕け散ったオブリビオンが煌々と破片となって舞い散る。その美しさはいっそ呼吸さえ忘れ瞠目するほどだった。
成功 🔵🔵🔴


第3章 ボス戦 『鮮血の骸騎士アインソード』

POW ●鮮血剣ダインスレイヴ
【血液で作り出した血を吸収する長剣】が命中した対象を切断する。
SPD ●鮮血の外套
【自由自在に形を変える血液で出来たマント】を放ち、自身からレベルm半径内の指定した全ての対象を攻撃する。
WIZ ●悠久の時が流れても
戦闘用の、自身と同じ強さの【血液で出来た巨大コウモリ】と【かつて愛した人間の女性を模した血液人形】を召喚する。ただし自身は戦えず、自身が傷を受けると解除。
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔴🔴🔴🔴🔴🔴

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は💠アーデルハイド・ルナアーラです。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


魚目・めだか(サポート)
「戦場の矢面から些細な支援行動まで、めだかになんでもござれだぞ!」

普段の口調は「自分の名前(めだか)、~殿、だ、だな、だろう、なのか?」、適宜敬語も使用可です。

外見は少女ですが、判断基準や倫理観などは若い成人男性相当で、落ち着いた風を装った言動を心掛けていますが、精神が肉体に引っ張られて快活になりがちです。

ユーベルコードは指定した物をどれでも使用し、多少の怪我は厭わず積極的に行動します。他の猟兵に迷惑をかける行為はしません。また、例え依頼の成功のためでも、公序良俗に反する行動はしません。

その他、連携・アドリブ等も歓迎です。
あとはおまかせ。よろしくおねがいします!


 オブリビオンによって怨嗟の坩堝となった戦場へと希望の光は舞い降りる。大地を切り裂き輝く剣閃。まるで狙っていたかのような瀬戸際で、若き猟兵が戦場の高台へと参上した。
「さあ、来いオブリビオン。めだか相手だ!」
 魚目・めだか(偽典の巫女・f36514)が本来は戦闘用には作られていない見目麗しい蒼い刃を振りかざした次の刹那、走る斬撃。高所からの跳躍と同時、神速の踏み込みが狙い違わず放たれた。構えたと思った時にはもう遅く、鮮血の骸騎士アインソードへと刃が食い込み地へ沈む。
「はあぁぁッ!」
 救いを待つ領民たちの感嘆の声を聞き届けたのは残像だ。色めき立つ無辜の民たちの言の葉を置き去りに、もはやめだかは第二撃へと移行している。そしてこちらも剣戟一閃——次は横一文字の振り抜きが大気を上下に別けた。
「――流石だ、猟兵! これでこそ、呼び寄せた甲斐があるというものだ!」
 防御に用いたオブリビオンの自由自在に形を変える血液で出来たマントごと、並外れた背力によってバターのように裁断していく。後は当然、そこからは偽典の巫女の独壇場である。反撃の血液で作り出した血を吸収する長剣を掻い潜り、弾き返しながら縦横無尽、八面六臂の大活躍で即座に戦場を支配した。これを当然とするのは、めだかが猟兵——ユーベルコード『偽典解放(ギテンカイホウ)』で出力を上げているからに他ならない。流麗な剣閃を無数に奔らせてめだかは更にとオブリビオンをその淵へとおいやるのだった。
成功 🔵🔵🔴

ナーダ・セッツァー(サポート)
顔を隠し、喪服に身を包み、兄弟と半分に分けたロザリオを身につける。
兄弟と同じ装丁の仕込み杖を持ち、隠すのは槍。
オラトリオの翼は出さない。
髪に咲く花は山荷葉。

弱者を救済し、悪を裁く。
全ては亡き我が神のため。
憐れなるモノに神の御加護を。
その為ならばこの身が、手が紅く染まろうと悔いはない。

尊大な口調だが他人を下に見ている訳では無い。
他人には他人の価値がある。
だが我が神を侮辱するのは万死に値する。
神のみもとに逝くがいい。

戦闘は仕込み杖(槍)での肉弾戦、又は硝子のような山荷葉の花を風に舞わせて切り刻む。
回復?殺られる前に殺れば必要ないな。


「神の名の下に――オブリビオンへ、裁きの刃を」
 威風堂々と言い放った瞬間、ナーダ・セッツァー(地に満たせ神の威光・f35750)は一迅の影となる。疾走により重ねに重ねた加速を、神の威光を示す仕込み槍が放つ神罰の衝撃波が倍加させた。その瞬間的な速度は、即席のロケットエンジン。すべての加速を乗せた裁きの雷がオブリビオンを穿つ。その感触と共に、ナーダの足裏は再び地面を踏んでいた。
「全ては亡き我が神のため」
 ここらで神の御加護を加えてみようとナーダのユーベルコードが唸った。異能に呼応して自身の髪に咲く花が煌めいて、創造される無数の山荷葉。吹き荒れる数多の花弁が足場を奪い鮮血の骸騎士アインソードの機動力を奪い取る。のみならず、これで視界も塞がれた。物理的に生み出された遮蔽物が血液で作り出した血を吸収する長剣の斜線を覆い隠し、反撃を赦さない。
「憐れなるモノに神の御加護を」
 前へ、前へとナーダの追撃は止まらない。唸り来るオブリビオンの長剣の軌道を読んで探せるのは、冷静な予測と視認が出来ているから。鮮血の骸騎士の膂力に打ち負けないだけの一撃を放てるのは、怖れず前に踏み込めているから。防御も回避も、すべては生存ではなく前進と攻撃のために。思考は冴え渡り、肉体は精密機械よりも正確無比に駆動していた。余波と呼ぶには苛烈すぎる勢いと威力で大気を揺らし、轟音を響かせてナーダは猛威をオブリビオンへと放ち続ける。
成功 🔵🔵🔴

ルアン・フィリク(サポート)
ルアンは引き籠りなので、UCアースジャイアントで作り上げた岩のゴーレムを派遣し、思考を読み取らせての遠隔操作にて雑用や手隙な場所を埋めさせます。

特に本人の描写は要りませんが、心理的には現代の遊戯的なゲームをしている感覚です。が、実際ゲーム機に触れたわけではなく、UCというゲーム機を手に入れた、程度の認識で)

芭蕉扇は戦場や環境、依頼内容の必要に応じた天候操作。
ウィザードブルームはお掃除や物の運搬、敵の攪乱等。
戦闘手段は物理的な手段に訴えての雑兵程度の行動。

事が上手くいけば小躍りする程度に済ませ、操作で消耗した魔力に疲れて直帰させます。(土産があれば貰ったり拾ったりはします)
アドリブ歓迎。


 突如戦場に現れた大きな影は猟兵ではなく――猟兵によって派遣された岩のゴーレムだった。術式を組み込み、遠隔操作が可能となった大地の巨人をルアン・フィリク(どわぁふうぃっちくらふと・f37182)は、ユーベルコード『アースジャイアント』によって生み出してオブリビオンの討伐に乗り出した。
「どうやら戦いを望むオブリビオンのようだね、ゴーレムの性能テストを兼ねて相手をしてあげるよ」
 術式によって遠隔で戦場を俯瞰しているルアンはまるでゲーム感覚でゴーレムを手足のように動かしていく、その巨大なゴーレムの腕を軽々と操りその重量と質量で周囲に台風の様な暴風を吹かせた。その様、まさに鎧袖一触。ルアンの動きをトレースする豪腕が地面を打ち叩くたび、周囲には轟轟たる地響きが生じた。ルアンのゴーレムが巨大なのは何も小型化の技術が不足しているせいでも、見栄えを重視したハリボテのような理由でもない。そう、大きいことや強いことは単純に格好いいのだ。理にそぐわないと侮るなかれ、この手の存在は実際の優劣以上に戦意高揚を高めてくれる。頼れる味方の活躍は強烈な戦術的優位性を生む重要な演出だった。
「そのまま一気に叩き潰すんだよ」
 ルアンに呼応し、両腕を一挙に振り下ろすアームハンマー——空間全域を埋め尽くすほど轟音が響き渡る。やはり派手ということは分かりやすく強いのだ。どんな馬鹿でも一目で理解させるほど、文句のつけようがない危険性を誇っていることの証左であった。
成功 🔵🔵🔴

姫神・咲夜(サポート)
 桜の精の死霊術士×悪魔召喚士、女性です。
 普段の口調は「丁寧(私、あなた、~さん、です、ます、でしょう、ですか?)」、
 片思いの人には「無口(わたし、あなた、呼び捨て、ね、わ、~よ、~の?)」です。

 ユーベルコードは指定した物をどれでも使用し、
多少の怪我は厭わず積極的に行動します。
他の猟兵に迷惑をかける行為はしません。
また、例え依頼の成功のためでも、
公序良俗に反する行動はしません。

清楚で女流階級風の口調で、お淑やかな性格です。
基本的に平和的な解決を望みますが
戦わざるを得ない時は果敢に戦いに向かう勇敢さを持っています。

 あとはおまかせです。よろしくおねがいします!


