4
あの人は私といてくれるから(作者 樫木間黒
6


#アリスラビリンス 


タグの編集

 現在は作者のみ編集可能です。
 🔒公式タグは編集できません。

🔒
#アリスラビリンス


0



●『 』
 私はいつも一人だった。
 家族はいない。皆死んでしまった。事故だった。
 今の私と一緒に住んでくれてる人は私を好ましく見てくれない。あんな人たちは家族ではない。
 友達もいない。家族がいなくてずっと俯いてばかりいる私を好きになってくれる人はいなかった。
 遊びに行ける場所なんて全然知らない。どうやったら明るい顔ができるなんて分からない。笑顔なんて、ちっとも楽しい気分になれない。できっこない。今だってほら、知らない場所に飛ばされて、わけのわからないままひとりぼっち。誰も助けに来てくれない。

 どうしたら皆が好きになってくれるのかな?
 どうしたら私と一緒にいてもいいって言ってくれるのかな?
 どうしたら、私の側から誰もいなくならないのかな?

 どうしたら、どうしたら、どうしたら――

「大丈夫」

 誰?

「ボクが隣にいてあげる」

 嘘つき。そう言って、皆笑わない私の前から去って行った。

「そんなことないよ」

 本当?

「君は独りぼっちで、独りぼっちは嫌だと思ってるでしょ? ボクも一人はキライ。ほら、ボクたちは考えることも一緒」

 …………。

「笑わなくてもいい。笑わなくても、愛は伝えられる。だからボクに愛をちょうだい?
ボクは君の代わりに笑って、君を愛すよ。だからボクを愛してくれない?」


●グリモアベース
「ぴょんぴょん、お客様ようこそだぴょーん♪」
 グリモア猟兵のネーデル・ホワイトレディ(時計とワンダーランドの案内人・f21780)がハンドベル片手に語り掛ける。
「今回のお客様のお仕事はちょっと難しいぴょん! アリスを誑かすオウガをぶっころ――げふんげふん、倒せってだけなら話は簡単だぴょんだけど……」
 ネーデルの説明によると、あるオウガが目に付けたアリスを同胞に勧誘しようとしているという事だ。アリスの名前は「花島 つつじ」。10歳の少女だが両親を失くし、孤独に過ごしていた記憶を思い出してしまい元の世界に帰還する意欲を無くしている。
 傷心の最中にオウガに「愛する」と――優しい言葉をかけられそちらに傾きかけているというわけだ。
 このままだとオウガを倒しても肝心の彼女は帰還を拒否してしまうだろう……というのがネーデルの話だった。
「だからお客様たちにはオウガを倒して、アリス様を説得して無事お帰りさしあげてほしいぴょん!」
 ついでに今回の転移では直ちにオウガとアリスの元へ飛べるが、アリスの扉までは彼女の心を写したかのような広い迷路が広がっている。迷路を抜けた先には扉を通せんぼするように蔓延っているオウガの群れがいるのでそれらもなんとか突破して欲しいとも付け加えた。
「今はオウガに頼りかけてるはずだけど、根っこが寂しがり屋ならお客様たちと話したがってくれるはずぴょん! がんばってアリス様の心を溶かして欲しいぴょん!」
 説得の仕方は各自にお任せする、という事だ。
 因みにオウガの外見はとある猟兵と酷似しているが同一人物というわけではないので構わず倒していい、とも言う。

「それではお客様御一行ご招待~だぴょん!」


●愛をください
 私の前に現れたのはきれいな、お人形さんのような子だった。
 その子は私を一人にしない、好きでいてくれると言ってくれた。

 手を伸ばす。優しく微笑んでくれた、その人へと。その人が何者か? 何故こんな所にいるのか? ――そんな事は、関係ない。
 あの人は私の側にいてくれると言ったんだ。それだけで私には……。


 足音が聞こえる。繋ごうとした手が離れる。誰かが、来た。





第3章 集団戦 『恐怖心に宿る影』

POW ●オウガ様、食事の準備が整いました
【恐怖に支配されたアリス】と共に、同じ世界にいる任意の味方の元に出現(テレポート)する。
SPD ●あなたも人を殺してみる?
自身の【存在】を代償に、【自身が憑依するアリス】を戦わせる。それは代償に比例した戦闘力を持ち、【感触を増大させた影の刃】で戦う。
WIZ ●ねえ、アリス。その先はどんな恐怖が待っているの?
戦場全体に、【アリスの恐怖心が具現化する影】で出来た迷路を作り出す。迷路はかなりの硬度を持ち、出口はひとつしかない。
👑11 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔴🔴🔴

