5
鏡ノ向コウ誰ソ彼(作者 鳴森
9


●鏡館、コチラ
 日中は楽しく華やかだった遊園地の音楽も、陽が傾くにつれて哀愁を誘うメロディーへと変化していた。
 至る所に設置されたスピーカーから流れるノイズ混じりの園内放送をバックに、楽しい夢を終え出入り口であるゲートへと向かっていく者、まだもう少し夢の世界を楽しもうと次のアトラクションに向かう者、様々な者達が行き交う中で囁かれている噂があった。

 ――夕暮れ時、遊園地の奥にある鏡館では不思議な体験が出来るんだって。
 ――迷路の中で会いたい人に会えるかもしれないらしいよ。

 誰が言い始めたかすらあやふやな噂話だが、興味を持つ者の心を擽るには充分であるのだろう。
 一人、また一人と遊園地の奥に建てられている青い屋根の西洋館へと向かい、そうして誰もその館からは出てこなかった。


「鏡のおやしき……、ミラーハウスって言うのかな」
 小さく折り畳まれた遊園地のリーフレットを広げながら、レーヴ・プリエール(物語る亡霊・f11944)は描かれている地図の一か所を指す。
 青い屋根に白い壁のその屋敷は小さくない造りらしく、地図からは屋敷だけではなく裏庭や青い屋根の小さな塔が繋がっている事も見て取れる。
 レーヴ曰く、屋敷の中は鏡張りの迷路になっているのだという。
「昔から鏡の迷路だったんだよ。本当だったらね、迷っても十分くらいで出て来れるんだ。すぐに終わっちゃうし、昔からある場所だから……今はあまり人が来なくなってたみたい。だけど……」

 ――人が来るようになって、誰も出て来なくなるユメを見たんだ。
 囁くような声で、見えた予知をレーヴは伝え始めるのであった。

 その館――鏡館はUDCの呪いのようなものにより、入ると出られなくなる迷路になっているのだと言う。
「はじめは普通の鏡の迷路だから、楽しんで良いよ。そっちの方が良いかな、うん」
 迷路を進んでいくと地図から見える庭や塔に行く事も出来る様になっている。
 館の庭は小さいながらも、仄かに夕陽色に染まる青紫の紫陽花やブルーサルビア達が迷い込んだ者を歓迎してくれるであろう。
 塔に続く扉を開いたなら、鏡で作られた長い螺旋階段を登る事にはなるであろうが、登りきった先にある小部屋から茜に染まる遊園地を一望する事も出来るという。
「いっぱい楽しんでいるとね、どこからか音が聞こえたり、人影が見えたりするんだ」
 遊園地の園内放送ではない音。
 耳を澄まして聞けば、焦がれるあの人の声かもしれない。
 ふと、目の前の鏡にうつる世界の向こう側。そこにもう会えない人の影を見るかもしれない。
 合わせ鏡の先に映るのは、知る筈の無い未来や過去の自分の姿。

 怪異は突然現れて、そうして迷路の奥へと猟兵達を誘うだろう。

「レーヴが見たのはここまで。ごめんね、あまり知らせてあげられなくて。何が起きるか分からないからね、気を付けて行ってね」
 琥珀色の瞳を伏せながら詫びを口にするも、緩やかに微笑んだ。





第3章 集団戦 『呪いの額縁』

POW ●待ち伏せ擬態状態
全身を【霊的にも外見的にも一般的な額縁】に変える。あらゆる攻撃に対しほぼ無敵になるが、自身は全く動けない。
SPD ●作品モデルの複製
自身が【破壊される危険】を感じると、レベル×1体の【肖像画に描かれている存在】が召喚される。肖像画に描かれている存在は破壊される危険を与えた対象を追跡し、攻撃する。
WIZ ●無機物の芸術家
【額縁の中心】から【対象を急速に引き寄せる魔力】を放ち、【キャンバスに取り込み肖像画に変える事】により対象の動きを一時的に封じる。
👑11

種別『集団戦』のルール
 記載された敵が「沢山」出現します(厳密に何体いるかは、書く場合も書かない場合もあります)。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。