4
迷宮災厄戦⑨〜時をも凍る氷城と身をも焦がす憤怒の炎獄(作者 ノーマッド
6


●氷の城の広間にて
 ――ああ、このアリスも救えなかった。
 水晶のような巨大な氷の中で眠るように息絶えたアリスを、彼女は救えなかった後悔の念に駆られながら切歯扼腕した。
 せめて、この氷からでも救えないか。
 彼女…オブリビオン、オウガでありながらもアリスの保護を行う『『七罪』憤怒のアリス』は氷の牢獄からアリスの骸を開放するべく、触れる篭手に魔焔を纏わせた。

 ――解けろ。
 そう念じれば、焔は一気に燃え盛る。
 だが、焔の揺らめきが普段と異なるのを彼女は気づいていた。
 それもそのはず、この程度の氷などすぐ溶かせるはずなのに。

 ――解けろ、解けろ、解けろ、解けろ!!
 一向に溶けない氷に苛立ちが募り、瞳に宿した炎が、心に宿した炎が憤怒で激しく燃え上がる。
 だが、氷と篭手の間から雫が1適2適、重力に沿ってカタツムリのように緩やかに伝って流れ落ちるだけだ。

 ――なんで、なんで溶けないのよ!?
 時をも凍てつかせる冷気が氷の城内を包む中、声にならない慟哭がホールに響いた…。


●グリモアベースにて
「お集まり頂きありがとうございます。とうとうアリスラビリンスにて『迷宮災厄戦』が勃発しました。来たるべくカタストロフを防ぐため、早急に事態の収束に務めなければならないオブリビオンとの『戦争』です」
 緊迫する空気のもと、集まった猟兵たちの前でシグルド・ヴォルフガング(人狼の聖騎士・f06428)が静かに告げた。

「私がこれより皆さんを転送する場所は、『時間が凍結』された氷城です。ああ、大丈夫です。時間が静止している訳ではありません。時間が通常の10分の1に流れており、動きこそは緩慢になってしまいますが思考速度のみは通常通りという不思議な戦域です」
 どうやらこの城を突破しなければこの戦争で暗躍している『猟書家』という存在への道が切り開けないと、シグルドは語る。

「『オウガ・オリジン』を討伐すればカタストロフを防げるのですが、彼らの動向を見逃す訳にも行きません。確かサムライ・エンパイアの諺で、急がば回れ、でしたか。まずは彼らの捜索を優先したいと言う所です」
 そして、と彼は予知したオウガの情報を猟兵たちに伝達する。

「この氷城を守る…と言っていいかは定かではありませんが、元アリスであったオウガが行く手を塞ぐことでしょう。彼女はアリスを救うという珍しいオウガなのですが、我々猟兵には敵意を剥き出しにして襲うでしょう。類まれぬ速さを誇る彼女ですが、我々のUCが緩慢になるのであれば敵のUCも緩慢となります。通常通りの思考速度で対策を講じ、こちらが有利になるよう心がけて下さい」
 では、とシグルドは静かに目を瞑ると、掌にフォースを集中させる。
 そしてゲートを作り出し、猟兵たちを氷の城内に転送したのであった…。


ノーマッド
 ドーモ、ノーマッドです。
 ついにアリラビでの戦争となりました。
 今回も完全勝利を目指して頑張りましょう。

●戦場情報
 「時間」が「凍結」された、恐るべき氷の城です。
 肉体の動き、放たれたユーベルコードなど、敵味方の全ての行動速度が10分の1になります。
 幸い思考速度だけはそのままなので、攻撃の一手毎に充分な思考時間があります。
 これを有効活用した者が勝者となるでしょう。
 また、体の動きが遅くなっているので、声を出す速度も合わせて遅くなります。
 なので、戦闘中に敵と長話する事は出来ないので注意してください。

●プレイングボーナス
 このシナリオにおいて、以下のプレイングボーナスが存在します。
 これに基づく行動をして貰えれば、判定が有利となります。

 『プレイングボーナス:思考時間を活かし、戦略的に戦う。』

 それでは、皆様の熱いプレイングをお待ちします。
16




第1章 ボス戦 『『七罪』憤怒のアリス』

POW ●憤怒に染まる真実の剣/ヴォーパルソード
【無敵の鎧と真実の剣を持つ最強の騎士姫 】に変身し、武器「【あらゆる防御を無効化するヴォーパルソード】」の威力増強と、【憤怒の魔焔と魔力を操り、想像の天翼】によるレベル×5km/hの飛翔能力を得る。
SPD ●憤怒を宿す勇者
全身を【全てを焼き尽くす憤怒の焔と真実の剣の力 】で覆い、自身の【世界への怒りと他のアリス達を守る強い意思】に比例した戦闘力増強と、最大でレベル×100km/hに達する飛翔能力を得る。
WIZ ●真なるアリス
無敵の【困難に打ち勝ち希望に満ちた無垢な自分 】を想像から創造し、戦闘に利用できる。強力だが、能力に疑念を感じると大幅に弱体化する。
👑11

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は雛菊・璃奈です。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。