4
【Q】過去に捧げる唄~嫉妬を冠するモノ~(作者 カタリツヅル
2


●嫉妬の艶尾
 アルダワ魔法学園の地下迷宮。大魔王の復活による地下迷宮の改変により何処ともしれない場所へと移動した封印の間にボソボソとした声が響く。

『……だ、だいぶ。経ったけどっ…誰も、来ない。お、…落ち着く』
【油断すると予想外の事が起こるらしいぜ、我が契約者殿】

 ひっ、と息をのんだ黒髪の少女に揶揄うような魔導具の声が重なり怯えた様子に追いうちを掛ける様に楽しげな声が響いてゆく。

●迷宮造り
 あなた達を出迎えたで茲乃摘・七曜(魔術人形の騙り部・f00724)が、にこやかにグリモアベースの一角へと案内してゆく。
「この度は招集に応じてくださりありがとうございます。ご存知の方も多いかもしれませんが、アルダワ魔法学園の始まりの迷宮で見つかったダンジョンメイカーを利用した災魔の召喚と討伐が今回の依頼となります」
 大魔王の封印という役割から解放されたことで本来の迷宮の創造と強大な災魔を1体強制召喚という機能を利用できることになった現状を語った七曜が猟兵達にアルダワ魔法学園の旧校舎に赴きやってもらいたいことをについて話を繋げてゆく。
「先日の魔王戦争で勝利を収めたことにより、現在のアルダワ魔法学園に危機的な状況はありません。ただ、魔法学園の生徒さんでは荷が重い強力な災魔が残っているのも事実です。なので、今回もダンジョンメイカーを利用し、創造した迷宮に強大な災魔を引っ張り出し討滅してゆくのが目的となります」
「迷宮の創造に関しましては、皆さんがダンジョンメーカーで創りたいと考えた迷宮と呼び出す災魔の特徴が混ざった形となるようです。戦い突破するような迷宮を望んだ場合に対戦する相手が自身が興味をもつ何か存在であったり…、様々なトラップを回避するような迷宮を望めば突破が困難と過去に言われていた迷宮を模したり…、知識や経験をもって突破していくことを望めば過去の識者がその知識や経験を問うような感じのようです」
 強制召喚する災魔に関しては旧校舎にいる蒸気幽霊のエイルマー殿が詳しいですので認いただければと思います、と言葉を絞め頭を深く下げた七曜があなた達を見送る。

●過去の英雄と災魔
 アルダワ魔法学園の旧校舎で猟兵達を出迎えた蒸気幽霊のエイルマーが猟兵達へと深く頭を下げる。
「重ね重ねアルダワ魔法学園の為に手を貸して頂けることに感謝を。話の概要は聞いていると思うからまずは本題から。強制召喚する災魔はカウダ・インヴィディア。嫉妬の名前を冠する少女と悪魔の尻尾にも見える尻尾型の魔導具。似たような存在を知っている人もいるかもしれないけれど、魔導実験の被験者が災魔になったそんな相手になる」
 私がまだ生きていたときに封印されて現状どこにいるか不明な相手になるね。もし知りたいことがあれば、分かる範囲で出来るだけ答えるからよろしくお願いするよ、と締めくくり迷宮を創造する区画へと向けて道案内を始める。





第3章 ボス戦 『『罪の影姫』カウダ・インヴィディア』

POW ●嫉妬の艶尾(……っ!? す、少し…あっ!?)
合計でレベル㎥までの、実物を模した偽物を作る。造りは荒いが【嫉妬を感じた対象】を作った場合のみ極めて精巧になる。
SPD ●嫉妬の艶尾(……ひっ!? うぅ…助けっ!?)
【揶揄うような尻尾を模した魔導具の声に従い】対象の攻撃を予想し、回避する。
WIZ ●嫉妬の艶尾(……む、無理! お、お願いっ!)
自身の【身体の支配権】を代償に、【尻尾を模した魔導具に宿る意志】を戦わせる。それは代償に比例した戦闘力を持ち、【あらゆるものを遷移させる権能】で戦う。
👑11 🔵🔵🔵🔵🔴🔴

種別『ボス戦』のルール
 記載された敵が「1体」出現します。多くの場合、敵は、あなたが行動に使用したのと「同じ能力値」の戦闘方法で反撃してきます。
 それらを踏まえつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※このボスの宿敵主は💠茲乃摘・七曜です。ボスは殺してもシナリオ終了後に蘇る可能性がありますが、宿敵主がボス戦に参加したかつシナリオが成功すると、とどめを刺す事ができます。
※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。