「黒き桜よ――」
 桜に取り憑くと言われる悪魔を使役する為の、多大な魔力を秘めた杖が次第に黒く染まりだし、・咲夜(静桜・f24808)の繰り出す射程をユーベルコード『黒桜の裁き(クロウノサバキ)』によって加速度的に向上させていく。反面、目に見えて移動力の低下が発生しているがそれは大きな問題には至らない、怜悧な瞳で見切り、予測し、理解してオブリビオンからの猛威は未だ一発として直撃しないのだから。それは極限まで精度の高い見切り、ただ当たり前に殺気を読み、弾き出した決断に命を託し、迷わず止まらず行動し続け無駄なく危機を突破している。言葉にすればそれだけの基礎的な行動だが、ここまで極めればまさしく魔技の領域だ。
「――オブリビオンを滅ぼしなさい」
 完全な黒い桜の枝は移動能力が半減した代わりに、本来の武装から比べ物にならないほどの猛威を生み出している。肉体を強化するわけでもないし、ユーベルコードの独自法則を顕現させるわけでもない。もしも凡百ならば、外れと評する他ないユーベルコードが何より圧倒的だった。使い手が姫神・咲夜というたった一つの事実により、すべての前提が丸ごと反転してしまっている。多くの猟兵にとって、ユーベルコードはまさしく切り札という名の主砲。基礎の戦闘能力はそれを支える土台として扱う場合が非常に多い。しかし、姫神にとってはまったく逆だ。素の技量だけでオブリビオンとの戦闘を可能とする基礎技能こそ切り札であり、解き放ったユーベルコードはそれを遠距離まで届かせるという最高にして最適の補助能力として、オブリビオンに猛威を振るうのだった。
成功 🔵🔵🔴

満月・双葉(サポート)
ダメージは【激痛耐性】を用いて無視
連携が必要であれば行う
仕事を完遂するためなら手段は選ばず、何らかの犠牲を払う事もする

【爆撃】の魔術が専門で格闘技に爆撃を混ぜて威力をあげるなど戦術に織り交ぜる
アイテム【虹瞳】は義眼として左目に収まり、裸眼として晒せば視界に収める対象に対して【生命力吸収攻撃】を行う。仕様の際に眼鏡(魔眼殺し)を外す必要がある
大根には爆発の【属性攻撃】が付随し【爆撃】で広範囲の攻撃を行う
敵の攻撃は【野生の勘】で交わすことが可能
武器桜姫は【捕食】による【生命力吸収攻撃】がある

請け負った仕事は完遂させるが、『自分は滅ぼされるべき悪』という思考回路から破滅的な行動をとることが多い


 猛る脅威も軽やかに、猟兵は防御や回避という受動的なリソースを総て捨て去り、自由自在に形を変える血液で出来たマントの最中に飛び込んだ。そして、当然のようにそれらの初動は読み切られており——音速を超えた鮮血の骸騎士の鮮血剣ダインスレイヴの一刺しが大気の壁を貫きながら、満月・双葉(時に紡がれた忌むべき人喰星・f01681)の脇腹へ吸い込まれた。ああ、で?
「それがどうしたァッ!」
「――んなッ!?」
 発動、満月の爆撃魔術——刃が皮膚に食い込んだ瞬間に被弾箇所を爆破し、吹き飛ぶ。骨に切っ先が潜り込むより速く、生じた反動で回避を果たし致命傷を未然に防いだ。ほんの少々傷口が炭化したものの、何のことはない。無茶は激痛耐性の専売特許なのだから。それよりも大事なのは完璧を誇っていた鮮血の外套が崩れたこと。一方的な嵌め殺しの構図に穴が空いた機を逃さず、果断に前へと疾駆する。鮮血の骸騎士アインソードの射程空間である近・中距離を一気に詰めて――。
「この程度の痛みで僕が止まると思わない事だ」
 超至近距離まで彼我の間合いを接近させた。そこから先はまさに追う者と追われる者だ。バックステップで適切な位置取りを行おうとする鮮血の骸騎士へ、満月は無謀とも言える自爆突撃の連続で強引に踏み込み続ける。自由自在に形を変える血液で出来たマントは健在であり、さらに遮二無二突っ込んでるため被弾回数は増加したが構わない。重要なのは成果だろう。崩壊した封殺の合間へと抉じ開けた勝機の帳に爆撃と呪剣の刃を捻じ込めばいいのだから。
成功 🔵🔵🔴

ミランダ・モニカ(サポート)
『アタシに任せな!』
煙管(仕込み銃)のヤドリガミ
戦場傭兵×クレリック、68歳の女
口調は「アタシ、呼び捨て、だね、だよ、~かい?」

あらゆる世界に関わり人脈とコネを結ぶ事を目的に突撃猟兵してるよ
傭兵として闘い、シスターとして祈り、義賊としてお宝を奪う
一番大事なのは義理人情さ
悪徳金持ちから華麗に奪い、貯め込んで、弱者救済に当ててるよ

戦闘は徒手空拳メイン
銃で補い、カードで不意打ち
メイスは非殺傷対象を気絶させたい時に使う

UCは指定した物をどれでも使用し、多少の怪我は厭わず積極的に行動するよ
他猟兵に迷惑をかける行為はしない
依頼成功のためでも公序良俗に反する行動はしない

後はお任せ
アレンジ連携歓迎
宜しく頼むよ


「あぁ、あぁ」
 救われた領民は猟兵の輝きへ当たり前に魅せられた。逃げるどころか避難するという考えさえ、頭を欠片もよぎらない。辛いとき、苦しいとき、悲しいときに。どこからともなく現れて、助けてくれる無敵の英雄、そんなものは絵物語だけだと思っていた。それが眼前にやってきてくれたのだ。
「いいな、アンタはどうしたい?」
 ミランダ・モニカ(マザーズロザリオ・f05823)は猟兵を呼ぶためだけの犠牲となった無辜の領民たちに悠然と問いかける。慈愛に満ちた視線が、静謐に名も無き大衆の一人を射抜く。

「……あの、怪物を……俺たちの村から追い払ってくれ……」
 見も知らぬ誰かであろうとも、そんなの一切関係なく。涙を止めるためならば躊躇なく命を賭けるそんな正義の味方へと、言の葉を託す。
「――承った! アタシに任せな!!」
 刹那、領民の命令を承諾すると具現化された琥珀煙が出現し、ユーベルコード『バトラーズ・ブラック』によってミランダの出力が著しく向上する。手に入れた膂力の全てを解放する。地を蹴って、鮮血剣ダインスレイヴめがけて疾駆した。耳元で気流が唸りを上げる。自分が弾丸になったかのような感覚。百メートル走ならゆうに三秒を切っているだろう。世界記録どころか、人類の限界すら突破する超高速だ。

