1
アポカリプス・ランページ⑫〜僕と遊んでよ!(作者 川内嘉治
2


#アポカリプスヘル  #アポカリプス・ランページ  #フィールド・オブ・ナイン  #スーパー戦車  #アポカリプス・ランページ⑫ 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#アポカリプスヘル
🔒
#アポカリプス・ランページ
🔒
#フィールド・オブ・ナイン
🔒
#スーパー戦車
🔒
#アポカリプス・ランページ⑫


0




「じ、情報量が多い……」
 グリモアベースにて秋月・充嘉(キマイラメカニカ・f01160)が額に手を当てて唸っている。
 彼の人となりを知っている人物たちから見れば奇妙に映るその姿だが、猟兵が集まるのを見るとすぐ頭痛のポーズをといて軽く手をあげる。
「16進数って知ってる?知らない?まぁ、普通そうっすよね」
 アポカリプスヘルのオブリビオン・フォーミュラ『フィールド・オブ・ナイン』の1体、「スーパー戦車」が確認できた。
 場所はダラス・フォートワース国際空港跡。
 そこで体高30mの自律思考型巨大戦車「スーパー戦車」は猟兵を待ち構えている。
 自律思考、つまり自我というものが宿っている。
「そういう意味ではウォーマシンとか、レプリカントとかに近いかも知れないっすね」
 他意はなく、あくまで例えとしてだが。

「で、このスーパー戦車っすけど、可能な限り解析したっす」
 相手はオブリビオン・フォーミュラ。
 猟兵が接近してきたと確認されれば、そのサイズに似合わない高機動性で移動し超長距離かつ正確無比のスーパー戦車砲を撃ってくる。
 その砲撃の威力は嫌でも想像できるだろう。
 どうやっても向こう側の先制攻撃になってしまう。
 スーパー戦車に言葉をかけること自体は可能だが、会話ということはできない。
「なにせ戦車っすからねぇ、スピーカーらしきものは見当たらなかったっす」
 なにか機械音で返答がくるかもしれないが、解析はほぼできない。
 というかやった。
「あえて人格って言うっすけど、彼の人格は『純粋に戦闘を楽しんでいる』っす」
 『好奇心旺盛』で『わんぱく』な性格。どことなく『犬っぽい』印象も抱けた。
「もし向こうが驚くような対処をしたら、一瞬だけ攻撃が止むんじゃないかなぁ……」
 普段使わない部分でも使ったのか、こめかみをもみながらどうにかできた解析を説明し終えた充嘉。
「申し訳ないっすけど、対処の仕方は任せるっすよ。もう頭痛くって……」
 そう言って猟兵を送り出した。


川内嘉治
 どうしてこんなめんどくさいことをした

 どうも、川内嘉治です。
 オブリビオン・フォーミュラの一体「スーパー戦車」が登場です。
 30mという巨体ながら高機動性と超火力を持つ自律思考型ひとが、間違えた、自律思考型巨大戦車の彼がダラスの更地で待ち構えています。

 明確な会話は出来ませんが、こちら側の言葉はなんとなくわかってる感じにします。(わかるだけで意思疎通は出来ません)
 スーパー戦車の言葉は『』で表示。
 だってそうしないと16進数変換がくっそめんど、ゲフンゲフン……。

 今回のプレイングボーナスは以下の通りです。

=============================
 プレイングボーナス……敵の先制攻撃ユーベルコードに、敵が驚嘆するような方法で対処する。
=============================

 また、プレイング文字数の節約に以下の記号等をどうぞ。
 ☆ アドリブ
 ◎ ソロ
 【○○】 同じ単語であれば合わせプレイング

 では、嘉き戦車道を。
24




第1章 ボス戦 『スーパー戦車・バトルオウガモード』

POW ●スーパー戦車砲・ブルズアイ
【正確無比のスーパー戦車砲】が命中した箇所を破壊する。敵が体勢を崩していれば、より致命的な箇所に命中する。
SPD ●スーパー戦車砲・ラピッドファイア
レベル分の1秒で【正確無比のスーパー戦車砲】を発射できる。
WIZ ●スーパー戦車砲・アポカリプス
【大量の戦車砲の砲弾】を降らせる事で、戦場全体が【最終戦争】と同じ環境に変化する。[最終戦争]に適応した者の行動成功率が上昇する。
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は💠山田・二十五郎です。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。



 重く不気味な機械の駆動音が更地となったダラスに響く。
 体高30mという巨体に似合わず、軽快に大地を進んでいる。
『わんわん!お散歩楽しいな!』
(あえて彼と表現するが)彼の動きはまるでドッグランへ遊びに行った犬のようにはしゃいでいる。
『でも、そろそろ遊びたいなぁ。お母さんはまだ忙しそうだしなぁ……あ!!』
 内蔵センサーに反応が出た。
 識別は、猟兵。
『猟兵が来た!よーし、たくさん遊ぼーっと!』
モン・サンシン
アドリブ歓迎

うみゃ、こっちの言葉がわかる戦車だって?みゃふふ、それにゃらせっかくだからさそうダンスを試さない手はないにゃ。
ふと思ったけど戦車って踊るのかにゃ?面白そうだから試してみるにゃ。

(さそうダンスを試してみる)
(もし成功したら反応見てゲラゲラ爆笑して楽しみながらも引き続きさそうダンスで動き封じを狙い続けるみゃ)

そしたらいろんなダンスを戦車さんにも踊らせてどうなるか試したらたのしそうみゃ。
レーッツイタズラアンドダンシングターイムみゃっ!



