白き朱雀は善悪の二元論から解き放たれる(作者 黒代朝希
4


#デビルキングワールド 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#デビルキングワールド


0



「クククククッ……!下僕どもよ、我が力に恐れをなしたならひれ伏すがよい……さすれば命だけは助けてやろう」
「は、ははーっ!!朱雀院・シロナ様に我ら忠誠を誓っております故!」
「どうか、お慈悲を、お慈悲をぉぉ!」
 そう、如何にも中世ヨーロッパな玉座の間にてふんぞり返っている脹脛まで届く白髪をツインテールにし、燃えるような紅瞳が特徴的な美少女はムチムチの赤ニーソに包まれた太ももを組み、配下の悪魔たちから畏れられる姿を見て満足そうに告げる。
「分かればよいのだ、分かれば……さぁ、不正な金で焼肉でも食いに行くがよい!拒否は許さん!」
「お、恐ろしいお方だ……なんて言う悪……!」
「憧れるぜ……アルビノじみた美少女だしよ……」
 そう言って受け取った金を得て食事に行く下僕たちを見て高笑いするシロナと呼ばれる少女。愉悦の余り本性である純白の朱雀へと戻って―――
 ピロロロ、と彼女の懐からスマホが鳴る。
 一瞬で本性を戻して規則正しそうな所作でスマホを耳に当てるシロナ。
「はい、朱雀院です裏ボス『デストロイキング』様……あの横領した金は下僕どもに……え?今からでも回収させろ?株取引で使えそうな金がギリギリない?……分かりました。そう告げておきます」
 と、ピロリと通話を切り脱力しきった所作で玉座にもたれ掛かる。
「あー、やだなぁ……下僕どもがっかりするだろうなぁ……でも悪いことだし……悪いこと?そりゃデビルキング法で決まっていることだし」
 でも、とシロナは思う。
「……デビルキング法で善悪を定めているってなんか変だと思う……そもそもなんで悪い悪魔を目指すって結論に至ったの?」
 そう、デビルキングワールドから逸脱しかかった兆候を見せる。
「デビルキング法に背くとはまるで「勇者」だな」
 ――玉座の裏側から声がかかる。シロナはおびえたように身をすくませ、恐る恐る振り向いていく。
「で、『デストロイキング』様……」
「良いか?お前たちは悪い悪魔であろうとするだけでよい。さもなくば……」
「よ、よしてください!もうデビルキング法に疑問を抱くことなどしません!お願いします!」
 狼狽しながら許しを請う純白の少女。その哀れな姿に邪悪な笑みを浮かべて一先ずは去っていく――

「と、いうわけでお前たちには新世界『デビルキングワールド』に赴いてもらう」
 そう東雲・深耶(時空間切断剣術・空閃人奉流流祖・f23717)は集まった猟兵たちに見えた予知の内容を告げる。
「デビルキングワールドの住民は我ら猟兵と伍するレベルの強力なユーベルコード使いなのだが……皆生きているだけで満足を覚えるくらい全ての住民が良い子でな……それで染色生命体的に絶滅の危機に際してな……」
 もうこの時点で今年のクリスマスに見つかった新世界がエキセントリックなのはわかる。
「そしてその原因となった「全住民が良い子だった」という事実からその世界では「悪い奴がかっこいい」という法律、デビルキング法を制定、良い子の悪魔たちは日々悪い悪魔になるべく尽力している、とのことだ……キュマイラフーチャ―やカクリヨファンタズムとはまた違った方向でエキセントリックだな……」
 ともかく、今回の任務について語ることにする深耶。
「今回はそのデビルキングワールドにて『白き朱雀』と恐れられる魔王にしてラスボス……魔王という職業とラスボスという種族なんだそうだ、ともかく著名人の一人なんだが、裏ではオブリビオンに傀儡として操られているそうでな。なぜ傀儡にされているかは見えなかったが……」
 恐らく、何か弱みを握られているのだろう。
「ともかくその少女、シロナと接触して彼女の事情を聴き出し、心を開かせてくれ。その後はオブリビオンと対峙してこれを撃破してくれないか」
 彼女は魔王の一人故に強力な下僕たちが護衛についているが、素の真面目な性格からか必ず一人の時間が出来る。その時に接触すると良いだろう。
「シロナをオブリビオンから解き放った後は彼女の覇道、その新たな一歩を我々猟兵と歩めるように取り計らってくれ。何せデビルキングワールドは住民がオブリビオンに全面的に協力している。一つでも我ら猟兵側の協力者が増えることに悪いことは一つもない」
 そう言って刀から彼女のグリモアである妖気そのものが煌めき出し、転移の術式を起動させていく。

「……あーあ、下僕たちがっかりしていたなぁ……下僕たち、我の事純粋に慕ってくれるから我の方も答えてあげたいんだけどなぁ……」
 そう寂し気に呟く魔王の少女。
「……クロエ」
 見つめているはロケットの中の写真だった。


黒代朝希
 新世界エキセントリックですね。大好き!

