3
山の怪異は、人の顔を……(作者 ヨグ
6


#UDCアース  #感染型UDC 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#UDCアース
🔒
#感染型UDC


0



 UDCアースのとある山中を、1人の女性が歩いていた。
「あと……すこ、し……。」
 元々は修験者たちが通ったという、周りは木々に囲まれた険しい山道。
 地図によれば、そろそろ開けた場に出る……そして、そこからの眺めは良いという話だが、
「……あ、こんにちは。」
「あら、こんにちは。」
 いつの間にやら、前から現れたパーカーの女性。
 登山者のマナーとして挨拶を交わすと、相手の女性は笑みを浮かべて顔を覗きこんできた。
「あの……私の顔に、何か?」
「ふふ、珍しいなと思って。」
「何、が……。」
 ぺろり……女性の手が顔にのびたと思えば、何か薄いものを引き剥がされる感触。
 それをパーカーの女性は顔につけると……山を登っていた女性の顔で、
「良い顔よね?」
「……ひゃあああああああ!?」
 それを見てしまった女性は、まるで転げ落ちるかのように登山道を逃げていった……。

「……集まってくれたな。
 どうも、猟兵君たち……仕事の時間、である。」
 グリモアベースに集まった猟兵たちを見下ろす植物体、古野はどこか眠そうに言葉をかけていた。
 ずるりと蔦でできた手を掲げると、壁に広がるのは一人の女性がヒトガタのモノに囲まれた姿。
「君たちは……噂で広がるという、感染型UDCというものの話を、知っているだろうか?
 その一つが、この娘の広めた噂で……エネルギーを得てしまったのだ。
 とある山奥に、人の顔を剥ぎ取って、自分の物にする怪異がいる……というもので、な。
 これは、実際にUDCを現しているのだが……その前に、この娘を救ってほしい。」
 蔦の先がぼうっと輝くと、ゲートが開かれる。
 ゲートの先では、1人の女性を赤いヒトガタの浮遊物が取り囲んでいて、
「確か、黄昏秘密倶楽部といったか……その主神たるモノの分霊たちが、襲い掛かろうとしている。
 苦痛を尊し、とする教義の具現化だ……君らにも、苦痛が降りかかるだろう。
 だが、君たちであれば倒せると、信じている。
 まずは、あの娘を救い……その後は、噂の元となったUDCを、山の中で探してほしい。
 ……頼んだ、ぞ。」





第2章 冒険 『恐怖山脈を踏破せよ』

POW急峻な壁をクライミングする。
SPD暴風吹き荒れる尾根を縦走する。
WIZ雪崩や落石が集中する谷から攻略する。
👑11 🔵🔵🔵

種別『冒険』のルール
「POW・SPD・WIZ」の能力値別に書かれた「この章でできる行動の例」を参考にしつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


「あの……ありがとうございます。すいません、なんか、大事に……。」
 助け出した女性は猟兵たちに頭を下げながら、邪神を見たという山の事を話し出した。
「えっと、ですね。その……私が彼女を見た場所、なんですが。」
 地名を聞けば、そこは今では雪で入山禁止となっている。
「今の時期、登る人はいないはず、です。あの……その、頑張って、ください。応援、してます!」
 ……厳しい山道になりそうだ。

 雪に包まれ、周りは木々に囲まれた険しい山道……そこを通り過ぎれば、開けた場所がある。
 場所は解るが、そこまで行くには雪に対する装備が必要だろう。
高吉・政斗
アドリブ&連携歓迎)

雪山で登攀か…こりゃFECTつれてくるの失敗したか?
でも散々コイツで戦ったんだ、たかが高い壁如き、突破してやんよ。

■融合状態(二足形態)
操縦席で動かすより俺自身がFECTになれば登りやすいしなウン俺って頭いい。(乗車からのUC起動)

行動的には…
1:ジャンプ
2:空中起動
3:適切な壁に「手→指」の順に突っ込み引っ掛ける
4:勢い良くジャンプ
5:空中起動…
(以下ループ)
…で登攀。

ただ闇雲に壁を掴むのは崩れそうで怖いから適切な登攀ルートの目印として、アンカー型主砲弾を生成、FECT_OSによる弾道計算で撃ち込みルートを作ろう。くそ!初めての試みだからマジでおっかねぇぞ(にやけ顔)


 高吉の前は雪で白く染まっている……今は止んでいるが、またいつ降ってくるか解らない。
「あー……話には聞いてたがな。」
 ここまでは車で入ってこれたが、ここからは登山道だ。
 乗ってきた戦車のFECTを置き、入山禁止の鎖をまたいで先を少し歩いてみると……思ったよりも傾斜のある道になっている。
「雪山で登攀か……こりゃFECTつれてくるの失敗したか?」
 普通に考えれば、戦車で山に入るのは難しい。
 しかし、FECTはただの戦車ではない。
「でも散々コイツで戦ったんだ。たかが高い壁如き、突破してやんよ。」
 FECTに乗り込み、ニヤリと笑った高吉の左眼が仄かに青白く光る。
 それと共にFECTが変形し、小さくまとまっていき……人の全身を包み込む、パワードスーツのようになっていた。
「よーし、良い感じだ。」
 高吉自身は全く身動きが取れないが、直接意思を読み取って動くFECTは、自身の身体より俊敏に動いてくれる。
 軽く鎖を飛び越え、高吉は登山道へと入っていった。

 それは、道というには少し厳しかった。
 下手に足を進めても、雪で滑り落ちかねない。
「よっ、と。」
 そんな道を高吉は少し跳び、道の横に立っている木を掴んで登っていく。
「俺自身がFECTになれば登りやすいな。ウン、俺って頭いい。」
 ちょっとした自画自賛の言葉が出るくらいには、気楽に上っていけた。
 ちらりと後ろを振り返れば、木々の間をただ白い坂が続いている。
「しかし……後から登る目印、つけといた方が良いな。」
 登るのは自分だけではないし、とFECTに計測と計算をさせていく。
 モニターに割り出されたのは、効果的にアンカーを撃ち込める場所。
「ん……結構厳しいな。だが、」
 勢いよく跳び上がり……肩から射出された真っ赤なアンカーが道に突き立っていく。
 これで、後から登る人は楽に来れるだろう。
「よっとっと!?」
 木に手をかけた時、重さに耐えられないのかぐらりと崖へと傾き、手が離れる。
 ギリギリで崖に指をかけ……何とか体を引き上げていた。
「あっぶねぇ……くそ! 初めての試みだからマジでおっかねぇぞ!」
 悪態をつく高吉だったが、その顔は恐怖ではなく、やり切った笑みへと変わっていた。
 戦場を駆ける戦車乗りにとっては、生きるか死ぬかの瀬戸際こそが自身の居場所なのだろう……。
大成功 🔵🔵🔵