「覚悟しなッ!」
 そして、加速を乗せてオブリビオンめがけて掴みかかった。同時に絡みついたフック付きワイヤーは、異形の肉に喰い込むやそれを柔らかな手羽先のように引きちぎる。そのままオブリビオンの体躯を振り回し、力尽くでねじ伏せた。
成功 🔵🔵🔴

チェスカー・アーマライト(サポート)
こちらチェスカー・アーマライト、傭兵だ
増援要請を聞いた
加勢するぜ
報酬が出るなら言うことなしだが
まあ、無いなら無いでも
仕事はキッチリさしてもらうさ
ジャンクや中古品で修理してきた機体が相棒なんで
メカニック関連でも仕事は出来るつもりだが
やっぱド派手にブッ放す方があたし好みだ
基本はビッグタイガーに搭乗した状態
速度が必要なら戦車形態のタンクモード
キャバリア形態のスタンディングモードなら
より器用な立ち回りが可能になる
主には重装甲と火力をフルに活かした
真っ向からの撃ち合いが得意分野だ
しかし重量機故に小回りが利かないんで
味方との連携は最重要事項
必要とあれば火力支援は惜しまないぜ


「こちらチェスカー・アーマライト――傭兵だ。増援要請を聞いた。加勢するぜ」
 チェスカー・アーマライト(〝錆鴉〟あるいは〝ブッ放し屋〟・f32456)は相棒のビッグタイガーに騎乗し、今回の標的である鮮血剣ダインスレイヴへと照準を収め、漆黒の銃弾――それと見紛う速さでオブリビオンへと飛び出すと、銃身が夜光に獰猛なぎらつきを放った。

「ビッグタイガー・スタンディングモードで行くぜ、目標はあのオブリビオンだ」
 汎用性に優れた重量逆関節の二脚形態へとビッグタイガーを変形させたその刹那、ユーベルコード『最低野郎の流儀』を解き放ち、使用可能な武装の全弾斉射を鮮血剣ダインスレイヴへと奔らせる。燃え盛る炎に油をぶち撒けたかのように、戦いは俄かに激しさを増す。そこで繰り広げられるのは、もはや小規模なオブリビオンとの戦闘などではない。文字通りの戦争に相応しい光景だった。そして、重要なのは、その圧倒的な猛威を前にオブリビオンが隙を晒したことだ。これが最大の好機、見切れ、生み出せ、操縦しろ――全ての武装を操り尽くせ。

「存外、クソ真面目な人間なんでね。念入りにやらせてもらうぜ」
 そら、次だ。次の、次の、次の弾丸を与えよう。チェカーは決して油断しない。襲来する多種多様な武装の嵐。手加減なく、躊躇なく、見くびる事無く、徹底的に、完璧に。放たれ続ける怒涛の攻めは、まさに正しさで染め上げた最善手だ。正しいことを、正しいとき、正しい様に行い続けてただの一度も間違えず、何もさせぬまま死ぬまで鮮血剣ダインスレイヴを殺しにかかっていく。
成功 🔵🔵🔴

シフィル・エルドラド(サポート)
『皆に元気を分け与えにやって来たよ!』 

ハイカラさんの勇者×国民的スタアの女の子。
 普段の口調:明るい(私、あなた、~さん、なの、よ、なのね、なのよね?)
 嬉しい時の口調:ハイテンション(あたし、あなた、~さん、ね、わ、~よ、~の?)

 ユーベルコードは指定した物をどれでも使用し、
多少の怪我は厭わず積極的に行動します。
他の猟兵に迷惑をかける行為はしません。
また、例え依頼の成功のためでも、
公序良俗に反する行動はしません。

元気一杯で天真爛漫な性格をしていて、ポジティブな思考の持ち主。
困っている人や危機に陥っている人は放ってはおけず
積極的に助ける主義です。
 あとはおまかせ。よろしくおねがいします!


「……皆に勇気を与えるために、私は剣を取るよ!」
 シフィル・エルドラド(ハイカラさんの勇者・f32945)の静謐な決意に、奔る一閃——飛び散る火花。開かれた戦端は流麗な刃は鮮血の骸騎士アインソードの血液で作り出した血を吸収する長剣との攻防を紡ぎあげた。ユーベルコード『勇者の一閃』を経由して強化された身体のためか、今やオブリビオンとの膂力はほとんど互角だ。聖剣エデンは時に柔の理合いさえ真っ向から弾き返して力強く空を断つ。そんな力業が恐ろしく冴えているのは特にシルフィの方だろう。

「勇者シフィルの一撃、受けてみなさい!」
 そう、膂力が水平になればこうなるのは自明の理だ。数多の戦場でオブリビオンとの戦闘を繰り広げてた猟兵に対して、逸楽のために獲物を狩る事しかしなかったオブリビオンが劣勢に追い込まれるのは当たり前の帰結だった。技量の差が、鍛錬の差が、執念の差が絶対的な溝となって迫り来る。

「からッ、ぁごふ」
 疾駆。素早く滑り込むよう、立ちはだかってみせた。流れるような聖剣エデンの斬閃が、いとも容易くオブリビオンの胸部を斬り裂いた。解き放たれた居合の刃は神速であり流麗、容赦なし。光が闇を斬り裂いていく苦も無く、苛烈に、圧倒的に。そして次瞬、連続する三連続の斬撃がこれも等しく、骸騎士アインソードの反撃と構えた刃を突破する。骸騎士アインソードを切り裂き、吹き荒れた鮮血の瀑布は濁った雨だれを奏でるのみだった。
成功 🔵🔵🔴

バジル・サラザール(サポート)
『毒を盛って毒で制す、なんてね』
『大丈夫!?』
『あまり無理はしないでね』

年齢 32歳 女 7月25日生まれ
外見 167.6cm 青い瞳 緑髪 普通の肌
特徴 手足が長い 長髪 面倒見がいい 爬虫類が好き 胸が小さい
口調 女性的 私、相手の名前+ちゃん、ね、よ、なの、かしら?

下半身が蛇とのキマイラな闇医者×UDCエージェント
いわゆるラミア
バジリスク型UDCを宿しているらしい
表の顔は薬剤師、本人曰く薬剤師が本業
その割には大抵変な薬を作っている
毒の扱いに長け、毒を扱う戦闘を得意とする
医術の心得で簡単な治療も可能
マッドサイエンティストだが、怪我した人をほおっておけない一面も

アドリブ、連携歓迎


「薬も過ぎれば毒となる、という言葉は知っているかね?」
 バジル・サラザール(猛毒系女史・f01544)の使い勝手のいい手数優先の連続攻撃。毒の属性を帯びた魔法の槍が大気を穿ち鮮血の骸騎士アインソードへと奔る。致死毒の槍衾が一斉に投射された。危険性の判別は当然不可能、すべてに対応すれば対処可能な上限を遥かに超えてオブリビオンは自滅するだろう。これだけの物量はとても鮮血の骸騎士アインソードには受けきれない。だから一

「――オオオオォォォッ!」
 オブリビオンは槍衾を、受けるのではなく突破する。自由自在に形を変える血液で出来たマントの衝撃波が、突き抜けろと後押しするよう。疾走により重ねに重ねた加速を、血液の武装の衝撃波が倍加させた。その瞬間的な速度は、全身を簾に切り裂きながらも槍衾の剣林を突破可能な域へと達する。

「これは元々毒だけどね、たっぷりと味わいなさい」
 しかし、それもバジルの手のひらの上。オブリビオンが踏み込んだ地面にポイズンランスの雑木林を槍衾のように出現させた。そのまま滅多刺しに――否、肉体ごと取り込もうと期しての一手が実を結ぶ。限界を超越した生成速度でオブリビオンは鮮血剣ダインスレイヴを再展開。さらにはそれを斉射し、進行方向のポイズンランスだけを粉砕する。一直線に続く進路を強引に確保した。破壊を免れた槍が左右から四肢を斬り付けるが、刃を反撃に割り振る余裕はなくどうにか再び猟兵との距離を取るのがオブリビオンの精一杯だった。
成功 🔵🔵🔴

