4
綺麗な世界を悪夢の世界に変えさせるな!(作者 傭兵
3


#アックス&ウィザーズ  #猟書家の侵攻  #猟書家  #レプ・ス・カム  #フェアリー 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#アックス&ウィザーズ
🔒
#猟書家の侵攻
🔒
#猟書家
🔒
#レプ・ス・カム
🔒
#フェアリー


0



●フェアリーランド内
 とある冒険者のフェアリーは、自身で作った自然豊かなフェアリーランドの壺の中の世界で休息をしていた。
 フェアリーは、蜂蜜を食べ終えるとフェアリーランドの外に出ようとした時に。

「よいしょっと、おじゃましま~す!」

 と背後から、何者かの声が聞こえ、振り向くと、知らない存在が立っており、フェアリーが誰かと言う前に。

「ここをこうして・・・よし、初めましてフェアリー、さっそくだけどここを悪夢の世界に変えさせてもらうよ」

 フェアリーに向かって一方的にそう言ってきたために、フェアリーは意味が分からずに困惑する。
 そして、知らない存在はフェアリーの事を気にせずに。

「私の名前はレプ・ス・カム、モンスターと言えば分かるかな?ほら、あそこの木の後ろにも、川の中にも、そして君の後ろにも」

 フェアリーは突然の言葉に困惑しながら後ろを見ると、不気味な黒い何かが動き回り、周りを見れば黒い何かが複数、フェアリーの方を見ている感じであった。
 そこに追撃するように言葉を言い放つレプ・ス・カムはこう言った。

「周りのモンスター達は、君を狙って来たのだよ、ほら、あそこのお花畑を踏みにじりながら来るモンスター達を見てごらん、ほら、自然豊かな森が燃える景色を見てごらん」

 フェアリーはその言葉によって恐怖状態となり、フェアリーランドの壺の中の世界は悪夢化が始まるのであった。

●グリモアベース
「諸君、アックス&ウィザードで猟書家の幹部が、予知で見たフェアリーのフェアリーランドの壺の中の世界に現れて、綺麗だったフェアリーランドの壺の中の世界を悪夢の世界にしながら、天上界への鍵を探している事を予知した!」

 純・ハイトはそう言いながらすぐに、猟兵達を転送できるようにして。

「今、フェアリーが創り出したフェアリーランドの壺の中の世界が、猟書家の幹部の言葉で悪夢化している最中であり、フェアリーが力尽きる前にフェアリーに楽しい事を考えてもらいながら悪夢化を阻止し、猟書家の幹部を倒してください」

 と言うと転送するのであった。


傭兵
 お久しぶりです、傭兵です。
 今回のシナリオは、幹部シナリオです。

 第一章
 フェアリーのフェアリーランドの壺の中の世界で、悪夢化によって現れたモンスターです。
 このモンスター達は、全身真っ黒で様々なタイプのモンスターがおり、フェアリーが楽しい事を考えない限り、モンスター達はボス並みの強さで襲ってきます。
 フェアリーに楽しい事を考えてもらえれば、モンスター達は弱体化していきます。

 第二章
 猟書家の幹部、レプ・ス・カムとの戦いです。
 レプ・ス・カムがいる限り、悪夢化は止まらずフェアリーを苦しめてきます。
 フェアリーに楽しい事を考えてもらえれば、悪夢化を少し抑えられて、レプ・ス・カムと戦いやすくなるでしょう。

 プレイングボーナス
 全章共通・・・フェアリーに楽しい事を考えてもらう。

 皆様の活躍するプレイングをお待ちしています。
13




第1章 冒険 『夜戦』

POW夜で視界が悪いが接近戦で戦う
SPD夜で視界が悪いがスピードを生かしてかく乱や暗殺で戦う
WIZ夜で視界が悪いが魔法で戦場を見えやすいようにして魔法攻撃で戦う
👑7 🔵🔵🔵🔵🔵🔴

種別『冒険』のルール
「POW・SPD・WIZ」の能力値別に書かれた「この章でできる行動の例」を参考にしつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


樽石・ねみぃ
いろいろおまかせ

モンスターですかー。
タイヘンそうですねー。

いろいろ大変そうですけど嫌なことがあったら寝て忘れるのが一番ですよー。
そんなわけで【どこでもお布団】ー。
フェアリーさんはこの中でぬくぬくもこもこして怖いことを忘れてくださいねー。

