0
【旅団】神立の邂逅(作者 朱凪
1


#キマイラフューチャー  #【Q】  #旅団 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#キマイラフューチャー
🔒
#【Q】
🔒
#旅団


0



【これは旅団シナリオです。旅団「迷ひ路」の団員だけが採用される、EXPとWPが貰えない超ショートシナリオです】


●追想:雨煙る世界で
 突如降り出した夕立に、手に入れたばかりの書を身の下に抱え込み古い家屋の軒先へと逃げ込んだ。
 時折遠くの山の上で白い雷光が迸る。
 煙る世界の中、強い雨足に叩かれて紫陽花が俯いていた。
 濡れる爪先を思い、家屋の壁際に少し寄ったなら、なにやら懐かしい香り。振り向いた先、未だ開かれたままの戸の向こう側には骨董品が薄暗い室内に並んでいるのが見えた。
 主は居ないのだろうか。戸を締めにくる気配はないようだ。
 何気なく覗いていた店の、同じく軒先へ駆けてくる足音に気付く。
「……あら」
「お、」
 濡れた着物の飛沫を払う顔は、既知のそれで。
 奇遇ですねと笑ったなら、そうネと軽く肩を竦めて返る応えに空へと視線を送る。
 雨はまだ、止みそうにない。
「少し、お話ししませんか。──雨が、落ち着くまで」

 雨は好きだ。
 ただ、書が濡れるのはいただけない。
 彼が、雨が嫌いだと言うことは聞いたことがある。
 ただ、その理由は聞いたことがない。

 物珍し気に店先の骨董品達を眺めていた相手は、少し挑むような視線を寄越した。
「──……物好きだなァ」
「ええ。これはもう、性分でして」
 例えば彼が答えたくないと言えば踏み入るつもりはないけれど。
 許されるのなら識りたいと思うのは、識るために歩み探る手足を得たこの身の摂理ではないだろうか。──なんて。
 言い訳めいた詞遊びも性分だ。

「……ま、いいか。お付き合いしましょ?」

 神の声が囁いた。


朱凪
 目に留めていただき、ありがとうございます。
 朱凪です。
 しかし申し訳ありません。こちらは【旅団シナリオ】となっておりますので、参加できるのは『迷ひ路』の団員さまのみとなります。

 『迷ひ路』の団員さまは、断章の追加をお待ちください。
 その後はお好きにどうぞ。
156




第1章 冒険 『ライブ!ライブ!ライブ!』

POW肉体美、パワフルさを駆使したパフォーマンス!
SPD器用さ、テクニカルさを駆使したパフォーマンス!
WIZ知的さ、インテリジェンスを駆使したパフォーマンス!
👑1

種別『冒険』のルール
「POW・SPD・WIZ」の能力値別に書かれた「この章でできる行動の例」を参考にしつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


