アポカリプス・ランページ⑫〜嘗てシティオブヘイトと呼ば(作者 久渓洞
1


#アポカリプスヘル  #アポカリプス・ランページ  #フィールド・オブ・ナイン  #スーパー戦車  #アポカリプス・ランページ⑫ 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#アポカリプスヘル
🔒
#アポカリプス・ランページ
🔒
#フィールド・オブ・ナイン
🔒
#スーパー戦車
🔒
#アポカリプス・ランページ⑫


0



●異形の戦車は何もなくなった地にて猟兵を待つ。
 其れは余りにも異形の存在であった。
『e69caae381a0e3818be381aae383bcefbc9fe69caae381a0e3818be381aae383bcefbc9f』
 其の体躯は30mと巨大、全身に鎖が巻き付けられ、所々に棘があり……。
『e697a9e3818fe688a6e38184e3819fe38184e38288e383bcefbc81e78c9fe585b5e38195e38293e98194e38081e381a9e38293e381aae9a2a8e381abe6a5bde38197e381bee3819be381a6e3818fe3828ce3828be38293e381a0e3828de383bcefbc9f』
 排気筒か管楽器か何かを吹き出す様な形状の管を持ち……。
『e9a39be8a18ce6a99fe381aee6a798e381abe7a9bae38292e9a39be381b6e381aee3818be381aaefbc9fe585b6e3828ce381a8e38282e8bb8ae381aee6a798e381abe9ab98e9809fe381a7e8b5b0e3828be381aee3818be381aaefbc9fe38282e38197e3818be38197e381a6e38389e383aae383abe688a6e8bb8ae381aee6a798e381abe59cb0e4b8ade3818be38289e5a587e8a5b2e38197e381a6e3818fe3828be381aee3818be381aaefbc9f0d0ae38186e383bce38293e38081e6a5bde38197e381bfe383bce299aa』
 旗やスピーカー、槍等の謎の装飾品を装備している。
 そんな異形、スーパー戦車が更地と化したダラスの中央に陣取っていた。
 自分と戦いに来る敵、猟兵達を待ち受けながら。
『e6a5bde38197e3818fe688a6e3818ae38186e381ade78c9fe585b5e38195e38293efbc81』

●グリモアベースにて。
「という訳で皆にはスーパー戦車、世界を滅ぼしたフィールド・オブ・ナインの一体と戦ってほしい」
 そんな風にグリモア猟兵は集まった猟兵達に頼み込む。
「特性としては先ず体高30m、そうだね猟兵の皆に判りやすく言うと熊本城の天守や10階建てのマンション位の高さになるかな?
 そんな巨躯を誇る自律思考型巨大戦車、それが今回戦う相手のスーパー戦車だ」
 侵蝕プログラム弾を放った事により弱体化はしているものの戦力としては余りにも強大。
 決して油断できるものではないのだという。
「場所はダラス、テキサス州北部の都市でアメリカ合衆国南部有数の都市だったんだが……今はほぼ更地となっているんだ」
 其の為、敵の視界を遮る遮閉物等も殆どない。
 そんな場所のそれも中心部に敵は座しているという。
「そして、敵は俺達猟兵の存在を確認したら超長距離からの正確無比なスーパー戦車砲を連発してくるんだ。
 高軌道且つ複雑な軌跡で移動する事で距離をとりながらね」
 なので、先ずは敵の先制攻撃を凌がないといけないし凌いだ後もシンプルに強く弱点も殆どないスーパー戦車相手に勝利を掴む必要がある。
「ただ敵は一切隙は見せないが戦いを楽しんではいる様でね。
 敵の先制攻撃に敵が驚く様な方法で対処すれば隙が生じて戦いを有利に進める事が出来そうだよ」
 一応、言っておくと驚かせるにしても公序良俗は考えて欲しいけどね?とはグリモア猟兵の談。
 後、驚かせる事にだけ集中して攻撃への対処が出来てなかったら余り意味はないからね?とも。
「敵の攻撃は三種類、正確無比な射撃による部位破壊、正確無比且つ素早い射撃、そして地形全体へ砲弾を降り注がせる地形破壊級の砲弾の雨だ」
 最後は特に厄介で嘗ての最終戦争級の惨状を引き起こすのだという。
「最終戦争に適応できれば其れも対処可能ではあるが中々難しいからね」
 仮に適応できたとしてもスーパー戦車以上に適応する事は至難の業かもしれない。
 其の辺りは工夫次第だろうが。
「今回の件は本当に難しい依頼ではあるけれど皆なら勝利をつかむと信じているよ」
 そういうとグリモア猟兵は猟兵を戦場へ送り出すのであった。


