1
アポカリプス・ランページ⑫〜無邪気な好奇心(作者 寅杜柳
6


#アポカリプスヘル  #アポカリプス・ランページ  #フィールド・オブ・ナイン  #スーパー戦車  #アポカリプス・ランページ⑫  #プレイング受付中 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#アポカリプスヘル
🔒
#アポカリプス・ランページ
🔒
#フィールド・オブ・ナイン
🔒
#スーパー戦車
🔒
#アポカリプス・ランページ⑫
#プレイング受付中


0



●焼けつく荒野でつかまえて
 ダラス・フォートワース国際空港跡。
 見上げるような、巨大な一両の戦車がそこにはあった。
 それは当然ただの戦車などではなく、かつて世界を滅ぼした『フィールド・オブ・ナイン』の内の一体『スーパー戦車』。自律思考型巨大戦車は精密な超長距離砲の連射を可能とし、最終戦争の如き様相に世界を一変させた凶悪な兵器。
 例えそのプログラムがコンピュータウイルスに侵食されていたとしても、戦力としては並のオブリビオンとは一線を画す程に強力だ。
 しかし、そのスーパー戦車は何故かその戦車砲ではなく機体に搭載されていた複葉機型の捕縛兵器を周囲に展開している。
 そしてたまたま通りかかったと思われるレイダーを複葉機から縄のように太い金属ワイヤーを放って拘束、そのまま凶悪な日差しの荒野の大地に標本のように縛り付けていた。
 太陽熱、そして機械から放たれる熱をたっぷり吸収したワイヤーは、捕らえられた被害者の体を電熱線のように焼きながら膨張し締め付け、やがて切断してしまう。もっとも、それまでに生きているかどうかすら怪しいけれども。
 そんな光景をスーパー戦車は低い機械音――どこか好奇心を抱いているようなそんな雰囲気の音を響かせながら、まるで自由研究で子供が観察するように見下ろしていた。

 グリモアベース。
「アポカリプス・ランページ、フィールド・オブ・ナインの一体である『スーパー戦車』についての予知が見えた。できるならみなの力を貸してくれんか」
 老狼の猟師、ロー・シルバーマン(狛犬は一人月に吼え・f26164)はそう猟兵達に要請する。
「廃墟と化したダラス近辺を制圧している巨大なスーパー戦車は猟兵達がデス・バレー要塞を制圧した事により奪取した侵食プログラム弾の効果で弱体化している。しかしその戦力は相変わらず強力じゃが……どうにも一番の武器であるスーパー戦車砲を使わず機体に搭載された捕縛兵器を周囲に展開しているようじゃ」
 本来のスーパー戦車砲は精密な長距離狙撃のみならず連射も可能という恐ろしいものだが、それを何故使わないのかは分からないと首を傾げながらローは言う。
「その捕縛兵器は巨大なスーパー戦車の各所から放たれる小型の複葉機型ドローンで、射程距離に入った者に即座に放たれる。そしてそれは統率を取って人の腕ほどもある縄のようなワイヤーを放って敵を拘束し、そして地面に縫い留めようとする。ワイヤー自体の強度もあるが、荒野で炎天下、更にドローンが熱源になっているから早めに脱出できなければ締めつけられながら焼かれてしまう事になるじゃろう」
 ちなみにスーパー戦車自身は猟兵を捕獲してもすぐには追撃してこないようだとローは言う。
「どうにもどうやって逃れようとするのか好奇心を抱いているような……捕縛されないのが一番じゃろうが、もしかするとわざと捕らえられてそこから見事に脱出してみせればスーパー戦車の隙を突くことができるかもしれぬ」
 そしてローは左腕の鈴のグリモアを鳴らし、アポカリプスヘルへの転送を開始する。
 鈴の音が遠くなり、猟兵達は眩しく遮蔽物のほぼない荒野へと降り立つ。
 そして彼らの眼前には、かつて世界を滅ぼした中の一機である巨大戦車が不気味に機械音を唸らせ聳えていた。


寅杜柳
 オープニングをお読み頂き有難うございます。
 わんわん!

 このシナリオはアポカリプスヘルのダラス・フォートワース国際空港跡で『スーパー戦車・エクスペリメントモード』と戦うシナリオとなります。
 禁断のコンピュータウイルスを込めた侵食プログラム弾を猟兵達が放ったことにより弱体化していますが戦力は脅威のままです。
 しかし得意とする長距離砲撃は行わず、何故か猟兵達を搭載されている極太の金属ワイヤーを放つ小型複葉機型の捕縛兵器により猟兵を生きたまま捕えようとしてくるようです。
 下記の特別なプレイングボーナスがある為、それに基づく行動があると判定が有利になりますので狙ってみるのもいいかもしれません。

=============================
 プレイングボーナス……あえて捕まり、驚くほどピンチになった後、敵が驚嘆するような方法で脱出し、反撃する。
=============================