種別『集団戦』のルール
 記載された敵が「沢山」出現します(厳密に何体いるかは、書く場合も書かない場合もあります)。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


●最後の扉

「お待ちしておりましたアリス」
「貴方を未来永劫、一生苦しまない世界にご案内するべくお待ちしておりました」

 最後の関門――現実世界へ続く扉の前にオブリビオン。黒いドレスを着た、黒い髪の……それと同じくらい肌も含めた全身が真っ黒な少女たち。
 まるで影のよう、いや本質は影そのものなのだろう。
 彼女は優しく諭すようにしてつつじを引き留めようとする。しかしながらつつじは首を横に振る。拒絶する。
 今までの彼女なら誘いに乗っていたのかもしれない。が、今はつつじを支えてくれている者がいる。その縁が一時的なものだとしてもつつじを気遣う心は永遠だから――。

「そうですか。ならば」
「無理にお引止めするしかなさそうですね」

 扉をくぐるために、最後の戦いが始まった。
クネウス・ウィギンシティ(サポート)
※アドリブ&絡み歓迎

●特徴
サイボーグ(四肢機械化済み)の技術者&狙撃手。SSW出身の鎧装騎兵。
民間人互助や義侠心に厚い。
年齢 27歳 男
口調 通常(私、あなた、~さん、です、ます、でしょう、ですか?)
メイン武器 アームドフォート、マシンガン、パイルバンカー

●台詞例
『敵影捕捉、これより戦闘行動に入ります』
『索敵完了、狙撃開始』
『掃討戦ならばこの武器の出番ですね』
『これで一掃します』

●行動
狙撃手としての『狙撃・援護射撃』や技術者として『(技術)支援』がメイン。
遠距離狙撃や砲撃メインで援護に徹します。

主な技能:スナイパー・メカニック・武器改造・ハッキング


コトト・スターチス(サポート)
辻ヒーラーのコトトですっ
皆さんをいやせるようにがんばります!

ぼくはケガしている方やピンチな方(特に一般人)がいれば、すぐさま『いやしのてのひら(少人数)』か『せいなるほのお(多人数)』で回復しながら【救助活動】をします!
辻ヒーラーとしてぜったいに治します!

回復がいらなければ、敵の攻撃を【見切り】つつ【情報収集】していきます
分析してゲットしたデータをいかして、適切なユーベルコードで反撃しますっ
ぼくは基本的に遠くから攻撃することが多いです
でも、いざとなれば殴りヒーラーもできますから、メイスでぽかりと【気絶攻撃】しますねっ!

※ネタ・シリアスどちらもOKですが、迷惑行為や公序良俗に反する行動はしません


四王天・燦
つつじが視る迷路は…喪失と孤独なのかな

手を繋ぐ
大丈夫、今ここにはアタシたちがいる
そして孤独の迷路の向こう側、扉の先につつじが本当に出会うべき人、縁が待っている

これはつつじが越えるべき運命からの試練だ
アタシがすべきはフォックスファイア・捌式でつつじを護る鎧となりオウガの攻撃を焼き切ること
つつじの意思で孤独を貫く翼になってあげる
辛抱強く庇い、過去からの誘惑を振り切り未来に翔べと鼓舞する

影の迷路を抜けたら捌式解除
あとは扉までその足で進みな
リボンの主の分まで愛し、愛され幸せになれよ
縁あればまた会おうぜ

最初に会った時より強くなったね

影に慰めと破魔の符を投げて祓うよ
アンタらの分まで彼女は今を生きてくれるさ


 影たちが手を振りかざす。
 後少し、扉まで一直線だと思われた道の前に壁ができる。それはまるで迷路のようだ。先ほど通過した迷路も彼女たちが作ったものだろうか。
 しかし対峙する燦は先ほどの迷路とは違い、この迷路は然程複雑でなくゴールまでの道程も短く感じる。
(この迷路は……つつじの孤独と喪失なのかな)
 つつじの負の感情を作る主な要素。迷路の正体がつつじの負の感情を具現化したものであれば、まだ残っている不安を元に具現化したのだろう。しかしながら、迷路が単調化しているという事はかなりの不安を取り除いているという事でもある。