 第一章はシステム上集団戦となっていますが、今回はシロナと接触して説得や手合わせなどで彼女の心を開かせてください。

 朱雀院・シロナ
 『白き朱雀』と恐れられている魔王の一人。赤と白を基調とした魔王然とした学生服を身に纏っている。
 尊大な性格に見えるが素は生真面目でやさしく、自分を慕ってくれる下僕たちを何より大切としている。
 光と炎で出来た翼を展開するユーベルコードを所有する。
 何かオブリビオンに弱みを握られているようだが……?
39




第1章 集団戦 『願望器の悪魔』

POW ●汝が為したいように為すがよい
【飛び出す絵本】から、対象の【欲望を満たしたい】という願いを叶える【願望器】を創造する。[願望器]をうまく使わないと願いは叶わない。
SPD ●あなたを受け入れましょう
【飛び出す絵本】から、対象の【承認欲求を満たしたい】という願いを叶える【願望器】を創造する。[願望器]をうまく使わないと願いは叶わない。
WIZ ●いいのですよ、好きなことだけしていても
【飛び出す絵本】から、対象の【癒やされたい】という願いを叶える【願望器】を創造する。[願望器]をうまく使わないと願いは叶わない。
👑7 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵

種別『集団戦』のルール
 記載された敵が「沢山」出現します(厳密に何体いるかは、書く場合も書かない場合もあります)。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


神薙・沁
欲望・承認欲求は目立ちたくない、なので願いが叶うなら見つからないと思うし、叶わなくでもひっそり通過できると思われる
癒されたい願い?一人で静かにしてると落ち着いて癒されるよね
という理屈でどうだろう

ということで敵を回避してシロナへの到達を目指す
根が善良っぽいので傷つけるのがためらわれるし身動きできない程度で大丈夫だろうということでUCで敵を行動不能にしていく

通り過ぎた後に足元に糸で足を取られて転ぶような罠を仕掛けて追いかけてきた人間の足止めもできるようにしておく


「欲望・承認欲求は目立ちたくない、なので願いが叶うなら見つからないと思うし、叶わなくでもひっそり通過できると思われる」
 そう呟きながらシロナの魔王城に潜入するのは神薙・沁(影に潜みて・f06362)。
「癒されたい願い?一人で静かにしてると落ち着いて癒されるよね」
 そう言う解釈をして神薙はシロナの元へと進んでいく。
 彼女が何故、オブリビオンへ隷属しているのを知るために。

「な、侵入者だと!!?」
「狼狽えている場合ではない!シロナ様をお守りするのだ!」
 侵入者が強襲を駆け、混乱する魔王城内で狼狽える配下の内、冷静な者はシロナの安全を確保するために動き出していく。
「見つけたぞ!!侵入者よ!我が主『白き朱雀』――朱雀院・シロナ様は尊大だが慈悲の無いお方ではない!話して同情の余地がないわけでなかったら許してくれるだろう!」
 と、善良さがにじみ出るセリフで神薙に告げる悪魔たちと四天王。
 その様子を見るに神薙は「根が善良っぽいので傷つけるのがためらわれる」と思ってしまう。
 しかしこれは真の悪であるオブリビオンを倒す為の仕事。
 心を鬼にして対応すべきだ。
「(身動きできない程度で大丈夫だろう)」
 ――気が付いた時には遅かった。悪魔たちの周囲には風が付与された拘束具が顕現し、それが襲い掛かって悪魔たちを拘束している。
「み、みん……我が下僕をこれまで嬲ってくれたな!生きて帰れると思うなよ」
「ま、魔王様……お逃げください……強すぎるのです……」
「せん!」
 と、喝破して神薙と対峙して白の光と熱で出来た光翼を展開して神薙を焼き払おうとするが……
「落ち着いて下さい」
ト、神薙の風拘束具で再びに拘束されるシロナ。そのままうつむいていたカノジョに神薙は思う。
「……教えてください。なぜ、貴方がオブリビオンに協力しているのか」
 と、神薙が告げると同時に……シロナは自身と自らの妹についての話しを告げる。
それは、ッ想像をゾするっするものであった。
大成功 🔵🔵🔵