赤星・緋色(サポート)
なんやかんやで事件を解決に導こうとします
フリーダムかつアグレッシブなアドリブも可

合わせ等も自由にどうぞ


 赤星・緋色(サンプルキャラクター・f03675)はユーベルコード『ガジェットショータイム』を解き放ち、大鉄槌へと変形させていく。刹那、振り下ろした大鉄槌の一撃は、天災にも等しい威力に戦場へ大衝撃が逆る。その衝撃によって新たに誕生した副産物もまた圧倒的な脅威だった、火山弾の如く飛び散る石畳の瓦礫が、指向性を帯びて鮮血の骸騎士アインソードを襲う散弾と化す。無論それ自体は、オブリビオンという超人的な身体能力をもってして探せぬほどの脅威ではない。だが同時に複数の猟兵という強者を相手取る最中とあれば話は別だ。受けた激痛と衝撃を拠り所に起死回生の反撃に出ても、その取っ掛かりの嚆矢となる爪痕さえも残せない。まるで泥沼で独りもがくよう。

 再びユーベルコードによって創り出されたガジェットによる弩級の破壊が炸裂した。あまりに物理的かつ圧倒的な衝撃が、赤星の前に立ちはだかるすべてを殴り飛ばし吹き飛ばす。振り下ろされる大鉄槌は、ひとえに世界の平和を乱すオブリビオンを粉砕する。しかして、猟兵の脅威はそのユーベルコードだけではない、その源泉は間違いなく総合力の賜物だ。才能プラス、経験プラス、研鑽プラスと、どれか一角でも欠けたならばわずかにでも露呈するはずの間隙がまったく見えない。まず肉体の持つ基礎能力が猟兵の持つユーベルコードという異能を差し引いたとしても、千人や万人に一人のレベルで高いのは疑いない。そして猟兵として積んできた場数、つまり戦闘経験も群を抜いて分厚いのだろう。攻防の手管がとにかく豊富でオブリビオンに見切りを許さず追い込んでいく。
成功 🔵🔵🔴

黒夢・夜渡(サポート)
 オウガブラッドのアリスナイト×探索者、17歳の男です。
 普段の口調は「男性的(俺、呼び捨て、だ、だぜ、だな、だよな?)」、眠くなると「丁寧(私、あなた、~さん、です、ます、でしょう、ですか?)」です。

 ユーベルコードは指定した物をどれでも使用し、多少の怪我は厭わず積極的に行動します。他の猟兵に迷惑をかける行為はしません。また、例え依頼の成功のためでも、公序良俗に反する行動はしません。
 あとはおまかせ。よろしくおねがいします!


「――倒せる、俺だったらあのオブリビオンを……っ!」
「ほぅ、吠えたな。猟兵――ならば、この程度の苦難は堪えられるはずだな?」
 黒夢・夜渡(オウガブラッドのアリスナイト・f24240)の想像力に応じて無限に進化するアリスランスが、美しき白銀の煌きを増してしていく、その刹那。自由自在に形を変える鮮血の外套が黒夢の死角から槍の形状に変形し黒夢を穿つ。

「ッ――!」
 しかし、覚悟が痛みを忘却させた。黒夢は何事もなかったのように跳ね起きながら、弾き飛ばされた数十メートルを一足で踏破。渾身の槍撃を打ち込んでいく。握ったアリスランスに重々しい手応え。この闘いが開始されてから初めて、鋼と鋼が打ち合うが如き残響が月下に轟き渡った。あえて回避も迎撃もせずに黒夢と刃を合わせたのは意図的にだろう。鍔競り合う冷たい刃の向こうから、深紅の瞳が黒夢を映す。

「……勝てる、勝てると信じているさ。それだけが勝つ為の道筋なんだからな」
 鮮血の如く禍々しい眼光ごと気迫で跳ね返すように、重なる刃を押し込んで鮮血の骸騎士アインソードを押し返す。同時にいつ放たれたのか、凄まじく高速かつ高圧の掌打で後方へ大きく吹き飛ばされる。月を背負った長身が外套を翻して吶喊した。黒夢もまた、身体能力を発動値に跳ね上げ迎撃に出る。疾風となり放たれる鮮血の骸騎士アインソードの連撃。一撃目の刺突を渾身の集中力で見切ったが、バックステップで回避しょうした二撃目の前に足の甲を踏まれ機動を阻止される。ならばと唸りきた斬撃を真っ向から払い受け、双方の刃が流れたところでカウンターの蹴撃を黒夢は打ち込んでオブリビオンを弾き飛ばした。
成功 🔵🔵🔴

鳴上・冬季
「私は人形を愛でる性癖を持ち合わせていないので、さっぱり分かりませんが。自ら紛い物を操るとは、脆弱甚だしい心根だと思いませんか」
嗤う

「人形に愛を模するなど、他者の存在に怯えるも同じ。そんな神も領主も、この地には不要です。塵も残さず消えるがいい」
雷火を9つにまとめ上げ、三方から3体に襲いかからせる
敵の攻撃は黄巾力士にオーラ防御で庇わせる

「いくら血液が水だとしても、雷火の前ではただの水虚火侮。人形ともども、燃え尽きなさい」
嗤う

「私は新しいものを作り上げたい。貴方は過去にすがりたい。どちらが勢いづくかなど、考えずとも分かるでしょう?それを貴方が悔やむなら…また第三層でお会いしましょう」
嗤う


「私は人形を愛でる性癖を持ち合わせていないので、さっぱり分かりませんが」
 鳴上・冬季(野狐上がりの妖仙・f32734)は鮮血の骸騎士アインソードの生みだした、血液で出来た巨大コウモリと、かつて愛した人間の女性を模した血液人形を双眸に映して小さく嗤う。
「自ら紛い物を操るとは、脆弱甚だしい心根だと思いませんか」
「ふはは、まさかそのような事を言われる日が来るとは思ってもみなかった」
 待ち焦がれた強敵の襲来に喜びに酔いしれる鮮血の骸騎士アインソード。その高揚に呼応するかのように、オブリビオンの手駒たちは攻撃的な戦闘態勢へと切り替わり、荒々しく猛威を振りかぶる。

「人形に愛を模するなど、他者の存在に怯えるも同じ」
「――そうかもしれぬな、怪物は倒されてこそ本物に怪物なのだから」
 そう言の葉を吹いたと同時に、繰り出すオブリビオンの生みだした二人分の猛攻は鮮血を糧に加速し続け、それでいて澱みがない。音の壁を超えながら完璧な連係の下、機関銃のように猛攻が連続している。それは後先を考えないすべてを注ぎ込む全力全霊だ。そう、猟兵相手に持久戦を挑むなど愚の骨頂。ゆえに初手から全力、様子見無し。
「そんな神も領主も、この地には不要です。塵も残さず消えるがいい」
 しかし、それは鳴上に届くことはなかった。敵手たちの攻撃は彼我の境に割って入ったオーラによってその性能が強化されたに庇われ阻まれたのだった。生みだした蝙蝠と血液人形を連係させて隙を無くそうと努める動きは基本だからこそ強力だった、しかし――瞬間的な判断力と精度自体は達人の域には程遠く、猟兵を追い詰めるには至らない。

「いくら血液が水だとしても、雷火の前ではただの水虚火侮。人形ともども、燃え尽きなさい」
 そして隙を晒したオブリビオンへと解き放たれた、ユーベルコード『雷火陣』によって鳴上は100を超えるほどの雷属性を持った白色に輝き轟音轟かせる狐火を中空へと浮かべてながら、それらが猟兵の意思で動き出す。
「私は新しいものを作り上げたい。貴方は過去にすがりたい」
 刹那、雷火をまるで妖狐の尾の様に九つにまとめ上げ、それぞれを三方から血液で出来た巨大コウモリと人間の女性を模した血液人形、そして鮮血の骸騎士アインソードに襲いかからせる。