 それでは、皆様のご参加をお待ちしております。
65




第1章 ボス戦 『スーパー戦車・エクスペリメントモード』

POW ●ピースフル・キャプチャー
【邪悪な好奇心】を籠めた【捕縛兵器】による一撃で、肉体を傷つけずに対象の【行動自由度】のみを攻撃する。
SPD ●ホーミング・キャプチャー
【誘導式捕縛兵器】を発動する。超高速連続攻撃が可能だが、回避されても中止できない。
WIZ ●キャプチャー・フラッド
【捕縛兵器の発動】を合図に、予め仕掛けておいた複数の【キャプチャーマシン】で囲まれた内部に【大量捕縛兵器】を落とし、極大ダメージを与える。
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔴

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は💠山田・二十五郎です。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


カグラ・ルーラー
「どっちがヤキ入れられる立場か解らせてやるさ」
この事件に対してこう感じ、猟兵として参加だ。

ほう、太ってェワイヤーだが痛くも何ともねェな。本気で焼き殺す過程が見てェらしい。血ィ出てりゃヤキ入れてやれたけどな。

だが本気で焼き殺されるなんざ死んでも御免だ。
「ピースフル・キャプチャー」に対し、「ノラネコーション」。

肉体の全部を猫に変異させ、隙間をするりと抜け出てやるさ。

抜け出たらそのままスーパー戦車に駆け上って、
間抜けに口開けた砲塔を猫パンチでボコるぜ。


 酷暑の荒野に聳え立つ巨大な戦車を見上げ、カグラ・ルーラー(バスバリス・f21754)は不敵に笑っていた。
 グリモア猟兵から聞いた話に拠れば今のこのオブリビオンは敵を捕らえて拘束、逃れようとする様を観察してくる、とのことだ。
 ――向こうからすればそれは単なる好奇心かもしれないが、他者には拷問や処刑と何も変わりはしない。
「どっちがヤキ入れられる立場か解らせてやるさ」
 そしてカグラは笑みを深めつつ戦車へと駆け出す。
 燃えるような赤髪を眼前に認めた戦車の各所から捕縛用兵器である複葉機型ドローンの群れが放たれる。
 数は膨大、しかも一糸乱れぬ統率をもってカグラに襲い掛かる。これを回避しきる事は不可能だろう。
 飛来する複葉機の放った縄のようなワイヤーがカグラの腕に巻き付く。引っ張って軽く強度を確認してみるがびくともしない。
 だが今は熱くもなく、それ以上締め付ける訳でもないのか痛みもない。
(「本気で焼き殺す過程が見てェらしいな」)
 もしかするとそれ以上に惨い意図があるのかもしれないが、今のこのワイヤーに捕縛以上の意図はないようだ。
 両手足と胴体にワイヤーを巻き付けられた彼女はそのまま複葉機の群れに吊り下げられる形でスーパー戦車の近くにまで運搬され、地面に縛り付けられてしまう。
 もしも。ここまでで傷を受け出血していたなら、この状態からのオウガ召喚でのヤキ入れもとい反撃も考えられたがそれは使えない。
 だがこのまま焼き殺されたり日干しにされるのは当然御免だ。
「猫を恐れ敬え……!」
 そう呟くと同時、ユーベルコードを起動したカグラの全身が小柄な猫のそれに変異する。
 元の人間の身体よりも柔軟で小柄な猫の身体、巻き付いたワイヤーとカグラの身体の間に隙間が生じる。
 その僅かな隙間を猫の柔軟性でするりと抜けて、そして拘束から離脱する。
 鮮やかにすり抜けた目の前の猟兵に奇妙な駆動音――どことなく楽し気に感じる音を立てるスーパー戦車。
 捕縛兵器の追撃はない、その間にカグラはスーパー戦車の巨大な鋼鉄の身体をたんたんと駆け上り主砲へと辿り着く。
 そしてその砲口にオウガブラッドの少女は連続で猫パンチで叩き込み、スーパー戦車への最初の一撃を与える事に成功した。
成功 🔵🔵🔴

宮落・ライア
捕縛は呪縛と判断!

で、とりあえず捕まって脱出して驚かせてやれってことだけど―…。
ちゃんと捕まるまではダッシュしながら見切って鬼ごっこしようか捕縛兵器と。
わざと捕まるのはなんとなーく趣味じゃないんだよねー。
それにそっちの方が面白だろう?
で、掴まっちゃったら『止まる事無かれ』で能力上昇!
力技で片腕を無理やり自由にして怪力限界突破も含めてワイヤーを引き千切る!
後は、先の鬼ごっこで学習させた速さを能力強化で越えてるだろうから狙いズレるかなー。
戦車に一気に近づいて大剣でぶん殴る。