●『罪の影姫』カウダ・インヴィディア
 迷宮主の前向け探索を続ける猟兵達や新たに訪れた猟兵達にエイルマーの声が届く。これまでの迷宮攻略の感謝を伝える言葉に続き迷宮主の間の正確な位置が伝えられ迷宮主に関しての様々なことが伝えられていく。

 迷宮主の間に居るのは、カウダ・インヴィディア。嫉妬の名前を冠する少女と尻尾型の魔導具。魔導実験の被験者が災魔になったそんな相手…なのだけど呼び込んでもらうことからお願いした人には二回目の説明になるかもしれない。

 特徴としては……、ちょっと戦闘に関係ない部分だけど激しく人見知りだ。だから、インヴィディア自体は直接的な攻撃は不得手でカウダがいろいろと補助する形になるね。能力の特徴からインヴィディアと直接矛を交え可能性は低いけど、それに関してはこの後に説明させてもらおうと思う。

 まず、カウダ・インヴィディアの能力は尻尾型の魔導具を中心にあらゆるものを遷移させてゆく能力。使い方で見た目の効果は変わるけれど根幹にあるのはこれになる。
 遷移とだけいうとわかりにくいと思うから具体的にいくつか例を挙げると…炎が燃えていたとして、その熱を別の場所に移動させて目の前の温度を上げる。だたし、その代わりに炎の温度は下がる。とか、炎自体を別の場所に移すとかかな。事象自体を変化させる能力と思ってもらえれば分かりやすいかもしれない。ただ、この能力は現在だけを対象としているわけではなくて未来の可能性を現在に持ち込むような使い方もできるから留意していてほしい。とはいえ、この遷移させる能力はインヴィディアとカウダへの負担も大きいようだから二人を正面から打ち破る必要がないことは覚えていてほしいと思う。

 続けて、カウダ・インヴィディアの戦闘方法…戦い方と言っていいのかあれな部分はあるけれどこちらへの対応は主に三つになる。
 一つ目は、未来からの遷移。インヴィディアが嫉妬したもののさらに先を創り出される形になる。創られるのはほぼ確実に相対した相手の似姿……つまりインヴィディアが嫉妬したあなた自身を打ち破ることが必要になる。特に嫉妬された部分は強化される形になるから気をつけて欲しい。あと、この嫉妬の影を倒せればインヴィディア達を十分に消耗させられる。
 二つ目は、現在の遷移。と仰々しくいっても、カウダの補佐する全力で逃走するインヴィディアを追いかけるだけになる。カウダの声に従いインヴィディアが逃げるだけなのだけど迷宮主の間がインヴィディアの望むように変化する事とカウダが声に従えば攻撃等を避けられるように周囲を変化させることによって捕まえるのはほぼ不可能と思われる。ただ、全力で追いかけっこをしていれば十分にインヴィディアは消耗するから目的は果たせると思う。
 三つ目に関しては、カウダがインヴィディアの代わりに戦うことになる。個人的にはあまりお勧めできないけれどうまくいけば大きく二人を消耗させることが出来るかもしれない。戦い方としては、遷移を用いた相殺と吸収。護りを突破するのはかなり厳しいかもしれないけれど、戦いを継続するだけでも相手は消耗することになるから十分に意味はある。

 あと、カウダ……尻尾型の魔導具の本体はインヴィディアの背骨と同化しているらしい。身体の外に見える部分は端末のような部分になるようだ。

●嫉妬の艶尾
 薄霧に満ちた迷宮主の間に一瞬の静寂が満ちる。覚悟を決めた表情の嫉妬を冠する黒髪の少女が封印の役割を兼ねた大扉をその瞳に映し……クルリと踵を返す。クツクツと笑う声を上げる尻尾型の魔導具の声が響き、薄霧が揺らぐとともにどこからともなく椅子が顕れ、その椅子に腰を落ち着けた黒髪の女が瞳を閉じて呼吸を落ち着けてゆく。
トレイシー・ライト(サポート)
「……また事件、か。さて、どうしたものかな」
 あまり積極的に解決に意気込みを見せず、「なんとなく気になった」という理由で首を突っ込みに現れます。
 冷めた性格ですが、比較的真面目で正攻法を好みます。他の猟兵に迷惑をかけること、飲酒喫煙・公序良俗に反することはしません。
 戦闘においては、基本的には魔法を用いて遠隔攻撃を行います。前衛がおらず距離を詰められるなど、やむを得ない場合は、ドラゴンランス【ポレドラ】等を用いて接近戦も行います。
「たとえ事情があったとしても、あんたがオブリビオンである以上、倒さなきゃいけないんだよね」
「さて、俺の仕事は終わりだな」


