迷宮災厄戦②〜迷宮図書館の攻防戦~(作者 夢月
4


●アリス召喚儀式を阻止せよ。
「みんな、ついにアリスラビリンスでの戦争よ!」

 グリモアベースは俄かに忙しくなってきている。グリモア猟兵の一人、カナタ・アマガもさっそく猟兵達に声をかけ、事態の説明を始める。アリスラビリンスに出現し始めた『猟書家』を名乗る者達。彼らのリーダーである『書架の王』からの挑戦的なメッセージ。それは複数の世界への侵攻だった。これまで、猟兵達が戦い勝利してきた世界が再び狙われているのだ。

「今回はこれまでと違っていくつもの世界が同時に危機にさらされているわ。でもやることは変わらない。目の前の敵を確実に倒して、一歩ずつ進んでいきましょう!」

 カナタの言葉に、力強くうなずき返す猟兵達。予想以上の事態だが、彼らの士気は高い。その様子にカナタは満足そうにうなずくと今回の作戦の内容を説明し始めた。

「ウチらがまずいくのは、「迷宮のような図書館」の国よ」

 ここは、現在オウガの大軍団が集結し、オウガ・オリジンに捧げるアリス達を大量に呼び寄せるべくアリス召喚の儀式を行っている。ここに猟兵達も戦力を集結し、軍勢同士のぶつかり合いとなっている。

「ウチらは、味方が敵の主戦力を惹きつけているうちに、儀式を行っているオウガの司令官を狙うわ」

 つまり、小数の隠密行動による儀式の阻止である。図書館の迷路と軍勢を速やかに突破して、敵の司令官を狙うのだ。もちろん敵の司令官も一筋縄ではいかない相手だ。今回の相手は、『『七罪』色欲の赤ずきん』。童話の登場人物が歪められた相手だ。色欲の名の通り、精神に攻撃を仕掛けてくる。

「厄介な敵だけど、スピードが大事よ。さくっと片付けて次の作戦にいきましょう」


夢月
 マスターの夢月です。アリスラビリンスの戦争がはじまりました。早速シナリオを進めていきましょう。

 今回はボス戦です。オウガの群れを潜り抜け、司令官に素早く接近するプレイングが入るとボーナスがつきます。

 まずは初戦。みなさんのプレイングをお待ちしております。
52




第1章 ボス戦 『『七罪』色欲の赤ずきん』

POW ●絶望に染まるココロ
自身の【希望や貞操観念、倫理観等の人間の心 】を代償に、【情欲に暴走する人間への不信や膨大な絶望】を籠めた一撃を放つ。自分にとって希望や貞操観念、倫理観等の人間の心 を失う代償が大きい程、威力は上昇する。
SPD ●狼が狙う赤ずきん(赤ずきんの物語)
自身に【誰もが魅了され、情欲を掻き立てる魔力 】をまとい、高速移動と【大鎌と魔砲の猟銃による自動砲撃、狼の群れ】の放射を可能とする。ただし、戦闘終了まで毎秒寿命を削る。
WIZ ●常時発動型UC『色欲・抗えぬ欲望』
【全てを虜にし戦意失う、甘く優しい囁き 】【誰もが魅了される可憐で美しい微笑と美貌】【絶望に壊れて尚、魅惑で蠱惑的な眼差し】を対象に放ち、命中した対象の攻撃力を減らす。全て命中するとユーベルコードを封じる。
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主はフレミア・レイブラッドです。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


シュバルツ・ウルリヒ
……此処で立ち往生している訳にはいかんな。……さっさと蹴りをつけ、奴等を倒さねば……。

まずは地縛鎖で迷宮の地形を把握。そして把握したら敵の軍勢の勢いが少ない箇所から司令官のオウガの所まで突破する(情報収集、地形の利用、足場習熟)

そして、司令官のオウガまで接近出来たら、魔剣の封印を解き、身体の支配を剣に任せる。……これなら魅力にも対抗出来る筈だ。

そしてUCを発動、【殺気】で怯ませ、【衝撃波】で狼の群れを【なぎ払い】、魔砲の一撃を斧で【吹き飛ばし】つつ。オウガに接近し、鎖で奴の鎌を縛り、そして剣で奴を斬り裂いていく。(鎧砕き、二回攻撃、咄嗟の一撃)

……色気仕掛けで僕達を止められると思ったのか?