久渓洞
 初めまして或いはお久しぶりです久渓洞です。
 今回の依頼は戦争依頼、スーパー戦車との決戦で敵は必ず先制攻撃を仕掛けてきます。
 プレイングボーナスは敵の先制攻撃ユーベルコードに、敵が驚嘆するような方法で対処する事。
 中々に厄介な敵ですが皆さんのプレイング楽しみにお待ちしております。
51




第1章 ボス戦 『スーパー戦車・バトルオウガモード』

POW ●スーパー戦車砲・ブルズアイ
【正確無比のスーパー戦車砲】が命中した箇所を破壊する。敵が体勢を崩していれば、より致命的な箇所に命中する。
SPD ●スーパー戦車砲・ラピッドファイア
レベル分の1秒で【正確無比のスーパー戦車砲】を発射できる。
WIZ ●スーパー戦車砲・アポカリプス
【大量の戦車砲の砲弾】を降らせる事で、戦場全体が【最終戦争】と同じ環境に変化する。[最終戦争]に適応した者の行動成功率が上昇する。
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は💠山田・二十五郎です。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


御剣・刀也
でっけぇ戦車だなぁ
しかも正確無比な遠距離射撃かよ。ふふ。面白いな。こんな面白い負け戦は久しぶりだ
そうさ、勝ちが分かってる勝ち戦なんかより、負け戦の方が燃えるってもんだ!
さぁ、行くぞ!戦さ人としての晴れ舞台、存分に楽しませてもらおうか!

スーパー戦車砲・ブルズアイで超遠距離から射撃されたら、ダッシュで着弾点から移動し、勇気で恐れず、覇気で心を奮い立たせ、砲弾を斬り捨てながら一気に距離を詰め、捨て身の一撃で車体ごと斬り捨てる
「でかい砲弾だったが、俺のいる場所に来るなら軌道は読みやすい。なかなか楽しい戦いだったよ」


●戦場を駆け刀を振るわん。
「でっけぇ戦車だなぁ。
 しかも正確無比な遠距離射撃かよ」
 戦場に降り立ち敵の余りの巨大さを垣間見……御剣・刀也(真紅の荒獅子・f00225)は実に楽しそうに笑みを浮かべる。
「ふふ、面白いな。
 こんな面白い負け戦は久しぶりだ」
 目の前に見える敵は見るだけで判る位には強く、苦戦は必至な強敵。
 だが、だからこそ……。
「そうさ、勝ちが分かってる勝ち戦なんかより負け戦の方が燃えるってもんだ!
 さぁ、行くぞ!戦さ人としての晴れ舞台、存分に楽しませてもらおうか!」
 此の戦場は強き者との闘いを歓喜する修羅である刀也にとって喜ばしい戦場であった。
『e78c9fe585b5e38195e38293e3818be3818fe38194e383bcefbc81』
 そして、そんな彼を見止めた敵は正確無比な砲撃を撃ち放つ。
「成程、確かに正確無比を謡うだけの事はあるな」
 それに対し刀也は冷静に対応。
 攻撃を確認すると即座に其の場を素早い動きで離れると爆風を背に敵に向かって駆けて行く。
『e38182e38081e38193e381a3e381a1e381abe59091e3818be381a3e381a6e3818fe3828be38293e381a0efbc9fe99da2e799bde383bce38184efbc81』
 それに対し敵は次弾を装填。
 刀也に向けて撃ち放つが……。
「甘いぜ」
『e58395e381aee694bbe69283e38292e58887e381a3e381a6e38199e381a6e3819fefbc81e38199e38194e383bce28095e28095e28095e38184efbc81efbc81』
 向かってくる砲弾を其の持ち合わせた勇気によって恐れる事無く立ち向かい、覇気を纏って心を奮い立たせながら刀也は砲弾を切り捨て……其の侭足を止めずに駆け続ける。
 元より刀也の流派、天武古砕流は戦国時代に火縄銃に対抗する為に作られた流派。
 故に銃器の類への対応は得意としており……其れは例え其の銃弾が大きくなろうと変わりはしない。
 そして、其の侭一気に距離を詰め……。
「でかい砲弾だったが、俺のいる場所に来るなら軌道は読みやすい。
 なかなか楽しい戦いだったよ」
 刀也は持てる力を振り絞って上段から刀を振り下ろすのであった―――。
大成功 🔵🔵🔵

