5
アポカリプス・ランページ⑪〜Imitation(作者 さわま
2


#アポカリプスヘル  #アポカリプス・ランページ  #フィールド・オブ・ナイン  #デミウルゴス  #アポカリプス・ランページ⑪ 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#アポカリプスヘル
🔒
#アポカリプス・ランページ
🔒
#フィールド・オブ・ナイン
🔒
#デミウルゴス
🔒
#アポカリプス・ランページ⑪


0



●グリモアベース
「アポカリプスヘルにおいてオブリビオン・フォーミュラであるフィールド・オブナインの6体が同時に活動を開始しました」
 これまでにない緊急事態に、グリモア猟兵のフロワ・アンプローザ(元悪役令嬢・f34014)の顔にも緊張の色が濃くみえる。
「彼らに時間を与えれば与えるほど世界が危機に見舞われます。どうかいち早くこの『アポカリプス・ランページ』の中核となっているフルスロットル・ヴォーテックスを撃破してください!」
 フロワの言葉に猟兵たちも急ぎアポカリプスヘルへと向かうのであった。


「今回みなさまに撃破をお願いしたいのは、フィールド・オブ・ナインの1体である、無敵の偽神『デミウルゴス』です。デミウルゴスは体内に偽神細胞を持たない存在からの攻撃を『完全無効化』してしまいます」
 つまり、普通に戦おうとしても偽神細胞を持たない猟兵では太刀打ちできない事になる。
 どうやって戦えば良いというのか?
「デミウルゴスは偽神細胞を埋め込んだ『偽神細胞オブリビオン』による拠点破壊部隊を多数編成しています。これらの部隊を利用して攻撃することができれば、偽神細胞の無い猟兵でも、デミウルゴスと戦う事ができるはずです」
 デミウルゴスの編成した拠点破壊部隊には様々なヴァリエーションがある。
 戦車や戦闘機、はてはキャバリアのような搭乗して戦えるタイプのもの。
 剣や槍などの近接武器に銃やミサイルなどの兵器の形状をして、武器として扱う事ができるもの。
 通常のオブリビオン部隊だが、支配のためのコンピュータや魔法装置などを組み込まれていて、ハッキングや魔術的な干渉によって操る事が可能なもの。
 その他にも猟兵たちの能力を生かして利用が可能な部隊が多数存在している。
「みなさんの能力を生かす事が可能な部隊はきっと見つかるはずです。その力でデミウルゴスの打倒をお願いいたします」


さわま
 オープニングをご覧いただきありがとうございます。

一章仕立ての戦争シナリオとなります

① ボス戦『デミウルゴス』
 攻撃無効の強敵です。偽神細胞なしの攻撃が効く判定はしないと思ってください。
 デミウルゴスの拠点には、プレイングで指定された偽神細胞を埋め込まれた武器やら兵器やら、操れそうな敵部隊やらが偶然にも都合良くいると思われます。それらを利用してデミウルゴスを撃破しましょう。
 なお、元から偽神細胞を埋め込んでいる猟兵の皆さんは偽神細胞の暴走に苦しみながら戦う事で今シナリオではプレイングボーナスを得られる事にします。

プレイングボーナス
・『拠点破壊部隊』を利用し、デミウルゴスを攻撃する
・『偽神細胞』を活性化させて、デミウルゴスを攻撃する

 となります。よろしくお願いします。
13




第1章 ボス戦 『デミウルゴス』

POW ●デミウルゴス・セル
自身の【偽神細胞でできた、変化する肉体】が捕食した対象のユーベルコードをコピーし、レベル秒後まで、[偽神細胞でできた、変化する肉体]から何度でも発動できる。
SPD ●偽神断罪剣
装備中のアイテム「【偽神断罪剣(偽神細胞製の大剣)】」の効果・威力・射程を3倍に増幅する。
WIZ ●デミウルゴス・ヴァイオレーション
自身が装備する【偽神断罪剣(偽神細胞製の大剣)】から【強毒化した偽神細胞】を放ち、レベルm半径内の敵全員にダメージと【死に至る拒絶反応】の状態異常を与える。
👑11 🔵🔵🔵

