オブリビオン・フォーミュラ『聖杯剣揺籠の君』

 わたし……ゆりゆりには、ほんとうにほしいものがあります。
 それは、「すべてのせかいのすべてのいのち」
 いまのゆりゆりは、にくたいからはなつ「いんよくのかぜ」にふれたものすべてをえっちにできる。
 えっちになったものはすべてしに、いのちはすべてゆりゆりにそそがれる。

 すべてをうばいつづければ、ゆりゆりはどこまでもつよくなれる。
 いんよくのかぜのこうかはんいも、どこまでもひろがってゆく。
 せかいのそとにでれるなら、もっと。もっと。
 きっと、むくろのうみもこなごなにできるはず……!

 あれ? なぜ、そんなにむくろのうみをうらんでいたのでしょうか?
 おもいでやきおくを「せいはい」にあげたので、わかりません。
 ……かんがえてもしかたないので、ゆりゆりはしんぷるに「さいきょう」をめざします。
 りょうへいたちもたいせつないのち。ゆりゆりはおなかがすいて、こうふんしてきました……!