94/2

アルナスル・アミューレンスのユーベルコード


排除(ネラウ)

『見えた』
【偽神兵器を超々長距離狙撃状態】に変形し、自身の【技能「視力」を10倍し、移動能力】を代償に、自身の【有効射程をLvkmにし、弾の速度と殺傷力】を強化する。
POW473 No.209

撤去(ドイテ)

『さあ』
【G.R.V5または銃火器浸蝕型偽神兵器】により、レベルの二乗mまでの視認している対象を、【対オブリビオン用焼夷徹甲榴弾】で攻撃する。
SPD476 No.113

処刑(オワリ)

『終わり』
【武器による攻撃】が命中した箇所を破壊する。敵が体勢を崩していれば、より致命的な箇所に命中する。
POW473 No.281

鏖殺(オキテ)

『行くよ』
【手にしている武器や道具、周辺の無機物】を代償に自身の装備武器の封印を解いて【対象物を侵食し、それに応じた対神大型兵器】に変化させ、殺傷力を増す。
POW473 No.5

悪食(モラウ)

『もらうよ』
自身の身体部位ひとつを【偽神細胞で構成された、異形の怪物】の頭部に変形し、噛みつき攻撃で対象の生命力を奪い、自身を治療する。
SPD476 No.75

射撃(ウガツ)

『これで』
レベル分の1秒で【装備している銃火器から、対神強化徹甲弾】を発射できる。
SPD476 No.91

除去(ドイテ)

『ごめんね』
レベル×1tまでの対象の【どこか】を掴んで持ち上げる。振り回しや周囲の地面への叩きつけも可能。
POW473 No.231

暴威(コワス)

『そこまで』
【偽神細胞を解放し、偽神兵器を多重砲撃状態】に変形し、自身の【偽神細胞で砲塔をLv挺生やし、移動能力】を代償に、自身の【攻撃力・攻撃範囲・発射速度・有効射程】を強化する。
POW473 No.209

根絶(コワス)

『これで』
【対消滅を起こす、対オブリビオン用反物質弾】が命中した箇所を破壊する。敵が体勢を崩していれば、より致命的な箇所に命中する。
POW473 No.281

氾濫(オソウ)

『遠慮なく』
【偽神細胞の拘束制御を解放し、不定形の異形】に変形し、自身の【回復能力が跳ね上がるが、武器の使用不能】を代償に、自身の【攻撃範囲を半径Lvmにし、攻撃力と防御力】を強化する。
POW473 No.209

暴食(ソウジ)

『じゃあ』
【射撃形態に変化した偽神兵器】により、レベルの二乗mまでの視認している対象を、【防御を無視して蝕み喰い尽くす、偽神浸蝕弾】で攻撃する。
SPD476 No.113

侵食(キエテ)

『纏めて』
【敵のみを喰らう、黒く不定形な肉体の一部】を放ち、自身からレベルm半径内の指定した全ての対象を攻撃する。
POW473 No.63

滾々(ヤロウ)

『さあ、』
【影や肉体から湧き出すように、何人もの自分】が現れ、協力してくれる。それは、自身からレベルの二乗m半径の範囲を移動できる。
SPD476 No.119

G・G(ギガ・グラビトン)

『お別れ』
【最大射程Lvkmに照射される強烈な重力子】が命中した箇所を破壊する。敵が体勢を崩していれば、より致命的な箇所に命中する。
POW473 No.281

隔絶(コモル)

『少しばかり』
非戦闘行為に没頭している間、自身の【偽神細胞が変化した不定形の異形】が【最大でLvkmの球ないしドーム状に展開し】、外部からの攻撃を遮断し、生命維持も不要になる。
SPD476 No.253

幽鬼(マトウ)

『ここは』
【偽神兵器「Ruthless」】を使用する事で、【大型の剣を有し無数の火器】を生やした、自身の身長の3倍の【強固で自動修復する、黒いキャバリア】に変身する。
POW473 No.303

暴風(オトス)

『標的は』
【対空特化状態の偽神兵器4門】により、レベルの二乗mまでの視認している対象を、【毎秒Lv×十発の対オブリビオン用APHE】で攻撃する。
SPD476 No.113

貪食(ツカウ)

『それ』
自身の【不定形の異形と化した肉体】が捕食した対象のユーベルコードをコピーし、レベル秒後まで、[不定形の異形と化した肉体]から何度でも発動できる。
POW473 No.358

粛然(クズス)

『これで』
単純で重い【榴弾で、半径Lv×10mを消滅させる爆撃】の一撃を叩きつける。直撃地点の周辺地形は破壊される。
POW473 No.51

拒絶(カリル)

『借りる』
【肉体】で受け止めたユーベルコードをコピーし、レベル秒後まで、肉体から何度でも発動できる。
SPD476 No.276

怨嗟(タスケ)

『ちょっと』
【不定形の肉体から、捕食した事のあるモノ達】が現れ、協力してくれる。それは、自身からレベルの二乗m半径の範囲を移動できる。
SPD476 No.119

怒涛(ワカレ)

『仕方ないけど』
【無尽蔵に広がる、不定形の異形と化した肉体】により、レベルの二乗mまでの視認している対象を、【天災の様に悉くを飲み込み捕食し尽くすま】で攻撃する。
SPD476 No.113

消却(クラウ)

『何もかも』
無敵の【存在すら蝕み捕食する、不定形の黒い異形】を想像から創造し、戦闘に利用できる。強力だが、能力に疑念を感じると大幅に弱体化する。
POW473 No.230

劫火(ハラウ)

『じゃあ』
【着弾地点から半径Lvmに広がる焼夷擲弾】が命中した対象を燃やす。放たれた【偽神細胞製対オブリビオン特効の黒い】炎は、延焼分も含め自身が任意に消去可能。
POW473 No.25

制圧(タタク)

『とりあえず』
【近接格闘】で対象を攻撃する。攻撃力、命中率、攻撃回数のどれを重視するか選べる。
POW473 No.41

枯渇(ウバウ)

『一切合切』
【「死」そのものの様な、黒い不定形の異形】に変形し、自身の【攻撃範囲を半径Lv自乗mにし、地点固定】を代償に、自身の【攻撃に防御無視と生命吸収を付与し、防御力】を強化する。
POW473 No.209

断絶(トラエ)

『逃がさない』
【オブリビオンのみを喰らう、暴食の偽神細胞】を籠めた【加速しながら敵を追い続ける砲弾】による一撃で、肉体を傷つけずに対象の【存在や概念、モノとの繋がり】のみを攻撃する。
POW473 No.255

轢殺(ツブス)

『全部』
【偽神兵器を肉体の強化に回す】事で【偽神強化状態】に変身し、スピードと反応速度が爆発的に増大する。ただし、解除するまで毎秒寿命を削る。
SPD476 No.202