 改めて、燦は側にいるつつじの手を強く握る。
 繋いだ手から震えが伝わる。つつじはただの少女だ。この状況に恐れを感じているのだろう。このまま彼女の手を引いて抜け出すのは簡単だろう。けれども、ずっと付きっ切りというわけにはいかない。時にはつつじ自身の足で立って、歩かねばならない時がある。
「つつじ、よく聞いてくれ。今ここにはアタシたちがいる」
「はい……」
「そして孤独の迷路の向こう側、扉の先につつじが本当に出会うべき人、縁が待っている。これは試練だ。アタシたちはつつじを全力で助ける。守る。だから――走れるか?」
 弱々しくも、しかし一人の少女が見せるには十分過ぎるほどの覚悟を持って、つつじは頷いた。最初に見た時より、彼女は確かに強くなっている。

「わかった――御狐・燦の狐火をもって守護を約束せん。この身、炎となりて――君を守ると誓う!」
 燦の《フォックスファイア・捌式》が発動した。燦の体は炎となり、つつじの身を包む。炎は装束のような形を作り、背中で炎の翼が羽搏いた。まるで少女に未来へ飛翔する力を与えるように。
 つつじは最初戸惑ったが、暖かい炎に包まれて落ち着いたのだろうか。すぐさま迷路の中を走りだした。

「どうか逃げないでください」
 影たちが追跡する。神出鬼没に転移し、影から生み出した武器で無理矢理足止めしようとする。が、攻撃は炎の前に阻まれた。燦が守っている限りつつじ本人は一つも傷を負わないだろう。

 そして、影が姿を見せた所をクネウス・ウィギンシティ(鋼鉄のエンジニア・f02209)のスコープが捉えた。
『敵影捕捉。狙撃支援を開始します』
 アームドフォートは遠距離狙撃用にセットしている。ドローンによる観測と補助。これにより直接視界に入れずとも迷路の中にいる対象へ、寸分違わず弾丸を撃ち込む!
『CODE:ARTEMIS。観測情報を反映、誤差修正完了。シュート!』
 直撃を受け、影の姿が霧散する。ただ消えたのではなく消滅したと見ていいだろう。続けて他の影たちを撃ち抜く。
 クネウスの体のほとんどは機械の物だ。しかし不思議の国に囚われた民間人を救出するという強い意思は存在する。そのために、脱出を阻む障害へと銃口を向ける。影の姿が尽きるまで。

 ひたすらつつじを庇い続ける燦。その消耗をコトト・スターチス(バーチャルネット辻ヒーラー・f04869)が《いやしのてのひら》で癒す。
「辻ヒーラーとしてぜったいに治します!」
 代わりに自分が少し疲れてしまうが、辻ヒーラーとしてのこだわりの前では些細な事だ。燦が自身の消耗を厭わずにつつじを守り続けるなら、コトトはそのせいで負ってしまう傷を治し続けるだけだ。
 つつじの背後から影がにゅっと飛び出る。
「いじわるする子はめっ、です!」
 コトトのメイスがごちん、と鈍い音を立てた。影の形が崩れる。辻ヒーラーは今日もがんばってヒールを続けるのだ。


 迷路の出口まで後少し。それを見計らって燦はUCを解除した。炎の鎧は消え、元の人型になる。
「後は扉までその足で進みな。リボンの主の分まで愛し、愛され幸せになれよ」
 つつじは結わえてもらったリボンに手を置く。そしてしっかりと頷いた。
「縁あればまた会おうぜ。……最初に会った時より強くなったね」
「……ありがとう」
 つつじは零れそうになった涙を堪える。走るつつじを背に、影を見据える。彼女たちは尚もつつじに追い縋ろうとしていた。そんな影へ破魔の符を放り投げる。
「止めなくとも、アンタらの分まで彼女は生きてくれるさ」
 少しばかりの慰めも込めて。
成功 🔵🔵🔵🔵🔵🔵🔴🔴🔴