アリス・フェアリィハート
アドリブや連携等歓迎です

あの戦車さん
性格は…仔犬さん…?
でも…倒すべき敵さん…

【WIZ】

私の力で
驚かせられるかどうか…
けど
私が打てる手は
これしか…!

戦車さんが先制UCで
砲弾の雨を降らせたら

【第六感】【見切り】【早業】
【瞬間思考力】
総動員し
UC発動
相殺を試みます

相殺成功したら
翼で飛翔
【空中機動】【滑空】
【空中戦】等使い
狙いを定まらせない様
飛行しつつ

【ハートのA(アリス)】達を
周囲に展開
戦車砲を
【第六感】【見切り】【残像】
【結界術】【オーラ防御】で
回避や防御等しつつ
【衝撃波】【誘導弾】の
【一斉発射】【全力魔法】
撃ちつつ接近

ヴォーパルソードの
【斬撃】【両断】【なぎ払い】で攻撃

『戦車さん…お覚悟を…』


●鏡写しの戦い。
『e38186e3828fe383bce38184efbc81e38199e38194e3818be381a3e3819fe383bcefbc81e38182e3828ce3818ce4be8de4bd95e381a0e381ade383bcefbc81』
(あの戦車さん……性格は……子犬さん……?)
 敵、スーパー戦車の言葉が何となく判るのか、アリス・フェアリィハート(不思議の国の天司姫アリス・f01939)はさっき迄戦った猟兵の事を思い出して興奮している敵の様子に戸惑いを隠せないでいた。
 戦車、戦争の道具にして多くの人々を殺めた存在というには余りにもスーパー戦車は純粋すぎた為だ。
 とはいえ眼前の敵を打ち倒さねば多くの人々が犠牲になり世界も滅ぼされかねないのが現状。
「でも……倒すべき敵さん……」
 例え相手が子犬や幼子の様な者であっても倒さない訳にはいかないとアリスは一歩足を踏み出した。
『e38182e38081e58f88e69da5e3819fe38293e381a0e381ade78c9fe585b5e38195e38293efbc81e9818ae381bce38186efbc81e9818ae381bce381860d0a』
 そして、そんなアリスの存在を見止めた敵は空に向けて砲弾を発射。
 そして、その砲弾は無数の砲弾へと姿を変え、砲弾の雨が戦場へと降り注いでいく。
「私の力で驚かせられるかどうか……。
 けど、私の打てる手はこれしか……!」
 それに対しアリスは第六感を高め、それによって砲弾の動きを見切り、素早く回避し続ける。
 敵の放ち続ける砲弾は断続的に続き中々に厄介で、更に言えば敵のユーベルコードによって周囲の環境が変わりつつある状態であった。
 此の侭行けばそう遠くない内に激変した環境がアリスの動きを鈍らせ、彼女は砲弾の雨に撃ち抜かれ倒れていたであろうが……。
「【白の女王の鏡】に、映らないものはありません…!」
 其の詠唱と共に大地から放たれる砲弾の嵐が空から降り注ぐ砲弾の雨へ向かっていき互いに激突。
 空には激突によって巻き起こる爆発の嵐が発生し敵のユーベルコードによる大地への浸食は停滞する。
『e5908ce38198e694bbe69283efbc81e5908ce38198e694bbe69283e381a0e383bcefbc810d0a』
 そんな状況を見て何処か楽しそうに敵は更に砲弾を放ち続けるが其れもアリスのユーベルコードによって相殺され大空に爆発の嵐が引きおこるのみ。
 そして、アリスの動きは当然それだけで終わらない。
「……行きます」
 陸よりも空の方が敵を相手にするのに有利と見たのか翼を広げ飛翔するとアリスは狙いが定まらない様に空を変幻自在の動きで移動。
 其の侭、自身の周囲に虹や星々、花々を内に鏤めし変幻自在のジュエルのハート、ハートのA(アリス)を展開する。
 アリスは相殺しきれなかった僅かな砲弾を其の優れた感覚で見切り気の障壁による結界によって防ぐと敵へ向かって自動追尾される衝撃波を幾十、幾百と撃ち放ちながら敵に向かっていく。
『e38182e381afe381afefbc81e7b6bae9ba97efbc81e38199e38194e38184efbc81』
「本当に……戦車さんは無邪気…ですね……。
 戦車さん……お覚悟を……!」
 そして、アリスは空色の焔を纏う剣を敵へ向かい振り下ろし灼き斬るのであった―――。
大成功 🔵🔵🔵

