4
音の海にて溺れ果て(作者 逢坂灰斗
2


#アリスラビリンス  #猟書家の侵攻  #猟書家  #マーダー・ラビット  #時計ウサギ  #サポートは手隙の際にご案内します  #プレイング受付中 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#アリスラビリンス
🔒
#猟書家の侵攻
🔒
#猟書家
🔒
#マーダー・ラビット
🔒
#時計ウサギ
#サポートは手隙の際にご案内します
#プレイング受付中


0



●海に至る片道切符
 アリス達の旅は続く。扉はいずこ、奇妙で不思議なゲームはいつだって残酷。
「皆様の立ち向かう意志! 自らの扉を求めるという『闘争』!! いやはやとても素晴らしい!!!」
 ウサギ穴を先導する時計ウサギはいつもより饒舌で、いつもより気狂いだった。
 アリス達には『それ』の違いがわからない。ましてや――
「そしてさようならお客様! 無事抜け出せたのならまたお会いしましょう!!」

 ……その時計ウサギが『偽物』だなんて、誰にも気づけ無いのだから。

●船頭無くして――
「――時計ウサギってのは有る種の技術者だ。船の船頭みたいなもんだと俺は思う」
 猟兵達の眼の前で弐兎崎・ジン(迅風兎脚・f29153)はそう語る。
「で、船頭が居なくなった船は、基本的に『沈んでいく』ってのが相場だろ? 今回はそういう手合の話だ」

「……雑に言やぁ、とある連中が時計ウサギの案内でウサギ穴を通過していたんだが――そのウサギが『幹部猟書家』だったみてーだ。偽物船頭は通過途中でばっくれて失踪、連中はウサギ穴の途中、何もかもが滅茶苦茶な時空間に投げ出された」
 ジンの言うところによると、ウサギ穴の中で『時計ウサギの先導』が無いと穴の中は『穴』であることを保てずに、時空間が崩れてしまうらしい。
「その滅茶苦茶な時空間から『脱出』出来なかったのなら、それは骸の海の片道直行便ってワケだ。……船頭が居なくなったら溺れた果てに骸の海で『溺死』するってのは笑い話にはちと向かねぇな」

「つーわけで。お前らにはそんな崩れた時空間の中に突っ込んで貰う。……無論死んでこいってワケじゃねぇよ。『救助』して一緒に出てこいってこった」
 ジンが予知したアリス達の一行は『催眠状態に導く笛の音』が満ちた空間を漂っていて、そのままだと全員が眠りについてしまい、『骸の海』の藻屑に成り果てるのだとか。
「したら海中で爆睡するのと同義だからな、連中をなんとか叩き起こしながら『笛の音』を振り切って脱出しとけ。……その先に悪辣な偽ウサギが待ってやがるから」
 幸いにも、アリス達にもそれなりに戦える力はあるらしく、一緒に脱出することで共に戦ってくれる仲間として協力してくれるだろう、とジンは言った。

「……骸の海直行便とか誰だって願い下げな筈だ。とっとと『救助』しにいってやれよ」
 徹頭徹尾粗雑な彼が導く『救難現場』は――奇怪な不協和音に満ち溢れていた。





第2章 ボス戦 『マーダー・ラビット』

POW ●きす・おぶ・ざ・です
【なんとなく選んだ武器】による超高速かつ大威力の一撃を放つ。ただし、自身から30cm以内の対象にしか使えない。
SPD ●ふぁんとむ・きらー
【糸や鋏、ナイフ等】による素早い一撃を放つ。また、【使わない武器を捨てる】等で身軽になれば、更に加速する。
WIZ ●まさくーる・ぱーてぃ
自身の【殺戮への喜びによって瞳】が輝く間、【自身の全て】の攻撃回数が9倍になる。ただし、味方を1回も攻撃しないと寿命が減る。
👑11 🔵🔵🔵

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は💠終夜・嵐吾です。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


【MSより】
・この章ではアリス御一行と協力すると有利に戦えます。参考までに各自の能力だけ書いておきます。(猟兵のUC程強くはありませんが)
 ヒイロ:スーパーヒーロー系。高速で飛び回る戦士タイプ。
 ネムリ:対象を眠らせる補助&回復役。足止めや平時の回復担当。
 クロウ:オウガのカラス(炎っぽい)を分離させての挟み撃ちなど召喚併用型。

