6
キリギリスに明日あれかし(作者 小林
23


#アポカリプスヘル 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#アポカリプスヘル


0





 この拠点は、もうダメだよ。
 みんな年中喧嘩ばかり、なけなしの食料も奪い合ってさ。
 いや、オレの腹が減るのは良いんだ、歌ってりゃ気も紛れるし。ポロロン。
 ただ。仲が悪いのはダメさ。
 苦しい中でさらに苦しんでどうすんのさ。楽しく滅びようって気概がないよ。
 くたばるならララバイ、愉快に死にたいって思わないのかねえ。

 それとも、皆。『大丈夫だ』って、『頑張ろう』って言ってくれる、あの声を待ってんのかな。
 もうそんな声はないんだって、バカなオレでも分かるのに……ポロロン。

 ……ん?
 婆さん、どうした? オレはもう飯は喰ったよ、本当だって。気にしないで……え?
 種を、みつけた?
 ーーああ、良い! 最高だ!
 黄色いでっかい、太陽の花束をみんなで見れば、きっとオレたち笑って死ねる!

「みんな! 向日葵だ、向日葵を咲かせようぜ!」



「崩壊寸前の拠点(ベース)を、立て直せる」
 グリモアベースにて。ラピタ・カンパネルラは、微笑みながら告げた。
「土壌も希望も痩せた時こそ、笑顔がきっと必要なんだ。君達猟兵に、その拠点全員を笑顔にする手伝いをしてきて欲しい」

 その拠点の最大の難点は、人々の非協力と険悪さである。
 協力こそが生存には必要であるのに、その逆の不和が満ちている。
 ーー不和の発端は、拠点において大切なものを一度にふたつも、失ってしまった事。ひとつは、皆で育てていた畑。もう一つは、その拠点で慕われた奪還者でもあった、旧リーダー。
 それら二つが、オブリビオンに襲われ、一度に失われた。
 ……人々は心の支えを失い、疲れ果ててしまった。諦めてしまったのだろう。
 ーーいやに浮かれた、一人を除いて。

「空き缶を加工して作ったギターを弾いてる人が、一人居る。その人が、拠点の新しいリーダーになれる筈なんだ」
 彼の名前は『グラッパ』、拠点で唯一の金髪故に、行けばすぐに分かるだろう。
 問題事を無責任にへらへら笑ってやり過ごす。楽しく滅べば良いじゃないか、がモットー。
 このグラッパが、リーダーに相応しくなれるように、猟兵達で手助けをして欲しいのだ。
「彼自身、リーダーになろうなんて思っていないし。拠点の仲間も、彼のことを、歌ってばかりの不真面目なキリギリスって呼んでいる」
 彼のカリスマ性を開花させる事。戦闘経験をつける事。笑い歌う事の素晴らしさを、皆で分かち合う事。
 それが出来れば、きっとこの拠点は、大丈夫だ。

「行くと……多分、グラッパが何か困ってるだろうな。先ずは、それを助けてあげて。きっと、素敵な事をしようとしている筈だから」
 ラピタは赤い目を細め、ふくふくと小鳥の囀りのように笑う。
 拠点に、グラッパに、手を差し伸べてくれる猟兵の手を取ってーーその握手で、転送の光に包み込んだ。





第2章 集団戦 『グラトニーアント』

POW ●異常発達した大アゴ
【鉄筋コンクリートをも噛み砕く大アゴ】で対象を攻撃する。攻撃力、命中率、攻撃回数のどれを重視するか選べる。
SPD ●超濃縮蟻酸
【頭】を向けた対象に、【体内で作り出された蟻酸を吐きつける事】でダメージを与える。命中率が高い。
WIZ ●巨大アリの大軍
【フェロモンを周囲に撒き散らす事で仲間たち】が現れ、協力してくれる。それは、自身からレベルの二乗m半径の範囲を移動できる。
👑11

種別『集団戦』のルール
 記載された敵が「沢山」出現します(厳密に何体いるかは、書く場合も書かない場合もあります)。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。




 芽吹きだ。
 誰もが待ち望んだひとつめの芽が顔を出す。それはやわらかくたよりない緑で、地上に現れた。
 ようやくか。と、疲弊感滲む溜息を、グラッパの歓声がかき消した。
 ひとつ芽吹けば、あとは続々と。たよりない双葉が、来る日も来る日も増えて、伸びて、緑の隊列を作っていく。ある日はしおれて。時には強すぎる日照や雨から、ちっぽけな緑を無力な人々が護って。
 諦めていた日々の方が、疲れてはいなかったかもしれない。
 けれど、徒労に終わるかもしれない日々がこんなにも優しかったことを。子供達の笑顔が、こんなにも愛しかった事を。思い出すのは、遅すぎたろうか。
 きっと誰もが、いいや、と言った。



 希望とは、いつまでも続くものだろうか。

 今朝もグラッパが一番乗り、揚々とひまわり畑に駆け出していくのを、拠点内部から住民や、小まめに様子見を繰り返す猟兵が見ていた。もうそんなに毎日見に行かずとも、花は育ってくれるのにーーと呆れを含んで語らう。
 足りない食事で最低限の疲労を補う。さてさて今日は、食料の補充の為に少し移動をしてくるよ。きっと足りないが無いより良いだろーーと、大人達が話して、扉に手をかけた。
 瞬間。
 グラッパが先に扉を開けた。

「だめだ」

 顔面蒼白、引き攣った顔。消え入りそうな声で告げられた否定に、人々は顔を上げる。朝の冷えた空気が人々の首を撫でる。あのグラッパが、外に出ることを拒否する、ーー?
「あ、の、だめ、だめだ、みん、な。やっぱさ、だめだ。」
 錯乱。
「逃げよ。ひまわり、とか、やっぱ、駄目だったん、だって。逃げよ。いや、いや、逃げたくない、けど、だめなん、だって」
 多汗と、危うい呂律。落ち着け、落ち着いて話して。異常事態を察した猟兵がグラッパの背をさすりゆっくり呼吸をさせるーーグラッパの、マメが潰れた手が、猟兵に縋り付いた。
「前のリーダーだって、あの蟻共に呑まれて死んだんだから!!!」

 トラウマだ。笑って死にたい。こんな恐怖はもう味わいたくない。失う絶望から目を背けていたいーー全身から悲鳴同然に噴出するパニック状態に、拠点の人々も息を呑み狼狽える。退路を探り振り返った視界端の窓。
 窓に、見えるだろう。
 大型犬程の体高を持つ巨大蟻共が群れを成しやってくるのが。
 黒い行進は、餌ーー人の肉の匂いを嗅ぎつけている。
 畑が踏みつけられる。牙と牙を打ち合わせて不愉快な音を立てている。
 此処に武器はあるか? 有るともさ。君たち猟兵と。それから、心許ない程度の銃と近接向けの農具。
 それと、人々の。
 向日葵を見たいと、灯ってしまった、意思が有る。

___

 募集方式:期間の定めはありません。一章で書けた方を優先的に描写させていただきます。
 もし継続参加していただけた場合、継続参加の人数を表記いたします。
(継続参加者様のプレイング2件現在受け取っております、ありがとうございます!)
(継続者さま4件、新規さまも1件受け取っておりますありがとうございます!)