48/21

ニコライ・ヤマモト(郷愁・f11619)


『手助けくらいはしてやるさ。……あとはお前次第だ』

黒猫のケットシー。これでもイイ歳した大人の男なのだが、説得力の無さゆえ必要以上に硬派に振る舞う。冷ややかな態度や口調で勘違いされがちだが人々には非常に好意的。特に女性や子供にはなるべく紳士的にと。汚れ仕事も厭わず――しかし隠せど捨てきれぬ情が故に、兵士としてはまだまだ青い。■『埒外の怪物』を自称し過去の猫たちの情念を力とする存在。かつて愛してくれた主人への恩返しのため、獣の生を捨て猟兵へと成った。

ケットシーの戦場傭兵 × シーフ
年齢 36歳 (8月29日生まれ)
外見 42.9cm 青い瞳 漆黒の髪 黒い肌 
特徴 年下に見られる クール 口数が少ない アンティーク趣味 大切に育てられた 
口調 冷ややかな男性(俺、お前、呼び捨て、だ、だな、だろう、なのか?)
偉い人には 目上に対する礼儀(私、あなた、~さん、です、ます、でしょう、ですか?)
旅団 シェアハウス『無花果荘』 / 飛空挺“グラシャ=ラボラス”
→もっと詳しく
フレンド アイテム
3
ユーベルコード シナリオ イラスト

ニコライ・ヤマモトさんへのフレンドの種類を選択してください。