 「迷宮のような図書館」の国は、大量のオウガによって埋め尽くされていた。通路のように立ち並ぶ書架の間にオウガがひしめき合う。そこへ、猟兵達が飛び込んでいって狭い通路での乱戦があちこちで繰り広げられる。まさに戦場。混乱の渦中にあるこの場で、出来るだけ敵との接触を避けて移動する猟兵の一団があった。彼らは、儀式を行っている司令官を狙う任務を請け負っている。

「なるほど、オウガがこれほど集まっているとはな…」

 角から先の様子をうかがうシュバルツ・ウルリヒ(黒剣・f14572)。

「……此処で立ち往生している訳にはいかんな。……さっさと蹴りをつけ、奴等を倒さねば……」

 そう呟き、彼は左腕に巻き付けてある鎖に意識を集中させる。触れたものから情報と魔力を吸い取る地縛鎖が、この迷宮の構造をシュバルツに送る。

「こっちだ…」

 彼を先頭に一行は最も安全な道のりを最短で進む。

「いた…!」

 魔法陣の中心で儀式を執り行う大鎌を持った少女。彼女がここの指揮官である。

「猟兵…!?」
「かかれ!!」

 一斉に少女に向かっていく猟兵達。が、彼らは少女が召喚したオオカミたちに足止めされる。

「猟兵め…!邪魔はさせない!!」

 大鎌を構えた少女の身体から淫靡なオーラが立ち上る。

「なるほど、色気で惑わすつもりか…!」

 シュバルツは、抜刀。少女に接近する。少女の周囲に、魔法陣が展開し銃器がシュバルツを狙う。さらに一歩。少女から発せられるオーラに脳が痺れる。常人ならば、これだけで抵抗できず、蜂の巣にされていただろう。だが、シュバルツは身体の支配を魔剣にゆだねていた。魔剣が敵の血を求め彼の身体を操り、疾駆する。銃弾を最小限の被害と動作で切り抜けると、少女を間合いにとらえる。そして、一刀。その攻撃は大鎌で防がれる。それはシュバルツの罠。大鎌が鎖にからめとられる。

「……色気仕掛けで僕達を止められると思ったのか?」

 無防備になった少女に今度こそ魔剣を一閃した。
大成功 🔵🔵🔵

秋山・小夜
アドリブ歓迎
「色欲。つまり、お色気のことですか。まぁ、わたしには関係ありませんけどね。
とりあえず、消えてください。」

右手側に二〇式戦斧 金剛、左手側に超電磁加速投射砲紫電改、背後に80cm超電磁加速投射砲グスタフ・ドーラの二門を展開してユーベルコード【荒城の月】、可能であれば【華麗なる大円舞曲】も発動、周りの雑魚を掃討しつつ、ボスへ攻撃を加える。可能なら接近戦の途中でゼロ距離射撃を加えようと試みてみる。

「色気があっても弱い奴でなければそう簡単には引っかからないですよ。」


トリテレイア・ゼロナイン
大量のアリスが危険なこの地に召喚され、あまつさえオウガ・オリジンに饗される等、騎士として到底許容出来ません
一人でも多く、召喚者を撃破しなければ…

●防具改造でマントを装備

ですがこれ以上、格好を気にする時間も余裕もありません
センサーでの●情報収集で包囲が薄い場所を●見切り侵入
物資収納スペース内の煙幕手榴弾の●投擲で●目潰しし突破

貴女が召喚者ですね、討ち取らせていただきます
…と言いたい所ですが、その破廉恥な格好は何ですか!
情欲がお嫌いというならば、先ずは淑女に相応しい格好をしなさい!

私の思考は電子計算
誘惑など効きませんよ

装備したマント投げつけ●目潰し攻撃回避
そのまま大盾で殴打

衣服を着て出直しなさい!


「色欲。つまり、お色気のことですか」

 秋山・小夜(お淑やかなのは見た目だけ。つまり、歩く武器庫。・f15127)は敵の姿に呆れたように呟く。

「まぁ、わたしには関係ありませんけどね。とりあえず、消えてください」

 左腕の超電磁加速投射砲紫電改と、背後に召喚した80cm超電磁加速投射砲グスタフ・ドーラの狙いをつける。

「散りなさい」

 轟音と共に砲撃が開始される。オウガの少女が呼び出したオオカミが果敢に特攻をしかけてくるが、重砲撃の前にはなすすべがない。

「大量のアリスが危険なこの地に召喚され、あまつさえオウガ・オリジンに饗される等、騎士として到底許容出来ません」

 機械鎧の騎士、トリテレイア・ゼロナイン(紛い物の機械騎士・f04141)は、マントをはためかせ、砲撃の合間縫うようにして、オウガの少女の元へ向かう。

「貴女が召喚者ですね、討ち取らせていただきます」

 その声に振り返るオウガ。

「って、その破廉恥な格好は何ですか!」

 彼女のフードの下の格好に思わず突っ込んでいた。

「あなたも所詮は、情欲に負けるだけの存在…!!」

 そんなトリテレイアの言葉に、赤ずきんの心にドス黒い感情が湧き上がる。

「むっ…!?」

 少女の気配が変わったことを直感したトリテレイアが攻撃する寸前で一歩下がる。
凶悪なオーラを纏った鎌の一撃が掠める。オーラによって攻撃範囲が増大しているそれは迂闊に踏み込んでいたら危なかっただろう。