ユーイ・コスモナッツ
愛用の空飛ぶ大盾「反重力シールド」に乗って出撃
先制して放たれる戦車砲は、避けるほかありませんね
狙いが正確無比であるぶん、弾道は読みやすい
自慢の[視力]で見極めて、ひらりと空中回避です

このとき、ただ回避するだけでなく、
得意の[空中機動]技能を駆使して、
必要以上にアクロバティックなエアトリックで魅せます
驚いたかな?

一度躱してしまえば、
次の瞬間には私の間合いです
せっかくですから攻撃も派手にいきましょう
主砲を掠めるような距離まで詰めて、
もう一度驚かせたら、
そこから高速とんぼ返りで頭上をとる

スーパーな戦車には、スーパーな一撃で勝負ですっ
最高出力の【彗星の重力加速度】で垂直降下&突撃を敢行!


●流星の如く敵を撃ち。
『e381b5e381b5e381b5e38081e5908ce38198e694bbe69283e38292e38197e381a6e3818fe3828be381a8e3818be38199e38194e3818be381a3e3819fe381aae383bcefbc81』
 ユーイ・コスモナッツ(宇宙騎士・f06690)が愛用の空飛ぶ大盾『反重力シールド』に乗った状態で見下ろす先には幾つもの箇所が猟兵の攻撃によって傷つきながらも機嫌が良さそうな敵の姿であった。
「機嫌が良い……んですかね?」
 生憎、ユーイには敵の言葉は判らないが其の行動から何となく感じる物はなくもない。
『e38182e38081e78c9fe585b5e38195e38293e381a0e383bc』
「っと、撃ってきましたね!」
 とはいえ敵がこちらを補足した以上、のんびり観察等をしている訳にもいかない。
 其の遠く離れた場所の糸の結び目の数すら見抜くであろう優れた視力によって敵の動きを見抜いたユーイは弾道の軌道も見抜いて僅かな動きでひらりと回避。
『e3818ae383bcefbc81e382a2e382afe383ade38390e38383e38388e381a0efbc81e69894e8a68be3819fe4ba8be38182e3828be38288efbc81』
 勿論、ただ単純に避けるだけには留まらない。
 敵の興味を惹きつける為に其の優れた技術を駆使し敵の目を惹きつける様なアクロバティックな飛行を魅せつける。
(結構、面白がってる様だし驚いてくれた、かな?)
 そして、最初の攻撃を躱してしまえば此方のもの。
 空がある限り此の世の全てはユーイの間合いである。
 彼女は敵に向かって一直線。
 敵が砲撃を放って来てもひらりひらりと魅せる動きで余裕の回避。
『e38186e3828fe38081e68ea0e381a3e3819fefbc9fefbc81』
 そして、敵の主砲の傍、ギリギリ掠めるような距離まで一瞬で近づいて敵を驚かせたと思うと其処から高速とんぼ返り。
 敵の頭上へと辿り着く。
「スーパーな戦車にはスーパーな一撃で勝負ですっ! 最高出力で……突撃ぃ―――!」
 準備は万端、ユーイは狙いを定めると敵の頭上から一気に敵の元へと急降下。
 超光速の体当たりは敵にぶつかって……其の巨体を吹き飛ばす程の威力を叩き込む!
『e58784e38184efbc81e58784e38184efbc81e58784e38184e28095e28095e28095e28095efbc81』
 周囲一体の大地事自分を吹き飛ばし巨大なクレーターを産み出した余りの威力に敵は驚嘆し狂喜した事は言うまでもないだろう。
大成功 🔵🔵🔵

