101/20

百地・モユル(ももも・f03218)


『燃ゆる炎は勇気のしるし!』

難病から生き長らえるためにサイボーグとなった少年。退屈な病室で読みふけっていたファンタジー小説への憧れからか、猟兵に覚醒してからは魔法戦士の力を得た。現在はUDCアースの小学校に通いつつときどきグリモア猟兵に頼んでアルダワ魔法学園へ行き、魔法の授業を受けていたりする。幼さゆえか今は生身の体を失った悲しみより自由に動き回れる喜びのほうが強い。こう見えて体のほとんどを機械化していたり。 (読み:ももち・もゆる)

サイボーグのマジックナイト × メガリスボーグ
年齢 9歳 (9月12日生まれ)
外見 121.9cm ピンクの瞳 金髪 色白の肌 
特徴 熱血 世間知らず 子供っぽい 読書好き 閉じこもっていた 
口調 幼げ(ボク、相手の名前、だ、だぜ、だな、だよな?)
時々 ちびっこ(ボク、~さん、だね、だよ、だよね、なのかな? )
旅団
光画部 / 
全世界サイボーグ連盟 / 第六猟兵リクルート部隊
→もっと詳しく
フレンド アイテム
11
ユーベルコード シナリオ イラスト

百地・モユルさんへのフレンドの種類を選択してください。