 そしてスーパー戦車が捕縛兵器を放つ中、キマイラの宮落・ライア(ノゾム者・f05053)は捕縛兵器から逃れつつ荒野を駆けていた。
 このスーパー戦車を突破する糸口として提示されたのは完全に捕縛された状態から脱出して驚かせて隙を作り出すという手段。
 けれど、わざと捕まるのはなんとなくライアの趣味ではない。
 だから荒野を飛び駆けまわり、複葉機の群れから放たれる太いワイヤーを見切りながらスーパー戦車を目指していく。
 どこまで逃げられるのか、それにワクワクしているかのように低い駆動音と共にスーパー戦車の機体から更に捕縛兵器が放たれていく。
 そして転送された位置とスーパー戦車の丁度真ん中辺り、ぐるりとどこを見てもドローンの群れ、逃げ場を完全に封鎖されたライア目掛け無数のワイヤーが放たれ彼女の四肢を拘束。
 そして複葉機がライアをオブリビオンの下へと運ぼうとする。
「……動け」
 空中を運搬される中、足掻くライアが全身に力を籠めワイヤーから強引に逃れようとするが、恐ろしく頑丈なワイヤーはびくともせずより強力に彼女の動きを封じていくばかり。
 邪悪な好奇心により放たれたこの兵器による捕縛は、心理的にもライアの動きを封じようとする――すなわち呪縛。
「動け! 動けっ!!」
 多くの血と想いに託され救われたが故に、止まる事なんか許されない。
 ユーベルコードを起動し足掻き続けるライアの全身から血が流れ出したが、それを代償に彼女の力が跳ね上がる。
 左腕に絡まったワイヤーを血で滑らせ逃れさせ、右腕に絡まるワイヤーに手をかけその剛力で引きちぎる。
 全身から出血、そして体に猛毒の痛みが走り寿命が削られる感覚は無視。動けない筈を動かす無理を通す代償なのだから。
 この覚醒した彼女を縛る事など出来はしない。残るワイヤーも引き千切り落下したライアは一気にスーパー戦車へと距離を詰める。
 その速度は先程までの鬼ごっことは桁違い、後方に放たれるワイヤーを置き去りにしつつライアが跳躍し、スーパー戦車の装甲に大剣を叩きつけ破損させた。
大成功 🔵🔵🔵

ペトニアロトゥシカ・ンゴゥワストード
アドリブ・連携OK


んー、驚くような方法で脱出ねえ。
まあ、何とかやってみようか。

さて、まず下準備としてワイヤーからしばらく走って逃げ回って、
何回か転んだりして全身に擦り傷を付けておくよ。

その後ワイヤーに捕まって地面に縫い留められたら、
擦り傷から滲んだ血で【化変妖血】を発動。
体に巻き付いてるワイヤーを巨大な蛇に変異させて、
巻き付いてるのを緩めさせて脱出するよ。

脱出したら変異した蛇をスーパー戦車に巻き付かせて動きを止めて、
自分も巨大な怪物に変異して体当たりで攻撃しようか。

捕まえた実験動物が逃げ出して攻撃されるなんて、
アンタまるでモンスター映画の研究者だねえ。


 そしてキマイラの少女が鬼ごっこを繰り広げているのとほぼ同時刻。
「んー、驚くような方法で脱出ねえ……」
 同じくキマイラのペトニアロトゥシカ・ンゴゥワストード(混沌獣・f07620)も飛来する捕縛兵器から逃れつつ、戦車の巨体を見上げていた。
 急に放たれたワイヤーを前方に飛び込みどうにか回避、何度目かの擦り傷から血が流れやや痛むような気がする。
 動きには支障はないけれども捕縛兵器は非常に多く切り込む隙が見えない。
 そしてペトニアロトゥシカが大きく跳ねてワイヤーから逃れ着地したタイミング、上空から一斉に複葉機の群が急降下を仕掛けてくる。
 ここに誘い込まれたのか、と冷静に考えながら彼女は拘束されてしまった。
 そしてそのまま彼女は捕縛兵器の群にスーパー戦車の前へと運ばれ拘束されてしまう。
 仰向けに地面に縛られた彼女、相当深くにワイヤーの固定具が撃ち込まれているようで、キマイラの怪力を以てしてもびくともしないという絶体絶命の状況。
 しかしここから逃れる事ができればこの窮地は好機に変化するだろう。
(「まあ、何とかやってみようか」)
 そして彼女はスーパー戦車が観察する中、ユーベルコードを起動する。
「力が欲しいならあげるよ」
 擦り傷から流れる血の量が増し、絡まったワイヤーを伝い濡らせば、ワイヤーが巨大な蛇の群へと姿を変える。
 怪物の血を浴びたものは新たな怪物に成る――元はワイヤーだった蛇はしゅーしゅーと空気を漏らしつつばらばらに散らばり、そして日の光を嫌い大きな影、つまりスーパー戦車へと向かっていく。
 そんな巨大蛇の群に、まるでびっくりしたように過剰な数の捕縛兵器の群が放たれ拘束していく。
 そしてスーパー戦車が完全にそちらに気を取られている中、ペトニアロトゥシカ自身も巨大な怪物へと自身の肉体を改造していて、その巨体でスーパー戦車に突撃する。
 捕縛兵器の群も間に合わない大きさと速度、その一撃はスーパー戦車の巨大な機体の装甲をへこませ内部に強烈な衝撃を通した。
「アンタまるでモンスター映画の研究者だねえ」
 捕まえた実験動物が逃げ出し攻撃される、そんな映画のようなシチュエーションに例えて怪物が笑う。
 けれど戦車の駆動音はどこか高く楽し気。戦いではなく遊んでいるような、そんな風に何故かペトニアロトゥシカには思われた。
大成功 🔵🔵🔵