馬県・義透
四人で一人の複合型悪霊。生前は戦友

第二『静かなる者』霊力使いの武士
一人称:私 冷静沈着
武器:白雪林

霹靂に騎乗。
この飽和量…限界突破な結界術で防護を敷きつつ、空中機動で砲弾をジグザグに避けましょう。今のところ適応はしていますね。

そして、場をこちらに引き寄せます。【四悪霊・水】にてこちらの場へと塗り替えます。
『鬼火』殿のを参考にしましたよ。

ええ、この場に私と霹靂は適応しますし。スーパー戦車はフォーミュラ故に絶対に適応できない。

その砲身の中に向けて、氷雪に加えて雷属性の霊力矢を射かけましょう。
四天刀鍵にて各属性を増幅してますから、威力も強めですよ。


●鬼火転じて氷雪となす。
「後ちょっと、といった所か」
 そう言って興奮している敵を空から見下ろすのは馬県・義透(死天山彷徨う四悪霊・f28057)、その一人である『静かなる者』であった。
 彼は霹靂(かむとけ)、金色混じりの焦げ茶の羽が美しいヒポグリフに跨って空を駆り、白雪林、白い雪の様な色合いの長弓を構えて敵を油断なく見据えている。
『e38182e38081e78c9fe585b5e38195e38293e381a0efbc81e4bb8ae5baa6e381afe4bd95e38292e8a68be3819be381a6e3818fe3828ce3828be381aee383bcefbc9f』
 そして、そんな彼の存在を見止めた敵は其の巨大な砲塔から銃弾の雨を降り注がせ始め、周囲を嘗ての戦災の時代の様に変え始めていく。
「この飽和量……中々厄介ですが耐えきれない程ではないですね」
 だが、そんな災禍の如き砲弾に対して『静かなる者』は冷静に対応。
 己の限界を超えた力を引き出して結界術によって守りを固め、更に霹靂を駆って空をジグザグ、縦横無尽に駆け回り砲弾へと対処する。
 その動きは実に見事で敵の物と化した環境にも対応しきっているといえよう。
「そろそろ場を此方に引き寄せます。
 水よ……凍てつけ」
『e6b0b4e381aee9b3a5e38195e38293efbc9f』
 『静かなる者』が呼び出した水で出来た鳥に敵は興味深げに一瞬、動きが止まる。
 そして、其の隙を『静かなる者』も彼の呼び出した鳥も逃す筈もなく……鳥が降り注がせた凍らせた羽は戦場全体を雪原、いや氷原というべき環境へと変えていった。
 嘗てグリードオーシャンで戦った或る敵の能力を参考にした物であるが実に見事という他ないだろう。
『e38186e3828fe383bcefbc81e5af92e38184e5af92e38184efbc81e3819de3828ce381abe7979be38184e38288e383bcefbc9fefbc81e4bd95e381a7efbc9fefbc81』
 そして、此の氷原は只の氷原ではない。
 オブリビオンを蝕む破魔の氷原であり、故に敵はフォーミュラ級故に絶対に適応など出来ないのである。
 『静かなる者』は痛みと寒さに戸惑い驚く敵を見据え氷雪と雷鳴の力を備えし矢をつがえる。
 腰に携えし打刀、四天刀鍵によって属性を強めた其れで狙うは砲身の中。
「此処ですね」
『e38186e3828fe383bcefbc9fefbc81』
 そして、狙いは過たず砲身は氷雪で凍り付き、更に其れによってより効きやすくなった雷鳴によってズタズタに。
 敵、スーパー戦車はほぼ破壊寸前の状態に至るのであった―――。
大成功 🔵🔵🔵

