6
迷宮災厄戦⑤〜花園に散るは……(作者 桃園緋色
1


 セピア色の花園がある。
 まるで古い写真から跳び出したような、寂しさと不思議な懐かしさが同居したような風景。
 その静かな花園に、不釣り合いな駆動音が響き渡った。

 嘶きと共に蹄で花を散らすのは、異形の馬たちだった。
 黒い靄をまとうソレは、アリスたちの絶望や苦痛から生み出された一種の災厄。
 だが、今その背には似つかわしくない、レトロな機械が取り付けられていた。

 ド、ド、ド……
 動力を伝えるべき機構など無いのに、その機械は瘴気を孕んだ蒸気を撒き散らし続ける。
 黒い絶望の記憶と、黒い蒸気。
 そのオウガたちが撒き散らすモノは、あっという間に花園を飲み込んでいくのだった……


●猟兵たち
「やあ皆。予兆は確認したかな?アリスラビリンスで戦いが始まるよ」
 グリモア猟兵、ロベリアは集まった猟兵たちに呼びかけた。

「オウガ・オリジンに猟書家たち……どうやら三つ巴の戦いになりそうだね。戦略的なことはどうあれ、まずは道を作らないとね」
 そういってロベリアは、グリモアを操作してとある花園の風景を映し出した。
「皆にはこの花園のオブリビオンと戦ってもらうよ。ここに居る連中は【魔導蒸気機関】ってやつを埋め込まれて強化されてるみたい」
 通常より強化されたオブリビオンも厄介だが、間接的に驚異となるものが一つ。
「この魔導蒸気機関から吹き出す蒸気は、強い瘴気を持ってるみたい。うかつに吸い込むとダメージを受けるから気をつけてね?」
 さらに、元となったオブリビオン自体もアリスラビリンスに呼び寄せられたアリスたちの絶望を元に、精神的ダメージを与えてくる強敵だ。
「君たちの前に現れるオブリビオンは【アルプトラオム】。アリスたちの抱いた絶望から生まれた、一種の災厄みたいなオウガだよ。個々の意識はないけれど、自分を構成するトラウマを利用して攻撃してきたり、こっちのトラウマを無理やり思い出させてくるみたい。まずは気を強く持ってね」

「さあ、まずは初戦だ。みんな、覚悟は決まったかな?」
 気取った調子で猟兵たちに微笑みかけ、ロベリアは転移を発動させた。


桃園緋色
 お久しぶりです、桃園緋色です。
 アリスラビリンスの戦争シナリオ、第一弾となります。

 オープニングで説明したとおり、敵オブリビオンの魔導蒸気機関から吐き出される瘴気に対する注意が必要なステージとなります。
 オブリビオン自体に対する戦闘方法とは別に、瘴気そのものに対して有効な対策がプレイングに書かれれば判定にボーナスが付きます。

 それでは、皆様のご参加をお待ちしています!
31




第1章 集団戦 『アルプトラオム』

POW ●劈く嘶き
命中した【悲鳴】の【ような嘶き声に宿る苦痛の記憶や感情】が【対象に伝わり想起させることでトラウマ】に変形し、対象に突き刺さって抜けなくなる。
SPD ●狂い駆ける
【自身を構成する恐怖の記憶や感情をばら撒く】事で【周囲に恐怖の記憶や感情を伝播させる暴れ馬】に変身し、スピードと反応速度が爆発的に増大する。ただし、解除するまで毎秒寿命を削る。
WIZ ●もがき苦しむ
攻撃が命中した対象に【自身を構成する記憶や感情から成る黒紅の靄】を付与し、レベルm半径内に対象がいる間、【かつてのアリス達が抱いた絶望の記憶や感情】による追加攻撃を与え続ける。
👑11

種別『集団戦』のルール
 記載された敵が「沢山」出現します(厳密に何体いるかは、書く場合も書かない場合もあります)。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。