「どちらが勢いづくかなど、考えずとも分かるでしょう?」
 大気を焦がす雷火。巨大コウモリと人間の女性を模した血液人形の狭間を縫い、四方を取り囲むようにそれぞれの対象が立つ地点を目掛けて三方から白色の光が空中を飛翔していく。直後に爆発、そして炎上。神々しき輝きの業火が侵し、蝙蝠と血液人形の破片を周囲に散らばせた。
「それを貴方が悔やむなら――また第三層でお会いしましょう」
 重ねて轟く爆音、眼を盲いるばかりに輝く閃光が、鮮血の骸騎士アインソードを襲う。鳴上の繰り出したユーベルコードの猛威は勝利への明確な轍となって、オブリビオンに癒やす事の出来ない大きな致命傷を刻み込んだ。
大成功 🔵🔵🔵

杼糸・絡新婦(サポート)
関西弁口調。
とある忍者が使っていた武器・鋼糸【絡新婦】のヤドリガミ。
白い女物の着物を着用しているが、
名前沿った姿なだけで、オネエとかではなく中身はれっきとした男。

子供や親子中心に一般人には愛想よく接するが、
敵とみなしたら容赦なく叩く。
日常でも戦場でも自分のペースを崩さず、
フェイントや挑発、相手の動きを拘束するように阻害したり、
あえて誘い出してこちらに攻撃を仕向け、
自他へのすきを作り出したりする、戦闘スタイル。
また使えるものはなんでも使う。
元の持ち主の影響で、忍者らしい動きも見せる。

所持する黒い狩衣を着た狐獣人の姿をしたからくり人形は、
かつての主人が作ったものを模したもの、名前はサイギョウ。


「えらい仰山の蝙蝠がおるようですなぁ」
 二刀一双の、組み合わせると鋏にもなる『鴛鴦』を二振りの牙としながら、杼糸・絡新婦(繰るモノ・f01494)は鮮血の骸騎士アインソードへと奔る。片時も止まることなく驚異的な殲滅速度で杼糸は鮮血の骸騎士アインソードの生みだした鮮血の眷属を解体していく。体躯を屈め屋根の上を弾けるように飛び跳ねている姿はまるで、人というより肉食獣のそれだろう。仕留めやすい獲物が本能的に分かるのか。驚異的なバランス感覚、どんな体勢からでも撫で斬り殺す巧みさで恐ろしいほど正確に急所を断ち切り眷属らを次々絶命させる。

「――闇が切る闇を斬る」
 刹那、ユーベルコード『斬譜儺』によって闇の闘気が発現、乱舞する刃がそれを纏い瞬く間に地面を、建造物を細断していく。眼前で降り注ぐ斬撃は死の暴風雨。まるで神話や伝説に描かれる災厄そのものだ。その凄まじさは、たった二振りの片刃剣によって生み出される所業とはにわかに信じ難いだろう。しかし、そんな荒唐無稽こそこの戦場の真実だった。

「ようやく捕まえた」
 速度、正確さ、手数――あらゆる性能において圧倒的だ。複数のオブリビオンの眷属が束になって攻めたところで、数の利は何の意味も成していない。そもそも接近さえ許されないのだから、ある意味それは当然だろう。不用意に踏み込めば鋭く放たれる斬閃により、無数の肉片となって地面に転がり果てるのみ。そのまま鮮血の骸騎士アインソードへと間合いを詰めて大きく踏み込んで態勢を低くして敵の斬撃を躱し、地面を滑るように妖刀を抜き打ち敵手を切り裂いた。
成功 🔵🔵🔴

春霞・遙(サポート)
UDC組織に所属して、UDC関連の一般病院に勤務している小児科医です。
行動の基本方針は困っている人が居るなら助けたい、人に害をなす存在があるなら退けたい。
戦う力はあまりないですけど、自分が傷を負うとしてもみなさんのお手伝いができれば嬉しいです。

基本的に補助に徹します。
「医術」「援護射撃」「情報収集」から、【仕掛け折り紙】【葬送花】での目くらましや演出、【生まれながらの光】【悪霊祓いのまじない】で照明や目印を付けるなども行えるかと思います。
攻撃は拳銃による射撃か杖術が基本で、その他はUCを使用します。
【悔恨の射手】【未来へ捧ぐ無償の愛】は基本的に使用しません。

シリアス以外ならいたずら好きの面も。


「まさかそのような棒切れで我が刃を凌ぐとはな」
「お褒めにあずかり恐縮と言いたいところですが、凌ぐので精一杯だと誤解しないで欲しいですね」
 かつては伝染病患者に触れることなく診察するための道具であったという、木の杖を武器に鮮血の骸騎士アインソードが作り出した鮮血剣ダインスレイヴに一歩も引かずに春霞・遙(子供のお医者さん・f09880)は渡り合う。それを実現しているのは単純な棒術だけでなく、位置取りが余りに巧みであることが大きな要因だった。直線と曲線を交え、そして虚実を混ぜた移動でオブリビオンを攪乱し、翻弄しているのだ。斬撃を受ける木の棒の角度一つさえ完璧だ。手首をひねるだけで魔法のように衝撃を受け流し、時に反動すら利用して加速の燃料に変えてしまう。

「風に舞う薄紅の嬰児よ惑う命の導きと成れ」
 刹那、解き放たれたユーベルコード『葬送花(タムケノハナ)』。杖から溢れる光を向けた鮮血の骸騎士アインソードに、数多の薄桃色の花吹雪の奔流が迸る。そう、何も棒術”だけ”が春霞の真価なのではない。ユーベルコードの発言によって戦いの趨勢は一気に猟兵の側へと傾いていく。何のことはない、それは単純な総合戦闘力による賜物だった。棒術で、魔術で、銃術で、それぞれが足らない部分を胆力と技術で補っている。いや、相互に高めあっているというべきか。心技体を謳ったように、どれも粗末に扱っていない。すべてを等しく高水準で磨いている。だからこそ、これほどまでに脅威を示しているのだった。
成功 🔵🔵🔴

シフォン・メルヴェイユ(サポート)
『楽しい世界が待っていたらいいなぁ。』
 普段の口調は「女性的(私、あなた、~さん、なの、よ、なのね、なのよね?)」
 怒った時は「無口(わたし、あなた、呼び捨て、ね、わ、~よ、~の?)」です。

 ユーベルコードは指定した物をどれでも使用し、
多少の怪我は厭わず積極的に行動します。
他の猟兵に迷惑をかける行為はしません。
また、例え依頼の成功のためでも、
公序良俗に反する行動はしません。

のんびりとして、無邪気な性格をしています。
基本的に常に笑顔で人に接して、
敵以外なら誰に対しても友好的な性格です。
因みにトランプを使った手品が得意で、必要に応じて皆を楽しませます。
 あとはお任せします。宜しくお願いします。


「いくよ、ドレスアップ・プリンセス!」
 豪華絢爛なドレス姿に変身し、柄の部分に金色の時計の装飾が施された、不思議な力をもつ三叉鉾を煌かせシフォン・メルヴェイユ(夢見る少女・f19704)はユーベルコードをもって、圧縮した舞い散る花びらによるを噴出させて反動加速を実現する。燃料加速装置の原理を再現し、闇を突っ切る流星と化す。結果、シフォンは鮮血の骸騎士アインソードを真っ向から捕捉した。その直後に衝撃と共に鍔迫り合う刃の向こう、桜の奔流の飛翔で押し込みながら覚悟に満ちた視線を交わす。突進で重ねた加速のまま肉迫、最高の槍速と必中の精度を乗せた斬撃で一文字を描く。だが、渾身の一閃は鮮血の外套のみを裂いた。間髪入れぬ返しの二撃三撃も、また同様。烈火のように激しく、水のように清廉な一撃を続けるも決定打には至らない。

