5
一瞬を永遠の思い出へ(作者 龍真 神
4


#カクリヨファンタズム  #お祭り2021  #夏休み  #プレイング受付中  #再送可 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#カクリヨファンタズム
🔒
#お祭り2021
🔒
#夏休み
#プレイング受付中
#再送可


0



●ずっと見ていたい
 妖怪花火が空を、海を、カクリヨの全てのモノを照らし、様々な色に染め上げる。
「これは、素晴らしい妖怪花火ですね……」
 金色の爬虫類を思わせる瞳に妖怪花火を映しながらクラト・ディールア(黎明の黒龍・f00868)は、ふと周りから小さな声がして周囲を見回した。
「花火がこれだけなんて……もっと見ていたいな」
 小さな妖怪がいつの間にか肩に乗っていたのだ。
「一瞬の花を閉じ込める……そうですね、可能ではないでしょう」
 様々な世界の知識を集めれば、と思い立ったクラトは他の世界から色んな知識を集めた。
 更には、そういう知識がある知人を集めて企画を進める。

●アナタだけの思い出を
「皆さん水着コンテストお疲れ様でした。現在、コンテスト会場となったカクリヨファンタズムのビーチにて、妖怪の親分達が妖怪花火を上げてくれています」
 クラトはカクリヨファンタズムのビーチを写し出すと、今にも音が聞こえてきそうな程の花火が見える。
「ただ、花火を見るだけではなく、見た花火を手の平の大きさに閉じ込めてしまおうという事です」
 と、言いながらクラトは、【花火のスノードームの作り方】と書かれた薄い冊子を渡す。
「機械が得意な方はホログラムのスノードーム、妖精の力で作れる不思議なスノードーム、魔法で作る魔法回路仕掛けのスノードーム……と、皆さんが作れる範囲の方法で作ってください。本職じゃない方でも作れる様にサポートしてくれる方がいますので、誰でも参加出来ますよ」
 笑みを浮かべながらクラトは、目の前で作ってみせた。
「アナタだけの一瞬だけども永遠の思い出を作りませんか?」


龍真 神
 オープニングに目を通して頂きありがとうございます。
 龍真 神(タツマ シン)と申します。
 よろしくお願いします。

 ★二人以上で参加する場合は、【相手の(ID)】や【チーム名】の記載をお願いいたします。
 ※チームは最大でも3~4人が限度となりますのでご留意ください。
 ★NPCのキャラは、MSページに載ってい全員は同行可能です。
 プレイングにNPCと同行の記載していない限り、リプレイで描写は一切しません。
 同行希望でお任せしてくださっても可能です。
 ★ほぼ『おまかせ』プレイング可能なシナリオとのります。
61




第1章 日常 『猟兵達の夏休み2021』

POW妖怪花火で空へGO!
SPD妖怪花火の上で空中散歩
WIZ静かに花火を楽しもう
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵

種別『日常』のルール
「POW・SPD・WIZ」の能力値別に書かれた「この章でできる行動の例」を参考にしつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


虹川・朝霞
【神杜寺】
夏もスノードームを作りにきました!カクリヨの花火は見ごたえありますし!
せっかくなので、檬果さんも誘って。

さて、力は…俺は竜神ですから、竜脈の力を封じたスノードームになりますかね?
(注:電脳魔術士であることをよく忘れます)

せっかくなので、シャーマンズゴーストと竜神、それに…紫がかった髪の人間も入れまして。
俺の方は、花火の色が青系統になりますね。

…大切なんですよ。前世のあなたも、現世のあなたも。
だから今回は、スノードームに三人いるんですよ。


荒珠・檬果
【神杜寺】
誘われたので来ました。何気に今年は花火、見れてないので。
そういえば冬のスノードーム、部屋に置いてありましたね。

私の場合…何で作ることに?巫力というか霊力?
オレンジ色の花火になりますかね。
それで…シャーマンズゴーストと竜神と(もう一つ入れようか迷って)。って、朝霞さん、それは…。
(紫がかった髪の人間=真の姿=前世:虹川藤乃)
そうですね!前世も一緒に!
ふっふーん、三人仲良くですよ。花火ってそういうものです!
…しかしこうして見ると、前世とカラーリングが逆になっているというか…。


思考として超前向き。迷ったのは、朝霞の思いがわからなかったため。


●同じ華を君と

「そういえば今年は花火、忙しくて見れてなかったですね」
 新緑の様な鮮やかな緑色のシャーマンゴーストである荒珠・檬果(アーケードに突っ伏す鳥・f02802)は、浴衣姿で興奮気味で空を彩る妖怪花火を見上げながら言った。
「檬果さんと見たいのもあったのですが、これを作りたくて来たのです」
 はしゃぐ檬果を見つつ虹川・朝霞(梅のくゆり・f30992)は、見本として飾られているスノードームを指しながら言う。
「これって……スノードーム? そういえば冬のスノードーム、部屋に置いてありましたね」
 ぱちくり、と大きな瞳を瞬きしながら檬果が言うと、朝霞が優しい笑みを溢しながら頷く。
「そうです。普通のは雪が降ったり、キラキラと光る粒が舞うのです。これは花火版だそうです」
「つまり、この中に花火が閉じ込められるのですね!」
 仕組みは分からないが、と朝霞は言いかけたが、いつの間にか檬果は隣から姿を消していた。
 声がする方へ視線を向けると、作業台を確保して手招きする檬果の姿があった。