荒谷・つかさ
先制砲撃をなんとかしないと、文字通りお話にならないって訳ね。
まあいいわ、どうあれ私のやることは変わらないもの。

スーパー戦車砲は回避せず、真っ向から立ち向かう
地面をしっかりと踏みしめ、重心を落として構え
持ち前の「怪力」で以て、砲弾を「キャッチ」する
並のパワーじゃ無理かもしれないけど、私の埒外の「怪力」ならそれを可能にするはずよ

反撃には【鬼神剛腕砲】を使う
今さっき受け止めた砲弾を担ぎ直し、「怪力」で全力投球
あいつの砲撃が届くならば、私の投擲が届かない道理は無し
その大口明けた砲口に向けて叩き込んであげるわ

貰ったものは返すのが礼儀よね。
遠慮せずに喰らって行きなさい!


●其れは世界を支えうる剛力。
『e58784e3818be381a3e3819fe383bcefbc81e381a7e38282e38081e5be8ce4b880e59b9ee381a7e7b582e3828fe3828ae3818be381aae383bcefbc9f』
「先制攻撃を何とかしないと文字通りお話にならないって訳ね。
 まあいいわ、どうあれ私のやることは変わらないもの」
 破壊寸前の状態で其れでも尚楽し気な敵を見据え、荒谷・つかさ(逸鬼闘閃・f02032)は剛毅に宣言する。
『e38182e38081e78c9fe585b5e38195e38293e381a0e383bcefbc81』
 そして、そんなつかさの到来を確認した敵は其の砲塔から性格無比な砲弾を撃ち放つ。
 これにつかさは避けようとも相殺しようともせず只地面をしっかりと踏みしめ重心を落として構え……。
『e59898e383bce383bce383bce383bce383bcefbc9fefbc81e38188efbc9fe38188efbc9fe38188efbc9f』
「負傷の影響もあるのかしら。
 重さを其処迄感じないわ……よっ!」
 何と砲弾をキャッチしてのけたのである。
 幾ら負傷しているとはいえフォーミュラ級のオブリビオン。
 其の持ち前の怪力を活かした所業であるが受け止めて魅せる等、其の怪力ぶりは最早神域。
 世界を支えたアトラスやヘラクレスもかくやと言えるレベルであった。
「貰ったものは返すのが礼儀よね。
 遠慮せずに喰らって行きなさい!」
 そして、其の余りの剛力ぶりに呆然としている敵を見据え、つかさは先程受け止めた砲弾を担ぎなおし……全力で投球する!
「目標確認……音速超えて、飛んでいけぇっ!」
 敵の砲撃が届くならば、つかさの投擲が届かない道理もなし。
 呆然としていた敵が避けれる筈も……いや、呆然としていなくても避ける事等無理だったかもしれない。
 其の世界さえ支えうる剛力によって放たれた其れは音を置き去りにして一瞬で敵の砲口へとぶちかまされたのだから!
『e38186e3828fe383bcefbc9fefbc81e6b581e79fb3e381abe6ada4e3828ce381afe4ba88e683b3e5a496e381a0e38288e383bcefbc9fefbc81e78c9fe585b5e381a3e381a6e79a86e38081e58784e38199e3818ee3828be383bce383bce383bce383bcefbc9fefbc81efbc810d0ae58395e98194e38288e3828ae38282e4bd99e7a88be58c96e38191e789a9e38198e38283e381aae38184efbc9fefbc81』
 そして、其の侭、その砲弾は敵の体を貫き通し、重力のくびきを乗り超えて宇宙へ旅立ち……敵、スーパー戦車は轟音を立てて爆散。
『e38282e381a3e381a8e6a5bde38197e381bfe3819fe3818be381a3e3819fe381aae383bcefbc81』
 そんな言葉を残して。
 つかさは其れを静かに見据えていたという。

●戦いは終わり。
 こうして此の場所での戦いは終わった。
 だが、スーパー戦車は未だ残っているであろうし他にも多くの敵が存在しているのが現状。
 彼らを打ち取り平和を取り戻す為に猟兵達の戦いは未だ未だ続くのであった。
大成功 🔵🔵🔵

最終結果:成功

完成日2021年09月16日
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