●追想:軒先の
 ぱたり。漆黒の髪より落ちた雫が店の入口にまるい染みを作った。青磁の瞳が動いて、雄弁に問う。『入ってみます?』。
 店主不在の様相だけれど。あおい目の神の問いに、あかい目の神は肩を竦めた。
「……まァ、こんな軒先突っ立っててもしゃあねえしネ」
 怒られるときは一緒だ。足を踏み入れ、めいめいに手に取るでもなく居並ぶ骨董品たちを眺めて──まるで会釈でもするかのように──そしてあおい目の神が問う。
「どうして、苦手でいらっしゃるの? ──雨」
「──、」
 あかい目の神が足を止める。口の端に僅か乗せた笑みの気配。その眸がひたと見据え、けれど言の葉が空気を揺らすまでには長い沈黙があった。
 相手は諦めもせず飽きもせず、ただ穏やかな笑みを湛えたまま。
 小さく零した吐息を掻き消すかのような、戸板の向こうの途切れぬ音。
「……ほら。聴こえる?」
 大きな雨粒が土に跳ねる。屋根を叩く。葉を揺らす。そんな音。
 けれどあおい目の神はゆるりと首を傾いだ。敢えて問うのは、彼の言葉に霞を掛けたくないと思うが故に。
「どの音でしょう。あなたを憂えさせる聲なのかしら」
「んふふ、」
 空々しくもあるあおい目の神の言葉に、あかい目の神はひらり手を振って見せた。
「ここで話し声が聴こえたら、怒られっか邪魔したかだわ」
 その掌が示すのは静かに薄暗い店に居並ぶ『彼ら』。物言わぬそれらはかつての己たちと同じであると知ればこそ聲と聞くもあり得るのだと。
 けれど彼はかそけく首を振った。
「絶えるような絶えないような、音は落ち着かねえでしょ」
 ざあざあ。ざあざあ。ざあざあ。
 ぱたぱたぱた、ぱたぱたぱた。
 とくん──とくん、とくん。
「……何かが絶えるのを知るのは、怖いですか?」
「さって。俺の見えねェとこでやってくれりゃ良いな」
──絶えるのも続くのも。
 縁の欠けた小さな器を手に取り、背を向けたまま軽く竦められた肩を見遣る。あおい目の神はそっと目に留めた花器へと歩み寄る。両手付の、ひと抱えもある品で古びた持ち手にはひとの指に染まった古い痕が窺えた。それをそっと撫でる。
 ここに並ぶ品々は、かつてどこぞの誰かの所有物であったはずで。
「あなたは持ち主殿との最後を、覚えていらっしゃいますか」
 あおい目の神の問いに、あかい目の神は欠けた器を元通りの場所に戻してやり、すいと眦を細めた。
「覚えてねェし、思い出したい用もない」
 左手で触れる、柄。振り返る先には変わらぬ笑み。
「──だから、雨が嫌い。んふふ、綾は逐一覚えてそうだな」
 少し揶揄うように顎を上げて見せたなら、あおい瞳の神は瞼を伏せて微笑んだ。
「いいえ、私も同じく。ひと言ふた言の記憶はありますが、はて誠に耳にしたものだったか──何せ、耳と呼べる器官が物には無いですからね」
 身を得てのち妄想を重ねて捏造したものかもしれませんし。そして慈しむように撫でる手付きを、あかい目の神が眺める。
「んふふ。誰にも証左がねェでしょうよ。ひと言ふた言なら尚のこと」
「此の花器に呼び掛けて答えてくれたなら『聞こえて居ました』と確かになるかしら」
「……同じとは限らねェわあ。ンな些細な妄念すら、あんまり細いと掻き消える」
 あおい目の神は左手の添えられた柄を見遣る。その先が傘だったのなら、雨を喜べたのだろうか、なんて戯れてみたなら、打たれっぱなしじゃん、と己の浅い金の髪からぽたと雫が落ちるのを見遣って口角を吊り上げた。
 ならばとあおい目の神は花器から手を離す。
「いつか私が涯てる時には、あなたの目に留まらぬところに雲隠れいたしましょう。いえ、雲はいけませんね。雨が降る。そう、旅に出たことに致しましょ。ほら此れで、」
 嫌いな理由がひとつは──ひとかけらは、無くなるかしら。
「前提で大赤点だわ、綾」
 そっと告げた台詞を、あかい目の神はひと断ち。いっそ増えると笑ってみせて、そんな時間があるのならば。ならば──と続く言葉は胸の奥に仕舞い込む。
 「赤点ですか」ぱちりと瞬いたあおい目の神は「其れはいけない。再試はありますか、センセイ」なんて嘯く傍ら、仕舞ったはずの胸の奥を見透かす。眼差しが伝える。
 紡いだよすがは細く頼りない糸ではない、何せ今は確かに傍らにあって、声も温度も感じている。物事には必ず終りが来るけれど、いつかが恐ろしいのなら、そう──。
──私があなたを断ちましょう。
 紡ぐ想いに揺らぎはなく。
「でも、ねぇ、あなたの居ない道のりは、やはり寂しいに違いないから」
 遺していかないでくださいよ、なんて。ねぇ、笑うかしら? それとも怒るかしら。
 その表情からわざと視線を外したまま、終ぞ顔を見せることのなかった店主の商売っ気の無さに、己の店のありようを重ねてこそり、あおい目の神は咳払いひとつ。
「あなたは何処へ向かうところでしたの。目的無ければ私の処で一杯如何。いえ、ね、斯様に書を増やしてしまったものだから、独りで帰っては縫に叱られること必至でして。共犯者になってくださいな」
 そうして見遣った戸口の向こう。湿った空気に甘い香り。雨は絶えたか、まだ見通せぬ細い光の向こうに、神は僅か目を細めた。