3
迷宮災厄戦⑦〜完全正義マニュアル(作者 忍P
3


 その国は一つの巨大な図書館。
 天井は遥か高みに、書架は柱となって図書館を支える。
 その奥、図書館には似つかわしくない宝石が散りばめられた玉座に一人のオウガ、遊戯の国の暴君『ヒュブリス』が本を読みながら座っていた。
 ヒュプリスは本を読み終わると足を組んでワイングラスを片手に人形を撫でる。
「悪役とは豪華な椅子に座って猫を撫でる……というが生憎と猫がいない、ならば人形でも構わんだろう」
 本に書いてあった悪役らしい行動をすることによって力を増していくヒュプリス。
 ワインを飲んではるか遠くを見据える。
「本によれば正義の味方らしい行動をするとわが敵も強化される、とあったが残念だったな、その本はすでに私が巧妙に隠してある、見つけることなど不可能だ」
 ワザとらしいぐらい自分の弱点を図書館中に聞こえるような大声で呟くヒュプリス。
 これもまた自信を強化する悪役的行動の一つだった。

「とゆーわけなのです」
 リリィエル・ロックウェル(クレヨンの勇者・f01438)が集まった猟兵たちに自分の見た予知の内容を話す。
「この国のオウガは悪役らしい行動をすることでパワーアップするのです、だけどあのオウガのいう通り図書館のどこかに正義の書って言う本があるはずなのです、それに書いてあることを実行すれば皆さんもパワーアップして対抗できるはずなのです」
 その正義の書ってどこにあるの?と猟兵が質問するがリリィエルは首を横に振る。
「そこまでは分かんないのです、けど見つからないなら見つからないで正義の味方っぽい行動すればパワーアップは適用されるのです、皆さんなら大丈夫なのです、だって皆さん基本的に正義の味方なのです」
 言い終えるとリリィエルは転移の準備に入る。
「図書館の入り口まで飛ばすのです、敵はかなり遠くにいるので近づくまでに正義の書を探すか正義の味方っぽい行動を考えておいてくださいなのです、それじゃあ頑張ってくださいなのです!」


忍P
 忍Pです。
 早速ですが今回のプレイングボーナスはこちらです。

 プレイングボーナス……「正義の味方」っぽい行動をする。

 プレイング内で正義の書は見つかったことにしても見つからなかったことにしてもかまいません。
 ただし正義の味方っぽい行動はプレイングに書いておいてください。
 それでは皆さんのプレイングをお待ちしています。
34




第1章 ボス戦 『遊戯の国の暴君『ヒュブリス』』

POW ●遊戯を妨害する者は見せしめとして胸像の刑に処する
非戦闘行為に没頭している間、自身の【遊戯結果が敗北でない限り破壊不能な繰り手】が【遊戯の妨害や攻撃をした者を胸像に作り変え】、外部からの攻撃を遮断し、生命維持も不要になる。
SPD ●遊戯を拒否するものは硬貨となり国に奉仕せよ
【遊戯する事を拒絶した対象への刑の執行宣告】から【破壊不能な繰り手の捏ね繰り回し攻撃】を放ち、【対象を無数の金属硬貨に作り替える事】により対象の動きを一時的に封じる。
WIZ ●敗者は女王の所有物となり奉仕する栄誉が与えられる
【女王が遊戯を行った結果、敗北】の感情を与える事に成功した対象に、召喚した【破壊不能な漆黒の繰り手による捏ね繰り回し】から、高命中力の【対象を家具や食器や調度品に作り変える技】を飛ばす。
👑11 🔵🔵🔴

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は💠シエナ・リーレイです。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


フォーネリアス・スカーレット
「ドーモ、オブリビオンスレイヤーです」
 まずは挨拶だ。
「何が正義か悪かなど知らん。興味も無い。貴様はオブリビオン故に殺す」
 一応、これも所謂ダークヒーロー的な立ち回りではあるだろう。
「実に滑稽な奴だ。お前のする事は全て予測できる。その本とやらのお陰でな」
 悪役的な動きを先回りして潰していこう。
「何一つ貴様の思い通りにはさせん。何一つだ」
 それがどんな些細な事であっても結果的に奴を追い詰められる。
「オブリビオンは皆殺しだ。そのマニュアルとやらには最後に見事に殺されると書いてあるのだろう。それすら叶えさせん。貴様は惨たらしく、惨めに死ぬのだ」


「ドーモ、オブリビオンスレイヤーです」
  挨拶は大事、図書館のどこかにあるであろう文献にもそう書いてある。
 フォーネリアス・スカーレット(復讐の殺戮者・f03411)は目の前のヒュブリスに挨拶する。
「ど、ドーモ、ヒュブリスです」
 真正面から挨拶されるとは思わなかったヒュブリスは戸惑いながらも玉座に座ったまま挨拶を返す。
「何が正義か悪かなど知らん。興味も無い。貴様はオブリビオン故に殺す」
 フォーネリアスが構える。
 その姿はヒーローとは程遠い、殺戮と破壊の構え、しかしヒーローとは必ずしも正義に殉ずるわけではない。
 フォーネリアスにとっての正義とはオブリビオンを躯の海に返す、つまり殺すこと。
 その思想はダークヒーローと呼ばれるそれだが図書館内のどこかにあるであろう正義の書にもダークヒーローについての記述は存在する。
 フォーネリアスの拳がヒュブリスの顔面目掛けて襲い掛かる。
 ヒュブリスは何も気にすることは無く玉座に座ったまま人形を撫でる。
 フォーネリアスは玉座の目の前で立ち止まり息がかかりそうなほどの距離でヒュブリスを睨みつける。
「実に滑稽な奴だ。お前のする事は全て予測できる。その本とやらのお陰でな」
 その言葉にヒュブリスは傍らにあった本を慌てて手に取り玉座から飛び降りる。
 反射的にとった戦闘体制をフォーネリアスは見逃さず、その拳はヒュブリスのボディを貫き、さらにパイルバンカーの追撃がヒュブリスを本棚まで吹き飛ばす。
「なぜ私の動きが読めた?」
 ヒュブノスは非戦闘体制でいる限り無敵状態になるユーベルコードを使用、動かず攻撃を受け流すことで悪役として優位に立とうとしていた。
 しかしフォーネリアスはそれを見越していたかのようにヒュブノスの気を逸らし攻撃を当てている。
「何一つ貴様の思い通りにはさせん。何一つだ」
「なんなんだそれは、答えになっていないぞ!」
 フォーネリアスの答えはヒュブノスの疑問に対する答えにはなっていない、しかし彼女にはそんなことは関係無い。
 彼女の目的はオブリビオンへの復讐、行動の全てはオブリビオンを倒すことに集約される、そのためならばヒーローの真似事でもなんでも躊躇することは無い。
「オブリビオンは皆殺しだ、そのマニュアルとやらには最後に見事に殺されると書いてあるのだろう、それすら叶えさせん、貴様は惨たらしく」
 フォーネリアスの蹴りが倒れたヒュブノスの顔面を捉え、鈍い音と共に頭を床に打ち付けた。
「惨めに死ぬのだ」
 無論、マニュアルにはそんなことは書いていない、未来を予言する書ではない。
 しかしフォーネリアスの殺気はヒュブノスに死の予感を感じさせるに十分だった。
成功 🔵🔵🔴