5
アポカリプス・ランページ⑤〜寿司乱舞(作者 真空。
1


#アポカリプスヘル  #アポカリプス・ランページ  #アポカリプス・ランページ⑤ 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#アポカリプスヘル
🔒
#アポカリプス・ランページ
🔒
#アポカリプス・ランページ⑤


0



「よく集まってくれたのじゃ」
 サーラ・ビアンコ(La fanciulla del gatto・f27059)はいつものように高い台に乗って猟兵達を見回す。
「早速じゃが、今回の目的地はソルトレークシティ。文明崩壊以前はアメリカ西部高原地域の経済的中心地となっていた街じゃな」
 映像に映し出されたのは、かつての姿を失った廃墟の街。映像が一旦暗くなったかと思うと、次に見えたのは超近代的かつ大規模な何かの研究施設。
「都市の下にはフラスコチャイルド製造施設があって、秘密裏に運用されていたのじゃ」
 この研究施設の技術が、今回地上にいる敵に影響しているのだという。
「何と、ここを守るオブリビオンは部隊全体で生命力を共有しているそうじゃぞ。多少のダメージでは即座に分けられて、軽傷で済んでしまうのじゃ」
 恐ろしいのぅ、と身を震わせるサーラ。
「だから全力で大ダメージを叩き込んで、一気に殲滅するしかないのじゃ。幸い、辺りに他の生命反応は無い。大技を使うチャンスとも言えるのぅ」
 この機会に、最大出力の必殺技を叩き込んでくると良い、という事なのだ。
「そして、ここに今いる敵じゃが」
 一旦言葉を切るサーラ。何故か、数秒溜めた後大きく声を上げる。
「寿司、じゃ」
 言葉と共に映し出されたのは、巨大な寿司の群れ。ちなみにネタはマグロ。ちゃんと皿に乗っている。
「寿司が本体じゃぞ。アレを叩くのじゃ」
 映像の中で飛び回り、動く何か――おそらくは研究施設にあった機械だろうか、を見つけては捕食している寿司。きわめてシュールな光景である。
「見た目はともかく、決して弱い敵では無いのじゃ。油断するでないぞ」
 重々しく言い放ったサーラは、転移の扉を開き猟兵達を送り出す。


真空。
 見て頂き有難う御座います、真空。(まそら)です。

 プレイングボーナスは【なるべく多くの敵に大ダメージを与える】です。
 ゆるっとしてます。全力を楽しんで頂ければ。

 1章完結戦争シナリオのため、公開後即受付し、少数採用となるかと思われます。

 同行者がいる場合は【相手の名前(呼称も)とID】のご記入お願い致します。
 今回のシナリオの構成上、大人数は厳しいかと思います。

 皆様の参加、心よりお待ちしております。
20




第1章 集団戦 『マグロ・スシ』

POW ●スシ皿・チャクラム
レベルm半径内の敵全てを、幾何学模様を描き複雑に飛翔する、レベル×10本の【スシ皿・チャクラム】で包囲攻撃する。
SPD ●変幻自在・ムラサキビーム
レベル×100km/hで飛翔しながら、自身の【回転】を利用して【スシ皿】から【変幻自在の醤油ビーム】を放つ。
WIZ ●呪われしマグロ・スシ
【殺戮捕食・上トロ形態】に変形し、自身の【捕食した有機物・無機物】を代償に、自身の【戦闘力】を強化する。
👑11

種別『集団戦』のルール
 記載された敵が「沢山」出現します(厳密に何体いるかは、書く場合も書かない場合もあります)。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。