「まだだよ! ここから、いくんだから!」
 その意思に呼応するように、さらに時詠みのトライデントは煌きを増して繰り出す猛威が一段も二段も上の領域に達する。煌きを纏い抜き放つそれを、鮮血の骸騎士アインソードは今度こそ止める暇は微塵もなかった。地を蹴り一瞬で視界から消失する。舞い散る花びらを纏い、シフォンは斬首の疾風と化した。一瞬にして最大値にまで達した加速は周囲すべての反応を振り切り、標的へ矢のごとく目が覚めるような速度の刺突が煌めき、オブリビオンの胸部を貫いた。鮮血が間欠泉めいて噴き出し、シフォンの顔を汚した。
成功 🔵🔵🔴

斯波・嵩矩(サポート)
『大丈夫、安心して』
『きみを支援するよ』
『俺を導け、ありし銀誓の輝きよ!』

神将の陰陽師×仙人、21歳の男
口調は 『俺、呼び捨て、だね、だよ、だよね、なのかな?』

戦闘時はアコースティックギター演奏と優しい歌唱による支援回復役としてサポート
味方への『かばう』をメインに
『集団戦術』を得意とするよ
黒符で『範囲攻撃』『陽動』『破魔』を展開

攻撃時は遊撃系として『九節雷公鞭』(猟兵カードの武器)または
胎内から抜く『銀誓七星剣』(形状は改変可能)を使う

UCはどれでも使用し、多少の怪我は厭わず積極的に行動するよ
他猟兵さんに迷惑をかける行為はしない
依頼成功のためでも公序良俗に反する行動もしない

あとはお任せ
宜しくね


「解放するよ、雷公天絶陣っ!」
 ユーベルコード『雷公天絶陣』によって雷公鞭から繰り出される放射状に撃ち出された斯波・嵩矩(永劫回帰・f36437)の稲妻の大雷雨が鮮血の骸騎士アインソードへと奔る。世界を引き裂く爆音が閉鎖空間を埋め尽くす。躱す、回避したオブリビオンを追い、鼻先を掠めて大気を焦がす電撃の嵐。床や壁面を焦がしながら蛇のように身をよじり、疾走する鮮血の骸騎士アインソードを抹殺せんと万象を焼き払い迫り来る。破壊力は言わずもがな絶大。爆ぜる裁きの光はまさに、読んで字の如く神鳴りだ。喝破に呼応し、掲げた九節雷公鞭に集う破壊の雷鳴——空間全域を埋め尽くすほど集束された超々高圧電流が轟き渡る。

「……これが最大、火力だよ」
 瞬間、裂帛の気合いと共に神の雷が降り注ぐ。容赦も無ければ前兆もない飽和攻撃は徹底的だ。それはただでさえ入り乱れた戦域を破壊し尽くし、嬲り尽くし、あらゆる抵抗を捻じ伏せながら鮮血の骸騎士アインソードを灰燼へと変えんと猛威を奔らせる。

「ぐぅっ……っっ!!」
 ユーベルコードをまともにオブリビオンが受けたその直後、雷撃の麻痺によって体勢を立て直すために生まれる一瞬の隙。気付かない程度のわずかな誤差でも、猟兵たる斯波を相手にするならばまさに痛恨の隔たりだ。刹那、鞭閃が夜空に鮮血の糸を引く。得物が鮮血の骸騎士アインソードの肉へ食い込むと共に、鋼鉄製の九節鞭に内包された雷が敵手の内側に伝播し、内側から焼き焦していくのだった。
成功 🔵🔵🔴

霧崎・蛇駆(サポート)
『あーあーヤダヤダ、めんどくさいったらありゃしねぇ』
『やるからにはやるさ、給料分はな』
『いいじゃんいいじゃん!楽しくなってきた』
口では面倒くさいと言いつつも仕事はこなす猟兵で、戦闘だとやる気を最初から見せる戦闘バカです。
捜索系ではハッキングを駆使して情報を集めたり、演技で騙したり脅したりします。
ユーベルコードは指定した物をどれでも使います。正面きって無数のテンタクルによる物量戦も好きですが、触手による立体的な移動からの相手の死角から攻撃も別格です。弱い相手だといたぶる傾向があります。
メインの武器は『テンタクル』です。
基本的な口調は『オレ』です。
あとはおまかせします。よろしくお願いいたします。


「――楽しいじゃないか!」
 純度の高い闘争を求めるオブリビオン、鮮血の骸騎士アインソードに対して霧崎・蛇駆(ヴィリジアンモンスター・f20261)もまたそれに波長があったのか、戦闘による気分の高揚を感じユーベルコードの発現条件を最大限に満たした、その刹那――。

「ここからが第二ラウンドだ! もっと楽しませてくれよ!」
 浮遊する球体状の触手の集合体が召喚され、展開される攻防は戦闘ではなく戦争という有様だった。ぶつかり合うテンタクルと鮮血剣ダインスレイヴ、点ではなく面と面による戦いが相手をねじ伏せ打ち砕くべく凄まじい余波を生みながら間合いを侵略していた。霧崎の機敏な指も、鮮血の骸騎士アインソードが振るう鮮血の刃も、どちらもまさしく指揮者の棒だ。右へ左へ振られるたびに轟音を響かせて破壊の演奏を奏でている。先に動いたのはオブリビオンの刃、煌めく鮮血の刃が霧崎の首へと奔る。

「カハッ! 残念、それは外れだ!」
 斬首されたのは、テンタクル・レギオンを集させて形成した身代わりの擬体。霧崎本人は既に鮮血の骸騎士アインソードの攻撃圏外にまで離脱していた。賛辞と共に、標的を失った刃を鮮血の骸騎士アインソードは再び構え直す。そしてそこから、霧崎の動きが若干変わっていった。まるで試すかのように多種多様な手段を使い、鮮血の骸騎士アインソードを追い詰めにかかり、自在に飛翔するテンタクルが詰め将棋の要領でオブリビオンの移動を限定していく。
成功 🔵🔵🔴

キャロライン・メイ(サポート)
ダークセイヴァーの貧民街の生まれ。生きるため、悪事に手を染めてきた。ある日商人から一振りの剣を盗み出す。剣は呪われており、その邪悪な魔力によって、呪われし黒騎士へとその身を堕とす。その冷酷な様を人々はアイスドールと呼ぶ。

自身の半生に強いコンプレックスを持ち、心の中では常に自己を否定し続けている。死に場所を探しているかのような言動をとることがある。

ダーインスレイヴ~漆黒の魔剣による強力な一撃。
ライフドレイン~魔剣の血塗られた鉄鎖が無数の棘に変形し敵に突き刺さる。


※エロやグロNG
※5人以上まとめたリプレイNG


 キャロライン・メイ(アイスドール・f23360)は焦らず対処を下し、躱して、弾き、いなして捌く。体表面の数ミリ先を超高速で旋回する鮮血の刃、その洗礼を正確に見切りながら最適な行動を逐一選び対処していた。おかげで切っ先は一度たりともキャロラインの身体を掠めていない。殺気だけが身体を打ち据えて、血肉を気合で切り刻む。傍から見ればこちらもあちらも数秒先を知らせ合っているかのように、猟兵たちは刃のついた嵐と化して剣を無限に交差させる。
「――シィ!」
 止まらない、止まらない、早く鋭くもっともっと、加速を果たす剣劇演舞。音と風を断ちながら尚激しく、剣の舞いは続行する。それがあまりに激しいためか、生まれる余波で周囲の大地は今や無惨なものとなっていた。砕かれ斬られ、大地が次々と解体されていく。

「まさか、全ての剣閃を見切っているのか?」
「――さてな、”見えている”ものは当然理解している」
 鮮血の骸騎士アインソードの呟きはキャロラインにとっても納得の感想だった。刃ごと押し込むように接近しながら、弾け合う刀剣越しにオブリビオンは睨む。縦の二連撃を寸前で探した直後——頭部を輪切る横一文字へ猟兵は自ら突っ込んだ。予見していた即死の軌道へ、馬鹿みたいに突き進む。皮膚一枚を裂かれる瀬戸際、間に合った返しの刃で防御を果たし一気呵成と連剣を放つ。先ほどまでの堅実さをかなぐり捨てて、勇猛という言葉さえ及びもつかない狂気の博打に踏み出した理由は一つ。ユーベルコード『絶望の福音』によって未来が垣間見えてるからに他ならない。結果、蛮勇ともいえるリスクはそれに見合うほどの致命をオブリビオンに刻んでいく。
成功 🔵🔵🔴

