0
忘却慫慂(作者 水平彼方
21


●泡沫硝子に消える
 消えてしまえばいい、と思った。
 誰にも触れられたくなくて、けれど一線を越えて踏み込んでほしい。私にはそんな子どもみたいに駄々をこねて、我が儘を言う資格すら無いと思えた。
 私は私が大嫌い。この世で一番どうでもいい、花弁よりも軽いモノ。
 ――私は醜い。生きているのが悍ましい、そんなひとだから。
 もしかしたらヒトですら無いのかも知れない、いっそ泥人形なら楽なのに。
 そんな私をあなたは好ましいと言った。
 どうして私を好きだというの?
 そんな感情は間違っている。愛も恋も友情も、私に向けられてはいけないから。
 だから――『忘れてしまいなさい』。私のことも、関わる記憶全て無かったことにしましょう。
 この歌を聴いて、私の声に身を任せて。さあ、この水に何もかも溶かして、みんなみんな忘れましょう。
 それが私にとっても、皆にとっても救いになるはずだから。

●忘却慫慂の歌
 他人を認識するためのもっともな情報とは何か。
「そう問われれば、姿形であると真っ先に思いました」
 穏やかに微笑んだまま、水標・悠里(魂喰らいの鬼・f18274)そう答えた。
 人は初めての人と対面した後、三秒と経たないうちにその人の印象を自分の中に作り上げるという。
 自分にとって害あるものか、好ましいか。人は選り分けた上で誰かに接するのだ。
 その中でも『顔』はその人たらしめるものとして、一番記憶に残り続けるものでは無いか。
「例えば私――水標・悠里という羅刹を思い浮かべる時に、長い黒髪の、角のある青い目をした羅刹だと思い浮かべる。憂鬱そうなという印象を加えれば、より詳細にといった具合です」
 顔のパーツと色や形と言った特徴、それらを総合したものがより多く集まったものが『顔』である。――というのが、今し方悠里が手にした本から手に入れた知識だった。
「では『顔』そのものが失われてしまったら、私達はどうやって他人を認識するのでしょう」
 まるで謎かけをするような気軽さで、悠里は猟兵達に問いかけた。
「声、服装、皮膚の具合や傷の有無など、様々なものがありましょう。隣に居た誰かが見知らぬ他人に思えてならない、誰も彼もが見知らぬ人とあれば。
 あったはずのものが世界から突然失われれば――まるで世界の終わり、カタストロフが訪れたようだと騒ぎ立てるのも無理はありません。
 この騒ぎを起こした首魁は、忘却こそが救いであると信じています。そしてその願いを叶えるために、彼女は世界から他人という記憶のもっともたるものを消去した」
 それが『顔』。
 この事により『顔』に纏わる表情といった記憶も失われてしまった、言うなれば『無貌の世界』へと変質してしまった。
 消されたものは、取り戻さなければならない。それがオブリビオンの仕業であるのなら尚更のこと。
「行き先は新世界、カクリヨファンタズム。誰そ彼時に暮れる中で、まずは『誰か』を忘れてしまった『茶まろわんこ』という可愛らしいわんこさんをおたずね下さい」
 彼らはオブリビオンでありながら、ただ『誰か』と一緒に過ごした幸せな時間を忘れられず遊んでほしいと願っている。遊び疲れて満足すれば彼らは骸の海へと還るだろう。
「その先は歌を頼りにお進み下さい。この歌こそが、世界を作り替えてしまった原因なのですから」
 青く輝くグリモアの蝶が、空中に姿を溶かし世界を渡る門を開く。
 ――どうぞお気を付けて、と悠里は猟兵達を送り出すのだった。





第2章 ボス戦 『水底のツバキ』

POW ●届かぬ声
【触れると一時的に言葉を忘却させる椿の花弁】を放ち、自身からレベルm半径内の全員を高威力で無差別攻撃する。
SPD ●泡沫夢幻
【触れると思い出をひとつ忘却させる泡】を放ち、自身からレベルm半径内の指定した全ての対象を攻撃する。
WIZ ●忘却の汀
【次第に自己を忘却させる歌】を放ち、自身からレベルm半径内の指定した全対象を眠らせる。また、睡眠中の対象は負傷が回復する。
👑11

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は💠黎・飛藍です。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。