4
鉄の冷たさ、決意の熱さ(作者 しゅみる
3


#クロムキャバリア 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#クロムキャバリア


0



 手足が震える。森林部に隠したキャバリアのコクピットの中、何度目か分からないため息をつきながらこぶしをきつく握って両足を叩く。

 ビビるなよ。戦うって決めたのは自分自身なんだ。
 勝つぞ。半壊したマシンでだってやれるように作戦を立ててきた。
 あの新型さえ破壊すればあいつらは居なくなる……そのはずなんだ。

 自身を鼓舞する。すべてのことに何の確証もないけれども、自分に出来ることはこれだけだから。

「あれだけ見栄張ったんだ。運よく生き残って――そのときは、ケーキでも買ってあいつの所へ行こう」

 ああ、そうだ。そうしよう。


 ……
 …………
 ――操縦桿を、握る。

 ===================================


「これよりブリーフィングを開始します」

 立体映像の中、イルリカ・プリュミエ(陽だまりの花・f03743)が声を上げる。

「クリスマス、お忙しいところ失礼します。今回の依頼はとある小国家の新型キャバリア開発工場の防衛になります」

 そういいながら片手を振れば立体映像の中には防衛する地点の情報が追加される。

「防衛目標はこの工場を伴った都市。襲撃勢力は二勢力あると推測されます。まず南方から大量のオブリビオンマシン。そしてもう一つは北方から半壊した所属不明キャバリアが一機接近していると予測されています」

 機体データを送っておくので後で確認しておいてください、という前置きをしながら彼女は続ける。

「北方からの所属不明キャバリアは試験中の新型機で相手をする、という伝達があったので皆さんにはまず南方から来るオブリビオンマシンの相手をしてもらうことになります。数にものを言わせる戦法でくると思うので厳しい戦いになりますが防衛ラインの死守をお願いします」

 取り急ぎ必要な情報を伝え終われば、展開していた都市データ、機体データを立体映像の中から消しながらイルリカは猟兵たちへと向き直る。

「クリスマス当日にごめんなさい。だけど幸せなクリスマスを送れる人が一人でも増えるように……みなさん、よろしくお願いします!」





第2章 ボス戦 『輝光神機『ロクシアス』』

POW ●BSプラズマライフル『黄金の矢』
【プラズマライフルのレーザーサイト 】が命中した対象に対し、高威力高命中の【プラズマ化した超高熱熱線】を放つ。初撃を外すと次も当たらない。
SPD ●高速戦闘演算機構『予言の神』
レベル×100km/hで飛翔しながら、自身の【BSプラズマライフル 】から【相手の回避行動を読み切った超連続射撃攻撃】を放つ。
WIZ ●対人虐殺機構『疫病の矢』
自身の【機体全身 】から【疫病ウィルス型ナノマシン】を放出し、戦場内全ての【キャバリアに乗らない生身での戦闘行動】を無力化する。ただし1日にレベル秒以上使用すると死ぬ。
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔴

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主はテラ・ウィンディアです。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


「――そこ!?」

 レーダーの反応があった地点へと固定武装の腕部ガトリングを向け撃ち放つ。過敏すぎるトリガーで目標以外のものも打ち壊しながらそれを破壊するが、対象はただのダミーバルーン。たった一機の敵の撃破には至らない。

「また違う――一体どこに居るの……?」

 戦いが繰り広げられている場所は都市部から北東に離れた森林部。街中での被害を出さないようにと、引いていく敵の誘いに乗ったが一方的にかく乱される事態が続いていた。

「センサーが過敏すぎてダミーとの違いが判らない……このままじゃ弾も、エネルギーも……」

 新型を駆る彼女の額に冷たい汗が伝う。調整不足の新型機、従来の機体より圧倒的な機動力を得るためにと作られたそれはあまりにも速すぎた。少なくとも、自分は振り回されてカタログスペックをまったく発揮できない程度には。

「――ううん、弱気になっちゃ駄目。相手も右腕がなかったし、不自然な機動をしていた。万全じゃないのはあっちも同じはず」

 まだ戦える。勝ち目がある――そう信じて彼女は操縦桿を握りなおした。
 ――猟兵各位に通達。都市南部からの攻撃隊の殲滅を確認しました。

 ただし開発されていた新型が向かった北部から迫るキャバリアの撃破がまだ完了していません。どうやら機体の調整不足と敵のダミーバルーンを始めとするかく乱戦法がかみ合ってしまい、苦戦しているようです。

 状況を省みて、現時点を持って防衛本部からの指令が変更――各位、北から攻め入ったキャバリアと接触して交戦。戦闘不能へと追い込んでください。

 ――ご武運を。
田中・夜羽子

さて、出遅れたけど……
どうも新型乗りは機体の性能に振り回されてるみたいね。
調整不足を実力カバーできないうちは一人で突っ走るなって言われなかったのかしら?