●残虐兎は退屈
 マーダーラビットは猟兵達を見遣ると大仰な欠伸を立ててから、まるで人が変わったかのようにギラギラとした瞳を柔和な眼差しに紛れ込ませて語りかける。
「やあやあお客様――いえ、お客様ではもうありませんね。待ちくたびれてしまいましたよ。それにしてもお元気でいらっしゃる」

 肩を竦めながら、まるで弱った所を甚振る心づもりであったことを隠しもしないその猟書家は残虐な狩人として、ゆったりと歩み寄ってくる。
「それにしても『送り甲斐』のある方が増えて感謝していますよ――なにせ死は平等、骸の海に至れば皆同じ!」
 適当に選ばれたであろう残虐な武器は血痕に塗れ、今からそれに真新しいものを『増やそう』とすることは疑いようもないだろう。
「さぁ、足掻いて下さいませ。そこに――かの方が望む『闘争』はあるのだから」
カタリナ・エスペランサ
死は平等、確かにそうだ
その節理から零れ落ちた過去の亡霊が騙る事でも無ければ、まして生者に押し付けていいものじゃないけどね
ま、狩られるのはキミ一匹だけって話さ

敵の動きは《第六感+戦闘知識》の直感と理論を組み合わせ《見切り》先読み、《先制攻撃》で攻撃の起点を潰す事を念頭に《空中戦》で立ち回ろう
羽弾の《スナイパー+誘導弾+援護射撃》、ダガーでの《切り込み+早業+怪力》を使い分けアリスたちを《庇い》ながら連携するよ
並行して《目立たない+罠使い+破壊工作》で《魔力溜め》領域を形成、敵を狩る為の布石を打つ
敵UCには【閃紅散華】で強化・加速して逆に《カウンター》、捨てた武器も纏めて《薙ぎ払い》畳み掛けようか


●狩りは平等に降り注ぐものか
 アリス達に向けられた笑顔に明るさは微塵も見当たらない。
 血に塗れて、目の前の玩具(おもちゃ)で今から遊ぶことだけを考えたそれは、彼らの睨むような光を楽しむかのように、その身なりの如く凄惨な痕を残す刃物を振り翳し――
「――死は平等、確かにそうだ」
 カタリナ・エスペランサ(閃風の舞手(ナフティ・フェザー)・f21100)の『羽』によって弾かれた。
「けれど、それはその節理から零れ落ちた過去の亡霊が騙る事でも無ければ、まして生者に押し付けていいものじゃないけどね」

「では、不平等ならば、『どなた様』から消えるので?」
 眼前の兎はカタリナと会話しながらも、彼女に視線を合わせながらも、『アリス達』を狙っているのは明白。
(油断したら速攻で惨殺しますよ、ってアピールかな。全くもって腹立たしいね)
 脇を見なくとも約1名が煩くて位置が割れるので連携自体にはさほど困らなかった。そんな最中でも彼女は『支援』に寄せる形で立ち回る。
 どれだけ相手の技量が狂っていようが、この拮抗を維持できさえすれば、此方にも手立てがあるからだ。

 時にカラスの羽撃きに羽弾を混ぜ、時に自分自身が矢面に立ちながらも、並行して進められる力場の生成は一見して『流れ弾』が偶然創り上げたようにも見えるだろうか。
 けれども、それこそが彼女の狙いであり、狩場を作り上げる『狩人』としての技量を遺憾なく発揮したものである以上、味方にも気取られない。

 何度目かの攻勢の切り返し――そこに、カタリナは手痛いしっぺ返しを混ぜ込んだ。
「そうだね、アタシ達の中の『誰でもない』のは明白だよ」
 紅き眼差しが刺す程の鮮烈な光を放てば、その眼光の輝きは、今まで以上に苛烈な彼女の『舞』を魅せつけるように輝き続ける。
 気づけば全てが手遅れ。押し返すのは此処が好機。暴力的な眠気が動きを縛れば、残りの3人の攻めが如何に苛烈であろうと、眠気からは逃れられず。

「――ま、狩られるのはキミ一匹だけって話さ」
 狩人は、更に強力な狩人の手によって、応報を受けたのである。
大成功 🔵🔵🔵