 ダラス更地に大きな振動と砂煙が舞う。
 スーパー戦車が猟兵を発見したからだ。
 砲身に弾を装填し発射への準備をする辺り戦車らしい行動をする。
 モニターに猟兵を映してロックオンマーカーをセット。
『猟兵さーん!あーそーぼー!……あれ?』
 後は撃鉄を落とすだけ、という段階で彼は猟兵を見た。
 その猟兵は、なんだか楽しそうなことをしていた。

 モン・サンシン(スキャットニャン・モン・f00444)はグリモア猟兵から聞いた情報を思い出す。
(こちらの言葉がわかる戦車って言ってたみゃ。みゃふふ、それにゃらせっかくだからさそうダンスを試さない手はないにゃ)
 戦車はダンスするのか、するとしていったいどんなダンスをするのか気になった。
「レーッツイタズラアンドダンシングターイムみゃっ!」

『うわぁ猫の猟兵さん、楽しそう!もっと近づいてみようっと』
 砲撃するのも忘れ、モンのダンスをもっと見ようと無限軌道を唸らせ近づくスーパー戦車。
 モンの作戦はうまくいったようで砲撃こそ受けなかったが、かなり近くまで近づかれている。
(お、思った以上にでっかいにゃ……)
 踊りながらもモンは、10倍近くある身長差に焦る。
 反応を見たらゲラゲラと笑うつもりだったが、ちょっと無理かもしれない。
『うーん、ぼくも踊りたくなってきちゃった!』
 そういうとスーパー戦車はモンから距離をあけて履帯を唸らせながらぐるぐると回転する。
 砲撃するのは手拍子のつもりだろうか?
 絵面はともかくとして、楽しそうな彼の動きを見て、モンはとりあえずダンス作戦は成功したことにホッとしたのだった。
大成功 🔵🔵🔵

フィロメーラ・アステール
「よーし遊ぼうぜー!」
あたしがボールだ、取ってみなよ!
具体的に言うとこれから飛んでいく!

【聞き耳】で敵の動く音や発射音をとらえて攻撃開始を察知したら、【全力魔法】パワーを込めて【空中浮遊】だ!
凄い勢いで急上昇するぞ!

砲弾が降ってくるという事は、その弾道はそこそこ曲線で?
つまり弾道より上に行けば当たらないと思う!
曲線を描く分だけ、真っすぐ上がるこっちの方が早いはず!

流れ星の妖精としての【環境耐性】があるから、超高高度まで突っ込んでも問題ないよ!
ロケット打ち上げ的な逆流れ星で度肝を抜けたらあたしの番だ!
迎撃されない内に【スーパー流れ星キック】で攻撃!
空からなんか落ちてくるのって最終戦争感あるよね!



 踊り疲れたのか、飽きたのか。
 スーパー戦車は先ほどとは違う方向へ進んでいる。
『踊るの楽しかったなぁ!あ、あの猫の猟兵さんに戦車砲撃つの忘れてた。ま、いっか!』
 次の遊び相手もとい猟兵を探しているとセンサーに反応。
『あ、猟兵さんだ!うーん、でも小さいな?さっきの猫さんとは違うみたいだけど……とりあえず撃っちゃお』
 軽い調子で戦車砲をセンサーで見つけた方角へロックオン。
『連射モードに切り替え完了、発射ー!』
 爆音とともに砲弾が曲線状にターゲットへと飛んでいく。
『着弾確認!猟兵さんは……あれ?』
 煙が晴れたのと同時にセンサーを調整し着弾地点をズームするスーパー戦車だが、猟兵の姿が見当たらない。
『もう死んだのかな?でも、手応えがないなぁ……?』
 レーダーを確認。猟兵の位置は。
『……上?』
 視点を上げると。
 フェアリーのフィロメーラ・アステール(SSR妖精:流れ星フィロ・f07828)が上へ上へと飛んでいた。

 砲弾は直線ではなく曲線状に撃ってくるのではないか?
 フィロの予想は当たり、砲弾を回避してみせた。
 さらに上へと飛び超高高度の高さまで。ここまで行けばさすがのスーパー戦車砲でも届かない。
「よーし遊ぼうぜー!」
 その高高度の高さから、フィロはスーパー戦車に向かって超加速で落ちていく。
 ただ落ちるのではなく、足先から向かってくる姿は。
『お母さんのお話にあった流れ星みたいだ、すごくきれい……!』
 この荒れた土地では言わない、見ないような光景に。
 スーパー戦車は防御することも忘れて見入っていた。
大成功 🔵🔵🔵