まずは片っ端からダミー破壊、こっちは【継戦能力】【範囲攻撃】もあるからどんどん叩き潰してあげるわ。

狙いの所属不明キャバリアは新型機と協力しつつ対応。新型の彼女に相手させるのは難しそうね……私が囮になって、後方から火力支援に徹して貰うわ。

弾はいくらでもあるけれど、よかったら全弾お持ち帰りさせてあげるわ!

※自機の武器は基本的にバックパックのアームに取り付けてあります


「こちら夜羽子、戦闘に介入するわ!」

 一方的な通信とともに降り注ぐのは流弾の雨。上空から確認できた罠の類をWMSLで破壊しながら田中・夜羽子(偽神装機・f31315)は舞い降りる。

「え、えんぐん!?」
「南のほうは片付いたからこっちに着たわ――調整不足を実力カバーできないうちは一人で突っ走るなって言われなかったのかしら?」
「それはこんなもので迎撃する作戦を立てた上に言ってください!」

 新型のパイロットもその派手な登場に驚きながら、これまでの緊迫感が抜けていくかのように大きなため息を一つつく。――そんな間にもまたにょきにょきとダミーバルーンが。さらに敵機が己の危機に気づいたのか、レーダーや通信を乱すなにかを発しているようで計器が乱れ始める。

 その光景に舌打ちをしながら、弾の切れたWMSLを投げ捨て背面の二挺の大型チェーンガンを夜羽子はとりだして。

「ここまで徹底的だとむしろすがすがしいわね……いいわ、付き合ってあげる! 新型の人は残弾があるなら援護して!」

 接触回線で一方的に告げながらチェーンガンを構えなおす。二挺を広角に構え、敵影の濃い場所へと向き直って。

「弾はいくらでもあるけれど――よかったら全弾お持ち帰りさせてあげるわ!」

 その宣言とともに、戦場には連続した爆音が響く。木々をなぎ倒し、敵影を砕く。いくつも、いくつも、いくつも。
 弾が切れれば補充し、銃身が焼け落ちればそれすらすぐ交換する。荒っぽいながらも圧倒的な質量で、あきれる新型をよそに彼女はその場の主導権をねじとって行った。
成功 🔵🔵🔴

槐・白羅
モルスよ
お前が気になると言う事は此処に神機がいるんだな?
オブビリオンマシンは引きあうものか…いや…神機がか?

対峙する黒と黄金
その様子に笑う

乗り手に対して
ああ
拾い物だろうそれは

分かるよ
俺のモルスもそうだからな

何を願ってそれを使う?


意識はしっかりしてるか?機体からの声は辛いよな
何…慣れるさ

UC起動
【空中戦】
翼を利用した高速機動開始
はははっ!相変わらずいやらしい射撃だ!
避けられそうにないな!(自ら突撃して剣と翼で【受け流し】

射撃が無いのは中々に辛い所だな!(距離を詰めて

【重量攻撃・貫通攻撃・呪詛】
死の運命で重量をかけての装甲を貫通しての斬撃と共に呪詛を仕掛ける

太陽よ!地の其処へと墜ちるがいい!


「ああ、拾い物だろうそれは。分かるよ、俺のモルスもそうだからな」

 オープン回線でその機体へと話しかける……のだが返される反応は芳しくない。ただ戦闘起動を開始し、残った腕にあるライフルがこちらに向けられるだけで。

「こちらと会話するだけの理性があると思ったが……いや、ただ単純に回線関連の機能が壊れているだけか?」

 思考はめぐらせども結論に達することは無く、仕方ないと彼もまた戦闘軌道に入る。

「モルスよ…今こそその権能を示せ…死の眠りを与えよ!」

 黒い機体は対する黄金の機体と同じように急加速し、追従する。

「はははっ! 相変わらずいやらしい射撃だ! 避けられそうにないな!」

 ライフルで応射する黄金、その予測射撃から逃れることは出来ずに一方的に彼とその機体は撃たれ続ける。引き撃ちによる蹂躙になる――外から見ればそうなると思われた、その時。

「射撃が無いのは中々に辛い所だ、な!」

 一瞬のフェイント。距離を離すと見せかけながら、急速に距離をつめて武装の魔剣を振りかぶる。

「太陽よ!地の其処へと墜ちるがいい!」

 一瞬の会合。渾身の重撃が振り下ろされる。
 砕かれるのは残された右腕。盾とされたそれはコクピットまでの貫通を許さずにその剣をとめた。

「ならば、もう一度――!」

 そう振りかぶった追撃……それは、振り下ろされることは無かった。
 モルスから放たれるその閃光――それが機体のエネルギーを奪い機能を停止させた。カメラアイから光をなくした黄金の機体は膝をつく。

「本当に壊れかけなのだな、こいつは」

 戦闘力はもう無い。そう判断して白羅は膝をつく機体を見下ろした。
大成功 🔵🔵🔵