ルカ・クルオーレ
ローズ(f04715)と同行。
アドリブ連携歓迎

訳アリって感じだねえ、悩みがあるなら解決して気兼ねなく?魔王でいられるようにしたら良いのかな。
ローズのUCで透明になる事で安全に近付かせて貰うよ。
(白薔薇を借りるとすっと胸飾りに引っ掛けるように挿して)へえ、これで見えなくなるんだ。
忍び足で足音を立てないように気を付けて、曲がり角は注意。
僕本体大きいからひっかけないようにしないとねえ。
シロナへ近付いたら解除だね。
あまり時間をかけるのも良くない気がするな。
浮かない顔をしてるけど、何か手助けになれるなら協力する。
僕らには僕らの目的があるから、君は気にする事全部無く話せば良いと思うよ。


ローズ・ベルシュタイン
ルカ(f18732)と一緒に参加
WIZ判定の行動
アドリブや連携歓迎

■心情
朱雀院・シロナですか、根っからのワルと言う訳では無さそうですわね。
こういう方を見ていると、救ってあげたくなりますわね。

■行動
無垢なる薔薇(UC)を使用して、透明になって城に潜入しますわ。
もう一人、ルカにも白薔薇を貸し与えて透明にしてあげますわね。
「さぁ、後は物音を立てない様に静かに移動しますわ」
と【忍び足】で進んでいきますわ。
【聞き耳】も使い、配下が居ないことを確認しつつ進む。

シロナには、出来るだけ傷つけずに穏便に話し合いましょう
【礼儀作法】で無礼が無い様にし、
「私達に任せておけば、配下たちのお金は私たちが用意しますわ」


神薙・沁
部下には捕縛風印で目隠しなどをして、
状況を確認できないようにしてシロナと対話
根が善良なようだしこちらの言葉も心に響くだろう
自分がやられて嫌だと思うことを他の人にするのはおかしい
ということを基準に説得
迷ってるようなら追い打ちで
「ではデビルキング法に従い悪いことをしましょう、裏切りです」
「貴女(の協力)が欲しい」と言って口説く(意味深)
後から来た他の猟兵を見て
「自分だけだと手の届く範囲しか救えないけど協力できれば話は違う、自分はあなたと話し合いに来ただけですが、自分たち『猟兵』はこの世界を助けるために来たんですから」


「ほ、本当に我が配下に手を出さぬのだな……?」
「無論です。自分は自分にやられて嫌なことを他の人にはしたくないので」
 そう呟くは先程シロナの配下を無力化した神薙・沁(影に潜みて・f06362)。シロナへの説得を根気よく続けている。
「その話、私達にも関わらせても貰っても?」
「そうそう、こういうのは人が多くて越したことはないんだからさ」
 そこに飄々とした――それは、漆黒でありながら純粋なる――、または典雅な――誰そ彼時に咲き誇る薔薇のように――二つの声が彼らの元へ届く。
 ルカ・クルオーレ(Falce vestita di nero・f18732)とローズ・ベルシュタイン(夕焼けの薔薇騎士・f04715)。
 彼らがシロナの元へ来れたのは神薙の活躍もあるが……それは半刻前まで視点を巻き戻す必要があるだろう。

「『薫り高き無垢なる者よ。盟友と共に我を隠せ……反撃の狼煙、上げるは今ぞ……』」
 魔王城を見上げながらローズは白薔薇を一輪手に持ちながら祝詞を呟く。
 意味するのは自身と彼女が手にしている白薔薇を貸与した存在を透明化するユーベルコード。
「『無垢なる薔薇(クリスタル・トレイター)』……あくまで透明化ですので物音や体温等は消せませんの」
「へぇ、それじゃあ慎重に行動しなきゃいけないってことだね。僕の本体、大きいからひっかけないようにしないとねえ」
 確認を終えて魔王城へと侵入した二人は、忍び足と聞き耳などの侵入の際に使う技能を用いて魔王城を警備するシロナの配下の目と耳を掻い潜り、神薙とシロナの元へとやって来たのである。