シャーロット・バルドレッサ(サポート)
共闘等、アドリブ歓迎

・パーソナリティ
帝都桜學府所属
出身はサクラミラージュの英国、歴史ある魔女の家系
新しもの好きで伝統を忌避
「ナンセンス」が否定の決まり文句
口調は
『ですわ、ですの、ですわね、でして?』と垢抜けた振る舞いを意識
度々『ね、よ、なの、なの?』と意地っ張りでお転婆な地が出る

・戦闘
『霊子演算機《アルス・ノヴァ》』と『マクスウェル方程式』による電脳魔術を使用
演算機に詠唱を委託し高速詠唱・無酸素詠唱を可能に
敵の性質に応じ黒の権能【火炎舌の黒犬】・黒の権能【まだらの紐】・疑似召喚術式【アスモデウス】の他、焼却・衝撃波・爆破などの属性攻撃を使い分ける
近接戦は影を物質化し扱う異能『黒の権能』で対応


「自分の楽しみのために戦いを求めるなんてナンセンスね」
 瞬間、爆発するかのように轟くシャーロット・バルドレッサ(マクスウェルの魔女・f23790)の黒の権能。シャーロットの影が溶け、一気に形を失った。そして再形成されていく影絵の鎖。影に質量を与え作り出す武装群。魔術の類でなく、血によって継がれた貴種の異能。
「逃しはしないわ――」
 物質干渉、再構成、形あるすべての影がシャーロットの支配を受けて、黒の権能の支配下に墜ちて同じくして影絵の鎖に変わっていく。空間を埋め尽くす影絵の形成と、それに併せたシャーロット自身の魔術。彼女だからこそ成しえる単独での二重飽和攻撃に、逃げ場は一切存在しない。

「いえ。逃げる元気もないかしら?」
 刹那、命中した影絵の鎖の先端がユーベルコード『黒の権能【まだらの紐】(スワンプ・アダー)』によって、劇毒を与える楔に変形し、鮮血の骸騎士アインソードに突き刺さり、その動きを止めると、霊子演算機《アルス・ノヴァ》にインストールされた魔術。理を捻じ曲げ神秘を成す、詳細不明の『方程式』を解き放つ。火炎が、疾風が、水流が、雷光が、シャーロットの敵を滅ぼさんと吹き荒ぶ。数えきれない多種多様な異能が世界そのものに展開され、そして同時に打ち消しあわず共存しながら鮮血の骸騎士アインソードに襲い掛かる。激しい爆熱の嵐と荒れ狂う水流さえ触れ合いながらまったく同時に存在している光景は、まさに常識外と言うべきだった。
成功 🔵🔵🔴

ラムダ・ツァオ(サポート)
ラムダよ、よろしく。
相手が強いのなら、削れる機会は逃さず、相手に隙は見せず、
長期戦を覚悟して着実に狙うのがいいわね。
勿論、隙があれば見逃したくないけど。
見切ったり足には自信があるけど、過信せずに落ち着いて戦況を見極めるわ。

行動指針としては以下の3通りが主。
1.囮役としてボスの注意を引き付け、味方の攻撃を当てやすくする。
2.ボスの移動手段→攻撃手段の優先順で奪っていく。
3.仕留められそうな場合は積極的に仕留めに行く。
 (他に仕留めたい人がいればその手助け)

台詞回しや立ち位置などは無理のない範囲でご随意に。
ユーベルコードは状況に応じて使い分けます。
アドリブ・連携歓迎


「刻めっ!」
 ユーベルコード『千刃(センジン)』による光の反射を抑えた諸刃の黒い短剣の複製は完了した。戦闘空間がたちまちラムダ・ツァオ(影・f00001)の支配下へと引きずり込まれていく。血液で作り出した血を吸収する長剣の分解と再構築を繰り返しても、携える武器を掴むのは両手の腕で、鮮血の骸騎士アインソードは着々と追い詰められるのみ。

「さぁ、どうする? オブリビオン」
 たとえ相手が可能な限り武器で武器を防がないという選択をしても、当然自ずと限界がある。床が砕け、建造物の破片が飛び散り、足場と視界を奪われる過酷な状況の中では特に。念動力による移動に制限などない以上、詰将棋は健在だった。体勢が崩れた一瞬を完璧に予測して放たれる勝利への詰め将棋は、いかなオブリビオンとて回避不能。防御を選択せざるを得ない時点でラムダの術中に首までどっぷり浸かっている。

「――この程度で詰んだはずではないわよね」
 鮮血の骸騎士アインソードを必殺とするならば、ラムダの戦法は封殺。着実に、そして確実に。相手から次の行動の選択肢を奪っていく。必殺の一撃も当たらねば無意味。とにかく時間差の衝撃を駆使してオブリビオンの体勢を崩すことを意識して立ち回る。戦場の主導権を握り、決して敵が望む戦いをさせない。決め手の一撃を放たせず、振るわせず、じっくりと時間をかけて王手への道を歩む。勝利が不確定要素によって揺るがないものにするように更に盤石なものへとしていく。
成功 🔵🔵🔴

ロビン・バイゼ(サポート)
「困っている人を助けたい」と強く願う少年。
時には自身を犠牲にしてでも助けようとします。

アイテム・技能・UCは状況に応じて好きなものを使わせて構いませんが、拷問具や拷問系UC・咎力封じは基本ヴァンパイアにしか使いません(逆にヴァンパイアに対してはよく使用)

絵を描くのが好き。でも描く絵はピカソや岡本太郎のような抽象画。だいたい何描いてあるか分かりません。
基本無表情。何があっても表情変わりませんが、芸術的なもの・博物館・拷問具を見ると瞳が輝きます。
「…」や「、」多めの喋り方。
好きに使ってください。よろしくお願いします。

台詞例
「……びっくり、した」
「……すごい」
「……少しは、役に……立てた、かな」


「……相手がヴァンパイアなら容赦はいらない」
 ロビン・バイゼ(芸術と鮮血・f35123)は持ちうるすべての技能を持って眼前の鮮血の骸騎士アインソードを打ち倒すべく、ユーベルコード『拷問・オリジン(ホンライノゴウモン)』を解き放つ。刹那、ヴァンパイアの頭上に煌めく巨大なギロチンの刃が現れると、ロビンは言の葉を敵手に吹く。
「どうしてこんな、他人を巻き込むような形をして猟兵を呼び寄せたの」
 
「本当のこと……教えて。じゃないと……痛いよ」
「怪物は斃されてこそ怪物なのだろう。ああ! そうでなくては、死んだ人間が報われない!」
 創造して落下させた、その刃の規模は文字通り断頭台にも等しく、発生を確認して避けられるようなものではない。言うなれば断罪の一撃で、身の程知らずのヴァンパイアに下される鉄槌に等しい。そして、首に深々と突き刺さったと同時に鮮血の骸騎士アインソードが宣すると、霧のように四散してしまう。

「……消えた? それが、本音なの?」
 ユーベルコードのルールは正しく機能している、つまり――オブリビオンの言の葉は本物だったのだろう。自らを斃す相手を呼び寄せるために悲劇を起こしたというあまりに自分勝手なオブリビオンに赫怒が滾る。いかな過去があろうとも他人に迷惑の上に成り立つような願いを押し付けるような傲慢な態度を許せるはずもない。長年使いこんだことにより刃が鋭くなった、ペインティングナイフが消滅したとはいえ、ギロチンによって多大な衝撃を受けて動きを止めたオブリビオンに奔る。刃は鎖骨と肋骨の大部分を切断、肺をも深く切り裂いていた。即死は免れたにしろ致命傷に疑いはない。
成功 🔵🔵🔴

