10/4

💠霧島・ソウガ(電装具現の凍斬機人・f27810)


『――俺の刃は、所詮斬ることでしか語れない』

新たな『きょうだい』を目覚めさせる為、自我ある存在として、その身体へと意識を移す事を望んだ者。戦場で鍛えられた刃は『人斬り』の為、だが彼は罪なき者に刃を向ける事を良しとせず。ただただ、自らを嘗て穢した者へ、魔術と刃を束ね、報復の力を研ぎ澄ます//『きょうだい』の中では落ち着いて振る舞うが、若干抜けている所もある//嘗ての名は名乗らないが、それは目覚める筈だった『彼』の為――

サイボーグの妖剣士 × ジャイアントキャバリア
年齢 29歳 (11月30日生まれ)
外見 171.8cm 青い瞳 藍色の髪 普通の肌 
特徴 眼光鋭い 短髪 ストイック 実は人がいい 実はマイペース 
口調 刻まれし歴戦の力量(俺、お前、呼び捨て、だ、だな、だろう、なのか?)
心を許したら 嘗ての残滓を(俺、お前、だ、だな、だろう、なのか?)
旅団 彼岸茶屋 / 
飛空戦艦ワンダレイ
担当 逢坂灰斗
→もっと詳しく
フレンド アイテム
3
ユーベルコード シナリオ イラスト

霧島・ソウガさんへのフレンドの種類を選択してください。