「訳アリって感じだねえ、悩みがあるなら解決して気兼ねなく?魔王でいられるようにしたら良いのかな」
「とある方から断片的に貴方の事情を聴きましたわ……」
「……」
 そう語り掛けてくるルカとローズを見つめながらシロナは無言で俯く。
「……クロエの事は、どれくらい知っている?」
「……そのとある方から名前だけは」
 そのシロナの応えに答えたのは神薙。
 その答えにシロナは再び無言となる。
「(まぁ、いきなりやってきてじゃあ信用します、ってならないよねぇ)」
「(それはそうですわね……しかし、朱雀院・シロナですか……根っからのワルと言う訳では無さそうですわね)」
 ルカの言葉にそうシロナへの所見を述べるローズ。
 元は彼女は大富豪の名家に生まれた令嬢。ならばシロナが上に立つ者としてどれくらいの度量や器量を有しているかを幾らかは彼女なら見抜けるというものだ。
「浮かない顔をしてるけど、何か手助けになれるなら協力する。僕らには僕らの目的があるから、君は気にする事全部無く話せば良いと思うよ」
 黙り込むシロナへルカが語り掛ける。飄々としながらも誠意のある言葉というものは人の心、もとい悪魔の心、ましてはこの世界の悪魔は世界に存在しているだけで満足を覚えてしまうほど善良な存在故に、種として絶滅の危機に瀕する存在だ。いくら彼らが全体的に悪を推奨する文化を形成していようとも、根本的に善意で接するのは適切な答えなのだ。
「ではデビルキング法に従い悪いことをしましょう、裏切りです」
 そこに神薙が追い打ちをかける。
「デビルキング法に背くのがいけないのかわからない。だけどあなたを追い詰めているのがオブリビオンなら、デビルキング法に基づいて裏切ってみたらどうでしょう?」
 種族としての善の心に、世界としての悪の道。二つを合わせればこれ以上なくシロナを説得するには十分で――

「……妹が、いてね。生まれた時から妹以外天涯孤独な身だから支え合っていたんだ」
 ポツリ、純白の少女が俯きながら言葉を紡ぐ。
「でも、我と違って体は丈夫じゃなくてね。いつも病院で高いお金がかかる治療を受けないといけないんだ……その治療に対する研究費も我が払ってね……」
 顔を両手で覆い、膝から崩れ落ちながら。
「でも……あのオブリビオンが……超高額で治療の特許を買い取って……妹の治療の研究を止められたくなければ、我に小間使いになれと……」
 それが、デビルキング法にとっては推奨されることだから、それはかっこいいことだとされているから……
「ち、違う……我は、我は奴隷ではない……」
 俯きながら、矜持を呟いた。
「クロエを……我の妹を救ってほしい……あのオブリビオンを倒せば特許権は治療班に戻るはずだ……」
 そして、救いを求めた。

「(……こういう方を見ていると、救ってあげたくなりますわね)」
 そう、シロナに胸を貸してあげながらローズは心中で思う。
「……後は、任せると良いよ」
 そう、本体である鎌に片手を伸ばしながらルカは誓った。
「……貴女が欲しい」
 そう、神薙は協力の意を端的に呟いた。
「……ああ、頼むぞ」
 そう、朱雀院・シロナは助けを求めた。
 そう、反転せし二元論の世界を改革すべく、覇道を胸で煮えたぎらせながら。
大成功 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵


第2章 ボス戦 『デストロイキング』

POW ●デストロイキング軍
レベル✕1体の【ビューティスパイダー】を召喚する。[ビューティスパイダー]は【女郎蜘蛛】属性の戦闘能力を持ち、十分な時間があれば城や街を築く。
SPD ●デストロイ光線
レベル分の1秒で【背中の魔力角から破壊光線】を発射できる。
WIZ ●デストロイウェポン
【腹部の巨大な口に取り込んだ物体】から、対象の【全てを破壊したい】という願いを叶える【破壊兵器】を創造する。[破壊兵器]をうまく使わないと願いは叶わない。
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は💠山田・二十五郎です。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


ルカ・クルオーレ
ローズ(f04715)と同行。 アドリブ連携歓迎 SPD

悪と非道は違うって昔聞いた気がするよ。
お前みたいなのはこの世界に必要な悪じゃないよね。
だから、消えなよ。いや……今消してやるよ。

錬成カミヤドリで本体の大鎌を複製、ローズの動きに合わせて動きを狭めるように牽制と攻撃を。
向こうが前に出るならあまり近寄らず、遠距離からの攻撃をメインに動くつもりだよ。
手が足りないようなら、本体は手元に残しておくから、振るう事で衝撃波を飛ばす。
そんなレベルで僕の前に立たないでほしいね、邪魔だからさ。
嘲笑いながら鎌を操り、一切の躊躇を見せず恐怖を与え続けてみようか。


ローズ・ベルシュタイン
ルカ(f18732)と一緒に参加
WIZ判定の行動
アドリブや連携歓迎

■心情
シロナにもやむを得ぬ事情があったのですわね。
やっぱり根っからのワルと言う訳では無さそうですわ。

そんなシロナの為にも、デストロイキングは倒してしまいましょう。

■行動
ルカとタイミングを合わせて、同時攻撃を試みますわね。
私は、白銀勇霊装(UC)を使用して、ルカの攻撃に合わせて
私も剣で敵を【2回攻撃】しますわ。
腹部の口を【部位破壊】で狙いながら攻撃しますわ。
「その腹部の口で、何も取り込めなくしてあげますわ」
自身が負傷したらUCの特性の戦闘力強化を使い
また【生命力吸収】で敵の体力を奪いますわ。