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は💠山田・二十五郎です。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


ルドラ・ヴォルテクス
⚫︎アドリブ連携OK

『ルドラ、私も戦います、一人では行かせません』

嵐の剣の宿命を果たす戦いだ、あの昏い魂を救い出す。

【ナタラージャと機心】
『軍隊を掌握中、ルドラ、デミウルゴスを!』

わかっている、ナタラージャ解放、断罪剣をかわす暴風の障壁、羅睺の刃で受け流す!

『掌握完了、戦車砲発射!』
爆炎と煙幕で視界を遮り、本命のキャバリア級の一騎へ搭乗。

『とっておきのやつをハッキングしました、ルドラからアクセス権(行動数)を頂いてたので楽勝でした』

なるほど、羅睺の刃、最大化!特大剣!
こちらも巨大さと追加された全てを使い、断罪剣に挑もう!

デミウルゴス、明日を生きるヒトビトの未来、おまえには渡すわけにはいかない!



 嵐の剣(ストームブレイド)。
 その源流ともいえる偽神(デミウルゴス)。
 2人だけの空間で『偽神』はルドラ・ヴォルテクス(終末を破壊する剣“嵐闘雷武“・f25181)に問う。
「お前はなぜ戦場(ここ)に在(い)る?」
「お前は戦場(ここ)で何を為す?」
 ルドラは——。

 デミウルゴスとの決戦。彼のオブリビオンを守るようにデミウルゴス自身の偽神細胞を埋め込まれた『拠点破壊部隊』が何重にも配置されていた。
 そのうちの一団がルドラへと差し向けられた。
『ルドラよりアクセス権限の移譲を確認。偽神ネットワーク接続……成功しました。ネットワーク内に擬似管理バイアスを構築……成功しました。戦闘群掌握……成功しました』
 ルドラに向かってくる偽神兵器の数々を、『アタルヴァ・ヴェーダ』を介して掌握する。
 部隊が偽神細胞のネットワークによってリンクし支配管理されていた事が敵とって仇となった形だ。
『とっておきのやつをハッキングできました』
 ルドラの側にキャバリア型の偽神兵器がやってくる。コクピットハッチが開き、ルドラはキャバリアへと飛び乗る。
「残りの指揮は任せた」
『ルドラお任せを』
 ハッチが閉まりルドラは偽神兵器と接続する。
 その時、異変が発生した。
『ルドラの偽神細胞に対しキャバリア内の偽神細胞からの逆アクセスを確認……防壁構築が間に合いません、ルドラ!?』
 『アタルヴァ・ヴェーダ』の声は遠くなり、気付けば周囲には知らない空間が広がっていた。
 静かで真っ白な空間。そこには何も無かった。
 ルドラと目の前の『偽神』を除いて——。

 『偽神』はルドラへと問いかける。
「造られた存在である『俺たち』にヒトを救う力などない。だがヒトは偽神に救世を成せという」
「偽の神にできるのは全てを終わらせる事だけだ」
「お前に何ができる?」
 ルドラは——。

『……敵性細胞の掌握終了。ルドラ、大丈夫でしたか』
「問題ない。『ナタラージャ』を解放する」
 ルドラの瞳にユーベルコードが浮かぶ。
「羅睺の刃、最大化! 特大剣!」
 巨大なキャバリアの手に特大の羅睺の刃が握られ、キャバリアは空中へと浮き上がる。
「俺はヒトビトの未来を救う。昏い魂を救い出す」
『私もルドラと共に。一人では行かせません』
 救世を口にするルドラに迷いは無かった。
 全てを救うため、偽神(ルドラ)は嵐となってデミウルゴスの元へと翔けていった。
大成功 🔵🔵🔵