4
ハーフムーンで逢いましょう(作者 吾妻くるる
20


#サクラミラージュ  #2章執筆中。今暫くお待ちくださいませ。 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#サクラミラージュ
#2章執筆中。今暫くお待ちくださいませ。


0



●叶わぬ願いと知りもせず

ー♬ ♪

あなたがくれた 意味を探すの
例えぬくもりをなくしていても
胸に抱えて 空へと孵すの

ほら もう傷跡に変わるわ

ー♬ ♪

――ああ、歌声が聞こえる。私が憧れた、美しく透き通った声。いつか、あのステージで並び立って歌うのが夢だった。努力と研鑽を積み上げた先で、貴方の隣を独り占めにして、声を重ねる日を夢見るのが生き甲斐だった。

でもそれは、なんて遠いのだろう。
時間も運も奇跡も、何も届かず夢は潰えてしまった。あなたが消えたステージは、朔夜の様に暗くて何にも見えやしない。

……けど、どうしてかしら。
今日はあなたの歌声がずっと響いてるの。オルゴールから、蓄音機から、スピーカーから、憶えるほどに刻んだあなたの声が。街のあちこちから、溢れるほど聞こえてくる。それに不思議ね、あなたが愛した月もほら、こんなに沢山灯りをともして浮かんでいるの。まるであなたのカフェーまで導いてくれるように。

ねぇ、もしかしてまだ、間に合うの?まだ、声を響かせれば、私の夢に手が届くの?次のステージがいつか尋ねる声に微笑んで、花束渡す紳士に手を振りながら、あなたが返す“いつもの台詞”のように。辿り着いたなら、また、逢えるの?――だったら。

「…待っていて、私、必ず行くわ。だから、どうか」

『――ハーフムーンで、逢いましょう』


●届かぬ月に手を伸ばす

ー♬ ♪

あなたが捨てた 明日を拾うの
例え二度と戻らないとしても
夢の淵まで 連れ出してあげる

けど まだ傷跡が痛むの

ー♬ ♪

 グリモアベースの一角に滔々と流れる歌声。セラフィムが手にした小さな蓄音器から流れるのは、切ない歌詞を乗せて歌うとある歌姫の声。ハスキーな声で甘く紡がれるそれは、思わず時間を忘れて聞き惚れてしまいそうな魅力があった。
「《素敵な歌声ですよね。今回の依頼はこの歌姫に因んだ祭りに現れた、影朧に関するものです》」
 そこはサクラミラージュの中でもひと際古い街。かつてそこには美しい見目と歌声で誰もを魅了し、けれど誰のものともならず世を去った歌姫がいたという。ステージに立ち、一頻り歌い上げた後はアンコールにも応えず、ただ微笑んで一言――『ハーフムーンで逢いましょう』と言いおいて消えてしまう幻の歌姫。そんな彼女を想い偲び、この街では毎年春先に『月燈祭』が開かれる。彼女が歌い手として立っていたステージカフェー『ハーフムーン』を中心に、繁華街の通りが皆祭り一色に染まっているのだ。
 祭りが始まるのは月の出始める宵の口。歌姫の甘く囁く歌声があちこちから響き渡り、軒先には淡い月明かりのランプがいくつも吊るされる。舞い散る桜に混ざって月の下に咲く白い花々が艶めいた芳香を放ち、月の雫を集めたと歌う装飾品が店先を飾る、どこか神秘的な祭りだ。
「《ですがその祭りで皆様が賑わう最中に、影朧が出現するのを予見致しました。》」
 影朧は蝶子という名の女学生だ。かつて歌姫の舞台に憧れ、いつかともに並び立って歌うことを夢見て――叶えることなく過去となった悲劇の少女。現れた時点ですでに戦う力も残されていない程弱り切り、それでもステージと歌姫への憧れを捨てきれず、放っておけば只管カフェーへと向かって歩き出すだろう。そのままでもいずれ消滅するとはいえ、相手は影朧でありオブリビオン。せっかくの祭りも彼女の出現をそのままにすれば、儘ならずに終えてしまう。だからこそ猟兵たちを呼び込み、見張りを兼ねて祭りを楽しんでもらおう、というのが今回の依頼の趣旨だ。
「《ただオブリビオンが居るとはいえ、今回は危険度の低い依頼です。監視はある程度必要でしょうが、それ以外はお祭りをゆっくりと楽しんでくださいませ。そして叶うなら、祭りの最後のステージが終わったならば、影朧が消える前にどうか…拍手を贈って下さいますか。》」

――きっとそれが、旅立つ彼女の道標になると思いますから。
そう締め括って、セラフィムがグリモアを手に呼び出した。





第3章 日常 『帝都のカフェーの優雅な日常』

POWミルクやカステラでばっちり栄養補給!
SPD臨時のボーイやメイドとしてちゃっかり臨時収入!
WIZ最新の雑誌や噂話からきっちり情報収集!
👑5

種別『日常』のルール
「POW・SPD・WIZ」の能力値別に書かれた「この章でできる行動の例」を参考にしつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。