神薙・沁
悪魔たちを説得して戦力にしてみる
「デビルキング法には逆らってるわけじゃない
自分の目的(シロナに喜んでもらう)のために
気に入らない相手(オブリビオン)に反逆するだけだ
そのために協力してほしい」
四天王とかに目立つように陽動してもらい
敵ボスを奇襲する
一度制圧しているので自分の実力に関しては信じてもらえるはずだし
目立つ人物がいたほうが隠れ潜みやすい

戦闘時は手足の拘束による相手の行動制限と
魔導弓に狙撃によるヘッドショット(必殺とはいかなくても視界を妨げれば仲間の被弾率を下げられる)

彼らは悪人じゃなかったから傷つけないように制圧した
しかし貴様に対してはなんの躊躇いもない


「悪と非道は違うって昔聞いた気がするよ」
 そう嫌悪感を隠さずに『デストロイキング』にヤドリガミとしての本体である大鎌を突きつけ、ルカ・クルオーレ(Falce vestita di nero・f18732)は侮蔑の言葉を吐き捨てる。
「お前みたいなのはこの世界に必要な悪じゃないよね」
 骸の海に浮かぶ世界、その中で必要悪という概念とそれを担う組織や個人としての存在は確かに在る。
 だが、少なくとも『デストロイキング』には当てはまらないだろう。
 妹と部下を想う少女から搾取するこのオブリビオンには。
「だから、消えなよ。いや……今消してやるよ」
 故に抹消しよう。この善良なる悪魔たちが生きる世界から。

「(シロナにもやむを得ぬ事情があったのですわね。やっぱり根っからのワルと言う訳では無さそうですわ)」
 そう先程のシロナの涙を思い返し、夕焼け色のウェーブヘアを払いながらローズ・ベルシュタイン(夕焼けの薔薇騎士・f04715)は髪の毛と同じ色の刀身のロングソード、【夕の憩い】を構えながらルカと一緒に『デストロイキング』を挟み撃ちにしようとする。
 それだけではない。ローズの身体から純白の薔薇が咲き誇り――否、その純白の薔薇、アルヌワブランで彩られた甲冑がローズの体を覆う様に展開され、召喚されていく。
 自身が装着した純白の甲冑を見て思う。難病にかかった妹のために魔王として振る舞い治療費を稼いでいた少女の事を。
「(そんなシロナの為にも、デストロイキングは倒してしまいましょう)」

「……というわけで、貴方達の魔王シロナはオブリビオンである裏ボスに恐喝されているわけです」
 一方、神薙・沁(影に潜みて・f06362)はシロナの配下の内、側近である彼女の四天王と対話していた。
「しかし、シロナ……様の妹のクロエ……様がそのオブリビオンに囚われているとしても、デビルキング法に背くことになりませんか?」
 まず神薙に告げるは漆黒の燕尾服を着たシロナより僅かに年上そうな青年。
 『灰陣』のグレイ、何でも朱雀院姉妹の幼馴染で灰を用いた結界術を使う四天王最強の存在。シロナとクロエを呼び捨てに仕掛けたのは幼い頃二人からお兄ちゃん扱いされてきたからだそうな。
「けどぉ……シロナ様には良くして貰っているからねぇ……今更裏ボスのオブリビオンとやらに頭を下げる気にはねぇ……」
 次に口火を切ったのはもっさりとした緑がかった黒髪を後ろで纏めた魔女服と十二単を混ぜ合わせたような和風魔女と言った風貌の少女だ。
 『詛札』のモエカ、シロナが魔王を始めたばかりの頃、呪術に関する研究室を求めて出会い第二の四天王となり、二人の姉代わりになっているそうな。
「まぁ、このちびっ子が俺たちを動かせるかどうかだな。それが出来なくてオブリビオンに立ち向かうなんてお笑い種にもならねぇ」
 そう紫電が付与された長槍を弄ぶのはいかにも武人然とした壮年。
 『雷槍』のユピトゥス。武術と雷属性を極めたはいいが振るう相手が無くて黄昏ていたところをシロナに引き抜かれた。伯父と姪のような関係だそうな。
「何でもいいわ、シロナに借りを作れるならね……まぁアタシはフカシを広めるのと催眠術以外何も出来ないけど」
 と、染めた金髪にパーマをかけた煌びやかなギャルがスマホをタップしながら口を緩める。
 『偽奏』のエナ。巧みなブラフやハッタリ、強力かつ精密な催眠術を駆使する少女。高校入学時にシロナと諍いを起こし、何だかんだで親友兼好敵手兼四天王になったそうな。
 と、まぁそんなユニークなシロナの四天王に対して神薙は告げる。
「デビルキング法には逆らってるわけじゃない。自分の目的のために気に入らない相手に反逆するだけだ。そのために協力してほしい」
 つまり、シロナに喜んでもらうためにオブリビオンへ叛逆する。という意味を。

