10
アポカリプス・ランページ⑧〜歌姫の論文と猫(作者 天宮朱那
5


#アポカリプスヘル  #アポカリプス・ランページ  #アポカリプス・ランページ⑧  #プレイング受付中  #9月16日(木)24時までは確実、以降は送れる内まで 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#アポカリプスヘル
🔒
#アポカリプス・ランページ
🔒
#アポカリプス・ランページ⑧
#プレイング受付中
#9月16日(木)24時までは確実、以降は送れる内まで


0



 まだ国が存在してた時であれば、そこはアメリカとカナダを隔てる国境の近く。
 セントメアリー・ベースと呼ばれるその巨大拠点においては、まだ比較的平和な共同生活が生き延びた人々によって営まれているのだという。

「マザー・コンピュータに組み込まれている女性――世界最高の歌姫『マザー』。彼女の出身地はそこなんだって」
 天瀬・紅紀(蠍火・f24482)は集まった猟兵達にゆっくりと告げる。
 彼女は歌姫としての知名度を有するだけではなく、非常に優秀な頭脳を有する学者でもあったのだろう。その地で若き日の彼女は、研究に没頭し大量に手掛かりを残したのだ。
「プレジデントも口にしていたね。『時間質量論』という学説の名を」
 時間とは質量を持つ物質。それを消費する事で時は前に進める――猟兵であれば誰しも一度はそんな事を聞いた事があるだろう。その事とイコールなのかは解らないが。
「そのセントメアリー・ベースのあちこちに、彼女が残した初期の研究論文がある。ただし、恐ろしく膨大……らしい」
 紙媒体に電子媒体。沢山の資料や仮説を含めたらちょっとやそっとじゃ済まないらしい。
「それらが保管された倉庫を一つ把握したんで、運び出しをお願いしたいってのが今回の仕事。可愛らしい邪魔が入るかもしれないけど……」
 紅紀はそこで苦笑い一つだけ見せて続けた。
「人によってはある意味ご褒美というかボーナスステージかもね? 力仕事になるだろうけど、頑張ってきてね」

 そして、彼が告げた邪魔者とは。
「にゃー」
「ふにゃーん」
「みーみー」
 大量のデスクトップパソコンとサーバ、そして棚に紙資料が詰まった箱が沢山。
 そしてその資料保管室にお住まいになられているネコさんたちも沢山。
 どうやら、夏は電脳保護の為に涼しく建築され、冬は機械から放熱されるとあって。ネコさん達の一大拠点となっているらしい。
 お陰で紙類等がネズミなどの食害に遭わなくて済んでいたのもある様だが。

 棚の上やらパソコンの上やらの上にドカンと乗ってらしたり。
 足元塞ぐ様にくつろいでらしたり。
 近づくと威嚇してくる気性の荒いのもいれば、甘えて離れないのもいる。
 まぁ、沢山の猫さん達が各々好き勝手にいらっしゃって、邪魔をなさってくれる。
 重要資料だとは露知らずして、今日もネコ達はその上に鎮座する。
 それらを運び出す為、猟兵とネコ達の仁義なき戦いが始まる。


天宮朱那
 天宮です。にゃーん。
 戦争の息抜きにニャンコと戯れつつお仕事な感じで。

 プレイングボーナス→大量の記録媒体を運び出す。

 研究施設みたいな建物の地下室でエレベータは故障中。階段利用で。
 予備電源だけは生きているらしく、電気は付くしHDDやサーバは動いてて排熱中。電源は容易に落とせるのでそこは意識しなくて大丈夫です。
 棚にある紙媒体はファイルやら冊子やらぎっしり箱に整然と保管されている状態。

 そしてネコ。どっかネコだけ出入り可能な隙間があるらしい。
 各々好き気ままにいます。個別に色々性格います。アメショとメインクーン多め。か弱い品種は少なめ。
 色々邪魔をされつつ、研究資料を運び出して頂ければと。
 つまりはネコと戯れるのがメイン。仕事はついでだ!

 公開されたら受付開始。特に導入は入れません。
 複数合わせは迷子防止に相手の名前(ID)かグループ名記載を。
 適度に人数集まったら〆切目安の告知予定。
 マスターページやタグ、Twitter(@Amamiya_syuna)等でお知らせします。
73




第1章 日常 『時間質量論を運び出せ』

POW腕力に任せて一気に運ぶ
SPD乗り物や道具を利用する
WIZより重要そうなデータを優先して運ぶ
👑5

種別『日常』のルール
「POW・SPD・WIZ」の能力値別に書かれた「この章でできる行動の例」を参考にしつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。