64/15

💠憂世・長閑(愛し秉燭・f01437)


『きっと何からだって、あの人を護れてた』

とある鳥籠の錠から生まれた宿神。不自由は必ずしも不幸ではない。彼女の傍に寄り添い続けた自分が一番分かるんだと無垢に言う。彼女が愛しいと笑ったから、華奢な花々や小さな動物が好きになった。彼女がありがとうと笑ったから、自分のことも大好きでいれた。年相応とは言い難い、純真で、故に時として残酷な子供。あの日から、身体が成長することはなくなった。 (読み:うきよ・のどか)

ヤドリガミの陰陽師 × 聖者
年齢 23歳 (12月24日生まれ)
外見 165.5cm ピンクの瞳 焦茶色の髪 普通の肌 
特徴 人がいい 愛に生きる 天真爛漫 夕焼け空が好き 実はヤンデレ 
口調 閉(オレ、相手の名前、だ、だね、だろう、だよね?)
時々 開(オレ、呼び捨て、だ、だぜ、だな、だよな?)
旅団
 
愛し秉燭 / 
Lieto
担当 紗綾形
→もっと詳しく
フレンド アイテム
10
ユーベルコード シナリオ イラスト

憂世・長閑さんへのフレンドの種類を選択してください。