「はぁっ!」
「頼むよ、ローズ!」
 ――黒鉄で出来た大鎌、【Falce della Morte】と精霊属性を宿した魔法剣【Spada di granato】が、デストロイキングの拳を削っていく。
 ――夕焼け色の刀身のロングソード【夕の憩い】と薔薇の精霊の魔法力を宿した銃【プリンセス・ローズ】が、デストロイキングの腹の口を砕いていく。
「チッ、侮るなよ。猟兵(イェーガー)!!」
 その連携に対してデストロイキングも黙ってはいない。
 彼は己のユーベルコードである背中の魔力角から破壊光線を発射し、腹部の巨大な口から破壊兵器を創造して対抗していく。
「……そんなムキムキな体のくせして、戦闘スタイルは完全に遠距離攻撃の後衛タイプ!?」
「しかも白兵戦用のユーベルコードを使っていないのではないですね、最後のユーベルコードは召喚使役系みたいですわ……」
 そう言いながらも、実際デストロイキングのユーベルコードはシンプル故に強力だ。
 その放たれた破壊光線と破壊兵器を前に二人はそれぞれ受けの態勢をとる。
 破壊光線がルカを襲い、破壊兵器がローズを襲っていく。
「……そんなレベルで僕の前に立たないでほしいね、邪魔だからさ」
「チィッ!!本体である物質を破壊されなければ無傷だなんて、そんな悪魔なんているもんなのか!?」
 ルカがとった方法は単純だ。本体である大鎌を放り投げて破壊光線の影響から逃し、そこから人型を再構築したというわけだ。
「よそ見は厳禁、ですわよ」
「あぐっ……!?」
 銃声が鳴り響くと同時にデストロイキングの腹部が、そこにあった巨大な口が破損した。
「わざと攻撃を喰らって……」
「攻撃力に変換しましたの。そしてその腹部の口で何も取り込めなくなった……とは行きませんが、取り込みにくくはなったようですわね」
 と、慇懃無礼にカーテシーをして煽るローズ。
 その様子に苛立ちを隠そうともしないデストロイキング。

「それじゃあ、後はこの一撃を与えるだけかな?」
 そこへ――デストロイキングの頭部へ炸裂する魔導弓による狙撃。
 行ったのは神薙だ。
「彼ら、シロナの四天王から伝言だ……『何を我らが魔王をいたぶっている。どうか死を持って償ってくださいませ』、だとさ」
 再び矢を弓に番えながら少年はオブリビオンへ語る。デストロイキングに察知されないよう魔王城内の構図を教えた後、他の配下たちに指示を与えて神薙の動向を晦ませることに成功した四天王によって導かれたこの一撃と共に。
「彼らは悪人じゃなかったから傷つけないように制圧した。しかし貴様に対してはなんの躊躇いもない」
 彼らはあくまでこの世界を生きる生命、その健やかなる生を想うのが猟兵の責務。
「故に、ここで討たせてもらう」
 放たれるは天誅の一矢。それがデストロイキングの右目へと突き刺さり、オブリビオンは絶叫を上げた。
大成功 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵

神薙・沁
「死んで楽になって終わるのは少し生ぬるいかな」
デストロイキングを身動き取れないように拘束した後
背後にまだ誰かいるのか、今回の件の動機などを問いただす尋問タイム
同じように苦しめられてる魔王がいるのかなどを聞いて答えたら
「他には?」と言って刺す
を延々繰り返したのちにこれ以上情報引き出せないようになったら止めを刺す
情報引き出せたらそれをシロナさんや四天王に伝えて
同様に苦しめられていた魔王に今回のデストロイキングを倒して自由になったことを伝えてほしいと頼む
他の犠牲者がいないならそれはそれで良し

拷問の光景見られたら引くだろうか…
まぁ、いいかアレは人じゃないから


「ぐ、大分傷をもらったな……」
 片目を抑えて撤退していくデストロイキング。
 猟兵たちの猛攻を何とか凌いだ後、再起を図るためにデビルキングワールドの裏社会……そう言うものがあるかはわからないが、追手から逃れるとしても暫く身を隠すのは得策ではあると言えるだろう。

