66/35

御園・ゆず(群像劇・f19168)


『さよならだけが、人生ならば』

それは何処にでもいる女子中学生だった。ちょっと内気で、人見知りで。背中を丸め、申し訳なさそうに歩く地味な女の子。いつも困ったように眉を寄せて微笑む娘。人に溶け込もう、普通でいよう。そう、演じている。彼女には普通の人にはないチカラを持っていたから。狂気を笑みに隠し、日常生活を演じて日々生きる。//いきがくるしい。なきだしそうだよ。嗚呼、これが恋するってことなんだね。 (読み:みその・ゆず)

人間の人形遣い × 精霊術士
年齢 15歳 (10月22日生まれ)
外見 153.1cm 焦茶色の瞳 茶色の髪 普通の肌 
特徴 情けない表情 一房の髪色が違う 食が細い 芝居が好き 夜が好き 
口調 ふつうのおんなのこ(わたし、あなた、~さん、です、ます、でしょう、ですか?)
独り言は おかしなおんなのこ(あたし、君、呼び捨て、だね、だよ、だよね、なのかな? )
旅団
幾千のsentence. / 
 
シェアハウス・御園 / 
ワイルドハント / おもひで
→もっと詳しく
フレンド アイテム
12
ユーベルコード シナリオ イラスト

御園・ゆずさんへのフレンドの種類を選択してください。