さて、2セットあるお布団のもう片方でモンスターを張り倒してしまいましょうねー。


「モンスターですかー。タイヘンそうですねー」

 樽石・ねみぃ(怪奇人間のパーラーメイド)は恐怖状態のフェアリーの横に立ちながら言うと、それに気が付いた恐怖状態のフェアリーがびくびくと震えながら、樽石・ねみぃを見る。

「いろいろ大変そうですけど嫌なことがあったら寝て忘れるのが一番ですよー」

 恐怖状態のフェアリーが樽石・ねみぃの言った言葉に驚いて言葉を失う、何故なら周りにモンスターがいながら寝て忘れるという事はドラゴンの前で寝るレベルだと思っているからである。
 樽石・ねみぃは、恐怖状態のフェアリーの考えている事を置いときながら言葉を続ける。

「そんなわけで、本日ご紹介するのはこちらー、どこでもお布団ー」

 そう言い終えると同時に、樽石・ねみぃの身長の2倍のお布団を召喚する。
 恐怖状態のフェアリーは、お布団が召喚されたのを見て、混乱していく。

「フェアリーさんはこの中でぬくぬくもこもこして怖いことを忘れてくださいねー」

 樽石・ねみぃは、恐怖状態のフェアリーをお布団に入れて、その後にモンスター達を見ながら。

「さて、2セットあるお布団のもう片方でモンスターを張り倒してしまいましょうねー」

 いつの間にか用意していたもう一つのお布団を持って、モンスターに向かって攻撃を開始する。
 恐怖状態のフェアリーはお布団の中から樽石・ねみぃとモンスターの戦いを見ながら、もう終わりだと思っていた恐怖の中に、時間が経つごとに少し希望を持ち始めていた。
 そして、モンスターの数は少し減りはしたが、まだ数がおり、フェアリーは恐怖状態ではあるが、希望が出始めた事によりフェアリーの心に少し落ち着きができていたのであった。
成功 🔵🔵🔴

黒城・魅夜
「悪夢の滴」たるこの私の前で悪夢を弄ぶ愚かな猟書家
すぐにその身を引き裂いてあげますから待っていなさい

さて、その前に妖精さんを護りませんとね
ふふ、安心してください
ダンピールの悪霊である私にとって
夜の闇は不利に働くようなものではありません
いえ、むしろ我が家のようなものですよ
「暗視」「環境耐性」もありますしね
むしろ私自身が「闇に紛れ」つつモンスターたちを撃ち倒して行きましょう

しかしあまり暗すぎても妖精さんが不安に思うでしょう
私の鎖に輝く「オーラ防御」を纏わせて周囲に展開
モンスターたちの目を引き妖精さんを襲わせないための囮にするとともに
妖精さんを安心させる燈火にもしましょう
UCを発動してとどめです


「悪夢の滴たるこの私の前で悪夢を弄ぶ愚かな猟書家、すぐにその身を引き裂いてあげますから待っていなさい」

 声と共に、現れたのは黒城・魅夜(悪夢の滴)である。
 黒城・魅夜は、戦闘準備をしながら、「さて、その前に妖精さんを護りませんとね」と言いながら恐怖状態のフェアリーを見て。

「ふふ、安心してください、ダンピールの悪霊である私にとって、夜の闇は不利に働くようなものではありません」

 と恐怖状態のフェアリーに声をかけると、恐怖状態のフェアリーは大丈夫なのか聞いてきたため、笑顔を見せて。

「夜の闇は我が家のようなものですよ、むしろ私自身が闇に紛れつつモンスターたちを撃ち倒して行きましょう」

 その言葉聞いてか、恐怖状態のフェアリーは少し安心したような表情を見せる。
 恐怖状態のフェアリーが少し安心したことを確認した、黒城・魅夜はモンスターたちに向かって進みだしながら。

「愚か者の骸を糧に咲き誇れ鋼の血華」

 ユーベルコードの緋色の弔花は悪夢の深淵に狂い咲く(フューネラリィ・クリムゾン)を発動させて、対象数に反比例し集中する108本の鎖を出しながら、出した鎖をオーラで防御をできるように纏わせる。
 モンスターたちは、一斉に黒城・魅夜向かって襲い掛かってくるが、鎖がモンスターに高威力の攻撃を仕掛ける事により、素早くモンスターたちを倒していく。
 恐怖状態のフェアリーは、その光景を見て、さらに安心して、大きな希望ができたのである。
 モンスターの数は、最初に見ていた数よりも多く減少して、恐怖状態のフェアリーからできた力も集団レベルまでに弱くなっている事がはっきりしており、後少しで悪夢化で出たモンスターたちに勝てる状況であった。
大成功 🔵🔵🔵