●旧校舎の新造迷宮
 アルダワ魔法学園の地下深く無人の旧校舎へと転送された猟兵が、静かに佇む校舎群を抜け目的地である迷宮へと向けて歩いてゆく。

●嫉妬の迷宮
 幾度も繕った形跡のある丁寧に使われてきた雰囲気の服の上に魔法使いらしい黒いローブを纏ったトレイシー・ライト(スターシーカー・f05807)が、気怠げな雰囲気で頭上を見上げ深く息を吐き出す。
 何故か明るく遠くまで見渡せる岩の天井に空がないことに僅かながら感じる安堵の感情を表に出すことなく、進む先には迷宮が拡げる暗い入口。その入口から僅かに離れて周囲を見渡す身体を透けさせた蒸気幽霊の男――エイルマーにトレイシーが確認するように声を掛ける。

「……また事件、か。さて、どうしたものかな。聞いた限り、迷宮主の能力も結構厄介そうだよな」
『いつも、猟兵の皆さんにはお手数かけていて申し訳ないね。まだ気になることがあるかい?』

 いや…必要なことは聞いた、と青と紫の双眸を思案するように少しの間、閉じていたトレイシーが答えて、エイルマーのことを振り返ることなく迷宮の暗がりへと消えてゆく。

●嫉妬を冠するモノ
 迷宮を最奥を目指し他の猟兵が残した痕跡を辿り進む星に手を伸ばす人狼の目の前に迷宮主の間を封じる大扉が現れる。

●無関心という名の関心
 大扉の開く重く響き渡る音が薄霧へと溶け込んでゆく。視界を遮る白霧の幕に聞いた話を思い返したトレイシーが迷宮主を探すのに手間が掛かりそうだと嘆息しかけ、部屋の中央付近で椅子から立ち上がり後ずさすように腰の引けた影――インヴィディアとカウダの姿を捉える。

「あんたたちが迷宮主だよね? てっきり部屋の中を逃げているものだと思っていたんだけど」
『……に、逃げれっ、なかったっ…』
【いやぁ、理屈は不明だけどよ。奥は行き止まりになっちまっててな?】

 今にも逃げ出そうとするインヴィディアの声と現状を楽しむようなカウダの声に状況を理解したトレイシーが、拮抗を崩さないように大扉を閉め自身の為すべきことを一人と一つたる迷宮主に伝える。

「そうか。さて、聞いた通りあまり戦闘には意欲的ではないみたいだけど……。あんたがオブリビオンである以上、倒さなきゃいけないんだよね」
『………っ! ………っっ!』
【だよな! まぁ、在り方の違いだろ? 遠慮する必要はねぇさ】

 トレイシーの言葉にインヴィディアが脱兎のごとく逃走を開始し、滑らかに抜き放たれた拳銃から響く幾重にも重なる銃声に逃げる先を誘導するカウダの声が重なる。そうして、満月の名を付けられた無骨な凶器が吐き出した薬莢の数と同じだけの火花が散り……僅か後。
 銃撃を隠れ蓑に投擲した小さな針の煌めきを薄霧越しに視認したトレイシーが、榛の木で作られたちょっとおしゃれな魔法の杖を引き抜きバヂリと空気が帯電し悲鳴を上げる。

「雷光は疾り、ただ一つへと至る」
『……ひっ…うっ!?』
【あー、こりゃ…本気で逃げねぇとやべぇな!】

 始めに奔ったのは数条の雷。迷宮主の間を明るく照らす雷光が過たず針を穿ち…周囲を白く染め上げ照らし出す。その瞬刻の白光に照らし出されたインヴィディアとカウダの姿が薄霧に影を刻みながら浮かび上がる。

「……捉えた。汝、逃れること能わず!」

●嫉妬を冠するモノ
 星に手を伸ばす人狼の放つ雷が迷宮主の間を縦横に奔りに嫉妬たる少女が揺れる尻尾に導かれるままに逃げ惑う。

●『罪の影姫』カウダ・インヴィディア
 弾けるような閃光と轟音がやみ次第に静寂が訪れる。薄霧が雷撃に散らされトレイシーの目の前に拡がるのは迷宮主の間の現状。
 床や壁…天井の至る所から障害物が生み出され混沌とした様子になった状況にインヴィディア達を追いかけるのは不可能と結論付けたトレイシーが踵を返す。

「逃げられたか…、だが深追いは危険だろう。なら、俺の仕事は終わりだな」
成功 🔵🔵🔴

●嫉妬の艶尾
 不揃いな石柱が乱立する迷宮主の間が元の姿を取り戻してゆき、白雷の残滓が薄霧の中へと消えてゆく。静寂を取り戻そうとする空間に荒く吐き出される呼気が響き渡り、少し草臥れた雰囲気を漂わせる黒髪の少女がゆらゆらと楽し気に揺れる黒い尻尾に恨めし気な視線を向ける。
神樹・桜花(サポート)
性質:如何なる時も微笑を浮かべ、或いは無表情で、淡々としている。たとえ肉の身を切り裂かれようとも理性的に振る舞う。
基本的に効率を重視しているが、倫理的に問題のある行動はなるべく避ける(それ以外に選択肢が無い場合はその限りではない)。