 最も、それを猟兵が許すわけがないが。

「さて、背後にまだ誰かいるのか、今回の件の動機などを問いただす尋問タイムと行こうか」
 神薙・沁(影に潜みて・f06362)。デストロイキングを捕らえて背後関係を洗おうと彼は追跡の手を緩めずにここへ至った。
「今回の件の動機?そりゃあ無論、カタストロフを起こす為だよ!」
 尋問という言葉に反応したのかデストロイキングは破壊光線を放射しながらその言葉に返答を返す。
「それ以上でもそれ以下でもない。あの真っ白なのを狙ったのは偶々脅せそうな奴がいたからさ」
「……それだけ?」
「それだけだろ。それ達オブリビオンは骸の海から生み出された過去の化身。世界に生み出された以上、世界を「過去」で埋め尽くすことが存在意義さ」
「……なるほど、ありがとう。それじゃあ後はよろしく」
 そう神薙が告げた瞬間、膨大な熱量を有する白き炎と光がデストロイキングを飲み込んで焼き尽くしていく。
「これは、あの真っ白な」
 それ以後の言葉は、頭部が白き光熱に焼き尽くされて形にならなかった。

「……ありがとう。これで我も少しはすっきりした」
 ――白き朱雀が翼をはためかせ、少女の身体へと戻ってそう告げた。
大成功 🔵🔵🔵


第3章 日常 『賄賂を贈ろう!』

POW奮発して高価な物を贈る
SPD丹精込めて作成した手作りの物を贈る
WIZ相手の欲しい物を推理して贈る
👑5 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵

種別『日常』のルール
「POW・SPD・WIZ」の能力値別に書かれた「この章でできる行動の例」を参考にしつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


 ――デストロイキングが斃れ、朱雀院・シロナは自由となった。
 これからは四天王と妹と共にその王道を歩んでいくだろう。
 せめてもの選別として、『賄賂』を送ろう――。

(『賄賂』という名のプレゼントを贈ってシロナ達と交流する章です。好きなプレゼントもとい『賄賂』を送ってシロナ達を喜ばせてあげてください)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
神薙・沁
自身の持っている忍刀と同様の物
4本を用意して四天王にそれぞれ渡す
刃物を普段使わない場合でも護身用として持ち歩けるし有用だろう

それらを渡しながらシロナとクロエに送る賄賂に関して相談する
自分の出身である手裏剣や刀、あとヘッドホンや和装の服などを見せて議論

実用的なものの案で始まって、むしろ喜んで貰えるものは記念品的なものなのでは、という議論になり最終的にはこれをあの二人に着けてもらったら可愛いんじゃないかという二人に色違いの猫耳などの可愛いアイテム
……あれ?これシロナさんに怒られない?
などと思ったけど面白そうなのでそれで決定という流れに


ルカ・クルオーレ
ローズ(f04715)と同行。

さて、一通り仕事完了と。
後は……どうしようね、新しい道を祝うにふさわしい賄賂って何だろうか。
悪の絆を深めるって感じで揃いの何かを渡したいよね。
ブレスとかどうだろ、シロナと妹さん……クロエだっけ、が金鎖に水晶の玉、四天王が同じデザインで銀鎖のオニキスとかで。
何だかんだ全員仲良さそうだし、分かりやすい形で縁を残しても良いんじゃないかなって。
一応手作り……アートの心得もあるし、目利きにも手先にも自信があるから見た目の良い物を送るよ。
今度はロクでもないのに引っかからずに魔王道を進んでいってよ、関わった以上は一応気になるし。
……世話焼きとか苦手なんだけどなあ。


ローズ・ベルシュタイン
ルカ(f18732)と一緒に参加
WIZ判定の行動
アドリブや連携歓迎

■心情
これで自由の身となったシロナですので、
今後も新しい道を歩める様に、私からも贈り物をしてあげたいですわね。

■行動
ルカは形に残りやすいアクセサリーを贈るそうですので、
私は良い思い出となる様に、何か豪華な食べ物をプレゼントしましょうか。
今までも、沢山のお金が入った時は焼肉を食べていたそうですし
私からは、焼肉のセットをプレゼントしますわね。
「中々手に入らない、上質の肉のセットですわ。皆さん折角ですので
楽しいパーティーとか開いて、新たな門出を沢山楽しんで下さいませ」