アイクル・エフジェイコペン(サポート)
猫っぽい舌足らず口調にゃ。こんにゃ感じで、可能なら末尾だけじゃにゃくて途中にも入れてほしいにゃ。めんどいならいいけど。
ちなみに機嫌悪い時は「に゛ゃ」って濁点入る感じにゃ。

正直よくわかんにゃいけどなんとなく気に入らない顔してるからぶっ●すに゛ゃ。
パワーイズジャスティス。真正面から行っておもいっきり攻撃するのみにゃ。ユーベルコードは何使ってもいいにゃ。

基本はむちゃくちゃ猫かぶってかわいい子演じてるものだから、なるべくスマートに『せーとーはなれーりぃ(正統派なレディ?)』的な感じで戦おうとするけど、むちゃくちゃ怒ったら地が出てむちゃくちゃ口が悪くなる。
「ぶっ●おおおおおおす!●ぁぁぁぁぁぁっく!!」


「――グニャウンドクニャッシャーにゃっ!」
 刹那、アイクル・エフジェイコペン(クロスオーバー三代目・f36327)のユーベルコード『グラウンドクラッシャー』が解き放たれ、電光石火と舞い散る火花。連鎖して響く轟音、続く衝撃。的確極まるオブリビオンの鮮血剣ダインスレイヴの豪雨を片っ端から叩き落とし、高め、高め、高めに高めて——真正面から圧倒すべく滾るユーベルコードを膂力に変えた。小細工など一切使わず、血液で作り出した血を吸収する長剣を秒単位で捻じ伏せる。反面、劇的な力の上昇の裏では急速な自己崩壊が始まっていた。アイクルの体内ではこうしている今も骨がひび割れ、臓器や筋肉が刻一刻と溶解している。皮膚下の毛細血管はもはや軒並み破裂済み、血液が沸騰しながら可燃性を獲得して石油のように燃え上がるように爆ぜて、その推進力がそのままオブリビオンへと驚異となって襲いかかる。

「まだ、に”にゃあっ”」
 そして無論、その攻撃は一度や二度で終わらない。四足獣のように回避した直後、連続して夜を断つ閃刃の凄まじさに鮮血の骸騎士アインソードは瞠目した。奔る閃光――とうに限界など知らんとばかりに、理不尽が罷り通る。放たれたのは、真っ向からの正々堂々とした唐竹割り。アイクルの握るバトルアックスの刃が、いっそ見事というべき斬鉄で迫るオブリビオンの血液で作り出した血を吸収する長剣『鮮血剣ダインスレイヴ』を両断した。
成功 🔵🔵🔴

御形・菘(サポート)
※語尾に「のじゃ」は不使用
はっはっは、妾、推っ参!
敵は決してディスらんよ、バトルを彩るもう一人の主役なのでな!
強さも信念も、その悪っぷりも誉める! だが妾の方が、もっとスゴくて強い!

バトルや行動は常に生中継+後で編集しての動画配信(視聴者が直視しては危ない系は除く!)
いかにカッコ良く魅せるか、見映えの良いアクションが最優先よ
とはいえ自身の不利は全く気にせんが、共にバトる仲間にまで不利を及ぼす行動はNGだぞ?

戦法は基本的に、テンションをアゲてボコる! 左腕とか尾で!
敵の攻撃は回避せず、受けて耐える! その方がカッコ良いからのう!
はーっはっはっは! さあ全力で来るがよい、妾も全力で応えよう!


「闘争を求めるオブリビンとは面白い!!」
 哄笑、御形・菘(オブリビオンではない・f12350)は鮮血の骸騎士アインソードへ疾走を開始。血液で出来た巨大コウモリの間を駆け抜けながら、縦横無尽に振り抜いた。煌めく両腕に薙ぎ払われたオブリビオンの眷属は、次々と颶風に包まれ四散。血溜まりと化していく。

「はーっはっはっは! お主が妾に勝てる道理など、何一つ存在せんということを示してやろう!」
 ユーベルコードによって溢れ出る有り余る力に身を震わせながら、御形は鮮血の骸騎士アインソードへ喜悦の言葉を吐く。その総身に考えられないほどの力が満ち、ともすれば次の瞬間にも破裂しそうな不安定さ。しかし恐ろしいことに、猟兵は徐々に上昇していくその力を制御しつつあった。

「さぁさぁさぁ! 妾と派手に盛り上がろうじゃあないか!!!」
 激しく火花を散らす『マックステンション・エクストリーム』の猛威。圧倒的な膂力の両腕と鋭爪が幾度も閃き、鮮血の骸騎士アインソードとの攻防を繰り広げた。怒涛の勢いで攻めるのは当然のように御形。一つ一つが四肢を、首を、胴体を千切り飛ばすほどの一撃を無数に放つ。前から、横から、上から時には人間にはありえない速度をもって空中で身体をひねり、瞬時に鮮血の骸騎士アインソードの背後に回って突き貫いて鮮血の華を咲かせた。
成功 🔵🔵🔴

赤嶺・愛(サポート)
『世界が平和になりますように』
 人間のパラディン×シーフの女の子です。
 普段の口調は「平和を愛する(私、あなた、~さん、なの、よ、なのね、なのよね?)」、怒った時は「憤怒(私、あなた、~さん、ね、わ、~よ、~の?)」です。

 ユーベルコードは指定した物をどれでも使用し、
多少の怪我は厭わず積極的に行動します。
他の猟兵に迷惑をかける行為はしません。
また、例え依頼の成功のためでも、
公序良俗に反する行動はしません。

性格は明るく、人と話す事が好きで
平和的な解決を望む優しい性格の女の子ですが
戦う事でしか依頼を成功出来ない時は戦う事も厭わないです。
 あとはおまかせ。よろしくおねがいします!


「――これで終わりですっ……!」
 赤嶺・愛(愛を広める騎士・f08508)の巨大な刀身にハートの意匠が凝らされたバスタードソードが鮮血の骸騎士アインソードの胸を穿つ。あれほど猛威を振るっていたオブリビオンが、容易く身体を両断されて血潮と肉片を撒き散らしていた。しかし――。
「まだだっ! まだこの程度では死には至らぬぞ」
 溢れ出る鮮血を操って引裂かれた体躯を縫うように繋ぎ止めて、元通りのような外見に瞬時に再生する。しかし、それでも既に受けたダメージは甚大でそこかしこからオブリビオンの血が溢れ出ている。

「だったら、完全な勝利を掴み取るまで! ……皆の平和の為に、私は戦うよ!!
 刹那、赤嶺は呪詛への耐性を持つ聖なるオーラを身に纏う。優しき闘気に応える如く解き放たれたユーベルコード『優しき闘気(ピュア・オーラ)』の波動。ユーベルコードから引き出された力は、それと同調した彼女の肉体を通して爆発的な奔流を放出した。剣に込めた魔力から迸る光の矢の出力が、無加工のまますべてを消し去る熱量となって眼前の敵に炸裂する。そして、斃すべき障害と定められた吸血鬼は、身じろぎ一つなく圧倒的な暴力に飲み込まれて蒸発した。垣間見せた不可解な感情ごと、怒涛の光輝に押し流される。交差した猟兵とオブリビオンは、何もかも一瞬のこと。彗星のように過ぎ去っていく。

「ああ、愛しき人よ。ようやく――ここに怪物は死んだぞ」
 後悔はない、誰がなんと噂ろうが、自分の死に様は最高だという妄執と共に。最後に願い求めた人生の最終目標を向かえた怪物は、かつて愛した人間の女性を幻視しながら、鮮血の骸騎士アインソードの魂は猟兵の下に散る。人を仇なす怪物として潰えようとする矜持があるのだろう。その自分の終わりのために猟兵を呼び寄せたとは裏腹に欲望のまま生きたオブリビオンは、潔く末期を迎え入れたのだった。
成功 🔵🔵🔴

最終結果:成功

完成日2022年05月25日
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔴🔴🔴🔴🔴🔴