設定したUCを状況に応じて使用する


●旧校舎の新造迷宮
 静かな時間の流れる旧校舎の一角に昏い光が立ち上り新たな猟兵が転送されてくる。そうして、僅かな時間を挟み嫋やかな足音が目的に地に向け響き始める。

●嫉妬の迷宮
 枝桜が華やかな和装に邪神を相手取る組織の職員が着用する白衣を肩から羽織った神樹・桜花(神桜の一振り・f01584)が、柔和な表情を浮かべる白皙の美貌で瞳を閉じたままに周囲を見渡す。
 瞳を閉じたままにもかかわらず、いかにしてか依頼主であり旧校舎の一角を管理する蒸気幽霊の男――エイルマーの居場所を捉えた桜花が古式ゆかしい令嬢のようなきれいな所作で頭を下げる。

「呼ばれて参りました。神樹・桜花といいます。あなたが此処の管理者であっていますか?」
『あぁ、間違いないよ。知っているかもしれないけどエイルマーと呼ばれている』

 場を凛とさせるような雅な所作を見せた桜花がエイルマーから返った言葉に頭を上げ、瞳を閉ざした嫋やかな微笑のまま桜花が僅かに首をかしげて言葉を紡ぐ。

「上層の迷宮に入ったことはありませんが…、迷宮を踏破した先に旧校舎と他の迷宮なのですね。此方の世界は初めてですがなかなかに不思議な場所のようです」
『ふむ…。今は存在しないけれど、ここは大魔王を封印するために迷宮が発生したような場所だから初見だと面白いかもしれないね』

 なるほど…そのような理由でしたか、と桜花が微笑みを得心したように変化させ……エイルマーへと別れを告げて迷宮の入口へを目指して踵を返す。

「それでは、迷宮主を退治に参りましょう」

●嫉妬を冠するモノ
 薄霧の中を進む桜に染まる太刀の現身に湛えられていた微笑みが抜け落ちるように消え去り黄金色の双眸が迷宮を映しこむ。

●無尽錬成・神桜一振
 背後で閉まる大扉が迷宮主の間の空気を僅かに揺らす。白霧に隔てられつつ腰が引けた様子で視線を合わせてくるインヴィディアに、表情を動かすことなく腰に佩いた太刀を桜花が引き抜き……、周囲に桜色の燐光が溢れ出し散りゆく桜の花弁を創り出す。

「災魔となり果てて仕舞ったのなら、一刻も早く狩るのみでしょう。是非もありません」
『……っ! てっ、抵抗は…する!』
【その曲がらなさはいいねぇ。羨ましいんじゃないか? 我が契約者殿】

 インヴィディアとカウダの返答を聞くよりも早く踏み込んだ桜花の振るった太刀が桜色の軌跡を残し中空を奔り、ガキンと重い音を響かせながら迷宮主の間から創り出されたとおぼしき石柱に遮られ動きが止まり…。

「………ッ!」

 太刀から響く衝撃に手首を返し踏み込みの力を流すように操った桜花が鋭く呼気を吐き出しながら石柱を切り飛ばす。
 そうして、太刀を振りぬいた残心の姿勢から霞の構えを取った桜花の周囲にゆらりと虚空から抜きはなられたかのように幾本もの桜色を纏った太刀が現れる。

「なるほど。周囲すべてが操れる訳ですね。……ならば私の刃、凌ぎ切れますか?」

 タンと言葉と共に身体を舞わせた桜花を追い越すように幾本もの太刀が奔り、インヴィディアとカウダへと襲い掛かってゆく。

●嫉妬を冠するモノ
 幻影の太刀が迫り出した石柱にあたり砕け桜色を散らし桜に染まる太刀の現身の操る実体の太刀が嫉妬を冠する少女へと迫る。

●『罪の影姫』カウダ・インヴィディア
 駆ける音が石壁に遮られた薄霧の向こうへと消えてゆく。砕けた幻影の太刀が舞わせる桜の花弁と切り裂かれ飛び散った石柱の破片に彩られた桜花が、桜色の太刀の軌跡をずらし逃走せしめた迷宮主を追うのをやめ言葉を零し。

「逃げられたようですね。相手に能力は十分使わせたと思いますから帰ることに致しましょう」

 僅かばかりの間、迷宮主の気配を探っていた桜花が黄金色の双眸を閉じ来た道を脳裏に思い返しながら出口へと向かい移動を始める。
成功 🔵🔵🔴