80/3

💠麦屋・灼(燃ゆる狐は赤々と・f33507)


『かっかっか、わしを額面通りに捉えちゃあいけねえよ?』

少年の姿をした狐の東方妖怪。しかし実年齢は還暦をとうに超えた老人で、普段から老成した口調で話す■カクリヨファンタズム出身。大祓百鬼夜行で骸魂を喰らい戦列に加わったが、自分たちを助けようとする猟兵の気概に感銘を受け、救出された後に自ら猟兵となった■少年、青年、狐の姿を使い分ける。老人らしい姿には滅多にならない■本職はうどん屋台の店主。屋台横丁に屋台を出して、妖怪や猟兵にうどんを振る舞っている (読み:むぎや・あらたか)

東方妖怪のどろんバケラー × フードファイター
年齢 64歳 (4月8日生まれ)
外見 156.7cm 赤茶色の瞳 茶色の髪 普通の肌 
特徴 自信に溢れた表情 目が大きい 髪を纏めている 口数が多い 麺が好き 
口調 見た目の割に老人のよう(わし、呼び捨て、じゃ、のう、じゃろう、じゃろうか?)
真剣な時は 荒ぶる狐(わし、貴様、だ、だな、だろう、なのか?)
旅団
 
うどん屋台「むぎちゃん」 / 
桔梗の旅宿
担当 屋守保英
→もっと詳しく
フレンド アイテム
3
ユーベルコード シナリオ イラスト

麦屋・灼さんへのフレンドの種類を選択してください。