4
迷宮災厄戦③〜刹那か永遠の眠り(作者 唐傘
1


「アリスラビリンスでオウガ・オリジンが……というかオブリビオンが活発になってきて、開戦の合図になっているみたいなんだよね。」
 グリモア猟兵、ティモシーがアリスラビリンスに現れたオウガ・オリジンを投影する。
「それで、他のオウガ――猟書家を残したままオウガ・オリジンを倒しちゃうと、その猟書家はどこかの世界に行く……。」

「まぁ、オウガ・オリジンと猟書家をどういう順番で倒すか……の前に、道を開くために何箇所かでオウガを減らさないとダメなんだよね。」
 投影していたオウガ・オリジンを引っ込めて、戦場となるマップを投影しなおすグリモア猟兵。
「今回の相手は、夢喰いクラゲ……人を寝かしつけて、そのまま生命力を吸い尽くすオブリビオンだね。」
 本来は主食とする夢を得れば開放するようだが、戦争の影響で変異したのかも知れない。
「それで、この戦場に出てくるオブリビオンは変異が少なからずあるんだけど……この一帯は、頭部が枕としてすごいグレードアップしているんだ……」
 恐れおののく顔で、変異の内容を告げるグリモア猟兵。……寝不足や疲れた人でもないのに寝かしつけようとする枕に捕まれば、まず起き上がることはできないだろう。
「だから、逆に対処さえすれば打ち勝てる……はず、なんだ。」
 自信がないのは、具体的な対処が思いつかないせいか。

「ちょっと厳しい戦いかも知れないけど、よろしくお願いするね……?」
 対処が曖昧なためか、少し申し訳なさそうな表情をしつつ。クラゲが大量発生している一角に、転送ゲートを開く……。


唐傘
 はじめての方ははじめまして。唐傘です。
 アリスラビリンスの戦争、『不気味な身体部位』を移植されたオウガとの戦闘です。
 不気味かどうかは別として、強い睡魔を伴う枕――じみたオブリビオンとの戦いとなります。
 十分に睡眠を取っても催眠を促すため、軽度の対処としては眠気覚ましを摂りつつ戦う必要があります。
(中級や上級の、有効な対処であれば有効度に応じてプレイングボーナスが派生します)
16




第1章 集団戦 『夢喰いクラゲ』

POW ●おやすみなさい
いま戦っている対象に有効な【暗闇と、心地よい明かり】(形状は毎回変わる)が召喚される。使い方を理解できれば強い。
SPD ●良い夢を
【頭部から眠りを誘う香り】を放ち、自身からレベルm半径内の全員を高威力で無差別攻撃する。
WIZ ●気持ちよく眠って
【両手】から【気持ちいい振動】を放ち、【マッサージ】により対象の動きを一時的に封じる。
👑11 🔵🔵🔵

種別『集団戦』のルール
 記載された敵が「沢山」出現します(厳密に何体いるかは、書く場合も書かない場合もあります)。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


春霞・遙
うわ、オブリビオンでなかったら味方に欲しい効能効果ですね。
でも戦争中寝てられないですし……。

【紙片鋭刃】を使用し、折り紙で折った紙飛行機を投げたり手裏剣で敵を斬ることで攻撃。
普段は手裏剣や紙飛行機など投げてから発動したり持ち手のある作品を使用しているけれども今回は折り紙全体に【紙片鋭刃】の効果を持たせた手裏剣を握ったままにして、自分の手の切れる痛みで眠らないようにします。
どうしても耐えられなさそうなら、折り紙の作品と呼んでいいのかわからないけれどもぺらの折り紙を握り潰して無理やり目を覚まします。


「うわ……オブリビオンでなかったら、味方に欲しい効果効能ですね……。」
 転送されてすぐ、眠気を――あるいは枕に顔を埋めたい衝動を抑える、春霞・遙(f09880)。
 夢を捕食されたり起き上がれなくなったり、はオブリビオンに由来する性質としても。強い睡眠導入効果は、寝付けない日には恋しくなるだろう。
「でも、戦争中に寝るほど、命知らずではないですよ……。」
 手近なキノコに隠れつつも、折り紙で手裏剣や紙飛行機を作る春霞――。
 しかし、作った折り紙の全ては投げず、手裏剣の1つは手に持っている。

「ひらひらと風に飛ぶ薄く弱い刃、鋭く軽く真っ直ぐに裂け――」
 紙飛行機がかすった、あるいは手裏剣が刺さった夢喰いクラゲがどんどん切り裂かれていく。
 そして攻撃に気付いたらしい夢喰いクラゲたちが、反撃として暗闇を、そしてロウソクのようなほのかな明かりを召喚し、春霞の周囲を囲む――しかし、彼女に襲い来る睡魔は、眠らせることができない。
 眠らずに攻撃を続ける春霞だが、飛ばしている紙飛行機には赤いシミが少なからず存在しており――自分を傷つけた痛みで起きている事が伺える。
「私は、まだ、倒れるわけには、いかないん、ですよ……!」
 徐々に数を減らす夢喰いクラゲたち。春霞が自らを傷付けてまで攻撃に専念する効果はあるようだ……。
大成功 🔵🔵🔵