「魔力……?」
 作り方が書かれている察しを片手に檬果は首を捻った。
「さて、力は……俺は竜神ですから、竜脈の力を封じたスノードームになりますかね?」
 うーん、と考えた後に朝霞が呟く。
「朝霞さんは電脳魔術士ですから、魔術で作れるのではないですか?」
「そういえば、そうでしたね」
 檬果がハッとした表情になると、すっかり忘れていた朝霞は顔を上げながら手を叩いた。
「私の場合……何で作ることに? 巫力というか霊力?」
 二人が悩んでいると、その場に居た少女が駆け寄った。
「花火を作る時に呼んで下さい。お手伝いさせていただきますの」
「それでは、シャーマンゴーストの人形とかありますかね?」
 朝霞が少女にそう言うと、ちらと檬果へ視線が向けられた。
「シャーマンズゴーストと竜神と……って、朝霞さん、それは……」
 檬果はうーんと悩みながら隣の朝霞が作っているスノードームへ視線を向けた。
 緑色のシャーマンゴースト、竜神が並んでいる横に女性の人形も乗せた。
「三人??」
「……大切なんですよ。前世のあなたも、現世のあなたも。だから今回は、スノードームに三人いるんですよ」
 朝霞が伏目がちに照れながら呟いた。
「そうですね! 前世も一緒に!」
 キラキラ、と檬果の大きな瞳が輝く。
「ふっふーん、三人仲良くですよ。花火ってそういうものです!」

 悩んでいた、少し空いたスペースに何を置くかを――――

 けれども、彼の手は迷いなく作られたスノードームの中に並べれた三人。

 幸せそうな笑みを空へ向けられたその先には、様々な青で彩られた花火。

「ふふ、大切な思い出が出来たのです!」
 檬果の霊力が込められたスノードームにオレンジ色の花火がパッと開いた。
 檬果と朝霞に、藤乃が掌の中でずっと消えぬ花火を眺める。

 昔のアナタも、

 今のアナタも、

 この先も、

 ずーっとこの日の花火を見続ける。
大成功 🔵🔵🔵🔵🔵🔵

有栖川・サクラ
NPCのクラト・ディールアさんの同行希望

初めての花火を「わぁ~~」と目をキラキラさせながら感動して見ています

あの花火を手の平に閉じ込める事が出来るです?
花火のスノードームというのですか?

でもどうしていいか分からずうーんうーんとしてます
それをクラトさんにサポートして貰えたらないいなと思います
完成したらすごく喜びます
「えへへ、大切にします。このスノードームも、今日のこの思い出も」

アドリブ歓迎です
どうぞ宜しくお願いします


●初めての花

「わぁ~~」
 ルビーの様な赤い瞳を輝かせながら有栖川・サクラ(ヤドリガミの神器遣い・f34875)は、初めて見る妖怪花火を見上げながら歓声を上げた。
「この世界の花火も個性的で良いですよね」
「は……はい。あの、これは……?」
 クラトの言葉に元気よく頷くサクラだったが、彼の手の中でキラキラ光る半球体の物を物珍しそうに見つめる。
「作ります? 色んな力を込めて作る花火を」
「花火のスノードームというのですか?」
「ええ、他の世界ではスノードームと言う物です」
 渡されたスノードームをサクラが覗き込むと、金とオレンジ色の花火が咲いては消える、を繰り返していた。
「あの花火を手の平に閉じ込める事が出来るです?」
 と、サクラは言いながら空へ視線を向けた。
 甲高い音と共に細い白煙が伸び、お腹の底に響く様な低い音と共に花火が開く。
「作りたいです!」
「では、こちらへ」
 サクラはクラトに案内され、道具一式と作り方が書かれた冊子を渡された。
「これが土台、これが……」
 流石に里の雰囲気が近い世界なので、桜をはじめ見たことのある花のパーツが多い。
 桜の枝のヤドリガミであるサクラは、自然と桜の物を選んで台座に不器用ながらも飾り付けをする。
「ど、どうすれば……」
 思った様に飾り付けが出来ず、魔法うんぬんなんて分からないサクラの両手はどう触ればいいのか分からない様子でドームの周囲で動かすばかりだ。
「どうしましたか?」
「クラトさん……分からないです」
 赤い瞳を涙で潤ませながらサクラが消え入りそうな声で言うと、クラトは静かに手を伸ばした。
「お手伝いしますから、サクラさんが思う様に作って下さい」
「は、はい……」
 クラトに手伝ってもらいながらサクラは、土台を桜でいっぱいにして最後に力を籠めるだけとなった。
「破魔の力を放つだけで良いです。後は精霊たちが手伝ってくれますよ」
「お願いします」
 ふわり、とサクラの前に白い精霊が現れると、小さな頭がこつんと額に当てられた。
 瞳を閉じ、体から少しだけ力が出ていく。
「あ……」
 精霊に導かれるままに、力をスノードームへ注ぐと桜の花の様な白い花火がドーム内を彩る。
「これ、が……私の」
 完成したスノードームを手に取り、サクラは瞳を大きく見開いた。
「えへへ、大切にします。このスノードームも、今日のこの思い出も」
「ええ、サクラさんにとって素敵な日になってよかったです」
 両手に乗せたスノードームを掲げて喜びながら声を上げるサクラは、花火の様に華やかで明るい笑みをクラトに向けた。
「私の」

 どの世界にもない宝物――

 サクラの胸の中で今日見た花火は、ずっと、ずっと、咲き続ける。
大成功 🔵🔵🔵