「堕ちろ!!」

 赤ずきんがさらなる攻撃を仕掛けようとする。その瞬間、無数の砲撃が彼女の動きを牽制する。

「色気があっても弱い奴でなければそう簡単には引っかからないですよ」

 小夜の攻撃に動きが止まった瞬間、トリテレイアがマントを翻す。

「情欲がお嫌いというならば、先ずは淑女に相応しい格好をしなさい!」

 オウガの視界を奪うと同時に彼我の距離を詰めるべく前進。マント越しに大盾を突き出す。鎌を受けとけると同時に突進。相手は、衝撃に耐えられず吹き飛ばされた。

「衣服を着て出直しなさい!」
大成功 🔵🔵🔵🔵🔵🔵

フロッシュ・フェローチェス
この群れを潜り抜けて、大本を叩くのが今回の目的、か。……それ自体は楽勝だね。
けれどボスへは、確実に一撃を叩き込む必要がある。どこまで潜り抜けか、考えて動かないとね……。

クラウチングスタートから、残像も移さず走り抜ける、早業ダッシュで駆けて行こう。メカゴーグルで情報収集……ルートを割りだし、そこを狙って群れの中を縫い走るよ。
妨害は軍刀・斬透炉のカウンターで弾き、勢いを活かして加速……時にはスライディングで潜り抜けよう。
敵を足場に空中戦を繰り広げつつ突貫するよ。

ボスを数十m圏内に捕えたらUC発動。
魅了とやらが、どれほどか分からないのなら……暴風と豪速で、かき消すことにしたよ。
お仲間と共に潰れてろ。


イネス・オルティス
これだけの敵を相手にするのは骨ね”野生の勘”で手薄なところを察知して
【薄衣甲冑覚醒】で高速移動の”ダッシュ”をして突破しましょう
猟兵まかり通るってやつね

オウガの司令官を見つけたら”怪力”任せに”捨て身の一撃”で
衝撃波を打ち込んで一気に”なぎ払い”ましょう

まあ、敵の攻撃は”オーラ防御”や”武器受け”で防げばいいわ
それに”激痛耐性”もあるしね
ビキニアーマーの女戦士を舐めない事ね

アドリブ・絡み可 ””内技能


 赤ずきんは猟兵達の襲撃に防戦一方になりつつも確実に態勢を立て直す。召喚されたオオカミは次々と赤ずきんを守るべく猟兵達に躍りかかる。また、周囲に展開された猟銃は絶えず鉛玉を弾き出し猟兵を近寄らせない。徹底した防戦で時間を稼ぎつつ、逃げるチャンスをうかがう。彼女からすれば、別に猟兵を倒す必要はないのだ。ただ遅滞戦術を続けていれば、いずれオウガの軍勢が到着し猟兵達は一気に不利となる。時間の勝負だ。

「これだけの敵を相手にするのは骨ね」

 イネス・オルティス(隠れ里の女戦士・f06902)が、巨大な槍を振り回し、オオカミを振り払う。

「この群れを潜り抜けて、大本を叩くのが今回の目的。敵にさえたどり着ければ一撃叩き込んで終わらせるのだけど…」

フロッシュ・フェローチェス(疾咬スピードホリック・f04767)はボソリと呟く。

「あいつらをどかさないと…」
「それなら、私が道を作りましょう」

 イネスが槍をブンと振るう。

「今、伝統の鎧を依り代に伝説再誕」

 そう宣言すると、彼女の纏うビキニアーマーから神々しいオーラが放たれる。

「まかりとおります!」

 そう言って彼女は突貫する。彼女が振るった槍はまさに暴風のごとく。その暴風はオオカミをまとめて吹き飛ばす。

――今!

 クラウチングスタートの体勢で待っていたフロッシュは、イネスが作り出した一瞬の道を駆け抜ける。右手には、空刃・斬透炉。赤ずきんは急接近するフロッシュに猟銃を集中させる。

「そんなもの!」

 跳躍。集中砲火された弾丸が床に激しくぶつかる音がする。

「いくぞッ!!」

 空中で立て直し、そのままユーベルコードを起動。翠碧翻殴『ランペイジ・クロウ』。拳と刀身から放たれる衝撃波。まさに嵐のごとく攻撃が赤ずきんとその周囲に襲い掛かる。彼女は悲鳴も上げる間もなくそれに呑み込まれる。

「お仲間と潰れてろ…!」

 フロッシュの攻撃でそれまでの攻撃でボロボロになっていたこの区画が崩れていく。

「…急ごう」

 敵の司令官は倒した。目的を達した猟兵達に喜びはなく、すぐさまその場から離脱するのであった。
大成功 🔵🔵🔵🔵🔵🔵

最終結果:成功

完成日2020年08月03日
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔵