3
明日咲う花をきみへ(作者 五月町
24


●贈るは未来のつぼみ
 ――魔王の討伐。
 創立から課せられてきた重責から解き放たれたばかりのアルダワ魔法学園に、春風のような歓喜の気配はまださわさわと細波を立てていた。
 永く恐れてきた脅威、それも特大のそれがひとつ潰えたのだから、素直に喜ぶべきことだ。けれど一方で、地下迷宮には未だ巣食うという災魔たちが気にかかるのも事実。
 いっそ全てを倒し、後顧の憂いを断ってしまえたら。そう考えるのは当然の成り行きだ。その末に、その未来を拓く力が自分たち魔法学校生にあるだろうか、未だ足りない、と思い悩むところまで。
 そして自然と、彼らは思い至る。
 『魔王』を倒した真の英雄、知恵と勇気と力を撚り合わせ、困難の果てに勝利を勝ち取った猟兵たち。
 彼らと災魔討伐の戦場を共にして、その戦い方に学べたなら、自分たちはきっともっと強くなれるはずだ。
 続く明日も一緒にいたいと『つぼみ』を贈ったひとと、並んで歩いていけるはずだ――と。

●『これからもきみと』歩むために
「皆様に『蕾の祝祭』へのお誘いが届いているのです!」
 くるりと巻かれた羊皮紙を広げ、ジナ・ラクスパー(空色・f13458)は羨望のまなざしを仲間たちへ贈った。
「アルダワ魔法学園には明確な卒業の季節や学年は定められていないそうですけれど、この祝祭は毎年この季節に生徒有志が主催する、歴史の古い舞踏会なのだそうです。大切な方にまだ咲いていない春の花のつぼみを一輪贈って、ダンスにお誘いするそうですよ」
 蕾とは、今日は未だ咲かない花、明日咲くかもしれない花だ。それを贈ることはすなわち、花咲く未来もきみと一緒に、と伝えること。
 明日も明後日もその次の日も、この蕾が咲いて、枯れる日も。蕾を飾って手を取ってくれたきみと、これからもずっと笑って過ごしたい。
 友達や家族、恋人や想い人へ。春兆す風が吹く頃、微笑ましい願いを伝えてくれる、華やかな非日常の一夜だ。
 ――そんな祝祭への誘いが何故、猟兵たちに舞い込んできたのかというと。
「魔王戦争で皆様が勝利を収めたことは、魔法学園の皆様にとってはつぼみを見つけたのと同じことなのです。今ごろ終わっていたかもしれない花咲く明日を、今日まで繋いでくれたのですから」
 だから戦争の英雄たちにこそ、だれかと続く日々の始まりを楽しんで欲しい。羊皮紙の手紙にはそんなことが書かれ、そしてもう一つ、舞踏会が終わった後には――と依頼の言葉が連ねられていた。
「大切な方と楽しく過ごした後で、地下迷宮の災魔討伐に力を貸して欲しいそうです。戦場での心の在り方や立ち回りを、ぜひ皆様と一緒に戦って学びたいと」
 温かなひとときに誰かとの明日を想えたら、その日々が続く道を自分で切り拓きたい。
 そんな生徒たちの望みはきっと、蕾とともに踊るひとときを過ごした後で、皆の胸にも燈るかもしれないから。
「まずは皆様、めいっぱい舞踏会を楽しんできてくださいませね! 正装でと書いてありますけれど、衣装の心配も不要なのです。学生の皆様に大人気の仕立て屋さんが、素敵なドレスを貸し出してくださるそうですから!」
 憧れに胸を膨らませ、ジナはグリモアに視た光景を、少しばかり物語がかった口調で語った。
 光の魔法で飾り付けられたアルダワ魔法学園のバンケットホールへ、背筋を伸ばして一歩踏み出せば、そこはめくるめく世界。
 金色の光の下、飾った蕾より一足早く花の装いを咲かせたら、大切な誰かの手を取って誇らしく游ぎ出るのだ。
 奏でられる音色も様々に、格式高い華やかなものから若者に好まれる軽やかなものまで。賑やかな円舞曲が流れたら、作法を知らないことを恥じる必要はない。手を繋いでぐるぐる回り、勢いに身を任せるばかりの無邪気な踊りもきっと楽しい筈だから。
 疲れた足を休ませにバルコニーや庭園へ出れば、夜風を染める柔らかな音色はそこまで漏れ届くだろう。ホールの片隅に設えられたバーカウンターでは、魔法の鍋やシェイカーが宙を躍り、軽食や飲み物を提供してくれる――。
 焦がれるような溜息で締め括り、きっと素敵なお土産話をお願いしますと笑って、さあ、とジナは皆を追い立てた。
「まずはお花からなのです! 皆様の大切などなたかにぴったりの、素敵なつぼみを見つけてきてくださいませね」

 いつかは笑い咲くその蕾を、だれかの手が受け取ってくれたなら。
 ――はじまりの夜が幕を開ける。





第2章 冒険 『銀鱗の誘い路』

POW運動神経に物を言わせて泳ぎ切る
SPD群れの動きを予測して一体となる
WIZ魔法で泡や水流を操り助けとする
👑7

種別『冒険』のルール
「POW・SPD・WIZ」の能力値別に書かれた「この章でできる行動の例」を参考にしつつ、300文字以内の「プレイング」を作成してください。料金は★0.5個で、プレイングが採用されなかったら全額返金されます。
 プレイングが採用されたら、その結果は400文字程度のリプレイと「成功度」で表現されます。成功度は結果に応じて変化します。

 大成功🔵🔵🔵
 成功🔵🔵🔴
 苦戦🔵🔴🔴
 失敗🔴🔴🔴
 大失敗[評価なし]

👑の数だけ🔵をゲットしたら、次章に進めます。
 ただし、先に👑の数だけ🔴をゲットしてしまったら、残念ながらシナリオはこの章で「強制終了」です。

※自分とお友達で、それぞれ「お互いに協力する」みたいな事をプレイングに書いておくと、全員まとめてひとつのリプレイにして貰える場合があります。