「シロナも、これからは貴女のやりたい事に専念すると良いですわ」


「さて、一通り仕事完了と」
 そうルカ・クルオーレ(Falce vestita di nero・f18732)は呟く。
「後は……どうしようね、新しい道を祝うにふさわしい賄賂って何だろうか」
 デストロイキングを撃破した以上、新しいシロナのゆく道を祝う為に賄賂を贈る。
 賄賂という本来ほの暗い物事を純粋な善意で行う、というのは思った以上に想像力の行使が試される。
「……そもそも、世話焼きとか苦手なんだけどなあ」
 そんなルカの呟きに対して
「そんなに難しい事ではありませんわよ。相手が喜びそうな物が何かを想定して送る、それだけですもの」
 かつて良家の令嬢であった少女、ローズ・ベルシュタイン(夕焼けの薔薇騎士・f04715)は社交界に通じている身としての意見をルカに解く。
「……なら、ブレスとかどうだろ、シロナと妹さん……クロエだっけ、が金鎖に水晶の玉、四天王が同じデザインで銀鎖のオニキスとかで」
「あら、良いですわね。私は良い思い出となる様に、何か豪華な食べ物をプレゼントしようと思ってましたの」
 と、そこにグリモア猟兵から転移の術式で何かが転送される。
「……肉?」
「お肉ですわ。A5ランクに地鶏、イベリコ豚などのブランド肉や新鮮な野菜などが詰まっていますの」
「それはまた、豪勢な話だね」
 と、ルカもグリモア猟兵からアース系世界のブランドジュエリーの手配を願い、賄賂の準備を進めていく。

 一方で神薙・沁(影に潜みて・f06362)は彼自身の持っている忍刀と同様の物。それを四本ずつ用意し、四天王に渡していく。
「えっと、これは……?」
 当然困惑する四天王、問いかけたのは四天王のリーダー『灰陣』のグレイ。
「護身用として持ち歩けるし有用だろう」
「ああ、成程な」
 神薙の意を得たのは得物を使う『雷槍』のユピトゥス。そのユピトゥスの言葉を聞いて納得したグレイは丁寧に忍刀を受け取っていく。
「他にもこのような……」
「あ、和服ねぇ……」
「良いヘッドホンね。これくれるの?」
 他にも上質な和服やヘッドホンなども神薙は用意しており、それをシロナの四天王に渡していくのであった。

「それでは……クロエも体調が回復したとのことのお祝い会、それを始めようか!お代わりや他に欲しいものがあったら言え!我が手配する!」
 と、シロナの配下が彼女の乾杯の音頭によって杯を上げる。
「お姉ちゃん、最近笑うようになったよね。わたしが元気になったから?」
「こらクロエ、お姉様か姉上のどちらかにしろとあれ程言っているだろう……」
 と、長い艶のある黒髪が特徴的な少女、朱雀院・クロエの世話を焼くシロナ。
 そんな光景を配下や四天王たちは微笑ましそうに見守っている。
「……しかし良いの?自分達まで食事を頂いて」
「何を。あのちびっ子の助けにお前さんたちはなった。それだけで十分だろう」
 そう言う神薙に対して大人の貫禄を見せつけるユピトゥス。
「しかし良い肉だけど……これ全員分?」
「あ、グリモア猟兵の方が独自に手配してくれましたの」
 そう言って焼肉をローズやルカも堪能していく。
「そうそう、ルカとか言ったか。あのアクセサリーは中々の代物だったぞ」
「ああ、良い店の宝石を手に入れられたからね」
「後、この肉もな」
「フフ、手配した甲斐がありましたわ」
 と、ローズはそう言うとヴァイオリンを取り出す。
「では、お聞きなさい、私の奏でる旋律を」
 奏でられるは異界法則の域に達した旋律。持ち前の技量もあるだろうがこれはユーベルコード『薔薇園狂詩曲(ローズガーデン・ラプソディ)』によって演奏される旋律。
 心に届かないわけがないほどの極上の調べで悪魔たちを魅了していく。
 やがて演奏を終えるとローズはシロナに向かって告げる。
「シロナ、貴方はこれが終わっても苦労したり悲しんだりすることがあるでしょう。それこそまた別のオブリビオンによるものかもしれません」
「だけどまぁ……関わった以上は一応気になるし、今度はロクでもないのに引っかからずに魔王道を進んでいってよ」
 つまり、と薔薇園の古城の二人は告げる。
「「困ったときは、また助けますわ(助けるからさ)」」

 そして宴もたけなわに迫る時刻。
「……あ、後で覚えていろよ下僕ども」
「お、お姉ちゃん……恥ずかしい……」
 なんかこう。ネコミミつけていた。ミニスカメイド服とニーソ着て。姉妹揃って。
 配下の要求を聞いていたシロナであったが、アルコールは恐ろしい。
 このような無礼講を主に強要して実現させてしまうのだから!

 ……なお、宴の後魔王城は魔王以外全員水着姿で一週間過ごす羽目になったらしい。
 ちなみに魔王城は暖房設備が充実しているので罰としての意味合いは精神的な物に重きを向いて行ったとのことだ。
大成功 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵

最終結果:成功

完成日2021年01月21日
👑5 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